野谷文昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野谷 文昭(のや ふみあき、1948年6月6日 - )は、日本ラテンアメリカ文学研究者、東京大学名誉教授、名古屋外国語大学教授。神奈川県生まれ。

経歴[編集]

東京学芸大学附属高等学校卒、1971年東京外国語大学外国語学部スペイン語学科卒業。1975年同大学外国語学研究科修士課程修了(ロマンス系言語)。1987年立教大学助教授、1994年教授、2005年早稲田大学教育・総合科学学術院(教育学部複合文化学科)教授。2008年東京大学大学院人文社会系研究科現代文芸論教授。2010年会田由翻訳賞受賞。2013年東京大学を定年退職、名誉教授名古屋外国語大学教授。

日本におけるラテンアメリカ文学研究を代表する一人であり、日本ラテンアメリカ学会の理事を務めた。翻訳紹介、評論のほか、映画批評、字幕翻訳も手掛ける。

1991年湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人中上健次津島佑子田中康夫らとともに『湾岸戦争に反対する文学者声明』を発表した。

2007年より日本ペンクラブ国際委員。2012年度より日本イスパニヤ学会会長・理事長。

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『メキシコの美の巨星たち その多彩でユニークな世界』編者(東京堂出版 2011年4月)
  • 『日本の作家が語る ボルヘスとわたし』編者(岩波書店 2011年9月)
  • 『ポケットマスターピース13 セルバンテス』編者 (集英社 2016年12月)

共編著[編集]

翻訳[編集]

主な字幕翻訳[編集]

外部リンク[編集]