永田寛定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永田 寛定(ながた ひろさだ、1885年1月1日-1973年8月2日)は、スペイン文学者。

東京生まれ。1909年東京外国語学校西斑牙語科卒業、戦後、東京外国語大学教授を務めた。スペイン文学の翻訳、教育に尽くした。

岩波文庫で、セルバンデスドン・キホーテ』完訳に挑んだが、徹底的に直す翻訳作業で、行の頭にこの字が来てはいけない、といった直し方を続けたため、続編の翻訳半ばで死去、弟子の高橋正武が継いで、最終巻を刊行した。なお『ドン・キホーテ』は、弟子の会田由が先に完訳した。

著書[編集]

  • 『太平洋の発見』十一組出版部, 1942
  • 『こがねのいしころ 聖フランチェスコの奇跡』教育学習社 1948
  • 『イスパニヤ語 文法とその活用』白水社 1955
  • 『ふきのとう 歌集』永田琴, 1979

翻訳[編集]

  • ハシント・ベナベンテ『作り上げた利害』近代劇大系 第12巻 近代劇大系刊行会 1924/岩波文庫 1928
  • ブラスコ・イバニェス『死刑をくふ女』新潮社 1924
  • マルティーネス・シエルラ『子守唄』岩波文庫 1927
  • ホセ・エチェガライ『恐ろしき媒』岩波文庫 1928、復刊1988ほか
  • ブラスコ・イバーニェス「地中海 外三篇」世界文学全集 新潮社 1930
  • 『近代劇全集 第36巻』伯爵夫人の驚き(ベナベンテ)日盛り(セーカ)かはいさうなフアン(シエルラ)太鼓と小鈴(キンテイロ兄弟)第一書房 1930
  • ブラスコ・イバニエス『血と砂』春陽堂 1932-33/ 岩波文庫 1939
  • ホルヘ・バイレイ・レンベツケ『日本国に南米から送つた最初の使節』秘露公使館 1935
  • ピーオ・バローハ『水車小屋の兄弟』弘文堂書房 1940
  • ローペ・デ・ベーガ『上なき判官これ天子』日本評論社 1948
  • セルバンテス『ドン・キホーテ 正篇 1-3』岩波文庫 1948-51、改版1971
  • セルバンテス『ドン・キホーテ』岩波少年文庫 1951、改版1968
  • 七つの柱 フェルナンデス・フローレス 河出書房 1952
  • セルバンテス『ドン・キホーテ 続篇 1・2』岩波文庫 1953(改版1978)、1975 
  • ブラスコ・イバーニェス『われらの海 上下』岩波文庫 1955
  • J・R・ヒメネス『プラテーロとわたし』少年少女世界文学全集 講談社 1960

脚注[編集]