男コピーライター、育休をとる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
男コピーライター、育休をとる。
著者 魚返洋平
発行日 2019年1月25日
発行元 大和書房
ジャンル ノンフィクションエッセイ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 232
公式サイト daiwashobo.co.jp
コード ISBN 978-4-479-39318-4
Portal.svg ウィキポータル 書物
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

男コピーライター、育休をとる。』(おとこコピーライター いくきゅうをとる)は、現役コピーライターで会社員の魚返洋平による育休体験エッセイ、およびそれを原作とするテレビドラマ。「ウェブ電通報」に連載されていたコラムを大幅加筆した上で、2019年1月25日大和書房から刊行された[1][2]

日本における男性による育児休暇取得が一般的ではない中で、コピーライターである著者の魚返が育休取得までの道のりや育休中の生活、さらに育休を終えた後の職場復帰に関する問題などを軽やかな文体で綴ったエッセイ[2]

収録作品[編集]

  1. 育休を開業しよう
  2. おっぱい、ウンチ、そして育休
  3. 育休への道
  4. 乳母車で街に出る
  5. わが家の保活体験記
  6. 5つの育休Q&A
  7. 育休の終わり、すべての始まり
  8. 「イクメン」にはうんざりだけど
  9. 育休から戻ってみたら(前篇)
  10. 育休から戻ってみたら(後篇)
  11. 隠れ子ども嫌い
  12. 続・わが家の保活体験記
  13. デイアンドハーフの育児休暇

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

男コピーライター、育休をとる。
ジャンル テレビドラマ
原作 魚返洋平
「男コピーライター、育休をとる。」
脚本 細川徹
監督 山口淳太
出演者 瀬戸康史
瀧内公美
赤ペン瀧川
福地桃子
少路勇介
池田成志
村上淳
音楽 都筑孝
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデューサー 井口正俊
中澤研太
制作 (協力)東北新社
製作 WOWOW
放送
放送チャンネルWOWOWプライム
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年7月9日 - (予定)
放送時間金曜 23:00 -
回数全6回(予定)
公式サイト

特記事項:
第1回放送終了後、WOWOWオンデマンドで全12話配信予定。
2021年6月25日にWOWOWオンデマンドで第1話・第2話が先行配信予定。
第1回はノンスクランブル放送(予定)。
テンプレートを表示

同名エッセイを原作として、2021年7月9日から毎週金曜 23時00分 - にWOWOWプライムで放送予定[3][4]。全6回(予定)[3][4]。主演は瀬戸康史[3][4]。第1話の放送終了後にWOWOWオンデマンドで全12話が配信、および同年6月25日に第1話・第2話が先行配信予定[3][4]

本作では原作を基に、広告代理店に勤務する男性コピーライターが男性の育児休暇が一般的ではない日本社会において、保活[注釈 1]、パパ友づくり、育児分担など様々な難題に直面しながらも懸命に奮闘する姿を描く[3]

キャスト[編集]

魚返洋介
演 - 瀬戸康史
広告代理店に勤務するコピーライター。
魚返愛子
演 - 瀧内公美[6]
洋介の妻。
蒲池優・カマチ
演 - 赤ペン瀧川[6]
魚返の同期。
今泉真理子
演 - 福地桃子[6]
新入社員。
梶原達也
演 - 少路勇介[6]
アートディレクター。
千木良英樹
演 - 池田成志[6]
営業部長。
浜崎大介
演 - 村上淳[6]
魚返の上司。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各回 放送日 各話 サブタイトル
第1回 7月09日 第1話 会社を半年、休んでみます
第2話 育休への道
第2回 7月16日 第3話 出産は別れでもあった
第4話 おっぱい、うんち、育休と私
第3回 7月23日 第5話 ラーメン食べたい
第6話 乳母車で街へ出る
第4回 7月30日 第7話 パパ友がほしい
第8話 映画は映画館で
第5回 8月06日 第9話 魚返家の保活 ~前編~
第10話 魚返家の保活 ~後編~
最終回 8月13日 第11話 育休から戻ってみたら
最終話 育児休暇

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 保育園に入園できる確度を高めるための一連の行動のこと[5]

出典[編集]

  1. ^ a b 男コピーライター、育休をとる。”. 大和書房. 2021年4月28日閲覧。
  2. ^ a b c 男コピーライター、育休をとる。”. ナレッジ&データ. 電通. 2021年4月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g "瀬戸康史"育休のリアル"に直面! 「男コピーライター、育休をとる。」WOWOWでドラマ化". 映画.com. エイガ・ドット・コム. 28 April 2021. 2021年4月28日閲覧
  4. ^ a b c d e f "瀬戸康史、WOWOWドラマ初主演 男性会社員が体験した"育休"6ヵ月間の奮闘を描く". クランクイン!. 28 April 2021. 2021年4月28日閲覧
  5. ^ 保活とは”. ママスタ保活. 保活ってなに?. 2021年4月28日閲覧。
  6. ^ a b c d e f "<男コピーライター、育休をとる。> 瀧内公美が瀬戸康史の妻役に! 赤ペン瀧川、福地桃子、村上淳ら個性的なキャストが集結". ザ・テレビジョン. 17 May 2021. 2021年5月17日閲覧

外部リンク[編集]