KOBAMETAL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
KOBAMETAL
出生名 小林 啓
別名 Key Kobayashi、KxBxMetal
学歴 政治経済学部卒
職業 プロデューサー作詞家作曲家マネージャー
共同作業者 BABYMETAL(2010年 - )

KOBAMETAL(コバメタル)は、日本の音楽プロデューサー作詞家作曲家マネージャーアミューズ従業員。2010年よりメタルダンスユニットBABYMETALを手掛ける。本名は小林 啓(こばやし けい、Key Kobayashi)[1][2]メタルの神「キツネ様」のお告げを届けるメッセンジャーと自称する[3]。大のメタルファンである。

略歴[編集]

聖飢魔IIをきっかけに小学校6年生ころヘヴィメタルに関心を持った[4]。中学校ではブラスバンド部に属し、高校時代はロックバンドでギターを担当して全身まっ黒な衣装でメタルのような音楽を演奏。大学では政治経済を専攻しつつ、アルバイトで稼いだお金をバンド活動につぎ込んだ[5]。「SHRAPNEL RECORDS」などが発行した速弾き系曲を愛聴する[2][4]

1996年前後にアミューズに入社。3日で辞めようと思ったが、テレビ番組の出演調整を任された後、音楽班(SIAM SHADECASCADEの広報宣伝)で2年勤務。社内インディーズレーベルを立ち上げて、ラウド系バンドの制作と宣伝を担う[2][6]

2008年ころバラエティー班に異動し、第2マネジメント部第2制作室長となる。第2制作室の担当は、サンプラザ中野くんを含めたミュージシャン、役者、パティシエ(柿沢安那)、大学教授など12組だった[2]。農林水産省から受託したプロジェクトに向けて、アミューズはパティシエをモチーフにしたアイドル「ミニパティ」を結成。

2009年3月14日、中元すず香が所属していた「可憐Girl's」の解散コンサートに、ミニパティが出演[7]。これに同行していたKOBAMETALは、中元のパフォーマンスを見て新ユニット立ち上げを企図[8][9]水野由結もこのコンサートを観覧していた[10]

2010年、学校生活とクラブ活動をテーマにしたアイドルグループ「さくら学院」の部活動として「重音部」が始動。KOBAMETALは顧問となる。2011年2月、アミューズは同部で活動するユニットの名前を「BABYMETAL」と公表した[11]

2017年3月、KOBAMETALがBABYMETALをプロデュースしたことに対して、デジタルメディア協会はAMD Award '16 優秀賞(Digital Contents of the Year’16 The AMD Award)を授与した[12]

人物[編集]

  • サンプラザ中野くんは2010年にKOBAMETALを、アミューズで一番おしゃれな社員と見做した。
  • KOBAMETALは海外旅行を趣味とし、2013年以前はコーチェラ・フェスティバルなどの海外音楽祭に観客として毎年参加していた。シカゴグラント・パークで開催された「ロラパルーザ 2010」で、X JAPANはメタル曲を演奏し好評を博した。目撃したKOBAMETALは「ひょっとしたらメタルいけるんじゃないかな」と感じた[4]
  • ヨガを好み、インドニューヨークの道場を訪問した[2]
  • プロレス、特にルチャリブレを好む。「空中戦をやる人たち(中略)速弾きギターな感じじゃないですか」[4]。BABYMETALのプロデュースではプロレスが持つ「様式美な楽しみ方」[13]を取り入れた。「お客さんと見せる側との阿吽の呼吸みたいなものもありますよね。お互いに(マスクレスラーの正体を)なんとなくわかりながらも楽しむ 」[13]
  • BABYMETALメンバーと同年齢の子を持つ[14]

音楽的嗜好[編集]

KOBAMETALは累計80枚のアルバム紹介を通じ、自らの嗜好を示した[4][15]。紹介したのは、エレクトロニコアハードコアメタルコアを含めたメタルに詳しくない者をガイドするため。J-POPも1枚だけ挙げた。下表はバンド/アーティストの重複を除いた(アルファベット順)。

KOBAMETALが推薦したアルバム
No. バンド/アーティスト アルバム
01 Amaranthe Amaranthe
02 Anthrax Spreading The Disease
03 Arch Enemy Doomsday Machine
04 Attack Attack! Someday Came Suddenly
05 松浦亜弥 松浦亜弥ベスト1
06 Behemoth Demigod
07 Bring Me The Horizon Suicide Season
08 Bullet For My Valentine Fever
09 Cannibal Corpse Kill
10 Children Of Bodom Relentless Reckless Forever
11 Chunk! No, Captain Chunk! Something For Nothing
12 Coldrain The Revelation
13 Crossfaith The Dream, The Space
14 Dark Funeral Diabolis Interium
15 DELUHI VANDALISM
16 The Devil Wears Prada With Roots Above And Branches Below
17 Dokken Back For The Attack
18 Dragonforce Inhuman Ranpage
19 Dream Theater Images And Words
20 Enter Shikari A Flash Flood Of Color
21 Eskimo Callboy Bury Me In Vegas
22 Evanescence The Open Door
23 Extreme Pornograffitti
24 Eyes Set To Kill Broken Frames
25 FACT FACT
26 Fear, and Loathing in Las Vegas All That We Have Now』『Dance & Scream
27 The GazettE BEAUTIFUL DEFORMITY』『TOXIC
28 Gorgoroth Quantos Possunt Ad Satanitatem Trahunt
29 I See Stars Digital Renegade
30 In Flames Clayman
31 Jamies Elsewhere 『They Said A Storm Was Coming』
32 Judas Priest Painkiller
33 Korpiklaani Spirit Of The Forest
34 Limp Bizkit Greatest Hitz』『Significant Other
35 Linkin Park Meteora
36 lynch. 『Exodus-EP』
37 THE MAD CAPSULE MARKETS 1997-2004
38 Marilyn Manson Lest We Forget The Best Of
39 The Mars Volta Amputechture
40 マキシマム ザ ホルモン ぶっ生き返す』『予襲復讐
41 Mayhem De Mysteriis Dom Sathanas
42 Metallica Master Of Puppets
43 Nile Black Seeds Of Vengeance
44 Nunchaku 『Nunchaku』『Best of 1993-1998』
45 Pantera The Best of Pantera: Far Beyond the Great Southern Cowboys' Vulgar Hits!
46 Periphery Periphery II
47 Racer X Street LETHAL
48 Riot Thundersteel
49 Secret & Whisper Teenage Fantasy
50 聖飢魔II THE END OF THE CENTURY
51 SiM PANDORA』『SEEDS OF HOPE
52 Slipknot Slipknot
53 System Of A Down System Of A Down
54 Testament Practice What You Preach
55 Tony MacAlpine Maximum Security
56 Trivium The Crusade
57 Vicious Rumors Vicious Rumors
58 White Zombie Astro-Creep:2000
59 X Vanishing Vision
60 Yngwie J. Malmsteen The Yngwie Malmsteen Collection』『Odyssey
61 ゆよゆっぺ 『Story of Hope』

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “Kawaii So Serious: Talking to the mastermind behind Babymetal”. Team Rock. (2014年7月17日). http://teamrock.com/feature/2014-07-17/kawaii-so-serious-talking-to-the-mastermind-behind-babymetal 2016年10月16日閲覧。 
  2. ^ a b c d e サンプラザ中野くんWATCHING アミューズ VOL.8 前編”. アミューズ. 2016年10月16日閲覧。サンプラザ中野くんWATCHING アミューズ VOL.8 後編(1)”. アミューズ. 2016年10月16日閲覧。サンプラザ中野くんWATCHING アミューズ VOL.8 後編(2)”. アミューズ. 2016年10月16日閲覧。
  3. ^ LIVE AT BUDOKAN 〜RED NIGHT & BLACK NIGHT APOCALYPSE〜. トイズファクトリー. (2015-01-07) 
  4. ^ a b c d e 梅沢直幸『ヘドバン』シンコー・ミュージック、2013年7月4日、42-55頁。
  5. ^ サンプラザ中野くんWATCHING アミューズ VOL.8 前編”. アミューズ. 2021年10月2日閲覧。
  6. ^ 仕掛人に聞く![アイドル✕メタル]BABYMETAL プロデューサー、マネジメント KOBAMETALさん”. 音楽制作者連盟. pp. 16-19. 2016年10月16日閲覧。
  7. ^ 【可憐Girl's任務完了スペシャルイベント】in SHIBUYA BOXX”. 可憐Girl's応援Blog. 2016年10月16日閲覧。
  8. ^ MARQUEE Vol.94. マーキー・インコーポレイテッド. (2012年12月) 
  9. ^ 350 可憐Girl's任務完了ライブ その熱気に打たれた男”. 広島のすぅちゃん. 2016年10月16日閲覧。
  10. ^ 15歳”. アミューズ. 2016年10月16日閲覧。
  11. ^ ファーストアルバム『さくら学院 2010年度 ~message~』情報”. アミューズ. 2016年10月16日閲覧。
  12. ^ 第22回 AMD Award '16 受賞作品一覧”. デジタルメディア協会. 2017年3月14日閲覧。
  13. ^ a b 梅沢直幸『ヘドバン Vol. 24』シンコー・ミュージック、2019年10月23日、70-91頁。
  14. ^ ‘It’s regular pop in Japan’: SFTW talks to Koba-Metal of extreme J-pop group Babymetal”. THE Sun. 2016年10月16日閲覧。
  15. ^ 選出:KOBAMETAL、文:阿刀“DA”大志/荒金良介/倉田真琴/林幸生/原田竜太 (2014). HMV✕ヘドバン「ザ・ベビーメタル・マスター」ROSE & BLOOD & BABYMETAL --BABYMETALを紐解くラウド/メタル・アルバム50枚. HMV. http://www.hmv.co.jp/news/article/1312250037/