松田毅一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松田 毅一(まつだ きいち、1921年5月1日 - 1997年5月18日)は、日本の歴史学者香川県高松市出身、大阪市育ち。

人物[編集]

専門は戦国時代から江戸時代初期の日欧交渉史、特にポルトガルスペインとの関係史。

ヨーロッパ各地(ポルトガル・スペイン・バチカン等)やフィリピンマカオ等の文書館に保存されている日本関係史料の発見・翻訳・紹介に取り組み、また多数の著書・論文を発表して日本における上記分野の研究の進展に貢献する一方、こうした研究成果の一般市民への啓発・普及、関係諸国との学術・文化交流にも尽力した。

学歴[編集]

  • 1944年 上智大学文学部史学科卒業
  • 1947年 上智大学大学院史学研究生修了

職歴[編集]

教歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『聖フランシスコ・サヴィエル 日本の使徒』 中央出版社 1947年
  • 『近畿キリシタン史話』中央出版社 1949年
  • 『キリシタン研究 第1部』 創元社 1953年
  • 『じゃぱのろじい行脚』私家版・自費出版 1962年
  • 『日葡交渉史』教文館、1963年
  • 『在南欧日本関係文書採訪録』養徳社、1964年
  • 『南蛮史料の発見 よみがえる信長時代』 中公新書 1964年
  • 『天正少年使節』角川新書、1965年
  • 『太閤と外交―秀吉晩年の風貌』桃源社、1966年
  • 『南蛮巡礼』朝日新聞社、1967年。中公文庫、1981年 
  • 『近世初期日本関係南蛮史料の研究』風間書房、1967年
  • 『キリシタン―史実と美術』淡交社、1969年
  • 『慶長使節―日本人初の太平洋横断』新人物往来社、1969年
  • 『南蛮のバテレン―東西交渉史の問題をさぐる』日本放送出版協会〈NHKブックス〉、1970年
  • 『天正の少年使節』 小峰書店、1970年。偕成社文庫 1980年。松田翠鳳(すうほう)名義
  • 『江戸南蛮東京』読売新聞社 1971年
  • 『ふたつの使節』 日本放送出版協会〈NHKブックスジュニア〉 1972年
  • 『秀吉の南蛮外交―サン・フェリーペ号事件』新人物往来社、1972年
  • 『黄金のゴア盛衰記―欧亜の接点を訪ねて』中央公論社、1974年。中公文庫、1977年 
  • 『南蛮の世界』 東海大学出版会〈東海大学文化選書〉、1975年
  • 『キリシタン研究 第2部 論攷篇』 風間書房 1975年
  • 『南蛮遍路』読売新聞社、1975年
  • 『史譚 天正遣欧使節』 講談社 1977年。『天正遣欧使節』 臨川書店 1990年、講談社学術文庫 1999年
  • 大村純忠伝 付・日葡交渉小史』 教文館 1978年
  • 『キリシタン時代を歩く』 中央公論社 1981.7
  • 『南蛮人の日本発見』 中央公論社 1982.11
  • 『西洋との出会い 南蛮太閤記』 大阪書籍「朝日カルチャーブックス」(上下) 1982.6。『南蛮太閤記』朝日文庫 1991年
  • 『わたしの旅路 六十年』 文藝春秋 1987.3。研究自伝
  • 『渡欧日記 昭和三十四・五年』 同朋舎出版 1987.2
  • 伊達政宗の遣欧使節』新人物往来社 1987.9
  • 『日欧のかけはし 南蛮学の窓から』 思文閣出版[1] 1990.9
  • 『南蛮遍路 フロイス研究回顧録』朝文社 1991.7、著作選集 2002.12。※以下の書目は新装再刊も含む
  • 『南蛮のバテレン』朝文社 1991.7、新装版1993.8、著作選集 2001.9
  • 『天正遣欧使節』朝文社 1991.12、著作選集 2001.9+2008.1
  • ヴァリニャーノとキリシタン宗門』朝文社 1992.3、著作選集 2003.3+2008.4
  • 豊臣秀吉と南蛮人』 朝文社 1992.5、著作選集 2001.12
  • 慶長遣欧使節 徳川家康と南蛮人』朝文社 1992.6、著作選集 2002.12
  • 『江戸南蛮東京 南蛮文化の源流をもとめて』朝文社 2009.5。紀行文集

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • ヨハネス・ラウレス『織田信長とキリスト教』中央出版社 1947年
  • ヨハネス・ラウレス『高山右近の生涯―日本初期基督教史』エンデルレ書店 1948年
  • ヨハネス・ラウレス『高山右近の研究と史料』 六興出版社 1949年
  • ヴァリニャーノ 『日本巡察記』 佐久間正共編訳 「東西交渉旅行記全集第5巻」桃源社 1965年
    • 『日本巡察記』 平凡社東洋文庫 1973年、ワイド版2007年(改訂版で共訳者は近松洋男が参加) 
  • 『回想の織田信長 フロイス「日本史」より』 川崎桃太共編訳 中公新書 1973年
  • 『秀吉と文禄の役 フロイス「日本史」より』 川崎桃太共編訳 中公新書 1974年
  • ルイス・フロイス 『日本史』(全12巻) 川崎桃太共訳、中央公論社 1977-1980年 普及版1981-1982年
    • 『完訳 フロイス日本史』(全12巻) 中公文庫 2000年 
  • パステルス『16-17世紀日本・スペイン交渉史』 大修館書店、1994年

受賞・叙勲[編集]

その他[編集]

[編集]

  1. ^ 追悼出版『南蛮学の発見 松田毅一先生の追悼と足跡』 松田毅一先生を偲ぶ会(思文閣出版、1997年11月)がある。
  2. ^ 松田毅一監訳『十六・七世紀イエズス会日本報告集』(全15巻、同朋舎)が、1987-98年に出版。
  3. ^ 沢木耕太郎、『旅する力 深夜特急ノート』新潮社。