ベヒーモス (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベヒーモス
Behemoth
Behemoth - Wacken Open Air 2018-5046.jpg
ドイツ・ヴァッケン公演(2018年8月)
BehemothLogo.png
バンド ロゴ
基本情報
出身地 ポーランドの旗 ポーランド
ポモージェ県 グダニスク
ジャンル ブラックメタル(初期)[1][2]
デスメタル(近年)[1][2]
ヘヴィメタル[2]
活動期間 1991年 - 現在
レーベル Pagan Records
Solistitium Records
Novum Vox Mortis
Mystic Production
アヴァンギャルド・ミュージック
ピースヴィル・レコード
リゲイン・レコード
ニュークリア・ブラスト
メタル・ブレイド・レコーズ
公式サイト http://www.behemoth.pl/site/
メンバー ネルガル (Vo/G)
セト (G)
オライオン (B)
インフェルノ (Ds)
旧メンバー バール (Ds)
ほか別記参照

ベヒーモス (Behemoth) は、ポーランド出身のブラッケンド・デスメタルバンド

同国の「ヴェイダー」「ヘイト」らと並び、エクストリーム・メタルシーンの確立に貢献したバンドの一つ。音楽性が当初のブラックメタルから、近年はデスメタルのスタイルに接近している。

沿革[編集]

[3]1991年 - ネルガル(Nergal、ボーカル、ギター、ベース)、バール(Baal、ドラムス)、デセクラトル(Desecrator、ギター)のラインナップで結成される。最初のリリースは「Endless Damnation」と「The Return Of The Northern Moon」というデモテープだった。

1993年 - Pagan Recordsと契約し、デモテープ「From The Pagan Vastlands」がリリースされる。

1995年 - 1枚目のアルバム『Sventevith(Storming Near The Baltic)』を発売する。

1996年 - 2枚目のアルバム『Grom』を録音。このアルバムにアコースティックギター、女性ボーカル、シンセサイザがはじめて盛り込まれた。アルバム発表後、欧州のコンサートツアーを行なう。

1998年 - 3枚目のアルバム『Pandemonic Incantations』がリリースされる。しかし、宣伝不足で多くの注目を集めなかった。すぐ後にイタリアのレコード会社、アヴァンギャルド・ミュージックと契約した。

1999年 - Avantgarde Musicよりアルバム『Satanica』を発表。このアルバムからデスメタルの影響が見えるようになった。アルバムがアンダーグラウンドシーンで大成功を収めた。サテリコンディーサイドと一緒に行われたツアーきっかけ知名度がさらに高まった。この時期、ベーシストのノヴィ(Novy)とギタリストのハボック(Havok)がバンドに参加した。

2000年 - この年リリースされた新しいアルバムでは、正確なドラミングと重い複合ギター演奏のおかげでデスメタルに向けて一層進展した。このアルバムは世界的に評価された。すぐ後に行われたツアーで多くの有名な音楽フェスティバルに参加した。ツアーのコンサートの多くでカーペシアン・フォレスト(Carpathian Forest)やコルド(Khold)と一緒に演奏した。ツアーの最後のコンサート後に『Zos Kia Cultus(Here and Beyond)』というアルバムを録音した。

2002年 - ノルウェーツアーを初めて行った。

2004年 - ノヴィとハボックがバンドから脱退した。同年、新作アルバム『Demigod』が音楽チャートで成功した。

2007年 - アルバム『The Apostasy』プロモーションのためにアメリカの音楽フェスティバル オズフェストに参加した。

フランス・パリ公演 (2008年2月)

2008年 - 10月に初来日を果たす。初のコンサートのDVDがリリースされた。

2009年 - アルバム『Evangelion』がニュークリア・ブラスト(Nuclear Blast)から発売された。2010年1月にアメリカツアーが開始された。

2010年 - 4月、Extreme the dojo Vol.23で2度目の来日公演。

2013年 - Loud Park13に出演。

2014年 - アルバム『The Satanist』をリリース。

2015年 - 10月 4回目の日本公演[4]

音楽的特徴[編集]

ノルウェイジャン・ブラックメタルのシーンとブラスフェミーのデモ"Blood Upon the Altar"に影響を受けたと語っている[5]

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

  • ネルガル (Adam "Nergal" Darski) - ボーカル/ギター (1991- )
  • セト (Patryk "Seth" Sztyber) - ギター (2004- )
  • オライオン (Tomasz "Orion" Wróblewski) - ベース (2003- )
  • インフェルノ (Zbigniew "Inferno" Promiński) - ドラムス (1997-1999, 2000- )

旧メンバー[編集]

  • バール (Adam "Baal Ravenlock" Muraszko) - ドラムス (1991-1996)
  • デセクラトル (Adam "Desecrator" Malinowski) - ギター (1991-1992)
  • フロスト (Rafał "Frost" Brauer) - ギター (1993-1994)
  • オルクス (Sławomir "Orcus" Kolasa) - ベース (1993-1995)
  • レス (Leszek "Les" Dziegielewski) - ベース (1995-1997, 1998-1999), ギター (1999)
  • メフィスト (Mefisto) – ベース (1997-1998)
  • ハヴォック (Mateusz "Havoc" Śmierzchalski) - ギター (2000-2003)

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム
  • Sventevith (Storming Near the Baltic) (1995)
  • Grom (1996)
  • Pandemonic Incantations (1998)
  • Satanica (1999)
  • Thelema.6 (2000)
  • Zos Kia Cultus (Here and Beyond) (2002)
  • Demigod (2004)
  • The Apostasy (2007)
  • Evangelion (2009)
  • The Satanist (2014)
  • I Loved You at Your Darkest (2018)
ライヴ・アルバム
  • At the Arena ov Aion – Live Apostasy (2008)
  • Live Barbarossa (2014)
コンピレーション
  • Demonica (2006)
  • Abyssus Abyssum Invocat (2011)

脚注[編集]

  1. ^ a b Behemoth reviews, music, news - sputnikmusic・2015年7月05日閲覧。
  2. ^ a b c Behemoth|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2015年7月9日閲覧。
  3. ^ ベヒーモス|プロフィール - Victor Entertainment
  4. ^ ベヒーモス(BEHEMOTH)の来日公演が10月に決定 - amass
  5. ^ “BEHEMOTH/Nergalインタビュー!”. (2014年2月12日). http://www.hmv.co.jp/news/article/1402030068/ 2014年8月6日閲覧。 

外部リンク[編集]