ぶっ生き返す

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ぶっ生き返す
マキシマムザホルモンスタジオ・アルバム
リリース 2007年3月14日
録音 日本の旗 日本 イニックスタジオ
ジャンル ミクスチャー・ロック
メタルコア
時間 49分21秒
レーベル VAP/ミミカジル
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン
  • 2007年度年間49位(オリコン)
  • 登場回数147回(オリコン)
ゴールド等認定
マキシマムザホルモン 年表
ロッキンポ殺し
2005年
ぶっ生き返す
2007年
予襲復讐
2013年
ぶっ生き返す 収録の シングル
  1. ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ
    リリース:2005年11月16日
  2. 恋のメガラバ
    リリース:2006年7月5日
テンプレートを表示

ぶっ生き返す』(ぶっいきかえす)は、2007年3月14日にリリースされたマキシマムザホルモンの6枚目のアルバムである。

恒例となった漫☆画太郎の描き下ろしジャケットイラストは、一見さんが引いてしまうのを配慮してか、裏ジャケットになっているが、真のファンは裏ジャケを表にしてレジに出すことが推奨された。[要出典]値段は¥2,564("ぶっ殺し"価格)。初回盤には特典としてジャケットステッカーが封入された。

チャート成績[編集]

『ぶっ生き返す』は、2007年3月26日付オリコン週間アルバムチャートにおいて5位に初登場した[1]。初動売上は約7.1万枚であった[2]。その後、2007年度の年間チャートでは49位となった[3]。同チャートにおける累積売上は、2013年8月26日付時点で約32.2万枚を記録している[4]

収録曲[編集]

  • 全曲、作詞・作曲:マキシマムザ亮君
  1. ぶっ生き返す!! - UP FROM THE ASHES
    • アルバムのリードトラック。PVも作成されている。
    • 亮君いわく「死にてえって感じで、ネガティブな曲を作っていたらホルモンっぽくねえ」と思い考えたところ、「ぶっ殺す」を超える「ぶっ生き返す」を思いついたとのこと。[要出典]PVは、マキシマムザ亮君の葬式という設定となっており、他メンバーや、VAPスタッフ、ミミカジルスタッフが喪服を着て参列している。また、ダイスケはんの母親も参列客役として、一瞬PVに出演している。[要出典]
  2. 絶望ビリー - KILA
    • 日本テレビ系アニメ『DEATH NOTE』第2期エンディングテーマ(SP版『幻視する神』でも挿入歌として使用された)。歌詞の内容やPVも『DEATH NOTE』を意識したものとなっている。
    • GuitarFreaksV5 Rock to infinity』、『DrumManiaV5 Rock to infinity』の提供曲であり、ロングバージョンでの収録となった。また、『ミュージックガンガン!2』にも収録。「マキシマム ザ ホルモン」とクレジットされている事から、こちらも提供曲である事がわかる。
  3. 糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー-SHIT BREAKIN BRAIN BREAKIN LILY
    • 亮君曰く「メルヘンホルモン」。[要出典]
    • マキシマムザ亮君がこの曲の歌詞とメロディーをダイスケはんに聴かせたところ、泣いたらしい。[要出典]
  4. ルイジアナ・ボブ - Louisiana BOB
    • メジャー4枚目のシングル「恋のメガラバ」収録曲。
  5. ポリスマンベンツ - Policeman&Benz
    • 亮君いわく「ぶっちゃけこの中で一番好きな曲」。[要出典]
  6. ブラック¥パワーGメンスパイ - BLACK\POWER G-MEN SPY
  7. アカギ
  8. 恐喝〜Kyokatsu〜 - BLACKMAIL〜Win today〜
    • マキシマムザ亮君の曲解説、英語でのタイトルからサブタイトルにある「Kyokatsu」とは「今日勝つ」という意味がかけてある。マキシマムザ亮君いわく「第二のぶっ生き返す」。[要出典]曲ロゴから「〜kyokatsu」という表記も見られる。
  9. ビキニ・スポーツ・ポンチン-Bikini Sports Ponchin
  10. What's up, people?!
    • メジャー3枚目のシングル「ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ」収録。日本テレビ系アニメ『DEATH NOTE』第2期オープニングテーマ。
  11. チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン ボロン ヌルル レロレロ-chu☆chu☆omeko
    • 亮君曰く「中年男性の猥褻な妄想をガールズパンクバンド風のメロディーに乗せて歌った」とのこと。[要出典]
  12. シミ - Bristletail of soul
  13. 恋のメガラバ - MEGA LOVER
  14. ボーナストラック(シークレット トラック(アルバム「ぶっ生き返す」))
    • この楽曲を歌唱した映像が、『Deco Vs Deco 〜デコ対デコ〜』に収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 2007年03月12日〜2007年03月18日のCDアルバム週間ランキング(2007年03月26日付)”. ORICON STYLE. 2014年1月2日閲覧。
  2. ^ “マキシマム ザ ホルモン「CDのプレミア感」を演出してヒット”. ORICON BiZ online. (2013年8月12日). http://biz-m.oricon.co.jp/news/data/1109.shtml 2014年1月2日閲覧。 
  3. ^ アルバム 年間ランキング”. ORICON STYLE. 2008年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月2日閲覧。
  4. ^ “【オリコン】ホルモン新作が3週連続1位 ロックバンド7年ぶり”. ORICON STYLE. (2013年8月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2027751/full/ 2014年1月2日閲覧。 
  5. ^ メンバーによるFacebookオフィシャルページ2013年10月12日記事