ソール・ベロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Saul Bellow
ソール・ベロー
誕生 Solomon Bellows
(1915-06-10) 1915年6月10日
カナダの旗 カナダ ケベック州
死没 2005年4月5日(2005-04-05)(89歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ブルックライン 
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国  
最終学歴 シカゴ大学
ノースウェスタン大学
ウィスコンシン大学マディソン校
主な受賞歴 ノーベル文学賞(1976)
ピューリッツァー賞 フィクション部門(1976)
全米図書賞(1954, 1965, 1971) 
サイン
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1976年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:彼の作品の中で結びついた、人間の理解と、捉え難い現代文化の分析に対して

ソール・ベローSaul Bellow,1915年6月10日 - 2005年4月5日)は、アメリカ小説家・劇作家。

生涯[編集]

1915年、貧しいロシアユダヤ系移民の子としてカナダケベック州ラシーヌで生まれる[1]。本名ソロモン・ベローズ(Solomon Bellows)。1924年、家族とともにシカゴに移住。シカゴ大学ノースウェスタン大学で人類学・社会学を学んだ後、ウィスコンシン大学で人類学の修士号を取得。ミネソタ大学プリンストン大学・シカゴ大学・バード大学ニューヨーク大学で教鞭をとる。

大学院在学中より執筆活動をはじめ、1944年、入隊をひかえた男の異常な心理状態を実存主義的な手法で描いた『宙ぶらりんの男』でデビュー。以後、順調に創作活動を続け、『オーギー・マーチの冒険』『ハーツォグ』『サムラー氏の惑星』で全米図書賞を三度受賞し、『フンボルトの贈り物』でピューリッツァー賞を受賞、『銀の皿』でオー・ヘンリー賞、さらに1976年にはノーベル文学賞を受賞するなど、現代アメリカを代表する作家として活躍した。

アイザック・シンガーの短編「馬鹿のギンペル」のイデッシュ語から英語への翻訳も1952年に行っている。

2005年4月5日、マサチューセッツ州の自宅で死去。89歳。

著作[編集]

小説[編集]

エッセイ[編集]

  • To Jerusalem and Back (1976)
  • It All Adds Up (1994)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説”. コトバンク. 2018年7月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]