加藤健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かとう けんいち
加藤 健一
生年月日 (1949-10-31) 1949年10月31日(68歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県磐田市
職業 俳優
活動内容 舞台における活動が中心
備考
紫綬褒章2007年

加藤 健一(かとう けんいち、1949年10月31日 - )は、日本俳優静岡県磐田市出身。加藤健一事務所主宰、青年座映画放送部所属。文化庁芸術選奨新人賞1989年)、第11回読売演劇大賞優秀男優賞受賞(2004年)、文化庁芸術選奨文部科学大臣賞(2004年)、紫綬褒章2007年)受章。愛称は、カトケン

来歴[編集]

静岡県立袋井商業高等学校卒業後[1]、半年間のサラリーマン生活を経て劇団俳優小劇場の養成所に入所。その後、劇団新芸を結成しその上演を続けつつ、劇団つかこうへい事務所の作品に出演していた。1980年に一人芝居『審判』を上演するため加藤健一事務所を設立。以降現在に至るまで年間3、4本のペースで東京都世田谷区本多劇場を中心に公演を行い、主役を演じ続けている。また、1986年には加藤健一事務所俳優教室を開設し、若手俳優の育成にも力を入れている。

映画テレビドラマなどの映像作品については、舞台の稽古のためにスケジュールが合わないなどの理由から最近は少なくなっているが、ドラマ『想い出づくり』、映画『椿姫』などへの出演経験がある。テレビ番組『おしゃべり人物伝』(NHK)にもゲスト出演している。

2016年、『母と暮せば』で第70回毎日映画コンクール・男優助演賞を受賞[2]

活動[編集]

舞台[編集]

加藤健一事務所[編集]

  • 1980年 審判
  • 1981年 審判
  • 1981年 幽霊
  • 1981年 寿歌
  • 1982年 寿歌
  • 1982年 審判
  • 1982年 コレクター
  • 1983年 寿歌
  • 1983年 審判
  • 1983年 ザ・シェルター
  • 1983年 ちいさき神の作りし子ら
  • 1984年 改訂版 ザ・シェルター
  • 1984年 ちいさき神の、つくりし子ら
  • 1984年 最後の淋しい猫
  • 1984年 寿歌
  • 1985年 セイムタイム・ネクストイヤー
  • 1985年 キング・リチャードIII
  • 1985年 サラ・ちいさき神の、作りし子ら
  • 1986年 アダムとイヴの日記
  • 1986年 審判
  • 1986年 寿歌
  • 1986年 最後の畜生
  • 1986年 BENT
  • 1987年 審判
  • 1987年 建築家とアッシリアの皇帝
  • 1987年 セイムタイム・ネクストイヤー
  • 1988年 BENT
  • 1988年 ザ・シェルター
  • 1988年 寿歌
  • 1988年 第二章
  • 1989年 マイ・ファット・フレンド
  • 1989年 「ステイジ・ストラック
  • 1989年 「おかしな二人
  • 1990年 ブラック・コメディ
  • 1990年 vol.13 審判
  • 1990年 vol.14 レンド・ミー・ア・テナー
  • 1990年 vol.15 セイムタイム・ネクストイヤー
  • 1991年 vol.16 ラブ・ゲーム
  • 1991年 vol.17 おかしな二人
  • 1991年 vol.18 カッコーの巣の上を
  • 1992年 vol.19 マイ・ファット・フレンド
  • 1992年 vol.20 第二章
  • 1992年 vol.21 牡丹燈籠
  • 1993年 vol.22 ラン・フォー・ユア・ワイフ
  • 1993年 vol.23 くたばれハムレット
  • 1993年 vol.24 三人姉妹
  • 1994年 vol.25 パパ、I LOVE YOU!
  • 1994年 vol.26 It's SHOW TIME!
  • 1994年 vol.27 審判
  • 1994年 vol.28 ブラック・コメディ
  • 1995年 vol.29 What a Sexy Dinner!
  • 1995年 vol.30 松ヶ浦ゴドー戒
  • 1995年 vol.31 セイムタイム・ネクストイヤー
  • 1996年 vol.32 レグと過ごした甘い夜
  • 1996年 vol.33 レンド・ミー・ア・テナー
  • 1996年 vol.34 私はラッパポートじゃないよ
  • 1997年 vol.35 ザ・フォーリナー
  • 1997年 vol.36 カッコーの巣の上を
  • 1997年 vol.37 K2
  • 1998年 vol.38 Prelude To A Kiss
  • 1998年 vol.39 トーチソング・トリロジー
  • 1998年 vol.40 千人のピエロ
  • 1999年 vol.41 銀幕の向うに
  • 1999年 vol.42 ザ・フォーリナー
  • 1999年 vol.43 おお、星条旗娘!
  • 2000年 vol.44 「煙が目にしみる
  • 2000年 vol.45 審判
  • 2000年 vol.46 ラン・フォー・ユア・ワイフ
  • 2001年 vol.47 銀幕の向うに
  • 2001年 vol.48 セイムタイム・ネクストイヤー
  • 2001年 vol.49 すべて世は事も無し
  • 2002年 vol.50 煙が目にしみる
  • 2002年 vol.51 劇評
  • 2002年 vol.52 バッファローの月
  • 2003年 vol.53 ギャンブラー
  • 2003年 vol.54 木の皿
  • 2003年 vol.55 詩人の恋
  • 2004年 vol.56 すべて世は事も無し
  • 2004年 vol.57 コミック・ポテンシャル
  • 2004年 vol.58 バッファローの月
  • 2005年 vol.59 煙が目にしみる
  • 2005年 vol.60 ヒーロー
  • 2005年 vol.61 審判
  • 2006年 vol.62 エキスポ
  • 2006年 vol.63 器の皿
  • 2006年 vol.64 詩人の恋
  • 2007年 vol.65 特急二十世紀
  • 2007年 vol.66 モスクワからの退却
  • 2007年 vol.67 コミック・ポテンシャル
  • 2008年 vol.68 思い出のすきまに
  • 2008年 vol.69 レンド・ミー・ア・テナー
  • 2008年 vol.70 詩人の恋
  • 2009年 vol.71 川を越えて、森を抜けて
  • 2010年 vol.72 木の皿(再演)

劇団つかこうへい事務所[編集]

劇団「暫」[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.538
  2. ^ 毎日映画コンクール 大賞に橋口監督の「恋人たち」”. 毎日新聞 (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]