ナディン・ゴーディマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nadine Gordimer
ナディン・ゴーディマー 
Nadine Gordimer 01.JPG
ナディン・ゴーディマー(2010)
誕生 (1923-11-20) 1923年11月20日
Red Ensign of South Africa (1912-1928).svg 南アフリカ連邦 ヨハネスブルグ
死没 (2014-07-13) 2014年7月13日(90歳没)
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 ヨハネスブルグ
職業 小説家
代表作 『保護管理人』
主な受賞歴 ジェイムズ・テイト・ブラック記念賞(1971)
ブッカー賞(1974)
ネリー・ザックス賞(1985)
ノーベル文学賞(1991)
デビュー作The Lying Days
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1991年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:彼女の壮大な叙事詩が、"アルフレッド・ノーベルの言葉"に即した、人文主義にとっての重要な利益であったこと。

ナディン・ゴーディマーNadine Gordimer1923年11月20日 - 2014年7月13日)は、南アフリカ作家政治活動家1991年ノーベル文学賞を受賞した[1]ウォーレ・ショインカナギーブ・マフフーズに次いでアフリカ大陸出身者として3人目、アフリカ人女性としては初の受賞者となった。

略歴[編集]

父はリトアニアからのユダヤ系移民、母はイギリス系のユダヤ人。9歳から創作活動をはじめる。一時期はイヴリン・ウォーの『スクープ』を読んでジャーナリストを志望したこともある。11歳以降は学校に通わず、20歳になって初めてジョハネスバーグのヴィットヴァテルスラント大学に1年間、聴講生として通った[1]。この間、16歳で短篇が雑誌に掲載され、本格的に作家活動をはじめる。

1949年、短編集『顔と顔を合わせて』で本格的なデビューを果たす[1]。最初の長編小説は『いつわりの日々』(1953年)であり、その後、12作の長編小説、200以上の短編作品を発表した[1]。『保護管理人』(1974年)で、ブッカー賞を受賞[1]

2014年7月13日、ヨハネスブルグの自邸にて死去したことが明らかにされた[2]。90歳没。

作品[編集]

アパルトヘイトの欺瞞を淡々とした筆致でユーモラスに告白する作風で知られる。特に短編小説集『フライデーの足跡(Friday's Footprint)』(1960年)はイギリスアメリカで高く評価されている[3]。また、アパルトヘイトに対するリアリズム文学として芸術性が高いと言う評価もなされている[4]

邦訳[編集]

  • 現代アフリカの文学 土屋哲訳 1975 岩波新書
  • 戦士の抱擁 土屋哲訳 晶文社 1985.11.
  • ナディン・ゴーディマは語るアフリカは誰のものか 高野フミ監訳.1993.6. 岩波ブックレット
  • ゴーディマ短篇小説集JUMP ヤンソン柳沢由実子訳 岩波書店 1994.9.
  • ブルジョワ世界の終わりに 福島富士男訳 スリーエーネットワーク 1994.10 アフリカ文学叢書
  • バーガーの娘 福島富士男訳 みすず書房 1996.7.
  • マイ・サンズ・ストーリー 赤岩隆訳 スリーエーネットワーク 1997.12 アフリカ文学叢書
  • この道を行く人なしに 福島富士男訳 みすず書房 2001.2.
  • いつか月曜日に、きっと スティーヴン・クリングマン編 福島富士男訳 みすず書房 2005.4.

参考文献・脚注[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ナディン・ゴーディマ” (日本語). みすず書房. 2022年6月15日閲覧。
  2. ^ N.ゴーディマ氏死去=ノーベル賞受賞の南ア女性作家 時事通信 2014年7月14日閲覧
  3. ^ 新潮 世界文学小辞典 1971, p. 321.
  4. ^ グランド現代百科事 1983, p. 84.