伴大介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ばん だいすけ
伴 大介
本名 斉藤 清憲(さいとう きよのり)
別名義 伴 直弥
生年月日 (1947-05-05) 1947年5月5日(71歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県川口市
身長 171 cm[1]
血液型 O型[2]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
事務所 アイ コンティネンス
主な作品

テレビドラマ
人造人間キカイダー
イナズマン
忍者キャプター
鬼平犯科帳
バトルフィーバーJ


映画
リング0 バースデイ
キカイダーREBOOT

伴 大介(ばん だいすけ、1947年5月5日[3] - )は、日本俳優。本名、斉藤 清憲さいとう きよのり[1]

埼玉県川口市出身[4]埼玉県立蕨高等学校明治大学文学部卒業[5]。アイコンティネンス所属[6]

来歴[編集]

高校在学中より演劇活動を始め、大学卒業後に劇団NLTのオーディションを受けて合格して研究生となる[5]。この間、劇団の仕事で地方の学校を巡回公演する[7]

1972年特撮テレビドラマ人造人間キカイダー』(NET)の主人公・ジロー役に抜擢されて本格的デビューを果たす[3][8]。その際、原作者・石ノ森章太郎に「伴 大介」と命名される[9]

1973年に『イナズマン』(NET)でふたたび主演を務めることとなった際、姓名判断によって伴 直弥ばん なおやに改名[10]。しかし、石ノ森や東映スタッフへの事前報告をせずに独断で改名したため、激しい怒りを買ったという。特に吉川進からは「直弥」名義での出演を拒否され、『キカイダー01』には改名後にもかかわらず「大介」名義で出演することになった[11]。ただし、最も怒っていたのは名付け親の石ノ森だったらしく、『イナズマン』の現場に石ノ森が監督として現れた際によそよそしさを感じたという[12]

1976年、『忍者キャプター』(東京12チャンネル)では三たびヒーローを演じることとなったが、誤解からスタッフとの間に確執が生じ、互いにそれをエスカレートさせてしまった。このことが原因となり、内定していた『特捜最前線』(テレビ朝日)へのレギュラー出演が取りやめになり、しばらくの間は東映から干される[13][注釈 1]1979年伊藤武史に代わり演じた『バトルフィーバーJ』(同)の二代目バトルコサック=神誠役で2年ぶりに東映作品へのレギュラー出演を果たした。

1997年、『キカイダー』25周年に合わせて芸名を「伴 大介」に戻す[14]。同年刊行された著書『キカイダー賛歌』(池田駿介共著)で石ノ森にインタビューを行っており、その中で伴が自身で「大介」に戻すと報告し、石ノ森も「カムバックするか」と喜んでいた[15]。芸名を変えた理由は「占いでこのままでは大ケガすると言われて軽く変えてしまった」と石ノ森に語っている[15]。芸名を戻した翌年に石ノ森が逝去し、その際のコメントで「先生のご存命中に(芸名を戻し)、ご報告出来たのがせめてもの救い(断りを入れず改名したことが原因で怒らせてしまった経緯もあるため)」と語っている[16]

1990年代からは鶴田法男監督作品への出演も増え、特に『リング』シリーズ(東宝)では、伊熊平八郎(貞子の父役)を演じて全4作に出演。また、同時期に体調を崩して激痩せしたために周囲から心配されていたが、2008年頃に完全に回復した。2014年の映画『キカイダー REBOOT』(東映)には、前野究次郎役で出演している。第二次大戦中の米国での日系人部隊編成までを描いた2017年の米映画『Go For Broke--A 442 Origin Story』にはMr. Otani役で出演した[17]

人物・エピソード[編集]

  • 趣味は、読書映画鑑賞音楽鑑賞[18]。特技は、歌唱[1]
  • 自身の俳優としての姿勢についてドラマに入って行きすぎるきらいがあると述べている[19]。特に特撮作品ではメカなどを無視してしまうといい、『イナズマン』や『バトルフィーバーJ』はその結果であることを語っている[19]
  • 東の横綱・宮内洋、西の横綱・伴大介と称されるように[20][21]、数々のヒーローを演じていた。その後も役者としてあらゆる役柄に挑戦している。また、華々しいゲスト出演の多い宮内と対照的に(地味ながらもしっかりと役作りした演技を根底に)ゲスト出演する機会の多い伴のファン層も多い。ファンから本人が聞いた生の声によれば、『超獣戦隊ライブマン』(テレビ朝日)の星博士の生き様に感涙して伴のファンになった者もいるという[22]
  • 『キカイダー』で主役に選んだのはプロデューサーの吉川進の夫人で、数人の候補者の写真の中から伴の写真を選んだ[20]
  • 『キカイダー』当時のインタビューでは「直情的で、惰性に陥りやすい役柄なので新鮮でいたい。とにかく子供に夢を与えるような仕事をしたいです」と述べている[7]。後年のインタビューでも同様に「子供のための番組だから子供を裏切りたくないという気持ちはある」と述べている[23]
  • 『イナズマン』に出演する際に、プロデューサーの平山亨から「キカイダーのイメージを変えて演じてほしい」と注文されたことがある。それに対してキャラクターを変えて演じることに抵抗を感じて、平山と喧嘩になりそうになったと述べている[24]
  • 『01』では伴大介、『イナズマン』では伴直弥と同時期に二つの名義で活動したため、ファンレターで「双子なんですか?」と質問されたことがあるという[11]
  • 『忍者キャプター』について、企画自体は面白いと感じたが、30分の枠で7人のキャラクターを描くことは難しいと感じたという。また、キャプターのコスチュームについて最初は抵抗を感じたが、次第に慣れてそのまま食事に出かけたと述べている[25]
  • 『バトルフィーバーJ』のプロデューサーは以前「直弥」名義での出演を拒否した吉川進だったが、「直弥」名義での出演となった。これについて伴自身「怒りがようやくおさまったか、当時の自分の状況をかわいそうに思ってくれた」と推測している[26]。俳優の京本政樹との対談の中では本作について、途中から参加していたため印象が薄いと述べており、共演者の大葉健二たちがしっかりしていたため何とかやれたと述べている[27]。伴は他のメンバーと年齢が離れていたため、彼らとは離れた場所にいるイメージで演じたことを述べている[19]
  • 『キカイダー01』で共演した池田駿介が2010年6月に死去した際、『宇宙船』VOL.129に追憶文を掲載した。偶然にも池田の死の前日(11日)に同作で別のインタビューに答えていた。
  • 『キカイダー REBOOT』では、新旧のジローが揃ったとして話題を呼んでいる(ちなみに役名は『前の旧ジロー』という意味がそのままの名前になったと映画のパンフレットインタビューで語っている)。
  • 旅行業界に勤めていた女性と結婚し[28]、一男儲けるが[3]、後に離婚[28]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

  • エピソード・コメディフェスティバル(1974年、劇団NLT
  • オウムとにわとり(1975年、劇団NLT)
  • 男を金にする女(1991年、芸術座
  • 伴大介・一人芝居 人造人間は愛の夢を見るか(2006年、『伴大介・一人芝居』制作委員会) - 主演
  • オクトの樹(2012年、鬼子母神武芳稲荷紬の会) - クガオリ王
  • なぞらえ屋〜開闢九重千曳〜(2012年、La・Moon) - 霧降仙嶽銀月聾伴閃
  • ならぬことはならぬ(2013年、方の会第52回公演) - 農民・田村昭造
  • われなきぬれて〜石川啄木〜(2015年、方の会第57回公演) - 森鷗外
  • ノルマ(2016年、ダイアモンドジャパン) - 鈴村由佳の父
  • 散り往く雪〜京介と幸恵〜(2016年、方の会第58回公演) - ワカルパ
  • まるか楼の女たちII(2016年、方の会公演)

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

  • クルーエル1999〜火星の天使(1997年、HOBBY DATA) - 三雲純夫

ゲーム[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 東映怪人怪獣大百科 ロボット篇(東映ビデオ) - ジロー(ナレーション)
  • キカイダーメモリアル〜25年目の再会〜(東映ビデオ) - ジロー(ナレーション)
  • 人造人間キカイダーメモリアル(東映ビデオ) - ジロー(ナレーション)
  • 人造人間キカイダーが人工知能を語る(雑誌『正論』2017年10月号)

音楽[編集]

アルバム[編集]

  • キカイダー01 (1973年、日本コロムビア) - 『人造人間キカイダー』挿入歌「春くれば」
  • 石ノ森章太郎 男も泣けるTV主題歌集 (1998年、テイチク) - 「ゴーゴーキカイダー」を歌唱

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、ゲスト出演は複数の作品で見られる。
  2. ^ 「斉藤清憲」名義。
  3. ^ 「斉藤清憲」名義。制作は1969年。
  4. ^ 伴は『予言』では出番が少ないが、同プロデューサーの一瀬隆重は「伴が出演した映画はヒットする」という理由で、『リング』シリーズから引き続き出演してもらったという。

出典[編集]

  1. ^ a b c 日本タレント名鑑2002』 VIPタイムズ社、2002年、356頁。ISBN 978-4990124205
  2. ^ 伴 大介” (日本語). 日本タレント名鑑. 2017年1月4日閲覧。
  3. ^ a b c 「伴直弥インタビュー」『宇宙船SPECIAL ’70年代特撮ヒーロー全集』 監修 金田益実、朝日ソノラマ1998年5月30日、63頁。ISBN 4-257-03533-1(初出:『宇宙船別冊 変身ヒーローアルバム』 1986年 朝日ソノラマ)
  4. ^ スイッチオン! 人造人間キカイダー 2001, p. 156
  5. ^ a b キカイダー讃歌 1997, p. 16-17
  6. ^ 伴 大介プロフィール” (日本語). アイ コンティネンス. 2017年1月4日閲覧。
  7. ^ a b 『読売新聞』1973年2月24日付朝刊、13面。
  8. ^ 京本 1992, p. 110.
  9. ^ キカイダー讃歌 1997, p. 18
  10. ^ キカイダー讃歌 1997, p. 19
  11. ^ a b スイッチオン! 人造人間キカイダー 2001, p. 70
  12. ^ スイッチオン! 人造人間キカイダー 2001, p. 82
  13. ^ スイッチオン! 人造人間キカイダー 2001, p. 108-110
  14. ^ キカイダー讃歌 1997, p. 21
  15. ^ a b キカイダー讃歌 1997, p. 158-165
  16. ^ スイッチオン! 人造人間キカイダー 2001, p. 95
  17. ^ Go For Broke (IMDb)
  18. ^ キカイダー讃歌 1997, p. 187
  19. ^ a b c 超世紀全戦隊大全集 1993, p. 184, 「戦隊シリーズキャストインタビュー 伴直弥」
  20. ^ a b 京本 1992, p. 111.
  21. ^ スイッチオン! 人造人間キカイダー 2001, p. 124
  22. ^ スイッチオン! 人造人間キカイダー 2001, p. 134-135
  23. ^ 京本 1992, p. 112.
  24. ^ 京本 1992, p. 115.
  25. ^ 京本 1992, p. 116.
  26. ^ スイッチオン! 人造人間キカイダー 2001, p. 114
  27. ^ 京本 1992, p. 117.
  28. ^ a b スイッチオン! 人造人間キカイダー 2001, p. 176-177
  29. ^ DVD「予言 プレミアム・エディション」のコメンタリートラックより

参考文献[編集]

外部リンク[編集]