アナ・マリア・マトゥテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマトゥテ第二姓(母方の)はオセーホです。
アナ・マリア・マトゥテ
Ana María Matute
Ana María Matute.jpg
誕生 1925年7月26日
バルセロナ県バルセロナ
死没 (2014-06-25) 2014年6月25日(88歳没)
カタルーニャ州バルセロナ県バルセロナ
職業 作家
言語 スペイン語
国籍 スペインの旗 スペイン
主な受賞歴 プラネータ賞(1954年)
ナダール賞(1959年)
セルバンテス賞(2010年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アナ・マリア・マトゥテ・オセーホ(Ana María Matute Ausejo, 1925年7月26日 - 2014年6月25日[1])は、スペインバルセロナ出身の著作家

経歴[編集]

1925年、カタルーニャ地方バルセロナの中流家庭に生まれ、オランダのヒルフェルスムにあるインターナショナルスクールで学んだ。1948年に『アベル家の人々』で作家デビュー。幼少期の体験や11歳の時に勃発したスペイン内戦の記憶などを作品に生かす一方で、中世ヨーロッパを舞台とした英雄譚や子ども向けの物語も多く執筆した。オクラホマ大学インディアナ大学ヴァージニア大学の客員教授を務めたこともあった。1997年には女性としては3人目となるレアル・アカデミア・エスパニョーラ(スペイン王立アカデミー)の正会員に選ばれた。2010年にはスペイン語圏最高の文学賞であるセルバンテス賞を受賞[1][2]。女性では3人目の受賞者となった[2]。2014年6月25日、バルセロナにて心臓発作を起こして死去した。88歳没。

作品[編集]

小説[編集]

  • Los Abel (1948)『アベル家の人々』
  • Fiesta al Noroeste (1952)『北西の祭典』(セルバンテス賞コレクション)大西亮訳 現代企画室 2012年
  • Pequeño teatro (1954)『人形芝居』
  • En esta tierra (1955) (reeditada como Luciérnagas en 1993)
  • Los hijos muertos (1958)『亡き息子たち』
  • Primera memoria (1959)『最初の思い出』
  • Los soldados lloran de noche (1963)『兵士たちは夜に泣く』
  • Algunos muchachos (1964)
  • La trampa (1969)『罠』
  • La torre vigía (1971)『望楼』
  • El río (1973)
  • Olvidado rey Gudú (1996)『忘れられたグドゥ王』
  • Aranmanoth (2000)
  • Paraíso inhabitado (2008)『無人のパラダイス』
  • Demonios familiares (2014)

短編・子ども向け作品[編集]

  • La pequeña vida (1953).
  • Los niños tontos (1956)
  • Vida nueva (1956)
  • El país de la pizarra (1957)
  • El tiempo (1957)
  • Paulina, el mundo y las estrellas (1960)
  • El saltamontes y El aprendiz (1960)
  • A la mitad del camino (1961)
  • El libro de juegos para los niños de otros (1961)
  • Historia de la Artámila (1961)『アルタミラ物語集』
  • El arrepentido (1961)
  • Tres y un sueño (1961)
  • La rama seca (1961)
  • Caballito loco y Carnavalito (1962)
  • El río (1963)
  • El polizón del "Ulises" (1965)
  • El aprendiz (1972)
  • Sólo un pie descalzo (1983)
  • El saltamontes verde (1986)
  • La Virgen de Antioquía y otros relatos (1990)
  • De ninguna parte (1993)
  • La oveja negra (1994)
  • El verdadero final de la Bella Durmiente (1995)
  • El árbol de oro (1995)
  • Casa de juegos prohibidos (1996)
  • Los de la Tienda (1998)
  • Todos mis cuentos (2000)
  • La puerta de la luna. Cuentos completos (2010)

受賞[編集]

関連文献[編集]

  • 中島俊枝「アナ・マリア・マトゥテに見る現実と希望: 『みどりのバッタ』に託して」ノートルダム清心女子大学紀要 外国語・外国文学編、20(1)、pp.112-121、1996

出典[編集]

  1. ^ a b アナ・マトゥテさん死去 スペイン作家 佐賀新聞 2014年6月26日
  2. ^ a b セルバンテス賞にアナ・マリア・マトゥテ氏!セルバンテス文化センター東京 2010年11月24日

外部リンク[編集]