カミーロ・ホセ・セラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カミーロ・ホセ・セラ
Camilo José Cela ノーベル賞受賞者
誕生 1916年5月11日
スペインの旗 スペインガリシア州
死没 2002年1月17日(2002-01-17)(85歳)
スペインの旗 スペインマドリード
職業 作家
国籍 スペインの旗 スペイン
ジャンル 小説
主な受賞歴 アストゥリアス皇太子賞(1987)
ノーベル文学賞(1989)
プラネータ賞(1994)
セルバンテス賞(1995)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1989年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:人間の脆弱性の挑戦的なビジョンを形成する、自制的な憐憫を含んだ、豊穣で徹底した散文に対して。

カミーロ・ホセ・セラCamilo José Cela1916年5月11日 - 2002年1月17日)は、スペインガリシア地方ア・コルーニャ県パドロン出身の著作家。カミロ、セーラの表記もある。ノーベル文学賞受賞者。

略歴[ソースを編集]

父は地方新聞社を経営し、税関の役人でもあったスペイン人で、母はアイルランド人。

マドリード大学で、医学法学哲学を学ぶ。フランシスコ・フランコ独裁政権時代には、発禁処分を受けた若い作家たちに発表の場を与えた。

著作[ソースを編集]

  • 「蜂の巣」会田由,野々山真輝帆訳 白水社 1989.11.
  • 「パスクアル・ドゥアルテの家族」有本紀明訳 講談社 1989.12.
  • 「ラ・アルカリアへの旅」有本紀明訳 講談社 1991.6.
  • 「ラサリーリョ・デ・トルメスの新しい遍歴」有本紀明訳 講談社 1992.8.
  • 「ピレネー紀行」日比野和幸,野々山真輝帆 監訳 彩流社 1993.11.
  • 「サッカーと11の寓話」野谷文昭,星野智幸訳 朝日新聞社 1997.5.
  • 「二人の死者のためのマズルカ」有本紀明訳 講談社 1998.2.
  • 「アンダルシア紀行」日比野和幸,野々山真輝帆監訳 彩流社 1999.12.
  • 「遠足」大久保光夫訳(『世界短編名作選スペイン編』新日本出版社,1978 に収録)
  • 「お祭り」(La romería、『世界短篇文学全集〔9〕南欧文学近代』集英社に収録)

外部リンク[ソースを編集]