ソール・ベロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1976年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:

ソール・ベローSaul Bellow,1915年6月10日 - 2005年4月5日)は、アメリカの小説家・劇作家。

生涯[編集]

1915年、貧しいロシアユダヤ系移民の子としてカナダケベック州ラシーヌで生まれる。本名ソロモン・ベローズ(Solomon Bellows)。1924年、家族とともにシカゴに移住。シカゴ大学ノースウェスタン大学で人類学・社会学を学んだ後、ウィスコンシン大学で人類学の修士号を取得。ミネソタ大学プリンストン大学・シカゴ大学・バード大学ニューヨーク大学で教鞭をとる。

大学院在学中より執筆活動をはじめ、1944年、入隊をひかえた男の異常な心理状態を実存主義的な手法で描いた『宙ぶらりんの男』でデビュー。以後、順調に創作活動を続け、『オーギー・マーチの冒険』『ハーツォグ』『サムラー氏の惑星』で全米図書賞を三度受賞し、『フンボルトの贈り物』でピューリッツァー賞を受賞、さらに1976年にはノーベル文学賞を受賞するなど、現代アメリカを代表する作家として活躍した。2005年4月5日、マサチューセッツ州の自宅で死去。89歳。

著作[編集]

小説[編集]

  • Dangling Man (1944) (『宙ぶらりんの男』)
  • The Victim (1947) (『犠牲者』)
    • 太田稔訳 新潮文庫 1973
    • 大橋吉之輔,後藤昭次訳 白水社 1979
  • The Adventures of Augie March (1953) (『オーギー・マーチの冒険』)
  • Seize the Day (1956) (『その日をつかめ』)
    • 現在をつかめ 栗原行雄訳 現代出版社 1970
    • この日をつかめ 大浦暁生訳 新潮文庫 1971
    • この日をつかめ 繁尾久訳 角川文庫 1972
    • その日をつかめ 宮本陽吉訳 世界の文学 33 集英社 1976 のち文庫 
  • Henderson the Rain King (1959) (『雨の王ヘンダソン』)
  • Herzog (1964) (『ハーツォグ』)
  • Mosby's Memoirs (1968) (『モズビーの思い出』)
  • ソール・ベロー短編集 繁尾久訳 角川文庫 1974
  • Mr. Sammler's Planet (1970) (『サムラー氏の惑星』)
  • Humboldt's Gift (1975) (『フンボルトの贈り物』)
  • The Dean's December (1982) (『学生部長の十二ヶ月』)
    • 渋谷雄三郎訳 早川書房 1983
  • Him with His Foot in His Mouth (1984)
  • More Die of Heartbreak (1987)
  • A Theft (1989) (『盗み』)
    • 宇野利泰訳 早川書房 1990
  • The Bellarosa Connection (1989) (『ベラローザ・コネクション』)
    • 宇野利泰訳 早川書房 1992
  • Something to Remember Me By: Three Tales (1991)
  • The Actual (1997) (『埋み火』)
  • Ravelstein (2000)
  • Collected Stories (2001)

エッセイ[編集]

  • To Jerusalem and Back (1976)
  • It All Adds Up (1994)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]