NAOTO (ヴァイオリニスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NAOTO
出生名 高橋 直之
別名 poper
ぽっぱぁさん
生誕 (1973-08-15) 1973年8月15日(46歳)
出身地 日本の旗 大阪府高槻市
学歴 東京藝術大学音楽学部器楽科
ジャンル J-POP
ロック
クラシック
職業 ヴァイオリニスト
作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 ヴァイオリンエレクトリック・ヴァイオリン
ビオラ
キーボード
シンセサイザー
ピアノ
など
レーベル エピックレコードジャパン(ERJ)
事務所 ブルーソファ(bluesofa)

NAOTO(ナオト、本名:高橋 直之(たかはし なおと)、1973年8月15日 - )は、日本のヴァイオリニスト作曲家編曲家音楽プロデューサーである。大阪府高槻市出身。東京藝術大学附属音楽高校、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業[1]。音楽事務所のブルーソファ(bluesofa)に所属。

人物[編集]

10代の頃からプロのミュージシャンのレコーディングやライブサポートに参加[1]。元々はクラシック音楽の出身だが、大学時代に落合徹也G-クレフ)の影響を受け(落合のローディーであった)、それをきっかけに転向した。

ブログやTwitterでは自らを『Poper(ぽっぱぁ)』と称し、クラシックからポップスまで既存のジャンルに縛られない自由な音楽表現[1]を志向しており、演奏では従来のヴァイオリニストのイメージを覆す[1]ような、曲のイメージやリズムに合わせ、飛び跳ねながら身体を左右に揺らしながら演奏する[2]。また、仰向けやブリッヂの状態で演奏[注 1]など、斬新で大胆なパフォーマンスを行う[1]

独自のスタイルに転向後は、アーティストとしてライブハウスを中心とした公演も精力的に行う[1]。2005年に『Sanctuary』をリリースし、アーティストとしてメジャーデビューを果たす[1]。また、多数のアーティストのライブサポートや音楽監督を多数務める[1]。2001年以降はポルノグラフィティのほぼ全ての公演に参加してバンドマスターを担い、2005年以降はTEAM NACSの全国公演の舞台音楽を手掛け、楽曲提供なども行っている[1]。その他、東京藝術大学出身のメンバーで構成するバンド『なおとくんとていほうくん』や『NAOTOアコーステックライブ』などのセッションに参加している。

音楽だけでなく、食事に関する活動も行っている[1]。特にカレー好きという自身の趣向からジュニアカレーマイスターを取得、一般社団法人日本スープカレー協会(JSCA)広報宣伝担当理事も務める[1]

新世紀エヴァンゲリオン」及び「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」両シリーズの、劇中音楽のヴァイオリンの殆どを担当している(「THANATOS」のソロ等)。

評価[編集]

  • 第39回全日本学生音楽コンクール西日本大会第3位[1]
  • 第41回全日本学生音楽コンクール西日本大会第3位[1]
  • 第42回全日本学生音楽コンクール西日本大会第2位[1]
  • 霧島国際音楽祭奨励賞受賞[1]

来歴[編集]

  • “live image”では、オーケストラimageのコンサートマスターを務めた。2006年2月にリリースされた『image5』には自身の1枚目のアルバムから「Sanctuary」が収録されている。
  • 2006年2月には葉加瀬太郎の主催する「バイオリンサミット2006」に出演。
  • 2006年10月、フジテレビ月9ドラマのだめカンタービレ』では、「峰龍太郎」の吹き替え演奏を担当し、自らも出演した他、劇中曲の提供、「のだめオーケストラ」の選考オーディションやヴァイオリンの指導にも携わった[1]
  • 2007年10月1日より、自身のファンクラブ"G D A E"を設立。
  • 2010年、5作目となるオリジナルアルバム『Prism』をリリース。同作では、収録曲5曲に8件のタイアップがついた[1]
  • 2010年12月にデビュー5周年記念公演を開催、自身最大規模の2000名を動員[1]
  • 2011年2月、『KOBE COLLECTION 2011』のメインテーマを担当。また、ヴァイオリニストとして初めて出演した[1]
  • 2011年、『Prism』のリリース発売ライブツアー(全国8会場9公演)を開催[1]
  • 2011年、クラシックコンサート『NAOTO Classical Concert 2011』を、東京と大阪で開催[1]
  • 2019年9月8日、ポルノグラフィティのデビュー20周年記念2daysライブ「20th Anniversary Special LIVE “NIPPONロマンスポルノ‘19〜神vs神〜”」の2日目に“NAOTO Strings”の名義でシークレットゲストとして登場し、ポルノグラフィティのメンバーらと数年ぶりの共演を果たした。

サポート演奏[編集]

先述したように、現在までにポルノグラフィティ[注 2]浜崎あゆみ、葉加瀬太郎、榊原大中島美嘉スクエアCHAGE and ASKA谷村新司加古隆広瀬香美羽毛田丈史柏木広樹鬼束ちひろ宮本文昭ゴスペラーズ世良公則伊東たけしなど多数のアーティストのレコーディングやライブに参加している。

ライブなどでは、ヴァイオリンだけでなく、シンセサイザーやキーボードを演奏する[2]。レコーディング参加時には、ヴァイオリンの他、ビオラを使用してストリングスに携わり、また、ストリングス・リーダーとしても楽曲の音源製作および編曲を手掛ける(使用名義はNAOTO Strings、NAOTO、ナオトなど)。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  • 1st album『Sanctuary』(2005年)
  • 2nd album『Blue‘G’』(2006年)
  • 3rd album『for you...』(2008年)
  • 4th album『Reversible 2009 -Concert side-』(2010年)
  • 5th album『Prism』(2010年)
  • 6th album『NAOTO’s Acoustic Duo』(2012年)

オリジナルシングル[編集]

ベストアルバム[編集]

  • 『BEST』(2014年)

LIVE DVD[編集]

  • 1st DVD『"Reversible" 2008~Live Side~』(2009年)

楽曲提供[編集]

  • TEAM NACS 全国公演「COMPOSER~響き続ける旋律の調べ」(2005)
  • フジテレビのだめカンタービレ』劇中曲
  • TEAM NACS ふるさと公演「HONOR~守り続けた痛みととみに」(2007)
  • テレビ新広島ひろしま満点ママ!!』オープニングテーマ『Brand new days』(2009 - 2011)、『Glowing』(2015 - )
  • 日テレ・梅田芸術劇場「暗くなるまで待って」(2009)
  • 日生劇場ミュージカル『三銃士』(2011)
  • TEAM NACS ニッポン公演「WARRIOR~唄い続ける侍ロマン」(2012)
  • NHK総合スタジオパークからこんにちは』テーマ曲「HIRUKAZE」(2014~2017)※最終回にはゲスト出演
  • TEAM NACS 第15回公演「悪童」(2015)
  • TEAM NACS 第16回公演「PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて」(2018)

出演[編集]

ラジオ(パーソナリティー)[編集]

  • K-MIX「Saturday NAOTO Fever」(毎週土曜日19:00 - 19:30、放送終了)
  • FM OSAKA「積水ハウス『グランドメゾン』 presents humming eco live sound」(毎週日曜9:00 - 9:30、2008年7月-9月 )
  • InterFM「NAOTO “G D A E”」(毎週日曜日7:30 - 8:00、放送終了)
  • MBSラジオ『NAOTOな音』(毎週水曜日24:30 - 25:00)

脚注[編集]

注釈
  1. ^ バンドマスターを務める、ポルノグラフィティのライヴ・コンサートでは特に楽曲「ジレンマ」を演奏する際に行われる、メンバー紹介の一環でパフォーマンスとして披露する[2]
  2. ^ 現在までに行われた多くのライブツアーに参加。バンドマスターを務める[3][4]
出典・参照
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u NAOTO 公式サイト掲載 Biographyより
  2. ^ a b c 以下のポルノグラフィティの映像作品より
    • 『5th Anniversary Special Live "PURPLE'S" IN TOKYO TAIIKUKAN 2004』(SEBL-37/SEUL-10006
    • 『横浜ロマンスポルノ'06 〜キャッチ ザ ハネウマ〜 IN YOKOHAMA STADIUM』SEBL-66〜67/SEXL-6)
    • 『"OPEN MUSIC CABINET" LIVE IN SAITAMA SUPER ARENA 2007』(SEBL-85〜86/SEXL-7)
    • 『横浜・淡路ロマンスポルノ'08 〜10イヤーズ ギフト〜 LIVE IN AWAJISHIMA』(SEBL-98〜99/SEXL-9)
    • 『"ロイヤル ストレート フラッシュ" LIVE IN YOYOGI DAIICHI TAIIKUKAN 2009』(SEBL-116〜117/SEXL-10)
  3. ^ エピックレコードジャパン (2012年2月29日). “Amazon.co.jp: NAOTO’s Acoustic Duo: 音楽”. 作品紹介. Amazon.co.jp. 2014年9月13日閲覧。
  4. ^ エピックレコードジャパン (2012年2月29日). “[CD NAOTO's Acoustic Duo - NAOTO]”. 作品紹介. エピックレコードジャパン, Neowing. 2014年9月13日閲覧。

参考[編集]

外部リンク[編集]