アンピュテクチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンピュテクチャー
マーズ・ヴォルタスタジオ・アルバム
リリース
録音 カリフォルニア州ロサンゼルスオーストラリア メルボルンテキサス州エルパソ[3]
ジャンル プログレッシブ・ロック、エクスペリメンタル・ロック、ポストロック
時間
レーベル Gold Standard Laboratories
ユニバーサルミュージック
プロデュース オマー・ロドリゲス・ロペス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 6位(オーストラリア[4]
  • 9位(アメリカ[5]
  • 12位(ノルウェー[6]
  • 16位(ニュージーランド[7]
  • 18位(フィンランド[8]
  • 19位(日本[1]
  • 27位(スウェーデン[9]
  • 39位(ベルギー・フランデレン地域[10]
  • 49位(イギリス[11]、ドイツ[12]
  • 54位(オランダ[13]
  • 73位(ベルギー・ワロン地域[14]
  • 88位(スイス[15]
  • 95位(フランス[16]
  • マーズ・ヴォルタ アルバム 年表
    スキャブデイツ
    (2005年)
    アンピュテクチャー
    (2006年)
    ゴリアテの混乱
    (2008年)
    テンプレートを表示

    アンピュテクチャー』(Amputechture)は、アメリカ合衆国バンドマーズ・ヴォルタ2006年に発表した3作目のスタジオ・アルバム。当初は2006年8月21日にリリースされる予定だったが[17]、インターナショナル盤のリリースは9月11日に延期され、アメリカでは9月12日に発売された。日本では8月30日にユニバーサルミュージックから先行発売されている。

    解説[編集]

    本作のレコーディングは、2005年にシステム・オブ・ア・ダウンとの共演ツアーを行っていた頃から始まった[18]。バンドと親交の深いジョン・フルシアンテが、本作ではほとんどの曲に参加した[19]

    アルバム・タイトルの「Amputechture」は、元メンバーのジェレミー・マイケル・ワード英語版(2003年死去)が考えた造語である[19]。ジャケットはジェフ・ジョーダンの絵画『Big Mutant』を左右反転したもので[20]、マーズ・ヴォルタはその後の作品でもジョーダンの絵をジャケットに使用した。

    ボーカリストのセドリック・ビクスラー・ザヴァラは、本作収録曲について「主題は曲ごとに違うけど、全部の曲が奇妙な形で一つになっている。『マグノリア』で別々のキャラクターが最後には一つになるように、別々のエピソードが相関しているんだ」と語っている[18]。収録曲「ヴィサラ・アイズ」は、オマー・ロドリゲス・ロペスとセドリック・ビクスラー・ザヴァラがアット・ザ・ドライヴインで活動していた頃に作られた曲で[21]、この曲はプロモーション盤のシングルCDが存在する[22]

    本作がリリースされる前にドラマーのジョン・セオドアがバンドを脱退し、8月から始まったアメリカ・ツアーでは、以前マーズ・ヴォルタのデモ音源に参加していたこともあるブレイク・フレミングがセオドアの代役を務めた[17]

    アメリカのBillboard 200では9位に達し、バンドにとって2作目の全米トップ10アルバムとなった[5]

    収録曲[編集]

    1. ヴァイカリアス・アトーンメント - "Vicarious Atonement" - 7:19
    2. テトラグラマトン - "Tetragrammaton" - 16:41
    3. ヴァーミサイド - "Vermicide" - 4:16
    4. メッカアンピュテクチャー - "Meccamputechture" - 11:03
    5. 聖域マグダレーナ - "Asilos Magdalena" - 6:34
    6. ヴィサラ・アイズ - "Viscera Eyes" - 9:23
    7. バフォメットの日 - "Day of the Baphomets" - 11:57
    8. 傷ついた雄鹿 - "El Ciervo Vulnerado" - 8:50

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注・出典[編集]