中嶋しゅう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかじま しゅう
中嶋 しゅう
生年月日 (1948-04-18) 1948年4月18日
没年月日 (2017-07-06) 2017年7月6日(69歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京都
死没地 日本の旗 日本 東京都
身長 172 cm
職業 俳優演出家
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
配偶者 鷲尾真知子
所属劇団 劇団NLT1977年 - 1989年
事務所 COME TRUE
公式サイト 公式プロフィール

中嶋 しゅう(なかじま しゅう、1948年4月18日 - 2017年7月6日)は日本俳優演出家

東京都出身。元劇団NLT所属。所属事務所はCOME TRUE。妻は女優の鷲尾真知子

経歴[編集]

1979年に東宝芸能アカデミーを卒業。1977年に「劇団NLT」に入団し10年間在籍した後、1989年に退団。

退団後は舞台を中心に活動。下積み時代を経て、50代に入ると栗山民也鵜山仁熊林弘高小川絵梨子らの演出による舞台作品に主要な役で出演して、的確な演技と巧みな台詞術で注目を集めるようになった[1][2]。2010年には舞台『BLUE/ORANGE』『今は亡きヘンリー・モス』での演技により第45回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞[3]。一方で、黒澤明監督の映画作品や映画『日本のいちばん長い日』などの映像作品にも出演した[4]

私生活では、劇団NLTで出会い1978年頃より交際していた女優の鷲尾真知子と、25年以上におよぶ事実婚を経て2003年から2004年頃に結婚。互いの親族が続けて死去したことを契機に、生命保険の保険金受取を考慮して婚姻届の提出を決めたという[5]

晩年には舞台『炎 アンサンディ』『スポケーンの左手』『夜想曲集』『あわれ彼女は娼婦』『ヘンリー四世』『いま、ここにある武器』などの話題作に次々に出演[2]、古典から現代劇まで幅広く出演して円熟した演技で存在感を示した[6]

2017年に出演した舞台『アザー・デザート・シティーズ』(寺島しのぶ主演、東京芸術劇場シアターウエスト)[7]の初日7月6日夜の第1幕上演中、舞台から客席へ落下して病院へ救急搬送され、同日22時頃に搬送先の病院で死亡が確認された[8][9][10][11]。69歳没。死因は舞台上で発症した急性大動脈解離だった。葬儀は7月12日に東京高円寺の葬儀場にて営まれ、妻の鷲尾真知子が喪主を務め、俳優や関係者など約300人が参列。俳優・岡本健一や演出家・小川絵梨子らが弔辞を読んだ[12][13]

出演[編集]

舞台[編集]

  • 阿国(1990年、近鉄劇場)
  • ビンゴ(1991年、T・P・T公演)
  • ソング・デイズ(1991年、パナソニック・グローブ座)
  • ピアノ(1992年、紀伊国屋ホール)
  • 火の鳥(1994年、日生劇場)
  • GHETTO/ゲットー(1996年)
  • オルフェオの嘆き(1996年、朗読)
  • 海の沸点(1997年、紀伊国屋ホール)
  • 陽ざかりの女達(1998年、新国立劇場、新神戸オリエンタル劇場)
  • エイミィズ・ヴュー(1998年、パルコ劇場)
  • 雪やこんこん(1999年、紀伊国屋ホール)
  • KUNISADA-国定忠治-(1999年、セゾン劇場)
  • 欲望という名の電車(2000年、新国立劇場)
  • 美女で野獣(2001年、新国立劇場)
  • 丘の上のイエッペ(2002年、ベニサン・ピット)
  • ニュルンベルク裁判(2003年、俳優座劇場)- ダン・ヘイウッド 役[14]
  • かもめ(2004年、ベニサン・ピット)
  • 楡の木陰の欲望英語版(2004年、シアター1010)
  • 天国の本屋(2005年、博品館劇場)
  • コーカサスの白墨の輪ドイツ語版英語版(2005年、世田谷パブリックシアター)
  • 母・肝っ玉とその子供たちドイツ語版英語版(2005年、新国立劇場 他)
  • BAKXAI-バッカイ-(2006年、ベニサン・ピット)
  • 朱雀家の滅亡(2007年)
  • 氷屋来たる(2007年、新国立劇場)
  • 空の定義(2008年、俳優座)
  • バーム・イン・ギリヤド(2008年、新宿シアターモリエール)
  • かもめ(2008年、シアターBRAVA)
  • キーン(2008年、天王洲銀河劇場、兵庫県立芸術文化センター)
  • 炎の人(2009年、天王洲銀河劇場)
  • 赤い城黒い砂(2009年、日生劇場)
  • ヘンリー六世(2009年、新国立劇場)
  • 兵器のある風景(2010年、俳優座劇場)
  • BLUE/ORANGE英語版(2010年、八幡山ワーサルシアター)- ロバート・スミス 役[15]
  • 今は亡きヘンリーモス英語版(2010年、赤坂レッドシアター)- ヘンリー・モス 役[15]
  • おそるべき親たち英語版(2010年、東京芸術劇場小ホール2)
  • ラスコーリニコフとスヴィドリガイロフ(2010年、八幡山ワーサルシアター) - 企画・演出
  • ミュージカル「エディットピアフ」(2011年、天王洲銀河劇場)
  • 炎の人(2011年再演、天王洲銀河劇場、神奈川芸術劇場ホール(KAAT)ほか地方公演)
  • ミュージカル「ジキル&ハイド」(2012年、日生劇場 他) - ダンヴァース卿
  • 千に砕け散る空の星英語版(2012年、シアタートラム)[16]
  • 橋からの眺め英語版(2012年、テアトルBONBON)
  • 効率学のススメ(2013年、新国立劇場小劇場)
  • RunsFirstプロデュース公演「帰郷 The Homecoming」(2013年、シアター風姿花伝)
  • ジャンヌ -ノーベル賞作家が暴く 聖女ジャンヌ・ダルクの真実-英語版(2013年、世田谷パブリックシアター)ロベール役 / ジョン・ルメートル役[17]
  • マクベス(2013年、シアターコクーン)
  • ボビー・フィッシャーはパサデナに住んでいる(2014年、シアター風姿花伝)
  • 炎 アンサンディフランス語版英語版(2014年、シアタートラム)[6]
  • 狂人なおもて往生をとぐ -昔、僕達は愛した-(2015年、東京芸術劇場シアターウエスト)[18]
  • 夜想曲集英語版(2015年、銀河劇場)[19]
  • スポケーンの左手英語版(2015年、シアタートラム)[20]- カーマイケル 役[21]
  • ETERNAL CHIKAMATSU -近松門左衛門『心中天網島』より-(2016年、シアターコクーン、ドラマシティ)[22]
  • あわれ彼女は娼婦(2016年、新国立劇場中劇場)
  • いま、ここにある武器(2016年、シアター風姿花伝)
  • ヘンリー四世(2016年、新国立劇場中劇場)- ヘンリー四世 役[23]
  • 幸福な職場〜ここにはしあわせがつまっている〜(2017年、世田谷パブリックシアター)[24]
  • 炎 アンサンディ(2017年再演、シアタートラム)[6]
  • アザー・デザート・シティーズ(2017年、東京芸術劇場シアターウエスト)

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

演出作品[編集]

舞台(演出作品)[編集]

  • コットンクラブ公演
    • 奪うこと
    • 賭けること
    • 妙なこと
    • 彼女を不安にさせる幾つかのこと
  • コンクラーベ公演
    • 雲はきっと水になる
    • ラスコーリニコフとスヴィドリガイロフ
  • 水の話(まつもと市民芸術館)
  • 朗読劇 天切り松 闇がたり(シーエイティプロデュース)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “中嶋しゅう死去、「OTHER DESERT CITIES」7月9日まで公演中止に”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年7月7日). http://natalie.mu/stage/news/239803 2017年7月8日閲覧。 
  2. ^ a b “中嶋しゅうさん死去、生前は巧みな台詞術で舞台演出”. 日刊スポーツ. (2017年7月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1852172.html 2017年7月13日閲覧。 
  3. ^ “紀伊国屋演劇賞、団体賞に華のん企画”. 日本経済新聞. (2010年12月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1703I_X11C10A2CR8000/ 2017年7月7日閲覧。 
  4. ^ “俳優中嶋しゅうさん病死か、公演中舞台から転落”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE). (2017年7月7日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20170706-OYT1T50170.html 2017年7月8日閲覧。 
  5. ^ “鷲尾真知子 25年以上事実婚状態から入籍した理由は…生命保険のため”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年9月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/01/kiji/K20150901011046790.html 2017年7月7日閲覧。 
  6. ^ a b c 濱田元子 (2017年2月15日). “Interview:中嶋しゅう 芝居は観客との会話 「炎 アンサンディ」に出演”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20170215/dde/012/200/002000c 2017年7月7日閲覧。 
  7. ^ “ジョン・ロビン・ベイツの「OTHER DESERT CITIES」に寺島しのぶ”. ステージナタリー (ナターシャ). (2016年11月1日). http://natalie.mu/stage/news/207589 2017年7月8日閲覧。 
  8. ^ “中嶋しゅうさん死去、舞台「アザー・デザート・シティーズ」は7日から9日まで公演中止発表”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年7月7日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170707-OHT1T50071.html 2017年7月7日閲覧。 
  9. ^ “俳優中嶋しゅうさん死亡=公演中、舞台から転落-東京”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2017年7月7日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017070700057&g=soc 2017年7月7日閲覧。 
  10. ^ 小口文子 (2017年7月7日). “中嶋しゅうを応援して下さった皆様へ”. COME TRUE. 2017年7月7日閲覧。
  11. ^ “俳優の中嶋しゅうさんが死亡舞台から客席に落下”. アサヒ・コム. 朝日新聞社. (2017年7月7日). http://www.asahi.com/sp/articles/ASK76722YK76UCVL02B.html 2017年7月7日閲覧。 
  12. ^ “中嶋しゅうさん葬儀 妻・鷲尾真知子「もう泣かない」涙、岡本健一「大好きな先輩」”. デイリースポーツ online. (2017年7月12日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/07/12/0010363997.shtml 2017年7月13日閲覧。 
  13. ^ “中嶋しゅうさん葬儀、渡辺えりは妻鷲尾を「支える」”. 日刊スポーツ. (2017年7月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1854224.html 2017年7月13日閲覧。 
  14. ^ 2003年10・11月公演 ニュルンベルク裁判”. 株式会社アール・ユー・ピー. 2017年7月13日閲覧。
  15. ^ a b “第45回紀伊國屋演劇賞が決定 団体賞に華のん企画”. シアターガイド. (2010年12月20日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2010/12/20.php 2017年7月14日閲覧。 
  16. ^ “サイモン・スティーヴンズらの最新作に演出家・上村聡史と実力派キャストが挑む 『千に砕け散る空の星』が7月に上演”. シアターガイド. (2012年5月31日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2012/05/31_02.php 2017年7月13日閲覧。 
  17. ^ 岩村美佳 (2013年7月11日). “【トピックス】44年ぶりの上演「ジャンヌ」制作発表 紅一点の笹本玲奈、ジャンヌ・ダルクに”. 朝日新聞社. http://astand.asahi.com/entertainment/starfile/OSK201307110006.html 2017年7月13日閲覧。 
  18. ^ “熊林弘高演出×福士誠治、緒川たまきら出演 清水邦夫作『狂人なおもて往生をとぐ』が上演”. シアターガイド. (2014年8月15日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/08/15_02.php 2017年7月14日閲覧。 
  19. ^ “東出昌大がカズオ・イシグロ原作『夜想曲集』で舞台に初挑戦”. シアターガイド. (2014年12月1日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/12/01_03.php 2017年7月14日閲覧。 
  20. ^ 藤沢志穂子 (2015年11月14日). “舞台「スポケーンの左手」中嶋しゅう+小川絵梨子 人の哀しさ面白さ…緻密な演出で”. 産経ニュース (産経デジタル). http://www.sankei.com/entertainments/news/151114/ent1511140008-n1.html 2017年7月7日閲覧。 
  21. ^ 長谷川あや〈インタビュー〉「「スポケーンの左手」小川絵梨子×中嶋しゅう」、『シアターガイド』2015年12月号、モーニングデスク、2015年11月2日、 pp.33-35。
  22. ^ “デヴィッド・ルヴォーが描く近松の世界 深津絵里&中村七之助主演『ETERNAL CHIKAMATSU』が開幕”. シアターガイド. (2016年3月10日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2016/03/10_03.php 2017年7月13日閲覧。 
  23. ^ “浦井健治「全員が命を懸けて時間を費やしている」 新国立劇場『ヘンリー四世』がまもなく開幕”. シアターガイド. (2016年11月24日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2016/11/24_02.php 2017年7月13日閲覧。 
  24. ^ “「幸福な職場」ビジュアル&動画、Yシャツの安西慎太郎×タンクトップの松田凌”. ステージナタリー. (2016年10月31日). http://natalie.mu/stage/news/207451 2017年7月13日閲覧。 
  25. ^ a b c d “中嶋しゅうさん訃報に追悼の声続々 原田眞人監督「嘘だ、と叫びたかった」”. スポニチアネックス. (2017年7月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/07/kiji/20170707s00041000096000c.html 2017年7月13日閲覧。 
  26. ^ “中嶋しゅう最後の映像出演作、蒼井優&阿部サダヲW主演映画の場面写真公開”. ステージナタリー. (2017年7月25日). http://natalie.mu/stage/news/242214 2017年7月26日閲覧。 

外部リンク[編集]