デスノート (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
DEATH NOTE > デスノート (テレビドラマ)
デスノート
DEATH NOTE
ジャンル テレビドラマ
原作 大場つぐみ
小畑健『DEATH NOTE』
脚本 いずみ吉紘
演出 猪股隆一
西村了
岩崎麻利江
出演者 窪田正孝
山﨑賢人
優希美青
佐野ひなこ
藤原令子
関めぐみ
前田公輝
弓削智久
忍成修吾
半海一晃
佐藤二朗
松重豊
音楽 服部隆之
製作
チーフ・
プロデューサー
神蔵克
プロデューサー 鈴木亜希乃
大森美孝(AX-ON)
茂山佳則(AX-ON)
制作 AX-ON(協力)
製作 日本テレビ
放送
放送チャンネル日本テレビ系
映像形式文字多重放送
番組連動データ放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2015年7月5日 - 9月13日
放送時間日曜 22:30 - 23:25
放送枠日曜ドラマ
放送分55分
回数11
公式サイト

特記事項:
初回は22:00 - 23:25の30分拡大。
テンプレートを表示

デスノート』は、2015年7月5日から9月13日まで毎週日曜日22:30 - 23:25[注釈 1]に、日本テレビ系の『日曜ドラマ』枠で放送された日本のテレビドラマ。全11回。

漫画『DEATH NOTE』を原作とし、2006年に公開された実写映画版2015年ミュージカル版に続き、今回初めて実写テレビドラマ化される。原作とは違うキャラクター設定でオリジナルストーリーとなり、実写映画版では描かれなかったキャラクターも登場する[1][2]

主演の窪田正孝は本作の演技が評価され、第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞を受賞した[3]

ストーリー[編集]

ここではテレビドラマ版のあらすじについて説明する

プロローグ
主人公の夜神月(やがみ ライト)は、居酒屋でアルバイトをしながら公務員を目指している、ごく平凡な大学生。過去に母親を亡くした際に、父親が仕事に追われていたことから、父親に確執を持っており、世の中を斜に見ていた。
ある日、親友の鴨田が高校時代の同級生・佐古田に恐喝される現場に遭遇。恐喝をやめさせようとするも、力無く為す術もなかった月は自分の無力さを知り、「力が欲しい」と願う。
そんな月の頭上に、夜空からDeath Noteと表紙に書かれた黒いノートが落ちてきた。「名前を書かれた人間は死ぬ」という裏表紙の記述に呆れながれも、つい佐古田の名前を書いてしまう月。そして翌日、佐古田が死亡したという知らせが入り、彼はそれが本当に人間を殺せるノートであったと知る。
キラの活動開始
困惑し殺人の恐怖に怯える月の前にノートの本来の持ち主だった死神・リュークが現れる。だがリュークは月を咎める事もなく、逆に月がこのノートをどう扱うか見届けると言う。月はノートに凶悪な犯罪者たちの名を次々と書き込んで葬りはじめた。
やがて人々は、何者かによって凶悪犯が断罪されていると感づくようになる。いつしか 殺人者(=Killer)の意味から、「キラ (KIRA)」と呼ばれるようになった。
Lによる捜査開始
国家の枠を飛び越え世界中で殺人を犯すキラの捜査・逮捕はICPO(インターポール)に委ねられた。ICPOは正体不明の名探偵・Lエルにキラ事件の調査を依頼。Lは来日し、警視庁捜査一課に勤務する夜神総一郎(月の父親)と共にキラに挑む。
弥海砂を「第二のキラ」として逮捕したLは、夜神月をキラだと断定して拘束する。しかし、月の策略により2人は解放され、Lと共に「第三のキラ」を追うことになった月は、容疑者の火口を確保してデスノートを触り、キラとしての記憶を取り戻す。
その後、Lとの直接対決においてLの策略により敗れた月は、自身こそがキラであると自白する。しかしその直後、検事の魅上照によってデスノートに名前を書かれたことで、Lは心臓麻痺で亡くなってしまう。その後、キラによる裁きが再開され、世の中はキラによる「平和の世界」へと突き進んでいく。
妹の誘拐と父との決別
Lの後継者である天才少年N(ニア)が、キラ捜査を開始する。そんな中、捜査員の一人・日村章子ことハル・リドナーによって、月の妹の粧裕が誘拐されてしまい、デスノートと交換することを要求される。二重人格のニアから生まれたもう一つの人格メロによって、人質交換の現場を襲撃される。
その後、もう一つのデスノートによって日村を操ることでデスノートを取り戻した月だったが、そこを父親の総一郎に目撃されてしまう。総一郎は自らの名前をデスノートに書き、ノートを燃やそうとするが、月によってノートを奪われて亡くなってしまう。
ニアとの対決
ニアを逮捕すべく捜査員と共に潜伏先に踏み込むが、ニアは逃亡して月はそれを追う。ニアと対峙した月は、「死神の目」を持つ魅上照がデスノートにニアの名前を書き、勝利したかに見えた。しかし、魅上のデスノートは偽物にすり替えられており、月はキラであることを自白する。
追いつめられデスノートに名前を書こうとした月に、松田は発砲して月は負傷。魅上がガソリンに放火したため自身のデスノートが焼けてしまったことで、魅上とミサのデスノートに関する記憶が消える。さらに、月のデスノートにも火が燃え移るが、月は「死神の目」の取引を要求するが、月の身体にも火が燃え移って焼死する。

キャスト[編集]

ここではテレビドラマ版のキャストについて説明する。登場人物の詳細は、DEATH NOTEの登場人物やそれぞれの記事を参照。

ゲスト[編集]

声の出演[編集]

モーションアクター [編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率[5]
01話 7月5日 伝説の大人気コミック遂にドラマ化!
死のノートで壮大な野望を抱く殺人鬼と天才探偵による命がけの頭脳戦・今夜幕開け!
猪股隆一 16.9%
02話 7月12日 全世代で話題沸騰の新ドラマ 激突! 迫り来る天才Lの刺客 12.3%
03話 7月19日 Lの仕掛けた罠にキラ絶体絶命! 逆襲への最後の切り札とは!? 西村了 08.7%
04話 7月26日 衝撃の出会い…キラ対Lついに直接対決! 張りめぐらされた罠 10.6%
05話 8月2日 キラ驚きの行動へ! ついに捜査本部へ潜入、Lと再び直接対決 猪股隆一 08.2%
06話 8月9日 ついにキラ逮捕! 僕がキラだ…自白に隠された驚愕の作戦とは 西村了 10.2%
07話 8月16日 全てはキラの計画通り…L、死へのカウントダウン最終決戦へ 岩﨑麻利江 11.6%
08話 8月23日 さらば正義の探偵…ノートに書かれた名前は、L・ローライト 猪股隆一 11.4%
09話 8月30日 Lは俺が殺した…告白に隠された逆転劇・復讐を誓いニア始動 岩﨑麻利江 11.7%
第10話 9月6日 ニア暴走の果て、暴かれる息子の正体! 父の名前がノートに… 西村了 11.4%
最終話 9月13日 今夜最終回! 驚愕の結末! 最後の戦いを1秒も見逃すな! 猪股隆一 14.1%
平均視聴率 11.8%(視聴率は関東地区・世帯・リアルタイム、ビデオリサーチ社調べ)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 初回は22:00 - 23:25の30分拡大。
  2. ^ 原作では「樹」だが、本作では本人の写真が掲載されている雑誌表紙の表記・Lによる作中の説明ともに「樹」となっている。
  3. ^ 映画版にもアナウンサー役で出演
  4. ^ アニメ版にもアナウンサー役で出演
  5. ^ 第2話までエンドロールのテロップでは、リュークと思しきシルエットが記載されていた。
  6. ^ 第3話までエンドロールのテロップでは、レムと思しきシルエットが記載されていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c ドラマ『デスノート』、メインキャストは窪田&山崎&優希の"朝ドラトリオ"”. マイナビニュース (2015年5月25日). 2015年5月25日閲覧。
  2. ^ a b c d 連ドラ版「デスノート」キャスト発表!夜神月は窪田正孝、山崎賢人がL”. 映画.com (2015年5月25日). 2015年6月3日閲覧。
  3. ^ 発表! 第86回ドラマアカデミー賞」『週刊ザテレビジョン』第44号、KADOKAWA、2015年、2015年11月7日閲覧。
  4. ^ amyonnのツイート(625314056975462401)
  5. ^ デスノートスポニチアネックス、2015年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]

日本テレビ 日曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
ワイルド・ヒーローズ
(2015年4月19日 - 6月21日)
デスノート
(2015年7月5日 - 9月13日)
エンジェル・ハート
(2015年10月11日 - 12月6日)