MOZU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MOZU
ジャンル 刑事ドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
WOWOW
監督 羽住英一郎
原作 逢坂剛
『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』
脚本 仁志光佑
出演者 西島秀俊
香川照之
真木よう子
池松壮亮
伊藤淳史
長谷川博己
石田ゆり子
小日向文世
Season1〜百舌の叫ぶ夜〜
放送時間 木曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2014年4月10日 - 6月12日(10回)
プロデューサー 渡辺信也(TBS)
井上衛(WOWOW)
森井輝(ROBOT)
出演者 有村架純
生瀬勝久
吉田鋼太郎
外部リンク 公式サイト
Season2〜幻の翼〜
(WOWOW)
放送時間 日曜22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2014年6月22日 - 7月20日(5回)
外部リンク 公式サイト
(TBS系列)
放送時間 木曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2014年10月16日 - 11月13日(5回)
出演者 蒼井優
佐野史郎
外部リンク 公式サイト

特記事項:
【TBS】
Season1の初回は2時間スペシャル(21:00 - 22:48)。第5話は30分繰り下げ(21:30 - 22:24)。
Season2の初回は20:57 - 22:09(3分繰り上げ・18分拡大)に放送。第3話は80分繰り下げ(22:20 - 23:14)。
テンプレートを表示

MOZU』(もず)は、TBSWOWOWの共同制作で放送された日本の刑事ドラマ逢坂剛の小説『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』を原作とする。主演は西島秀俊

Season1〜百舌の叫ぶ夜〜』は、2014年4月10日から6月12日まで毎週木曜日21:00 - 21:54[注 1]に、TBS系の「木曜ドラマ劇場」枠で全10話が放送された。

Season2〜幻の翼〜』は、2014年6月22日から7月20日まで毎週日曜日22:00 - 22:54に、「WOWOWプライム」チャンネルの「連続ドラマW」枠で全5話が放送された。10月16日から11月13日まで、TBS系「木曜ドラマ劇場」枠で地上波でも放送された[1]

なお地上波については、Season1・2ともTBS系列のない地域(秋田県福井県徳島県)での遅れネットとしての放送は対象外となっている。

また、WOWOWプライムでは2014年8月16日から9月6日までの毎週土曜日に、以上の2シーズン・合計15話を集中放送した[注 2]

2015年に『劇場版 MOZU』の公開が決定しており[2]、映画の公開に合わせて、スピンオフドラマ『大杉探偵事務所』がWOWOWプライム及びTBSでそれぞれ放送される予定である(後述)[3]

概要[編集]

2012年に制作された『ダブルフェイス』に続く両局の合作ドラマ第2弾である。スペシャルドラマとして放送された前回と異なり、今回はそれぞれの連続ドラマ枠の中で放送された[4]。両局は今後も継続的に合作ドラマに取り組む予定であるという[5]

監督は『ダブルフェイス』に引き続き羽住英一郎が担当し、スタッフも同作のスタッフが携わっている。原作はハードボイルド作家逢坂剛の『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』の2作で[4]、TBSが『MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜』、WOWOWが『MOZU Season2〜幻の翼〜』として放送された[4]。『Season2』については、まずWOWOWで第1話のみ無料放送され、第2話以降の視聴にはWOWOWの有料契約が必要であったが、その後10~11月に、TBSで全5話が地上波初放送となった。

両原作については「映像化不可能」と言われ続けてきたが、北九州市および北九州フィルム・コミッション全面協力の下、のべ6日間にわたる道路の通行規制などを行い爆破シーンや一般道でのカーアクションなどのロケを敢行、小倉南区北九州空港JRA小倉競馬場[6]小倉北区の百貨店小倉井筒屋(劇中「銀座井筒屋」として登場)や小倉駅八幡西区の旧区役所跡や福岡県立八幡中央高等学校[7]など同市内各地30箇所以上[8]をはじめ、東京都横浜市などでロケが行われ[9]、北九州ロケの際には羽住と出演者の有村架純が市長に表敬訪問を行う一幕もあった[10]

あらすじ[編集]

Season1[編集]

東京・銀座の繁華街で爆弾による爆発事件が起こった。白昼の惨劇に多くの人々が巻き込まれた中、警視庁公安部に所属する倉木警部の妻・千尋が犠牲になり死亡した。計画的なテロか、誤爆なのか、倉木は妻が死んだ理由を知るべく独自に調査を開始する。ノンキャリで叩き上げの大杉警部補も事件を追う過程で、倉木とぶつかりながらも協力してゆくことになる。一方爆発事件の現場に居合わせていた公安部の明星巡査部長は、特別任務である人物を追っていた。その人物はプロの殺し屋・新谷和彦。新谷は事件当日、サイバーテログループの幹部・筧俊三の暗殺を目的に尾行していたが、爆発に巻き込まれ行方をくらます。筧は爆発で死亡。新谷は地方で瀕死の状態で発見され、記憶喪失になっていた。倉木、大杉、明星は津城警視正の指示の元で公安部と刑事部の枠を超えて協力し、事件のカギを握る重要人物として新谷を追う。そして筧の暗殺とICチップの回収を依頼していた大企業アテナセキュリティの東も、ICチップを手に入れるために新谷を追っていた。やがて倉木達は、爆発前に筧と会っていた謎の女の存在、千尋が精神を病む原因となった極秘捜査グラークα作戦の真相、夢に現れる都市伝説の“ダルマ”、そして殺し屋・新谷=百舌の正体など無数の謎が絡み合う裏で、国家転覆を狙う恐るべき陰謀が隠されていることに気づく。

Season2[編集]

Season1のラスト、サルドニア共和国大統領暗殺が未遂に終わった空港爆弾テロ事件から半年後、倉木は妻・千尋が精鋭部隊として参加した公安の極秘裏潜入捜査グラークα作戦の真相を一人で追っていた。何故6名の潜入捜査官の中で千尋だけが生還したのか。拘束されていた空白の72時間の真相を解く手がかりをロシアのスパイ、イワン・タイラーが握っていると知り、タイラーの正体と所在を突き止めるべくロシアのグルジブ共和国に詳しいフリージャーナリストの名波汐里に接触する。その頃、北海道のエネルギー施設がロシアの武装工作グループに銃撃・爆破される事件が発生する。捜査を担当する明星。彼女にはかつて優秀な公安警察官だった父親がいたが、高校生の時に突如行方不明になってから自宅に鳴り続ける無言電話が、実は父からではないかという疑惑に囚われていた。そして一方では、首の後ろをアイスピック状の凶器で殺害された死体が発見される。死んだはずの新谷宏美と同じ手口を不審に思う倉木と大杉、そして明星は爆破されたエネルギー施設の防犯カメラに新谷と同じ顔の男が映っているのを確認する。それは宏美の一卵性双生児の兄で、銀座爆弾事件後に口封じのため、東の部下に断崖絶壁から海に突き落とされ死亡とされていた新谷和彦だった。さらに執念でタイラーを追う倉木は何者かの罠にはまり、背後で車ごと爆死した森原官房長官の殺害容疑で指名手配されてしまう。その裏では空港爆弾テロ事件の真相を知った池沢公安部長が、新たな陰謀を推進していた。

全Season共通[編集]

キャスト[編集]

主要人物[編集]

倉木 尚武(くらき なおたけ)
演 - 西島秀俊
警視庁公安部特務第一課捜査官。階級は警部。1975年7月20日生まれ。警察庁警備局警備企画課のゼロ出身で、「公安のエース」と呼ばれている。爆弾テロによって妻の千尋を失い、彼女の死の真相を求めて捜査を行っていく。常に冷静な性格であるが、千尋の死に執着するあまり捜査のためには強引な手法も辞さない一面を持つ。禁煙中であったが妻の千尋を亡くしてからは喫煙を再開する様になり、現時点ではヘビースモーカーとなっている[注 3]
大杉 良太(おおすぎ りょうた)
演 - 香川照之
警視庁刑事部捜査一課捜査官。階級は警部補。現場からの叩き上げで、直情径行型の熱血漢。倉木には及ばないものの、高い格闘能力を持つ。刑事部を無視して捜査を行う倉木たちを苦々しく思っていたが、爆弾テロの真相を迫っていくうちに仲間意識が芽生えていく。倉木と同様にヘビースモーカーであり、禁煙場所でも勝手に喫煙する程である[注 4]
明星 美希(あけぼし みき)
演 - 真木よう子
警視庁公安部公安第二課捜査官。階級は巡査部長。非喫煙者で、女性ながらも高い格闘能力の持ち主。爆弾テロが発生した際に現場付近におり、のちに津城の指示で倉木や大杉に情報を流す。父も元公安捜査官で高校生時代に行方不明になり現在も所在が分からない。大杉とは対照的に冷静に物事を捉えて行動し、口数も少なく無愛想である。しかし姪達には明るく優しい伯母として接し、爆弾テロ直後には身を挺してみゆきを守るなど、決して冷酷な人間ではない。夢の中で“だるま”を目撃している。

協力者[編集]

津城 俊輔(つき しゅんすけ)
演 - 小日向文世
警察の内部調査を担当する警察庁警務局の特別監察官。階級は警視正。内部処理に成功した数は過去最多と言われており、大杉の口から事件調査への介入を知った若松は動揺し、東ですら警戒の色を見せた。あくまでも秩序の維持を目的としており、真相のみを追求する倉木や不正の公開を求める大杉には、情報を小出しにしながらも完全な同調はしていない。また美希の父が行方不明になった件についても、何らかの情報を得ている節がある。射撃に優れている。
鳴宮 啓介(なるみや けいすけ)
演 - 伊藤淳史
警視庁台東警察署入谷交番に勤務する警察官。階級は巡査長。警察内外の情報とコンピューターの知識に通じており、大杉の協力者として活動している。好物はドーナッツ。非喫煙者で潔癖症でもあり、勤務先である交番内の全面禁煙化、および一部スペースの土足厳禁を徹底しているが、大杉にはたいてい無視されている。美希同様、夢の中で“だるま”を目撃している。

刑事部捜査第一課[編集]

加藤
演 - 平山祐介
向井
演 - 五刀剛

陰謀関係者[編集]

新谷 和彦(しんがい かずひこ)
演 - 池松壮亮(少年期:佐藤瑠生亮
宏美の一卵性双生児の兄。アテナセキュリティから殺人の依頼を請負っていた。過去のある出来事による深いトラウマを抱えており、宏美のために陰となり日向となって生き続けてきた。赤井によって能登半島の崖から突き落とされて死亡したと思われていたが、グルジブ共和国のテロリストグループ「アルハド」の一員になり、弟の死の真相を知るために武装工作員として日本へ上陸する。
新谷 宏美(しんがい ひろみ)
演 - 池松壮亮(少年期:佐藤瑠生亮)
百舌と名乗るプロの殺し屋。和彦の一卵性双生児の弟。唇の左下にホクロがあるのが特徴。幼少時より強い殺人衝動を抱えており、それが昂ぶった時は自分の手を噛んで抑えている。常人離れした身体能力を持ち、主に「アイスピック千枚通し等の有尖無刃器を用いて、運動神経の束が通っている頸椎を刺して殺す」という方法で殺人を行う。物語の冒頭で記憶喪失の状態で発見され、公安及び警察関係者、雇い主のアテナセキュリティから追われることになる。
森原 健吾(もりはら けんご)
演 - 瑳川哲朗
内閣官房長官。現在の警察組織を解体し、新たに公安省設立を目論む。倉木の妻・千尋が参加した極秘計画のグラークα作戦にも関わっている。
Season2では、何者かが車に仕掛けた爆弾により爆殺される。
東 和夫(ひがし かずお)
演 - 長谷川博己
アテナセキュリティシニアアドバイザー。元公安部捜査官。1975年8月20日生まれ。殺人などの犯罪を請け負い実行する裏の顔を持つ。常に冷静な性格だが、終盤ではより狂気的な性格が前面に押し出されており、人を喰ったような言動が目立つ。倉木や和彦には「イカれている」と評されているが、本人はそれを「最高の褒め言葉」として受け取っている。
華奢な体躯ながら襲いかかってきた宏美を一瞬で返り討ちにするほどの実力の持ち主。また、射撃能力と運転テクニックにも長けている。

倉木家[編集]

倉木 千尋(くらき ちひろ)
演 - 石田ゆり子
倉木の妻。元警視庁公安部捜査官で階級は警部補。警視庁公安部の極秘作戦・グラークα作戦に参加していた。都心で起きた爆弾事件で死亡し、夢の中で“だるま”を目撃していたとされる。
倉木 雫(くらき しずく)
演 - 小泉彩
尚武・千尋の娘。自宅の浴室で溺死し、その傍らには母親の千尋が居たが、その死の真相は不明。母・千尋と同様に夢の中で“だるま”を目撃していたとされる。

大杉家[編集]

大杉 恵子
演 - 堀内敬子
大杉の妻。夫と会えば諍いが絶えず、娘の心情を考え現在夫とは別居し暮らしている。
大杉 めぐみ
演 - 杉咲花
大杉の娘。2年前自分の訴えに耳を貸さず、明らかに無実な親友の母を強引な取り調べで自殺に追いやった父との間に心の溝が出来てしまった。

明星家[編集]

明星 香織(あけぼし かおり)
演 - 音月桂
美希の妹。獣医。
明星 胡桃
演 - 篠川桃音
明星 杏珠
演 - 平澤宏々路
上記2名は香織の娘たち。

その他[編集]

寺門 守
演 - 品川徹
新谷兄弟が当時通学していた北九州市立琴原小学校の用務員

スタッフ[編集]

  • 原作 - 逢坂剛『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』(集英社文庫刊)
  • 脚本 - 仁志光佑
  • 音楽 - 菅野祐悟
  • 監督 - 羽住英一郎
  • 監督補 - 川村直紀
  • 助監督 - 片桐健滋
  • VFXスーパーバイザー - オダイッセイ
  • タイトル - 津田輝王、関口里織(アンシブル・タイトル)
  • イラスト・アニメーション - 坂本サク
  • 特殊メイク - 田中玲伊子
  • アクションコーディネーター - 諸鍛冶裕太
  • カースタント - 雨宮正信野呂慎治、川上敏夫、田中尋之、佐藤憲、茂木亜由美(スーパードライバーズ)
  • 操演・特殊効果 - 宇田川幸夫(スプリーム・エフェクト)
  • スタント&アクション - 青木哲也藤井祐伍石井靖見横田遼塚田知紀、高木英一、澤江晃史、向田翼、渡辺隼斗、つちださゆり、岸本康太、前川貴紀、蔦宗正人寺本翔悟、中野高志、新田健太縄田雄哉佐藤賢一下園愛弓ジャパンアクションエンタープライズ
  • ガンエフェクト - 納富貴久男
  • VFX・CG - NICE DAY、NICE DAY BOY、NICE IDEA、東京現像所、KIスタジオ、アンダーグラフ、トレスアミーゴズ、コロビト、chidori graph
  • 技術協力・ポスプロ - IMAGICA
  • 美術協力 - テレビ朝日クリエイト、舞クリエーション
  • 装飾 - 京映アーツ
  • スタジオ - 東映東京撮影所
  • 警察監修 - 古谷謙一(ビーテックインターナショナル)
  • 警察特殊部隊監修 - 住本祐寿
  • 空手指導 - 観己流護身術空手、永島謙宗
  • 医療監修 - 堀エリカ(医療コーディネータージャパン)
  • 医事指導 - 内ヶ崎西作
  • 所作指導 - 花柳錦翠美
  • ロシア語指導 - エドワード・ベンスコビッチ
  • 取材協力 - 朝日新聞社、住本祐寿
  • 特別協力 - 北九州市井筒屋、北九州フィルムコミッション
  • 制作デスク - 新澤彰子
  • 制作担当 - 古屋厚、道上巧矢
  • 編成 - 前田麻友、口垣内徹、宮田徹、中薗慶子
  • エグゼティブプロデューサー - 津村昭夫、牧野力
  • プロデューサー - 渡辺信也(TBS)、井上衛(WOWOW)、森井輝(ROBOT)
  • アシスタントプロデューサー - 飯田美保、下鳥真沙、國枝菜穂子
  • 制作協力 - ROBOT
  • 製作 - TBS、WOWOW

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 放送曜日・時間 備考
関東広域圏 TBSテレビ(TBS)
制作局
木曜日 21:00 - 21:54 全国ネット
北海道 北海道放送(HBC)
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
新潟県 新潟放送(BSN)
長野県 信越放送(SBC)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ(CBC)
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK)
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(ITV)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)
日本全域 WOWOW
制作局
日曜日 22:00 - 22:54

Season1〜百舌の叫ぶ夜〜[編集]

キャスト(Season1)[編集]

警視庁[編集]

公安部[編集]
室井 玄(むろい げん)
演 - 生瀬勝久
部長。階級は警視監。倉木の上司。喫煙者。管理職という立場にありながら、倉木や宏美すら圧倒する程の格闘能力と射撃技術を持つ[注 5]。警視庁公安部の極秘作戦・グラークα作戦の指揮を執っていた。
妻を喪った倉木に冷静さを失わないよう警告する。倉木の妻・千尋の元上司であり、過去に恋人関係の間柄でもあった。植物状態が続いている娘がおり、金曜日に必ず面会に行っている。
村西 悟
演 - 阿部力
若松 忠久(わかまつ ただひさ)
演 - 戸田昌宏
第二課課長。階級は警視。捜査会議に乱入してきた宏美によって頸椎を千枚通しで刺され、殺害された。
刑事部捜査第一課[編集]
村瀬 龍臣
演 - 鶴見辰吾
課長。
その他関係者[編集]
大和田
演 - 津嘉山正種
警察庁長官
河村
演 - 大鷹明良
警察庁警備局局長。

陰謀関係者(Season1)[編集]

この節では宏美により殺害された人物を記述。

中神 甚(なかがみ じん)
演 - 吉田鋼太郎
アテナセキュリティマーシャルアーツアドバイザー兼殺人実働部隊長。喫煙者。頭脳明晰な武闘派で、ハイテンションかつ狂気に満ちた言動が特徴。倉木と互角に張り合えるほど格闘術に優れ、アーケード街の屋上からコンクリートの地面に落ちても無傷でいるほどの強靭な身体能力の持ち主。戦闘の際にはよく奇声を発する癖がある。葵美に重傷を負わせ病院に入院していた所を再び襲撃して拉致し凄惨な拷問を与え殺害した。その後、記憶を取り戻し部下を惨殺した新谷宏美と激しい死闘を繰り広げるが、頸椎メスで刺されて殺害された。倉木たちが到着した時には百舌の早贄のように串刺しにされた遺体で発見された。
赤井 信輝
演 - 田口浩正
中神の部下。中神の命令を受けて裏の仕事を請け負っているが、部下を誤射し殺害してしまうなどかなり手際が悪く、中神や東からも「頭が悪い」という評価をされていた。宏美に木の枝で頸椎を刺されて殺害された。
黒木
演 - 田久保宗稔
中神の側近。
及川
演 - 深水元基
白石
演 - 渡邉紘平
桜樹
演 - 松本実
朝岡
演 - 橋本禎之
美竹
演 - 青木健
小林
演 - 中松俊哉
取石
演 - 青木哲也
南波
演 - 藤井祐伍
上記8名は中神の命令を受けて、対象者を殺害する実働部隊。しかし、記憶を取り戻した宏美に全員惨殺された。
里村
演 - 村杉蝉之介
中神から受けた殺人依頼を新谷に仲介する。宏美にナイフで頸椎を刺され、殺害された。

爆破事件関係者[編集]

筧 俊三(かけい しゅんぞう)
演 - 田中要次
フリーライター。サイバーテログループ「パラサイトネット」日本支部幹部。サルドニア共和国のテロリストと協力関係にあり、サルドニア共和国大統領の暗殺を計画していた。都心で起きた爆弾事件において爆死した。
来栖 利理(くるす りり)
演 - 奥貫薫
千尋の友人。メンタルトレーナー。
南 貴之
演 - 染谷将太
開城高校映画研究部部員。爆破事件に巻き込まれたときに撮影した映像のなかに人間の手が切断された様子が写っていた。
みゆき
演 - 大川春菜
爆弾テロに巻き込まれ、警視庁指定療養施設に保護されている少女。
事件を知る唯一の目撃者で「おばけ」を見たと証言し、事件以降爆発現場で目撃した「おばけ」の絵を書きつづけ、部分的になっている絵を繋ぎ合わすと髪の長い女性が人間をバラバラにしている様子が浮かび上がってきた。のちに、彼女の描いていた絵は女装した新谷宏美と判明する。

その他(Season1)[編集]

中島 葵美(なかじま あみ)
演 - 有村架純
フリーライター。心優しい性格。新谷の記憶を取り戻す手助けがしたいと考え、彼を取材し市の広報ウェブサイトに掲載する。だがその行動で中神らに新谷の居場所を掴まれてしまい、命の危険に晒される。
室井 凜(むろい りん)
演 - 友寄蓮
室井の娘。交通事故に遭って以来、回復することはなく植物状態が続いている。毎週金曜日に室井が娘に会いに行く。
アブドゥラ・タラキー
演 - アハマッド・アリ
サルドニア共和国大統領。日本との石油貿易協定の交渉で来日が決まり、公安省の発足や日本警察の組織改変を企てる者から命を狙われる。

ゲスト[編集]

ドラマにおけるゲスト扱いの登場人物。複数話・単話登場の場合は演者名の横の()内に表記。

第1話
鳥居
演 - 有福正志
鳥居総合病院院長。新谷の担当医。
演 - 藤原令子
赤井に雇われて新谷を病院外へ連れ出す為に彼の妹を名乗り、新谷と対面する。赤井らが新谷の殺害に失敗した事を受け、口封じに中神らによって拉致されて殺害された。
千葉
演 - 永岡卓也
「パラサイトネット」幹部。
第2話
桑野 泰子
演 - 上地春奈
和彦が以前暮らしていた団地「滝野川スクエア」管理人。
山吹
演 - 金替康博(第5話)
警視庁指定療養施設心理カウンセラー。
幸恵
演 - 楊原京子(第6話)
みゆきの母。
第4話
金田
演 - 渋川清彦
記者。倉木が強引な捜査を続けているという裏付けを得るために大杉を強請る。
第10話
アブドゥラ・モニール
演 - ペグラヤ・オレクサンドラ
サルドニア共和国大統領・タラキーの妻。
アブドゥラ・サルマー
演 - ソフィア佐藤
タラキーとモニールの娘。室井が仕掛けた爆弾がある部屋から逃げ遅れたが、大杉により間一髪の所で助け出された。

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率[11]
Episode #1 4月10日 都心で起きた爆弾事件…妻を失った公安のエースVS記憶を失った殺し屋 13.3%
Episode #2 4月17日 殺し屋の記憶と妹の謎 12.8%
Episode #3 4月24日 男の傷跡と家族の記憶 10.9%
Episode #4 5月01日 刑事の誇り…父娘の絆 10.3%
Episode #5 5月08日 迫る魔手白昼の激闘 10.1%
Episode #6 5月15日 よみがえる殺し屋…妹の正体は 09.9%
Episode #7 5月22日 倉木VS百舌 謎の女の正体がついに衝撃の真実 08.7%
Episode #8 5月29日 妻の虚実と明かされた首謀者… 10.3%
Episode #9 6月05日 倉木VS東…百舌の逆襲…失われていく秩序 07.7%
Episode #10 6月12日 最終対決 爆弾に狙われた空港…倉木が辿り着く真実 13.8%
平均視聴率 11.0%[12](視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

Season2〜幻の翼〜[編集]

キャスト(Season2)[編集]

警視庁公安部[編集]

池沢 清春(いけざわ きよはる)
演 - 佐野史郎
部長。階級は警視監。サルドニア共和国大統領暗殺未遂事件で死亡した室井の後任として公安部長に就任した。前述の大統領暗殺未遂事件の真相を調べている。
落合
演 - 出合正幸
外事課捜査官。

グルジブ共和国テロ関係者[編集]

名波 汐里(ななみ しおり)
演 - 蒼井優
フリージャーナリスト。匿名ライターとしてグルジブ共和国の内情を取材し、記事にする。
チェルコフ
演 - セルゲイ・クワエフ
日本に潜入したグルジブ共和国の工作員で、名波とは顔見知りの間柄。
名波に情報を公安部に流され、公安捜査員の追跡を振り切って護送車に居た彼女を射殺しようとしたが、倉木に阻止されて気絶、公安部に拘束された。

その他[編集]

イワン・タイラー / 明星 洋人(あけぼし ひろと)
演 - 篠田三郎
美希の父親。4代目イワン・タイラー。ロシア連邦保安庁(FSB)に所属する二重スパイ。グラークα作戦で、千尋ら潜入捜査員6名を拘束していた人物。非常に優秀な公安警察官だったが、何らかの理由で公安警察を裏切ってロシア側に付いた為、公安にSレベルの危険人物に指定される。

ゲスト(Season2)[編集]

ドラマにおけるゲスト扱いの登場人物。複数話・単話登場の場合は演者名の横の()内に表記。

第3話
松葉 志保
演 - 池谷のぶえ
森原の後任として新しく内閣官房長官の職に就く。
バサエフ
演 - 尚玄
グルジブ共和国のテロリストグループ「アルハド」に所属するテロリスト。
指名手配中の倉木に他2名のテロリストと共に拉致され、水責めの拷問を受け続けた結果、意識不明の重体で発見される。
第4話
スモロフ
演 - ラズ・ブレザー
ロシア連邦保安庁(FSB)所属の諜報員。ロシア大使館のパーティ中、倉木と大杉に拘束され、イワン・タイラーの任務を洗いざらい吐かされたが、裏切り者と見なされて4代目イワン・タイラーにスナイパーライフルで射殺される。

放送日程(Season2)[編集]

各話 放送日
(WOWOW)
放送日
(地上波)
サブタイトル
(TBS)
視聴率
(TBS)
[13]
Episode #1 6月22日 10月16日 公安のエースが妻の死の謎を追って孤高の戦いへ…
空白の72時間に何が
8.4%
Episode #2 6月29日 10月23日 よみがえる百舌…その正体とは 5.6%
Episode #3 7月06日 10月30日 倉木逃走…真実を知る闘いへ… 5.9%
Episode #4 7月13日 11月06日 曲げられた真実…止まらない倉木闇へ疾走 4.6%
Final Episode 7月20日 11月13日 最終回…雪に埋もれた秘密施設
亡き妻が遺した“本当の真実"
6.7%
平均視聴率 6.4%(視聴率は関東地区・TBSのもの、ビデオリサーチ社調べ)

スピンオフドラマ[編集]

大杉探偵事務所』のタイトルで劇場版『MOZU』の公開に合わせて制作された。大杉良太と鳴宮啓介を主人公としており、主演は本編でも同役を演じた香川照之伊藤淳史の2人となる。「砕かれた過去編」はWOWOWプレミアムで、「美しき標的編」はTBSで2015年11月上旬にそれぞれ放送予定である[3][14][15][16][17]

あらすじ(スピンオフドラマ)[編集]

砕かれた過去編[編集]

警察を辞めて私立探偵となった元捜査一課の大杉は、死んだはずの妹が現れたと言う不思議な依頼を受け、後輩の鳴宮とともに謎や都市伝説に包まれたとある施設を調査する。自身が警察を辞める契機となった苦い経験が脳裏をよぎる中、大杉は驚愕の真相に近付いて行く。

美しき標的編[編集]

日本を代表する大物女優である白石百合は殺害予告を受け、事務所の社長を通して自身のボディーガードを私立探偵の大杉に依頼する。彼女の依頼を引き受けた大杉は、芸能界の闇や女の確執の中で見えない敵と闘いながら彼女を守り抜いて行く。

キャスト(スピンオフドラマ)[編集]

キャストの役名は全て各種ニュースサイトの他、TBSとWOWOW双方の公式サイトにて発表されているものである[18][19]

大杉探偵事務所[編集]

砕かれた過去編[編集]

人気お天気キャスターで大杉に捜査を依頼する依頼者。
大杉が警察官時代に可愛がっていた後輩刑事。
大杉が三島とともに追っていた正体不明の容疑者。

美しき標的編[編集]

日本を代表する大物女優だが、殺害予告を受けた為、事務所社長を通して大杉にボディーガードの仕事を依頼する。
百合の事務所社長で、大杉に百合のボディーガードを依頼する依頼者。
百合の現場マネージャー。

スタッフ(スピンオフドラマ)[編集]

用語[編集]

百舌
千枚通しやアイスピック等の有尖無刃器を用いて殺人を行う殺し屋。本作では新谷宏美及び新谷和彦を指すが、劇中では新谷兄弟の間でのみの通り名であり、それ以外の人物に呼ばれることは無い。
サルドニア共和国
中東に位置するとされる架空の国家。大統領暗殺を狙う左翼ゲリラによるテロ攻撃や暗殺が幾度も行われており、治安は極めて悪い。
アテナセキュリティ
日本最大手のセキュリティ会社。裏では東や中神をはじめとする一部の役員や従業員らが暗殺や裏工作などの依頼を請け負っている。
原作における架空の会社「豊明興業」に相当する。
グラークα作戦
物語開始時点から5年前、警視庁公安部が行った極秘作戦。作戦の総指揮を執ったのは公安部長の室井で、当時内閣危機管理官だった森原健吾の命令によって行われた。
乗っ取られた国民監視システムの奪還を目的として、千尋ら精鋭の公安警察官6名が送り込まれたが、作戦は失敗に終わり、捜査員6名が捕虜にされた。身元を明かす猶予が72時間与えられたが、誰も身元を明かさなかった為、捜査員5名は処刑されたが、千尋のみ殺されずに生還した。
作戦の真の目的は、公安警察を裏切った明星洋人の拘束又は抹殺であり、潜入先は北海道の孤狼島に座礁したロシアの潜水艦。
国民監視システム
1980年代後半に、公安警察が秘密裏に開発したあらゆるサーバー上にある情報を傍受するネットワークシステム。
ロシアによって国民監視システムの暗号が盗み出され、パスワードが書き換えられた為、事実上システムは乗っ取られたが、日本国は莫大な国家予算を投入し、あらゆる通信システムを新システムへと移行させたため、グラークα作戦当時には国民監視システムは機能していなかった。
ダルマ
人々の夢の中に現れる謎の存在。外見は左前頭部に痣があるスキンヘッドの男性。正体は一切不明で、詳しい事は一切分かっていないが、警視庁公安部が行った極秘作戦・グラークα作戦に関わっていたとされる。
美希や啓介等の主要人物から一般市民に至るまで、数多くの人物に目撃されており、倉木の妻・千尋や娘・雫も見ていた可能性があるとされる。
公安省
森原が構想している治安組織。警察庁と都道府県の警察本部を統合させ、公安を中心に組織される新しい治安組織とされている。
盗聴・隠蔽・裏工作等の手段を合法的に使い、森原が絶対的な国家権力を掌握する為に構想された組織だが、権力が集中し、国の秩序が乱れる危険性を孕んでいるため、倉木や津城達はこの陰謀を阻止するべく、奔走する事となった。
グルジブ共和国
ロシアから独立したとされる架空の国家。ロシアと対立しており、独立国の体制を取ってはいるが、テロリストによる紛争が続いており、治安は極めて悪い。
イワン・タイラー
ロシア連邦保安庁・FSBのスパイ。グルジブ人で、グラークα作戦に失敗して捕虜になった千尋ら公安警察官を拘束していた人物。グルジブ共和国の人々の間では、「その名を口にすれば殺される」と極端に恐れられている。
その正体は、日露戦争時に大日本帝国軍の暗号解読を担当した諜報員であり、既に故人である。しかし、KGBやFSBの二重スパイにその名前がコードネームとして与えられており、幾多もの諜報員にその名が付けられていた。KGBの初代タイラーはイギリス人で、作戦失敗で死亡した。2代目はフランス人。3代目はアメリカ人で、アメリカでのスパイ活動をCIAに見破られて拘束されるも、すぐに自害した。よって、現在のタイラーである明星洋人は4代目。
アジ・アルハド
グルジブ共和国のテロリストグループ。通称アルハド。創始者はイワン・タイラー。
グルジブ民族主義を唱えたタイラーが過激なテロを行った事から始まり、現在ではグルジブ共和国で2番目に大きい独立派武装勢力で、国外にも頻繁にテロ攻撃を行っている。
孤狼島
北海道の最北端にある架空の無人島。
本編開始時点から25年前、島の周辺プレートを地震工学の研究者達が調べた所、数年以内に地殻変動が起き、大地震が起きると発表され、日本政府主導で島民は本土に移住させられた為、無人島となった。
島名は、原作に登場した架空の岬「孤狼岬」から取られている。[要出典]

映画[編集]

劇場版MOZU
監督 羽住英一郎
脚本 仁志光佑
原作 逢坂剛
出演者 西島秀俊
香川照之
真木よう子
池松壮亮
伊藤淳史
杉咲花
阿部力
伊勢谷友介
松坂桃李
長谷川博己
小日向文世
ビートたけし
音楽 菅野祐悟
製作会社 『劇場版MOZU』製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2015年11月7日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

劇場版 MOZU』のタイトルで2015年に公開の予定[20]。TBSテレビでのSeason2放送終了直後に発表された。

2015年11月7日公開予定。ドラマでシーズン1,2を通して出演したレギュラー陣に加え、「ダルマ」役でビートたけしが登場する他、松坂桃李伊勢谷友介などがゲスト出演している。撮影は3月下旬頃に都内でクランク・インし、4月上旬頃からは約1か月にわたりフィリピンでロケが行われ、クランク・アップは5月下旬頃を予定している[21][22][23][24][25][26][27][28][29][30]

あらすじ(映画)[編集]

公安部エースの倉木は妻の死の真相に辿り着き気力を失い、捜査一課の大杉も警察への不信感を強め退官し探偵事務所を開いていた。そんな中、倉木が妻の死の真相に辿り着いてから半年が経ったある日、とあるテロ集団による高層ビル大規模強盗・脅迫事件とペナム大使館襲撃事件が同時に発生し、倉木と大杉はかつて共に捜査をしていた明星と共に事件に巻き込まれ、この事件を捜査して行く事になる。捜査を進めるうちに、この事件には「ダルマ」が大きく関わっている事が分かり、架空の国「ペナム」を舞台に「ダルマ」の正体を追って行く。

キャスト(映画)[編集]

ダルマ
演 - ビートたけし
何らかの形で影から事件を操っている謎の人物。「日本事件史の闇」とも言われており、事件の裏でとある犯罪計画を企てている。
権藤
演 - 松坂桃李
残虐非道な暗殺専門の殺し屋で、テロ集団に於いては犯罪実行部隊を率いるリーダー的な存在。テロ事件の実行者。大杉の娘を誘拐する[31]
高柳
演 - 伊勢谷友介
冷静沈着に犯罪計画を立案する犯罪プランナーで、テロ集団に於いてはブレイン的な存在。テロ事件の実行者。

スタッフ(映画)[編集]

受賞[編集]

ギャラクシー賞
  • 2014年7月度月間賞[32]
東京ドラマアウォード2014[33]
エランドール賞

関連商品[編集]

  • MOZUオフィシャルガイドブック[35][36]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ “『MOZU Season2〜幻の翼〜』、10月期にTBS系地上波初放送”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2014年7月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2040418/full/ 2014年9月6日閲覧。 
  2. ^ “「MOZU」映画化、西島秀俊「高み目指す」”. 芸能ニュース (日刊スポーツ). (2014年11月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp1-20141114-1395849.html 2014年11月14日閲覧。 
  3. ^ a b “香川照之&伊藤淳史主演の「MOZU」スピンオフ、共演に早見あかり、桐谷健太ら”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年8月25日). http://natalie.mu/eiga/news/157991 2015年8月25日閲覧。 
  4. ^ a b c TBS×WOWOW共同制作ドラマ『MOZU』”. TBS. 2014年9月6日閲覧。
  5. ^ “WOWOW×TBS連続ドラマ「MOZU」の共同制作を決定!”. MSN産経ニュース. (2013年10月17日). オリジナル2013年12月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131219121822/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131017/prl13101710480008-n1.htm 2013年12月3日閲覧。 
  6. ^ HIRATANI (2014年6月16日). “『MOZU』北九州ロケ地あれこれ 最終回”. 北九州FCスタッフブログ. 2014年6月19日閲覧。
  7. ^ HIRATANI (2014年5月9日). “『MOZU』北九州ロケ地あれこれ その5”. 北九州FCスタッフブログ. 2014年5月11日閲覧。
  8. ^ HIRATANI (2014年3月19日). “『MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜』情報その8”. 北九州FCスタッフブログ. 2014年5月11日閲覧。
  9. ^ TBS×WOWOW 共同制作ドラマ MOZU ボランティアエキストラ大募集”. ROBOT. 2013年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月19日閲覧。
  10. ^ 『MOZU』撮影に全面協力の北九州市・北橋市長を、羽住監督、女優・有村架純が表敬訪問!”. TBSホット情報. TBS (2013年11月5日). 2014年9月6日閲覧。
  11. ^ “MOZU Season1 〜百舌の叫ぶ夜〜 西島秀俊主演「MOZU」最終回で最高13・8%. 芸能ニュース (Sponichi Annex). (2014年6月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/drama/2014/04_06/mozu_tbs/index.html 2014年6月14日閲覧。 
  12. ^ 「発表! 第81回ドラマアカデミー賞」、『週刊ザテレビジョン関西版』第20巻第33号、KADOKAWA東京都千代田区富士見二丁目13番3号、2014年8月22日、 26頁。
  13. ^ “MOZU Season 2 西島秀俊主演「MOZU Season2」最終回は6・7%. 芸能ニュース (Sponichi Annex). (2014年11月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/drama/2014/10_12/mozu2/index.html 2014年11月14日閲覧。 
  14. ^ “「MOZU」スピンオフ、11月放送=主人公は大杉、私立探偵に-TBS・WOWOW”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年8月25日). http://www.jiji.com/jc/c?g=etm_30&k=2015082400848 2015年8月26日閲覧。 
  15. ^ “『MOZU』スピンオフが11月放送”. asahi.com (朝日新聞社). (2015年8月25日). http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2058009.html 2015年8月26日閲覧。 
  16. ^ “「MOZU」スピンオフドラマは香川照之主演「大杉探偵事務所」!2作品が11月放送”. 映画ニュース (映画.com). (2015年8月25日). http://eiga.com/news/20150825/3/ 2015年8月26日閲覧。 
  17. ^ “香川照之&伊藤淳史で「MOZU」スピンオフ2作! 桐谷健太、飯島直子ら参戦”. 映画ニュース (シネマカフェ). (2015年8月25日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/08/25/33615.html 2015年8月26日閲覧。 
  18. ^ TBS☓WOWOW共同制作ドラマ『MOZUスピンオフ 大杉探偵事務所』”. TBS (2015年8月25日). 2015年8月26日閲覧。
  19. ^ WOWOW×TBS共同制作ドラマ MOZUスピンオフ~大杉探偵事務所”. WOWOW (2015年8月25日). 2015年8月26日閲覧。
  20. ^ お知らせ”. 木曜ドラマ劇場『MOZU Season2 〜幻の翼〜』. TBS. 2014年11月13日閲覧。
  21. ^ “「MOZU」劇場版 “ラスボス”ダルマはたけし”. 芸能ニュース (Sponichi Annex). (2015年5月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/05/05/kiji/K20150505010293350.html 2015年5月5日閲覧。 
  22. ^ “ビートたけし「MOZU」シリーズ最大の闇“ダルマ”に!松坂桃李&伊勢谷友介も悪役で参戦”. 映画ニュース (映画.com). (2015年5月5日). http://eiga.com/news/20150505/1/ 2015年5月5日閲覧。 
  23. ^ “「劇場版MOZU」フィリピン・マニラで大規模アクション撮影敢行!”. 映画ニュース (映画.com). (2015年5月5日). http://eiga.com/news/20150505/2/ 2015年5月5日閲覧。 
  24. ^ 入倉功一 (2015年5月5日). “ビートたけし『MOZU』最大の闇ダルマ役で出演!「気の合う相棒」西島秀俊と対決!”. 映画ニュース (シネマ・トゥデイ). http://www.cinematoday.jp/page/N0073002 2015年5月5日閲覧。 
  25. ^ “ビートたけし、劇場版『MOZU』ダルマ役で出演 「西島秀俊は気の合う相棒」”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2015年5月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2052455/full/ 2015年5月5日閲覧。 
  26. ^ “映画「MOZU」ダルマ役はビートたけし”. 芸能ニュース (スポーツ報知). (2015年5月5日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150504-OHT1T50237.html 2015年5月5日閲覧。 
  27. ^ “「劇場版MOZU」ビートたけしがダルマ役を怪演、伊勢谷&松坂も参戦”. 映画ナタリー. (2015年5月5日). http://natalie.mu/eiga/news/146277 2015年5月5日閲覧。 
  28. ^ “西島秀俊主演映画「MOZU」、豪華キャスト陣発表「全身の血が沸き立つ思い」”. 映画ニュース (モデルプレス). (2015年5月5日). http://mdpr.jp/cinema/detail/1485185 2015年5月5日閲覧。 
  29. ^ “劇場版MOZU:フィリピン・マニラで大規模ロケ 日本で不可能な過激爆破シーンも”. 映画ニュース (まんたんウェブ). (2015年5月5日). http://mantan-web.jp/2015/05/05/20150504dog00m200014000c.html 2015年5月5日閲覧。 
  30. ^ “ビートたけし:「劇場版MOZU」に出演 西島秀俊の“最強の敵”に”. 映画ニュース (まんたんウェブ). (2015年5月5日). http://mantan-web.jp/2015/05/05/20150504dog00m200013000c.html 2015年5月5日閲覧。 
  31. ^ 劇場版「MOZU」公式サイト より。
  32. ^ “ドラマ『MOZU』、ギャラクシー賞7月度月間賞受賞!「画期的な作品」と評価”. 芸能ニュース (マイナビニュース). (2014年8月20日). http://news.mynavi.jp/news/2014/08/20/131/ 2015年5月6日閲覧。 
  33. ^ “吉田鋼太郎、『花アン』伝助人気を分析「男らしさが新鮮だった」”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2014年10月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2043664/full/ 2015年5月6日閲覧。 
  34. ^ “池松壮亮の新人賞受賞、「MOZU」共演者が祝福「素晴らしい演技だった」”. 芸能ニュース (モデルプレス). (2015年2月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1465500 2015年5月6日閲覧。 
  35. ^ MOZUオフィシャルガイドブック集英社BOOK NAVI東京都千代田区一ツ橋二丁目5番10号、2014年4月3日ISBN 978-4-08-333136-7
  36. ^ MOZU”. TBS. 2014年2月16日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 初回は2時間スペシャル(21:00 - 22:48)で直前の『JNNフラッシュニュース』(20:58 - 21:00に短縮)との接続はステブレレス。
  2. ^ 8月16・23・30日はSeason1・全10話を4話ずつ(16日のみ3話)、9月6日はSeason2・全5話を一挙に再放送。またそれぞれの第1話については無料放送とし、ノーコマーシャルで連続放送した。
  3. ^ 「MOZUオフィシャルガイドブック」より。
  4. ^ 鳴宮の勤務先の交番内他多数。
  5. ^ ドラマ版ではさほど屈強な描写はなく射撃シーンが多い。

外部リンク[編集]

TBS 木曜ドラマ劇場
前番組 番組名 次番組
Dr.DMAT
(2014.1.9 - 2014.3.20)
MOZU
Season1〜百舌の叫ぶ夜〜
(2014.4.10 - 2014.6.12)
同窓生
〜人は、三度、恋をする〜
(2014.7.10 - 2014.9.11)
MOZU
Season2〜幻の翼〜
(2014.10.16 - 2014.11.13)
ママとパパが生きる理由。
(2014.11.20 - <予定>)
WOWOW 連続ドラマW
前番組 番組名 次番組
トクソウ
(2014.5.11 - 2014.6.8)
※22:00 - 23:00
モザイクジャパン
(2014.5.18 - 2014.6.15)
※23:00 - 23:30
MOZU
Season2〜幻の翼〜
(2014.6.22 - 2014.7.20)
東野圭吾「変身」
(2014.7.27 - 2014.8.24)