聖パウロ修道会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中央出版社から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖パウロ修道会
Societas a Sancto Paulo
Logo ssp.jpg
聖パウロ修道会 ロゴ
Herb rodzina.jpg
聖パウロ修道会 旧会章
First Paulines.jpg
1914年設立当時の修道会の様子
設立 1914年
設立者 ヤコブ・アルベリオーネ
種類 カトリック教会の修道会
目的 宣教、広報、出版
本部 イタリアの旗 イタリア
関連組織 女子パウロ会
師イエズス修道女会
ウェブサイト https://sanpaolo.or.jp/
テンプレートを表示

聖パウロ修道会(せいパウロしゅうどうかい、パウロ会、: Societas a Sancto Paulo Apostolo: Società San Paolo: Society of St. Paul)は、イタリア司祭ヤコブ・アルベリオーネ福者)が1914年アルバで創立したカトリックの男子修道会。イタリアのローマに総本部がある。「社会的コミュニケーション(出版映画放送などのマスメディア)を用いてキリストのことばをすべての人びとに伝える」ことを使命として創立された[1]。修道会名は使徒パウロに由来する。

会員は司祭修道士から成り、現在は世界30ヶ国と地域で書籍雑誌の発行と普及を行い、テレビラジオの分野でも活動する。聖パウロ女子修道会師イエズス修道女会とは「パウロ家族」として兄妹会となっている[1]

日本での活動[編集]

日本では宗教法人カトリック聖パウロ修道会として、東京都新宿区若葉1丁目に日本管区修道院を置き、そのほか大阪修道院(大阪市西淀川区)、福岡修道院(福岡市中央区)がある[2]

メディアによる宣教と社会的コミュニケーションのために1934年から活動し、カトリック出版社サンパウロ[3]を運営する(出版社の1995年以前の旧称は「中央出版社」であった)。カトリック書籍、月刊誌『家庭の友』[4]の出版事業のほか、「カトリック聖歌」「典礼聖歌」などの宗教音楽CD制作も手がける。東京都新宿区四谷四ツ谷駅前)をはじめ全国各地に直営書店「サンパウロ宣教センター」があり[5]オンラインショップ「パウルスショップ」も運営する[6]

また、1952年から株式会社組織に改組される1956年までの初期の文化放送の設立・運営に携わり[7]、改組後も現在に至るまで筆頭株主 (30%) となっており、取締役を1名出している(現在は東京管区長である沢田豊成神父が文化放送取締役を兼任[8])。

東京都八王子市下恩方町にある聖パウロ学園高等学校は、修道会によって創立された学校である。現在地への移転前は港区赤坂にあった修道会敷地内に所在した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]