マンシージャ・デ・ラ・シエラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mansilla de la Sierra
1960年に貯水池の底に沈んだ旧集落の廃墟
1960年に貯水池の底に沈んだ旧集落の廃墟
Flag of La Rioja (with coat of arms).svg ラ・リオハ州
Flag of La Rioja (with coat of arms).svg ラ・リオハ県
コマルカ アンギアーノ
面積 84.76 km²
標高 947m
人口 71 人 (2015年)
人口密度 0.84 人/km²
Mansilla de la Sierraの位置(スペイン内)
Mansilla de la Sierra
Mansilla de la Sierra
スペイン内マンシージャ・デ・ラ・シエラの位置
ラ・リオハ州内)
Mansilla de la Sierra
Mansilla de la Sierra
リオハ県内マンシージャ・デ・ラ・シエラの位置

北緯42度09分12秒 西経02度56分42秒 / 北緯42.15333度 西経2.94500度 / 42.15333; -2.94500座標: 北緯42度09分12秒 西経02度56分42秒 / 北緯42.15333度 西経2.94500度 / 42.15333; -2.94500

マンシージャ・デ・ラ・シエラ(スペイン語: Mansilla de la Sierra)は、スペインラ・リオハ州ムニシピオ(基礎自治体)。ラ・リオハ州西部にあり、コマルカ(郡)としてはアンギアーノの構成自治体のひとつである。面積は84.76km2であり、2015年の人口は71人だった。

中心部の標高は約950m[1]ナヘラまでの距離は43km、州都ログローニョまでの距離は72km[1]。ウシ・ヒツジ・ヤギなどの牧畜が主産業である[1]

歴史[編集]

マンシージャ貯水池

かつての集落は現在の場所から300m南にあった。1900年には585人の人口があり、10,000頭以上のウシが飼育されていた[2]バルセロナ出身の小説家であるアナ・マリア・マトゥテは、幼少時代に祖父母とマンシージャの旧集落で夏季を過ごした。1935年にはダムの建設が計画され、スペイン内戦などで25年以上計画は中断していたものの、フランコ政権下で灌漑や発電用のダムが建設された。1940年には591人、1950年には490人の人口があったが、1958年冬には貯水が開始され、1960年にはマンシージャの集落がマンシージャ貯水池スペイン語版の底に沈んだ[3]。多くの住民はマンシージャを離れ、1960年の人口は149人となった。

1959年には現在の場所にマンシージャ・デ・ラ・シエラ地区が建設された。貯水池の水量は9月から10月に最小となり、貯水池の底から教会や建物の残骸が現れる。貯水池の水はナヘリリャ川スペイン語版となって北北西に流れ、アンギアーノスペイン語版ボバディーリャスペイン語版バーニョス・デ・リオ・トビアスペイン語版ナヘラなどを通った後に、トレモンタルボスペイン語版エブロ川の本流に注いでいる。今日の自治体はマンシージャ・デ・ラ・シエラ地区とタブラーダス地区で構成される。

人口[編集]

マンシージャ・デ・ラ・シエラの人口推移 1842-2011
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[4]、1996年 - [5]

政治[編集]

首長一覧(1979-)
任期 首長名 政党
1979–1983 Antonio Matute Medel 民主連合(CD)
1983–1987 José Mª Peña González PSOE
1987–1991 José Mª Peña González PSOE
1991–1995 José Mª Peña González PSOE
1995–1999 José Mª Peña González PSOE
1999–2003 José Mª Peña González PSOE
2003–2007 José Eduardo Losa Matute PP
2007–2011 José Manuel Ballesteros Pablo PSOE
2011–2015 José Manuel Ballesteros Pablo PSOE
2015– José Manuel Ballesteros Pablo PSOE

脚注[編集]

外部リンク[編集]