安田顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やすだ けん
安田 顕
本名 安田 顕
生年月日 (1973-12-08) 1973年12月8日(45歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道室蘭市
身長 174cm
血液型 A型
職業 俳優タレント
ジャンル 映画テレビドラマバラエティ番組・舞台
活動期間 1993年 -
配偶者 既婚
著名な家族 安田史生(兄)
事務所 CREATIVE OFFICE CUE
公式サイト CREATIVE OFFICE CUE
主な作品
映画
たとえ世界が終わっても
小川町セレナーデ
龍三と七人の子分たち
俳優 亀岡拓次
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。
愛しのアイリーン
テレビドラマ
ハケンの品格
ホタルノヒカリ』シリーズ
ショムニ2013
下町ロケット』シリーズ
嘘の戦争
小さな巨人

バラエティー番組など
ハナタレナックス
水曜どうでしょう

安田 顕(やすだ けん、1973年12月8日 - )は、日本俳優タレント。愛称は「ヤスケン」。北海道室蘭市出身。CREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)、TEAM NACS所属(サブリーダー)。2002年からは室蘭ふるさと親善大使。

来歴[編集]

兄は作曲家でラジオディレクターの安田史生[1]室蘭栄高校卒業後に北海学園大学に入学(経営学部卒業)。当初はジャズ研究会に入ったが、雰囲気が自分には合わずグリークラブESSと転々とした後、学園祭の模擬店で楽しそうにしていた演劇研究会に入る。

その時に2学年先輩の森崎博之と出会う。演劇研究会の活動と並行して森崎の紹介[注釈 1]鈴井貴之主宰の劇団OOPARTSに加わり、1998年の完全消滅まで所属する。

タレントデビュー後[編集]

1993年には、鈴井の経営する芸能プロダクションCREATIVE OFFICE CUEに加入し、タレント活動を始める。

1996年、森崎と自身の卒業公演のために演劇研究会の後輩である大泉洋佐藤重幸音尾琢真と共に演劇ユニットTEAM-NACSを結成。1回限りの公演で解散。

就職するが、会社になじめず芸能活動に専念するという理由で、入社8か月で退職する。

1997年、森崎が東京から北海道に戻ったことをきっかけにTEAM-NACSを再結成する。

1998年、所属していたOOPARTSが2月に完全消滅した後、その年の春に、劇団upspeak[注釈 2] をOOPARTSに所属していたメンバーと共に旗揚げし、主宰としてだけではなく、作・演出もしながら2003年の休止(実質解散)まで活動する。

1998年、大泉がレギュラーで出演していた北海道テレビ(HTB)の深夜バラエティ番組水曜どうでしょう』に、同局のマスコットキャラクターonちゃん」のスーツアクター[注釈 3] として準レギュラー出演するようになってからは、同番組の人気の広まりと共にTEAM-NACS共々全国に名が知られ、NHK大河ドラマ連続テレビ小説や、東京キー局の連続ドラマにも出演するなど、東京での仕事もこなすようになる。

人物[編集]

2002年に学生時代より交際していた一般女性と交際8年の末に結婚。2004年に長女が誕生。2015年時点で夫人と長女は北海道におり、自身は東京に単身赴任していた[2]。俳優活動が多忙なため、北海道の自宅に帰れるのは月に1度ぐらいだった[3]。その後は家族を東京に呼び寄せている[4]

自他ともに認める「変態キャラ」で、酒に酔うとすぐ服を脱ぎたがることから「ヌーディスト安田」の異名を持つ[5]。過去に『鈴井の巣』(HTB)では、番組内で募金による公開包茎手術を受けたこともあるほどで[6]、実際映画『HK 変態仮面』の出演依頼が来た際には、事務所の社長である鈴井亜由美が「顕ちゃんは変態なのに変態の役が全然来なかった。今回、変態の役が来て本当に良かった」と喜んでいたという[7]。また『水曜どうでしょう』や『ドラバラ鈴井の巣』などでの破天荒な活躍から「平成の怪物」との異名もある[8]

無類の不器用でもあり、『水曜どうでしょう』の企画「シェフ大泉 夏野菜スペシャル」で陶芸に挑戦した際には「回るろくろの周りを自分自身が回ってしまう」という珍事を引き起こし、大泉から「観察眼がない」、「やってることはジミーちゃんと同じ」などと酷評された。さらに『ハナタレナックス』の企画では「小学生でも簡単に扱えるミニバイクで派手に転倒する」、「ジムニーでオフロードコースを走行中、斜面に乗り上げて横転する」など、一歩間違えれば大惨事になりかねないトラブルを度々起こしているものの、いずれも自身はほぼ無傷で生還していることから「奇跡を呼ぶ男」「ミラクル安田」「やってはいけないことをやってしまう男」などの異名も持つ。ジムニーを横転させた際は、番組内では指摘されていないものの運転席の窓がこぶし半分ほど開いており、車が傾斜したと同時に咄嗟に右腕を窓に当てて身体を支えようとしていた為、重傷を負っても不思議でないところを間一髪免れていた。なお、大泉に拠れば同番組には安田が絡んだトラブルでお蔵入りになった映像がいくつかある。[9]
近年では全国ネットのバラエティ番組でもその不器用ぶりを発揮しており、TBS系『ぴったんこカン・カン』では料理名人の俳優・石倉三郎から料理指導を受ける企画に二度にわたって登場し、その都度その不器用ぶりで石倉を激怒させてしまっており、二回目の際は本人も石倉を怒らせたのが若干トラウマ気味になっていることを窺わせた。

舞台[編集]

TEAM NACSOOPARTSとして出演したものは、それぞれの項目を参照。

  • upspeak旗揚げ公演「Lives」(1999年)
  • upspeak第2回公演「コンドルは飛んで行く」(1999年)脚本・演出
  • upspeak第3回公演「a:」(2000年)
  • upspeak第4回公演「女もつらいよ」(2000年)脚本・演出
  • upspeak第5回公演「umi」(2001年)
  • upspeak第6回公演「時間ですか?」(2001年)脚本・演出
  • upspeak第7回公演「なつまつり」(2002年)
  • upspeak第8回公演「月灯かりに隠せっ!」(2003年)
  • 「Physical Theatre "ØEN I ØST"(ウーエン・イ・ウースト)〜THE ISLAND IN THE EAST〜」(2005年)
  • 「獏のゆりかご」(2006年)
  • 「歌の翼にキミを乗せ - ロクサーヌに捧げるハイネの詩 - 」(2007年)
  • LOVE LETTERS」(2008年7月、PARCO劇場
  • 「宮城野」(2009年)
  • 「相対的浮世絵」(2010年)
  • 「ナンシー」(2010年)
  • 「スマートモテリーマン講座」(2010年)
  • 琉球ロマネスク テンペスト」(2011年)
  • 「スマートモテリーマン講座」(2011年)
  • 「港町十三番勝負 安田顕ひとり語り〜おもだって、僕の父親の話です〜(2011年)
  • 「スマートモテリーマン講座」(2012年)
  • ブラザーブラザー」(2013年)
  • TEAM NACS SOLO PROJECT「安田顕 ひとり語り2014〜ギターの調べとともに。」(2014年)
  • 「THE 39 STEPS」(2014年)
  • 明後日プロデュースVol.1「日の本一の大悪党」(2016年) - 主役・民谷伊右衛門 役 [10]
  • DISGRACED/ディスグレイスト -恥辱-(2016年9月、世田谷パブリックシアター) - アイザック 役[11]
  • 「スマートモテリーマン講座」(2017年)
  • 「スジナシ BLITZシアター vol.8」(2018年)

レギュラー番組[編集]

現在のテレビレギュラー番組[編集]

過去のテレビレギュラー番組[編集]

レギュラー以外のテレビ番組出演[編集]

現在のレギュラーラジオ番組[編集]

  • 現在は無し

過去のレギュラーラジオ番組[編集]

俳優活動[編集]

テレビドラマ[編集]

実写映画[編集]

劇場アニメ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

PV[編集]

CD[編集]

  • おやG」「ソフトフォーカス」 - ケンタカユッキー☆フライド事件(2001年・歌)インディーズ
    • 鈴井貴之(ビューティーたか・Vo)と安田顕(アフターけん・G)によるデュオ。

[編集]

  • ヤスケンと呼ばれて―TEAM NACS安田顕の5年9か月(『北海道ウォーカー』に連載されていた「ヤスケンのマグナムトーク」を本にまとめたもの)2007年4月 絶版
  • 北海道室蘭市本町一丁目四十六番地」2008年より雑誌『papyrus』で連載されていた同タイトルを本にまとめたもの)2011年10月8日、幻冬舎
    • 発売後、これを引っ下げて全国で公演が行われた(詳しくは上記の「舞台」を参照)。

受賞歴[編集]

2015年度

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時、鈴井貴之主宰の劇団OOPARTS劇団イナダ組を掛け持ちしていた森崎がイナダ組に専念するため、その後釜として安田を紹介しOOPARTSに入団。
  2. ^ 鈴井主宰の劇団OOPARTSメンバーであった長谷川首司、安田顕、金山幸意を中心に旗揚げした劇団であった。
  3. ^ 登場の際、テロップには「安田さん」の表記を「×」で訂正し、その隣に「onちゃん」と記してあった。特に「簡易onちゃん」状態の時は顔出し同然であった。詳細は「onちゃん」及び「水曜どうでしょう#onちゃんの活躍」の項目を参照)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 特集 オフィスキュー“解体新書”ヤスケンの兄、安田史生がプロデュース アニソン界に〝北の新星〟(綾野ましろ)現る!」、『財界さっぽろ』2015年5月、財界さっぽろ社、北海道札幌市、2015年5月、2016年2月9日閲覧。
  2. ^ 安田顕、娘から「俳優だったら何を食べてもいいのか」家族とのエピソード披露 - クランクイン!!・2015年10月18日
  3. ^ 安田顕、10歳の娘から贈られた絵に感動「自分が恥ずかしい」 - マイナビニュース・2014年8月2日
  4. ^ 安田顕、愛娘が芦田愛菜と同級生に! 慶應中等部の入学式で改めて誓ったこと
  5. ^ 公開包茎手術、脱ぎ癖も…安田顕は“破天荒”エピソード満載 - 日刊ゲンダイ・2015年8月26日
  6. ^ 安田顕「女子大で辱められるのはたまらない」 - 日刊スポーツ・2015年5月1日
  7. ^ 安田顕“変態役”に事務所喜ぶ、「HK/変態仮面」舞台挨拶で秘話。 - ナリナリドットコム・2013年4月14日
  8. ^ ドラバラ鈴井の巣 マッスルボディは傷つかない - HTB・北海道onデマンド
  9. ^ ハナタレナックス 2007年12月13日放送「放送200回記念スペシャル ハナタレ傑作選」。ちなみに前述のミニバイクの映像も企画の本放送ではカットされてお蔵入りとなっていたが、こちらの放送時に解禁された。
  10. ^ “小泉今日子が舞台演出、プロデュースに初挑戦!「四谷怪談」モチーフに”. ステージナタリー. (2016年3月16日). http://natalie.mu/stage/news/179832 2016年3月16日閲覧。 
  11. ^ “「ディスグレイスト」小日向文世、秋山菜津子ら最新ビジュアル&コメント到着”. ステージナタリー. (2016年5月12日). http://natalie.mu/stage/news/186908 2016年5月13日閲覧。 
  12. ^ テレ東、廃墟訪れる新番組 異色ジャンルに「新鮮な体験を約束」”. ORICON (2015年6月25日). 2015年6月25日閲覧。
  13. ^ “2019年度前期 連続テレビ小説「なつぞら」キャスト発表!”. NHKドラマトピックス (日本放送協会). (2018年4月26日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/296281.html 2018年4月26日閲覧。 
  14. ^ 『下町ロケット』キャスト追加発表 財前部長役・吉川晃司はTBSドラマ初出演”. オリコン (2015年9月17日). 2015年9月22日閲覧。
  15. ^ 「実録・福田和子」松岡茉優&安田顕が出演「探究心に駆られる」「一生忘れられない」”. ORICON STYLE (2016年2月26日). 2016年2月26日閲覧。
  16. ^ “東山紀之主演『必殺仕事人』最新作9・25放送 悪役は安田顕&寺島進”. ORICON STYLE. (2016年8月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2077018/full/ 2016年8月19日閲覧。 
  17. ^ 草なぎ主演ドラマで山本美月&水原希子と三角関係に 追加キャスト決定”. ORICON STYLE (2016年11月3日). 2016年11月5日閲覧。
  18. ^ “長谷川博己、TBS日曜劇場に初主演 警察組織の闘いで岡田将生と対峙”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2086579/full/ 2017年2月27日閲覧。 
  19. ^ 佐藤浩市の洗礼を受けた新人俳優出演 『Aではない君と』キャスト追加発表”. ORICON NEWS (2018年8月24日). 2018年8月24日閲覧。
  20. ^ “「チャンネルはそのまま!」にTEAM NACS出演、大泉洋「また髭に騙された」”. コミックナタリー. (2018年11月5日). https://natalie.mu/comic/news/306564 2018年11月11日閲覧。 
  21. ^ 安田顕「俳優 亀岡拓次」で個性派「七変化」演じる”. 日刊スポーツ (2015年7月10日). 2015年7月10日閲覧。
  22. ^ 「銀魂」高杉晋助役は堂本剛!「正直、エリザベスがやりたかった…」”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年9月19日). 2016年9月19日閲覧。
  23. ^ “岡田准一主演で「ザ・ファブル」実写映画化!木村文乃、福士蒼汰、安田顕、佐藤浩市ら豪華共演”. 映画.com. (2018年6月23日). https://eiga.com/news/20180623/2/ 2018年6月23日閲覧。 
  24. ^ 映画「クレヨンしんちゃん」に安田顕、吉瀬美智子、とにかく明るい安村出演”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年2月17日). 2016年2月17日閲覧。
  25. ^ ビートたけしが「龍三と七人の子分たち」に4冠授ける、東スポ映画大賞発表”. 映画ナタリー (2016年1月26日). 2016年1月27日閲覧。

外部リンク[編集]