ジョン・フルシアンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・フルシアンテ
JohnFruscianteAugust2006.jpg
ジョン・フルシアンテ(2006年)
基本情報
出生名 John Anthony Frusciante
生誕 (1970-03-05) 1970年3月5日(47歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
ジャンル オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
ファンク
エクスペリメンタル
エレクトロニカ
職業 ミュージシャンシンガーソングライターレコード・プロデューサー映画プロデューサー
担当楽器 ギターボーカルピアノベースキーボードマンドリンバンジョークラリネット
活動期間 1988年 –
レーベル ワーナー・ミュージック
Record Collection
バードマン・レコーズ
アメリカ・レコーディング
共同作業者 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
アタクシア
マーズ・ヴォルタ
公式サイト www.johnfrusciante.com
著名使用楽器
フェンダー・ストラトキャスター
フェンダー・テレキャスター
グレッチ・ホワイトファルコン
フェンダー・ジャガー
ギブソン・レスポール

ジョン・アンソニー・フルシアンテ(John Anthony Frusciante、1970年3月5日 - )は、アメリカのミュージシャン。レッド・ホット・チリ・ペッパーズの元ギタリストボーカリスト。現在はソロとして活動している。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第18位、2011年の改訂版では第72位。

略歴[編集]

ニューヨーククイーンズ生まれ。12歳の頃にカリフォルニア州に引っ越している。両親は共にミュージシャンであった。母のゲイルはレッド・ホット・チリ・ペッパーズの曲「アンダー・ザ・ブリッジ」で歌声を披露している。

15歳の時に観たチリ・ペッパーズのライブに魅了され、ギターベース歌詞をすべて暗記するほどのめり込む。1988年12月、オリジナル・メンバーのギタリスト、ヒレル・スロヴァクが死去し、代役ギタリストも早々にバンドを去っていたチリ・ペッパーズに加入する。当時18歳のジョンにとって、これが実質的に初のバンド活動であった。加入後は『母乳』、『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』、『ホワッツ・ヒッツ!?』(キャピトル時代のベストアルバム)の各作品に参加している。

1992年の来日公演中に脱退。一時期は半ば隠遁生活を送り、ヘロイン中毒とうつ病に苦しんだ。

1999年、病と薬物中毒を克服してチリ・ペッパーズに復帰。以後は、バンドサウンドの核として活躍。『カリフォルニケイション』、『バイ・ザ・ウェイ』、『グレイティスト・ヒッツ』(ワーナー音源のベストアルバム)、『ライブ・イン・ハイド・パーク』(2004年6月19・20・25日にロンドンにあるハイド・パークで行われたライブの音源化)、『ステイディアム・アーケイディアム』で演奏している。

ローリング・ストーン誌の2007年2月号(7日発売)では、ジョン・メイヤーデレク・トラックスと共に「現代の三大ギタリスト」(The New Guitar Gods)に選出された。

2009年12月16日、自身のオフィシャルサイトで「自身の音楽を探求したい」との理由で、チリ・ペッパーズからの脱退を表明。最初の脱退時とは異なり、他のメンバーもジョンの意思を尊重しており、円満な脱退となった。

人物[編集]

フリーは「ジョンの音楽への意欲は尽きることが無い」とベスト盤のメンバーズレビューで賞賛しており、同アルバムのレビューで、CDを買う金の無い小さい頃は、ラジオで流れる曲をテープで録音して聴いていたことも書かれている。薬物中毒から復帰した現在では「若い頃、髪型や服装、女の尻に気を使う暇があったらもっと違う創造的なことを注視するべきだった。悉く時間を無駄にしていた。」(クロスビート誌)などの発言も残している。数え切れないほどのCD、無数のLP盤を所持しており、来日した際には、レコード店のCDをダンボール箱一杯に買っていったほど。自宅にはレコーディング機器もあり、ソロ作品はその機器で録音された。バイセクシャルと解釈できる発言もいくつか残しているが、真意は定かではない。

他のアーティストとの交友[編集]

フリーマーズ・ヴォルタフガジのメンバーなど、様々な友人ミュージシャンと音源を残さない急造バンドを作って活動することも多い[† 1]。 チリ・ペッパーズのメンバー、フリーとは、特に仲が良い。チリ・ペッパーズの活動以外にも、即席バンドでの活動やソロアルバムでの客演など、双方の音楽活動において切っても切れない関係を構築している。薬物中毒期に何度もジョンの自宅を訪問し、バンドへの復帰をアンソニー・キーディスに打診したのも、フリーである。ちなみに、バンドへの加入当初は、アンソニーとほぼ毎日行動を共にし、毎日電話を掛け合うなど、とても仲が良かった。それが原因で、当時の彼女と別れている。

2002年以降は、バイシクル・シーフジョシュ・クリングホッファーと共に音楽制作を行うことが多い。ジョシュも、2006年以降のチリ・ペッパーズのツアーにおいてサポート・メンバーとして同行しており、ジョン脱退後の現在は、チリペッパーズの正規ギタリストとして活動している。また、マーズ・ヴォルタフガジとも交友は深く、その人脈から、USインディーレーベル・アンダーグラウンドのアーティストと共に活動をすることもある。

その他、ビョークウータン・クラン[† 2]レディオヘッドトム・ヨーク[† 3]、元ナイン・インチ・ネイルズチャーリー・クロウザー[† 4]など、交友のあるアーティストは数多い。

使用機材[編集]

ディスコグラフィ[編集]

参加作品[編集]

  • 「Shaky Ground」Fishbone
  • 「Anytime At All」Banyan
  • 「Rev」Perry Farrell
  • 「De-Loused in the Comatorium」The Mars Volta
  • 「Frances The Mute」The Mars Volta
  • 「Amputechture」The Mars Volta
  • 「The ID」メイシー・グレイ
  • 「プロウバック」トリッキー
  • 「ブラウンバニー」ブラウンバニーサウンドトラック
  • 「8 DIAGRAMS」ウータン・クラン

脚注[編集]

[編集]

  1. ^ 唯一、ジョシュ・クリングホッファーらと組んだアタクシアのみ、ソロの一環として作品を残している。
  2. ^ 作品にジョンが友情出演。
  3. ^ ジョンは、ソロライブでレディオヘッドの楽曲をカヴァー、トムもイン・レインボウズの楽曲においてジョンからのインスパイアを認める。
  4. ^ ジョンのソロに参加。

出典[編集]

[ヘルプ]

参照文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]