窪田正孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くぼた まさたか
窪田 正孝
生年月日 1988年8月6日(27歳)
出生地 日本の旗日本神奈川県[1]
身長 175cm[1]
血液型 B型[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ・映画・舞台
活動期間 2006年 -
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 公式プロフィール
主な作品

テレビドラマ
ケータイ捜査官7
花子とアン
Nのために
デスノート

映画
ガチバン』シリーズ
ふがいない僕は空を見た
飛べ!ダコタ
舞台
唐版『滝の白糸

窪田 正孝(くぼた まさたか、1988年8月6日[1] - )は、日本俳優である。神奈川県出身[1]スターダストプロモーション所属。

略歴[編集]

男3人兄弟の末っ子として生まれる[2]

ガソリンスタンドで働き、整備士を目指して工業高校に通う[3]など元々芸能界には興味がなかったが、母親の勧めで『De☆View』の誌内からスターダストプロモーションのオーディションを見つけて応募し、事務所に入所する[4]

2006年4月、フジテレビ深夜ドラマチェケラッチョ!! in TOKYO』で初主演を務め、2012年6月、『平清盛』に平重盛役でNHK大河ドラマにも初出演する。

2014年上半期放送のNHK連続テレビ小説花子とアン』の出演で知名度が上がる[5]。その後もTBS系ドラマ『Nのために』や『アルジャーノンに花束を』、日本テレビ系ドラマ『デスノート』などへの出演が続き、ORICON STYLEの「2015ブレイク俳優」で上半期[5]および年間を通しても首位を獲得した[6]他、2015年の年末に発表された「Yahoo!検索大賞」でもパーソンカテゴリーの俳優部門を受賞した[7]

人物[編集]

  • 脱ぐと筋骨隆々。役で必要なときは鍛えたり食事に気を使ったりするが、普段は鉄棒にぶらさがって懸垂をするくらい[8]
  • 小学生の時には野球、中学生の時には『SLAM DUNK』の影響でバスケットボールをやっていた[9]
  • 好きなアーティストはEXILE[10]
  • 焼肉が大好物である[11]。また、甘党であり、特にアイスなどの氷菓子を好む[12][13]

受賞歴[編集]

2012年度
2014年度
2015年度

作品[編集]

シングル[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

TV番組[編集]

  • 秘密の俳優(アクト)ちゃん(2014年4月27日、WOWOW大人番組リーグ2)

CM[編集]

ラジオドラマ[編集]

PV[編集]

Web[編集]

  • ネットシネマ ハツカレ(2006年1月 - 3月) - ウッシー 役
  • Webムービー 「清く恋しく、美しく」(2007年7月2日 - 、全4話 - 三上雷太 役

その他[編集]

  • 『東京2020国際招致PRフィルム』(2013年7月3日 - )

イベント・ライブ[編集]

  • Jamming Flow単独ライブ『beat the live』(2005年8月10日、渋谷RUIDO K2)
  • POWER BOXX Vol.2(2007年8月22日、原宿アストロホール)
  • 映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』とコラボイルミネーション点灯式(2013年11月3日、ダイバーシティ東京)
  • CRUDE PLAYフリーライブ(2013年11月23日、ラゾーナ川崎)

雑誌連載[編集]

  • ブラウンズブックス『BARFOUT!』「はぴねす」

出典[編集]

  1. ^ a b c d e PROFILE”. スターダストプロモーション. 2015年10月29日閲覧。
  2. ^ 窪田正孝「流血が多すぎて…」 三兄弟の壮絶ケンカエピソードを告白”. マイナビニュース (2015年7月13日). 2015年12月9日閲覧。
  3. ^ “細マッチョ”窪田正孝が堺正章にボディブロー!?”. Smartザテレビジョン (2014年11月6日). 2015年4月24日閲覧。
  4. ^ 金のタマゴ発掘隊_Vol.15|ORICON STYLE(2008年6月11日)
  5. ^ a b 『2015上半期ブレイク俳優』、窪田正孝が首位”. ORICON STYLE (2015年7月8日). 2015年12月10日閲覧。
  6. ^ 『2015年ブレイク俳優ランキング』窪田正孝が首位”. ORICON STYLE (2015年12月18日). 2015年12月20日閲覧。
  7. ^ a b 窪田正孝「Yahoo!検索大賞」に選ばれ「場違いな気持ち」、女優部門は広瀬すず”. 映画ナタリー (2015年12月9日). 2015年12月10日閲覧。
  8. ^ a b 窪田正孝 (2012年11月). 【イケメン発掘調査隊】第59回『ふがいない僕は空を見た』. インタビュアー:斉藤由紀子. シネマトゥデイ.. http://www.cinematoday.jp/page/A0003425 2014年8月23日閲覧。 
  9. ^ 窪田正孝 (2015年7月13日). 人間の葛藤 繊細な演技で 窪田正孝さん「デスノート」. インタビュアー:原田和幸. YOMIURI ONLINE.. http://www.yomiuri.co.jp/culture/tv/interview/20150703-OYT8T50154.html 2015年8月5日閲覧。 
  10. ^ 窪田正孝、“大ファン”EXILE ATSUSHIからのサプライズに感激”. モデルプレス (2016年1月17日). 2016年2月9日閲覧。
  11. ^ 「神経が揺さぶられる作品です」、『TVfanCROSS』2014年 vol.12、共同通信社、 62頁。
  12. ^ 「ナニワ銭道」主演の窪田正孝、的場浩司のよいしょ連発に苦笑もきっちりお返し(映画.com)”. 2015年6月28日閲覧。
  13. ^ 窪田正孝、痛烈ないじりにタジタジ 意外な素顔も明らかに”. モデルプレス (2015年6月16日). 2015年8月5日閲覧。
  14. ^ “最優秀新人賞を受賞した窪田正孝さん”. ヨコハマ経済新聞. (2013年2月4日). http://www.hamakei.com/photoflash/950/ 2015年4月24日閲覧。 
  15. ^ JAPAN ACTION AWARDS(2013年4月19日)
  16. ^ 「Nのために」窪田正孝が受賞『成瀬の温かみを大事に』”. Smartザテレビジョン (2015年2月22日). 2015年4月24日閲覧。
  17. ^ 窪田正孝 (2015年10月28日). 「にらむことには慣れました(笑)」窪田正孝「デスノート」で主演男優賞受賞. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. http://thetv.jp/news_detail/67114/ 2015年10月29日閲覧。 
  18. ^ 窪田正孝「ずっと足が震えてる」 ギャップ全開の素顔にツッコミ飛ぶ”. モデルプレス (2015年12月9日). 2015年12月10日閲覧。
  19. ^ 「花子とアン」人気キャラ、窪田正孝演じる朝市の嫁をめぐるドラマが放送”. INTERNET TVガイド (2014年10月7日). 2015年4月24日閲覧。
  20. ^ “Nの登場人物たちを窪田、賀来、小出のイケメン俳優3人が熱演!”. SANSPO.COM. (2014年8月18日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140818/oth14081805020002-n1.html 2014年8月23日閲覧。 
  21. ^ “野島伸司氏「アルジャーノン…」の山下智久&窪田正孝を絶賛”. Sponichi Annex. (2015年4月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/04/30/kiji/K20150430010267340.html 2015年6月15日閲覧。 
  22. ^ 有村架純、地上波ドラマ初主演 山崎賢人、窪田正孝ら注目の若手集結”. モデルプレス (2015年5月7日). 2015年8月5日閲覧。
  23. ^ 窪田正孝 テレビ版「デスノート」主演 Lは山崎賢人”. スポーツニッポン (2015年5月25日). 2015年5月25日閲覧。
  24. ^ 斎藤工&窪田正孝、有栖川作品で“バディ”結成「化学反応を作品に宿したい」”. ORICON STYLE (2015年10月28日). 2015年10月28日閲覧。
  25. ^ キスマイ藤ヶ谷太輔&窪田正孝に視聴者キュンキュン!『MARS』初回放送に反響”. クランクイン!! (2016年1月26日). 2016年2月9日閲覧。
  26. ^ 堀北真希、成宮寛貴&菜々緒とコラボに「緊張」 斎藤工&窪田正孝は念願叶う 日テレ3ドラマで初の試み” (2016年2月8日). 2016年2月9日閲覧。
  27. ^ トピックス#11 『世にも奇妙な物語 '16春の特別編』豪華主演陣決定”. フジテレビ. 2016年5月17日閲覧。
  28. ^ 今津三奈 (2012年1月6日). “INTERVIEW 窪田正孝”. プラスアクト. 2014年7月13日閲覧。
  29. ^ 窪田正孝 (2014年5月21日). 窪田正孝 SPECIAL INTERVIEW 本気になってどこまでできるか―こんなにおもしろいことはない. インタビュアー:新谷里映. ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/entertainment/interview/page/1150/ 2014年8月23日閲覧。 
  30. ^ 的場浩司、窪田正孝を絶賛…全編かっこいい”. 日テレNEWS24 (2014年7月12日). 2014年7月13日閲覧。
  31. ^ 窪田正孝 (2015年1月7日). 窪田正孝インタビュー『刺激をもらったし悔しい思いもした』. インタビュアー:新谷里映. ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/special/47573/ 2015年4月24日閲覧。 
  32. ^ “カラダ”が見どころ? 窪田正孝、体当たりの演技で「一線を越えました」”. cinemacafe.net (2015年3月4日). 2015年4月24日閲覧。
  33. ^ 窪田正孝「すごく光栄に思う」“大先輩”に囲まれ恐縮”. モデルプレス (2016年3月4日). 2016年3月15日閲覧。
  34. ^ 映画.com (2016年2月14日). “藤ヶ谷太輔×窪田正孝主演ドラマ「MARS」映画化決定!”. 2016年2月14日閲覧。
  35. ^ 窪田正孝 (2013年). Heroes File いつも、見つける喜びがある. (インタビュー). 毎日新聞×マイナビ転職.. http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/heroes_file/103/2 2014年8月23日閲覧。 
  36. ^ Special Interview 窪田正孝「バイクのない人生なんてもったいない!」”. WEB Mr.BIKE. 2014年7月13日閲覧。
  37. ^ ゲスの極み乙女。窪田正孝出演のdヒッツCMにて新曲オンエア開始 メンバー出演の特設ページ公開も”. Real Sound (2015年10月22日). 2015年10月29日閲覧。
  38. ^ 竹野内豊&野村周平に“W交際質問” 大音量BGMで遮る”. ORICON STYLE. 2016年3月9日閲覧。

外部リンク[編集]