岡田惠和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡田 惠和
プロフィール
誕生日 1959年2月11日
出身地 日本の旗 日本 東京都三鷹市
主な作品
テレビドラマ南くんの恋人
イグアナの娘
ビーチボーイズ
彼女たちの時代
ちゅらさん
おひさま
最後から二番目の恋
泣くな、はらちゃん
ど根性ガエル
ひよっこ
映画いま、会いにゆきます
世界から猫が消えたなら
8年越しの花嫁 奇跡の実話
いちごの唄
受賞
受賞歴参照
テンプレートを表示

岡田 惠和(おかだ よしかず、1959年2月11日 - )は、日本脚本家漫画原作者東京都三鷹市出身。岡田恵和とも表記される。

所属事務所はU.F.O.カンパニー[1](2016年暮れに参加[2])。

来歴[編集]

和光高等学校卒業[3]和光大学人文学科中退。企画会社勤務後、フリーライターとなる。音楽評論家FMDJを経て、1990年に脚本家としてデビューした。

シナリオ修業は、東京・青山のシナリオ・センターで行った。同校卒業生としては内館牧子と並ぶ出世頭の一人である。

2014年には自身の初戯曲『スタンド・バイ・ユー〜家庭内再婚〜』を執筆。2015年1月よりシアタークリエで上演[4]

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

Webドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

  • スタンド・バイ・ユー〜家庭内再婚〜(2015年、演出:堤幸彦
  • ミッドナイト・イン・バリ ~史上最悪の結婚前夜~ (2017年、演出:深川栄洋)

プロモーションビデオ[編集]

著書[編集]

小説[編集]

  • 『ドク』角川書店、1996
  • 『ランデヴー』角川書店、1998
  • 『スペーストラベラーズ A day of Irene Midori Aida』角川書店、2000
  • 『天気予報の恋人』角川書店、2000
  • 『天国は待ってくれる』幻冬舎、2006
  • いちごの唄』朝日新聞出版、2018年5月 - 峯田和伸との共著。峯田のイラストが収録されている。

シナリオ本[編集]

  • 『君の手がささやいている 脚本集』軽部潤子原作 テレビ朝日 1999‐2001
  • 『恋文 私たちが愛した男 シナリオ集』連城三紀彦原作 双葉社 2003
  • 『ちゅらさん』全7冊 新風舎文庫 2004
  • 『あいのうた シナリオ集』日本テレビ放送網 2005
  • 『泣くな、はらちゃんシナリオBOOK』日本テレビ放送網 2013

エッセイ[編集]

  • 『ドラマを書く すべてのドラマはシナリオから始まる…』ダイヤモンド社 1999
  • 『TVドラマが好きだった』岩波書店 2005

ノベライズ[編集]

  • 『17才』戸田山雅司共著 ワニブックス 1994
  • 『若者のすべて Stay gold』ワニブックス 1994
  • 『輝く季節の中で』島崎ふみノベライズ フジテレビ出版 1995
  • 『最高の恋人』テイ・アイ・エス 1995
  • 『まだ恋は始まらない』ワニブックス 1995
  • 『ビーチボーイズ』丹後達臣ノベライズ フジテレビ出版 1997
  • 『彼女たちの時代』蒔田陽平,堀田康子ノベライズ フジテレビ出版 1999
  • 『ちゅらさん 連続テレビ小説』日本放送出版協会 NHKドラマ・ガイド 2001
  • 『ちゅらさん NHK連続テレビ小説 小説版』全4冊 蒔田陽平ノベライズ 双葉社 2001‐07
  • 『恋セヨ乙女 連続ドラマ』蒔田陽平ノベライズ 日本放送出版協会 2002
  • 『夢のカリフォルニア 小説版』蒔田陽平ノベライズ 双葉社 2002
  • 『僕だけのマドンナ ...and I love her.』蒔田陽平ノベライズ 双葉社 2003
  • 『ガジュマルの樹の下で』原案; 蒔田陽平著 ポプラ社 2004
  • 『ホームドラマ!』進藤良彦ノヴェライズ 竹書房文庫 2004
  • 『マザー&ラヴァー』小川みづきノベライズ 幻冬舎 2004
  • 『小公女セイラ』ひろはたえりこノベライズ 汐文社 2009
  • 『おひさま NHK連続テレビ小説』蒔田陽平ノベライズ NHK出版 2011
  • 『最後から二番目の恋』蒔田陽平ノベライズ 扶桑社 2012 のち文庫
  • 『スターマン・この星の恋』木俣冬ノベライズ 扶桑社 2013
  • 『続・最後から二番目の恋』蒔田陽平ノベライズ 扶桑社 2014

編著書[編集]

  • 『ドラマな人々・岡田惠和とドラマチックな面々』(共著者:NHK「岡田惠和 今宵、ロックバーで」)アスペクト
    • 上記番組の対談集

作詞[編集]

漫画原作[編集]

出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ U.F.O.カンパニー
  2. ^ 『ちゅらさん』『おひさま』そして『ひよっこ』。3度目の朝ドラでは昭和の光と影を描く 脚本家・岡田惠和 (木俣冬) Yahoo!ニュース 2017年1月28日(archive.is
  3. ^ 両角憲二前校長「校長室から」 和光高等学校
  4. ^ ミムラ&戸次重幸&真飛聖&勝村政信出演 岡田惠和脚本『スタンド・バイ・ユー』製作発表会(シアターガイド、2014年9月29日)
  5. ^ 「ひよっこ2」放送決定!続編でみね子が帰ってきます!!”. NHK (2018年10月9日). 2018年11月17日閲覧。
  6. ^ “佐藤健×土屋太鳳で難病と闘ったカップルの実話を映画化、監督は瀬々敬久”. 映画ナタリー. (2016年12月7日). http://natalie.mu/eiga/news/212205 2016年12月7日閲覧。 
  7. ^ “冬のラブソング「雪の華」登坂広臣&中条あやみ共演で映画化 中島美嘉「びっくり」”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年6月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2114477/full/ 2018年6月28日閲覧。 
  8. ^ https://www.allcinema.net/cinema/238326
  9. ^ https://www.allcinema.net/cinema/238327
  10. ^ https://www.allcinema.net/cinema/238330
  11. ^ アーカイブされたコピー”. 2015年3月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年3月12日閲覧。
  12. ^ 脚本家・岡田惠和が語る“朝ドラ”「独特のリズムがあり、まるでトライアスロン」 ORICON NEWS 2017年11月4日
  13. ^ 脚本賞 受賞インタビュー 岡田惠和 第94回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞
  14. ^ 秋の褒章に754人25団体産経ニュース2019年11月2日(2019年11月2日閲覧)
  15. ^ 『官報』号外第151号、2019年11月3日

外部リンク[編集]