聖パウロ修道会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖パウロ修道会(せいパウロしゅうどうかい、パウロ会、: Societas a Sancto Paulo Apostolo: Società San Paolo: Society of St. Paul)は、1914年イタリアの司祭ジャコモ・アルベリオーネアルバで創立されたカトリック修道会。イタリアのローマに総本部がある。「社会的コミュニケーション(出版映画放送などのマスメディア)の手段を用いてキリストのことばをすべての人びとに伝える」ことを使命として創立された[1]

会員は司祭修道士から成り、現在は30の国と地域で書籍雑誌の発行と普及を行い、テレビラジオの分野でも活動。聖パウロ女子修道会師イエズス修道女会とは兄妹会[1]

日本での活動[編集]

日本では宗教法人カトリック聖パウロ修道会として社会的コミュニケーションのために1934年から活動し、カトリック出版社「サンパウロ[2][注釈 1]」を運営。 また、1952年から株式会社組織に改組される1956年までの初期の文化放送の設立・運営に携わり[3]、改組後も現在に至るまで筆頭株主(30%)となっている。 八王子にある聖パウロ学園高等学校は、修道会によって発起された学校である。現在地移転前は赤坂の修道会敷地内にあった。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1995年以前の旧称は「中央出版社」

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]