2020年 五月の恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2020年 五月の恋
ジャンル テレビドラマ
脚本 岡田惠和
監督 松永大司
出演者 吉田羊
大泉洋
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデューサー 岡野真紀子
製作 WOWOW
配信・放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送分 13分
回数 4
公式ウェブサイト
配信
配信サイト YouTubeWOWOWオフィシャルチャンネル
WOWOWメンバーズオンデマンド
配信期間 2020年5月28日 - 5月31日(予定)
配信時間 木曜 21:00
公式ウェブサイト
放送
放送チャンネル WOWOWプライム
放送期間 2020年6月2日 - 6月5日(予定)
放送時間 火曜 23:45 - 水曜 0:00
公式ウェブサイト

特記事項:
無料配信・放送
テンプレートを表示

2020年 五月の恋』(にせんにじゅうねん ごがつのこい)は、WOWOW制作により、YouTubeWOWOWオフィシャルチャンネルおよびWOWOWメンバーズオンデマンドにて2020年5月28日から5月31日(予定)まで21時から無料配信、WOWOWプライムにて6月2日から6月5日(予定)まで23時45分から翌0時に無料放送予定の日本テレビドラマ。全4話。リモートワークにて制作される、離婚以来4年ぶりに連絡をとることとなった元夫婦の会話を描いたショートドラマ。岡田惠和脚本、松永大司監督。吉田羊大泉洋のダブル主演[1][2][3]

製作[編集]

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため主演ドラマ『コールドケース3 〜真実の扉〜』の撮影自粛が続く吉田羊が、自粛期間中に戯曲『12人の優しい日本人』のリモートリーディングに参加して、視聴者からの好反響に「ステイホームならではの立派な娯楽」になりうると実感。「2時間の舞台戯曲が出来るなら、分割すれば連ドラも出来るはず」と、「お芝居で日本を元気にしたい」「心の栄養を届けたい」との想いを込めて本企画を発案した[1][2][3]

「洋&羊コンビ」としてNHK大河ドラマ真田丸』で吉田と夫婦役を演じた大泉洋が、「この企画は大泉さんとでしか考えられない!」と吉田から直々にメールで誘いを受けてこれに賛同。続いて自粛期間に新たなエンターテインメントの形を模索していた岡田惠和がプロデューサーの岡野真紀子から声を掛けられて賛同し、「素敵な俳優さんがいてくだされば、面白いドラマはつくれるはず」との確信のもとに2人の会話劇を10日間ほどで書き上げた。さらにこの苦境の折に「自分には何ができるのだろうか?」と考えていたという、吉田の主演映画『ハナレイ・ベイ』で監督を務めた松永大司が加わって、本企画のスピード実現へと至った[1][2][3]

あらすじ[編集]

2020年5月の東京で、大手スーパーマーケットの都心店舗で売り場を任され外出自粛期間中も働くユキコと、中堅設計会社の営業マンで慣れない在宅でのリモートワークに四苦八苦するモトオ。2人は約4年前に離婚した元夫婦で、ともに独身バツイチ

2人は離婚以来連絡を取り合っていなかったが、ふとしたことでモトオはユキコへ間違い電話をかけてしまい、久しぶりに元夫からかかってきた電話にユキコは渋々出る。

登場人物[編集]

ユキコ
演 - 吉田羊
大手スーパーマーケット勤務。都心店舗の売り場責任者。モトオの元妻で、バツイチの独身。
モトオ
演 - 大泉洋
中堅設計会社勤務。営業マン。ユキコの元夫で、バツイチの独身。

スタッフ[編集]

配信・放送日程[編集]

放送回 配信日 放送日
第一夜 5月28日 6月02日

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]