夏木マリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なつきマリ
夏木 マリ
夏木 マリ
別名義 中島 淳子(旧芸名及び旧姓)[1]
生年月日 (1952-05-02) 1952年5月2日(70歳)
出生地 日本の旗 日本東京都豊島区
職業 女優[注釈 1]
歌手
ジャンル 映画・ドラマ・舞台
活動期間 1971年[3] -
配偶者 斉藤ノヴ(2011年 - )
公式サイト 夏木マリ オフィシャルサイト
One of Love プロジェクト
主な作品
テレビドラマ
Gメン'75
ひまわり
野ブタ。をプロデュース
医龍-Team Medical Dragon-
カーネーション
夜行観覧車
中学聖日記
おかえりモネ
映画
男はつらいよ』シリーズ
ピンポン
吹き替え
千と千尋の神隠し
 
受賞
日本アカデミー賞
第8回 優秀助演女優賞
北の螢
里見八犬伝
第26回 優秀助演女優賞
ピンポン
その他の賞
1984年 芸術選奨文部大臣新人賞
1986年 第24回ゴールデンアロー賞演劇賞
1986年 第21回紀伊国屋演劇個人賞
2009年 第20回日本ジュエリーベストドレッサー賞
テンプレートを表示

夏木 マリ(なつき マリ、1952年5月2日[2] - )は、日本女優[注釈 1]歌手。旧芸名及び旧姓は中島 淳子[1]

来歴[編集]

東京都豊島区池袋びっくりガード近くのぬかりや病院で生まれる[4]。小学校3年から埼玉県大宮市(現・さいたま市)で育ち[5][6]、県内の小学校[7]大宮市立三橋中学校[8]豊島岡女子学園高校を卒業[7]

1971年、19歳の時に本名(旧姓)の中島淳子名義で「小さな恋」にて歌手デビュー[3][9]ジャニス・ジョプリンのような曲を歌いたかったが希望は受け入れられず、清純派アイドルとしてデビューした[1]。しかしあまり注目されず、キャバレー回りの日々が続く不遇の時代を過ごす[1]

1973年、21歳の時に夏木マリ名義で「絹の靴下」を発表し、再デビュー[9]。6月のデビューで「夏に決めよう」から由来した芸名だったため本人は嫌だったというが[9]、妖艶な振り付けやフィンガー・アクションが盛り込まれた同曲は大ヒットした[2][1]。その後各局の歌番組に続けて出演するなど多忙な日々を過ごすが、低色素性貧血で3か月の入院を余儀なくされ、復帰した時には仕事が激減し、再びキャバレー回りの生活に逆戻りしてしまう[1]

ヌードダンサーが踊るレビューショー小屋での仕事中、演劇を仕事としている観客に舞台出演に誘われ、舞台の仕事を始める[10]1990年に単身ニューヨークへ行き、自分も何かを発信してみたいと思うようになる[10]。そして1993年、企画から構成、演出、出演まで全てを手がける舞台表現『印象派』を発表。以降、2006年のvol.8までで9作品[11]・80以上のステージを重ね、国内はもとよりドイツフランスイギリスポーランドでも公演を行い、高い評価を得た[12][13]

1995年小西康陽からのアプローチを受けミニアルバム『九月のマリ-』を発表[12]

2006年、ブルースバンド『GIBIER du MARIE』を結成[10]。アルバムのプロモーションビデオの監督も務める。

2007年パーカッショニスト斎藤ノヴと交際中であると発表し、夏木はこれを「フランス婚」と表現し、籍にこだわらないことを明かしている[14]

2008年、自らが主宰するパフォーマンス集団「Mari Natsuki Terroir(MNT)〔マリナツキテロワール〕」を立ち上げ、東京都現代美術館での『イン・トランジット』公演を経て[15]2009年、1人ですべてを手掛けてきた『印象派』から集団での創作へと進化させた『印象派NÉO』を発表[11]。Vol.1『わたしたちの赤ずきん』を上演する[16]

2010年、支援活動『One of Love』プロジェクトをスタート。バラと音楽のこのプロジェクトは、その収益を途上国の働く女性と子供たちに支援している。毎年6月21日(世界音楽の日)に開催されるGIGにはさまざまなアーティストも参加している[17]

2011年5月に斎藤と入籍していたことを26日に発表。

2015年、キャリア44年目、62歳で初めての全国ライブハウスツアー「夏木マリ MAGICAL MEETING TOUR Live & Talk 2015」を敢行する[18][19]

2016年、華原朋美土屋アンナシシド・カフカLiLiCoと女性コーラスユニット「and ROSEs」(アンド・ローゼス)を結成[20]

2018年、レザーブランド「バリー」のキュレーターに就任[21]。「夏木」という漢字と好物のリンゴをイメージしたオリジナルロゴが作られたことや[21]、自身がプロデュースするイベントを夏と冬に2回分けて行うことが発表された[22]

人物[編集]

うどん店「つるとんたん」のプロデュースを行っている[23]とよく誤解され、都市伝説化しているが、これについて本人は、東京のお店の経営者と知り合いだったため、オープンする時にBGMなど手伝っただけで「私のお店じゃない」ときっぱり否定している[24][25]

夫婦そろって阪神タイガースのファン[26]

旅行が好きで、2016年にはH.I.S.ヨーロッパ親善大使にも就任した[27]

フィギュアスケートアイスダンス選手である小松原美里小松原尊のペアが北京オリンピック団体で演じたフリーダンスの曲「SAYURI」で、日本語でナレーションを行っている[28][29]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ライブ・イベント[編集]

  • NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2014[60]
    • MARI NATSUKI × MICHAEL THOMPSON PLAYER meets 青蓮院門跡(2014年11月19日 - 29日、青蓮院門跡
    • PLAY×PRAY(2014年11月21日、音羽山清水寺〔経堂〕)
  • 夏木マリ MAGICAL MEETING TOUR Live & Talk 2015(2015年4月8日 - 6月12日、全18公演)[18]
  • NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2015 『PLAY×PRAY』 第二夜(2015年11月19日、音羽山清水寺〔経堂〕)[61]
  • NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2016[62]
    • 『PLAY × PRAY』第三夜(2016年11月13日、音羽山清水寺〔経堂〕)
    • 夏木マリの身体ワークショップ〜からだとこころを解放させる〜(2016年11月15日、NHK文化センター京都教室)
  • NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2017 『PLAY × PRAY』 第四夜(2017年11月19日、音羽山清水寺〔経堂〕)[63]
  • NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2018『PLAY × PRAY』 第五夜(2018年11月18日、音羽山清水寺〔経堂〕)[64]
  • NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2019『PLAY × PRAY』第六夜(2019年11月24日、音羽山清水寺〔経堂〕)[65]
  • NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2020『PLAY × PRAY』第七夜(2020年11月28日、音羽山清水寺〔経堂〕) - 新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、YouTubeでプレミア公開[66]
  • NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2021『PLAY × PRAY』第八夜(2021年11月28日、音羽山清水寺〔経堂〕) - 新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、YouTubeでプレミア公開[67]

テレビアニメ[編集]

配信ドラマ[編集]

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

PV[編集]

バラエティ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

CM[編集]

イメージビデオ[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

  • カッコいい女!(2004年、KKベストセラーズ)
  • 81-1(2005年、講談社
  • 夏木マリのABC(2007年、ベストセラーズ))
  • 泣きっ面にマリ(2008年、講談社)
  • 私たちは美しさを見つけるために生まれきた(2013年、幻冬舎

写真集[編集]

  • デラックス映画ファン(1981年、愛宕書房、撮影:野村誠一
  • 最後に見た風景(2004年、美術出版社)複数名のオムニバス

オーディオブック[編集]

  • ヴィッキー・ストリンガー「ワケありってコトで」(2016年7月25日、Audible) - 朗読 [89]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
中島淳子 名義
キングレコード
1 1971年8月1日 A面 小さな恋 白鳥朝詠 河村利夫 BS-1045
B面 恋のねがい
2 1972年2月25日 A面 月光のエロス ヒロコ・ムトー 三月はじめ テディ池谷 BS-1493
B面 風と光の妖精
夏木マリ 名義
1 1973年6月15日 A面 絹の靴下 阿久悠 川口真 BS-1690
B面 媚薬
2 1973年11月10日 A面 裸足の女王 BS-1771
B面 野生の女
3 1974年3月10日 A面 お手やわらかに BS-1806
B面 黄金と情熱
4 1974年4月25日 A面 裸の青春 田波靖男 BS-1824
B面 あなたはおとな 鴨井達比古
5 1974年6月25日 A面 夏のせいかしら 安井かずみ 馬飼野康二 BS-1840
B面 砂の女
6 1974年11月10日 A面 それからどうするの 阿久悠 川口真 BS-1900
B面 バス停留所
7 1975年2月10日 A面 誤解はといて BS-1911
B面 もうかんにんして
8 1975年5月25日 A面 愛情の瞬間 なかにし礼 BS-1932
B面 愛人どまり
9 1976年1月5日 A面 裏切り 橋本淳 萩田光雄 BS-1986
B面 マリのテーマ〜歌は恋人 萩田光雄
川口真
萩田光雄
10 1976年6月21日 A面 夏の夜明けは悲しいの 村井邦彦 Jim Rock GK-22
B面 ガラスの絆 川口真 萩田光雄
11 1977年1月21日 A面 悲しみ上手 阿木燿子 川口真 GK-71
B面 TWICE
12 1977年8月21日 A面 これしかないのです 杉本真人 若草恵 GK-129
B面 わたしの本音 きすぎえつこ 杉本真人 高田弘
13 1978年4月21日 A面 チャイナタウン 三浦徳子 丹羽応樹 若草恵 GK-196
B面 ナイアガラ
14 1978年6月21日 A面 マンゴの木の下で 浜口庫之助 浜口茂外也
萩田光雄
GK-217
B面 淋しさに出逢うとき 萩田光雄
CBS・ソニー
15 1979年3月21日 A面 さよならの鐘[注釈 3] 中島みゆき 船山基紀 06SH-468
B面 朝焼け[注釈 4]
16 1979年10月21日 A面 ウィング[注釈 5] 伊達歩 都倉俊一 萩田光雄 06SH-661
B面 夜汽車に吹かれて
ポリドール・レコード
17 1981年10月 A面 誘惑されて 東海林良 小杉保夫 若草恵 7DX-1118
B面 カンサス・幻の街
18 1982年11月 A面 ふ・つ・う・の女 三浦徳子 若草恵 7DX-1198
B面 ミラボー橋で抱きしめて 嶺岸未来 速水清司 矢野立美
ビクター
19 1985年6月21日 A面 ZIGZAG仁義[注釈 6] 阿久悠 大野克夫 川村栄二 SV-9032
B面 憧れのろくでなし 川口真
20 1986年6月21日 A面 愛人マンボ ねじめ正一 服部克久 若草恵 SV-9139
B面 お天気マリさん 西脇睦宏
21 1987年1月21日 A面 流されて[注釈 7] 片桐和子 ボブ佐久間 小島良喜 SV-9211
B面 WED ボブ佐久間
Sony Records
22 1991年9月21日 01 DAY BY DAY
女・美しく生きて下さい
[注釈 8]
中村泰士 倉田信雄 SRDL-3369
02 DAY BY DAY
友情・美しく生きて下さい
徳間ジャパン
23 1995年8月25日 01 港のマリー 小西康陽 TKDJ-70713
02 むかし私が愛した女[注釈 9]
日本コロムビア
24 1998年4月21日 01 いいじゃないの幸せならば[注釈 10] 岩谷時子 いずみたく 小西康陽 CODA-1502
エイベックス
25 2007年5月16日 01 リンダリンダ[注釈 11] 甲本ヒロト GIBIER du MARI AVCD-31029
02 君へ-ONE NIGHT ONLY- MARI H.Krieger
ワーナーミュージック
26 2012年10月31日 01 ALLIANCE バスケス オータケハヤト オータケハヤト
斉藤ノブ
WPCL-11259
02 キャデラック 仲井戸麗市 重実徹
斉藤ノブ

アルバム[編集]

  • 絹の靴下〜マグネット・アルバム(1973年/94年CD再発) - キングレコード、KICS-8018
  • 夏木マリ・ビッグ・ヒットを歌う(1974年/96年CD再発) - キングレコード、KICS-8084
  • 夏木マリIV(1974年/96年CD再発) - キングレコード、KICS-8085
  • 悲しみ上手(1977年/2006年紙ジャケCD再発) - キングレコード/ヴィヴィドサウンド、VSCD-3474
  • Mirror Ball(1982年)
  • 憧れのろくでなし(1985年)※マリ名義 - ビクター、VDR-1062
  • 婦人倶楽部(1986年) - ビクター、VCH-10344
  • ベストヒッツ(1993年) - キングレコード、KICX-2140
  • 9月のマリー(1995年)
  • ゴリラ(1996年)
  • 印象派(1997年)
  • 13シャンソンズ(1998年)- 徳間ジャパン、TKCJ-71336
  • パロール(2002年) - レディメイド・インターナショナル、RMCA-1008
  • 夏木マリ全曲集(2003年) - キングレコード、KICX-2919
  • 戦争は終わった(2005年) - レディメイド・インターナショナル、RMCA-1015
  • 決定版 夏木マリ(2005年) - キングレコード、KICX-3351
  • THE HIT PARADE(2008年)- ポニーキャニオン、PCCA-2781
  • 夏木マリ 印象派コレクション(2013年)[90]
  • 朝はりんごを食べなさい(2016年) ※ ミニアルバム [91]

GIBIER du MARIE[編集]

2006年3月、ブルースバンド『GIBIER du MARIE』(ジビエ・ドゥ・マリー)のヴォーカルとしてavexよりデビュー。

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ
1974年 裸の青春 テレビ東京系テレビドラマ「高校教師」OPテーマ
1979年 ウィング TBS系テレビドラマ「Gメン'75」EDテーマ
1981年 誘惑されて-LIPS・SCANDAL- 味覚糖「ピアピア」CMソング
1982年 ふ・つ・う・の女
1987年 流されて ロック・ミュージカル「ウェッド」テーマソング
1998年 いいじゃないの幸せならば 映画「代官山物語」挿入歌

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 本人は女優でなく俳優という肩書きであるというこだわりがある[2]
  2. ^ Eにはアクセント付きが正式表記[56]
  3. ^ グラシェラ・スサーナの同名曲のカバー。
  4. ^ 中島みゆきの同名曲のカバー。
  5. ^ Gメン'75エンディングテーマ
    (第234話「女たちの拳銃泥棒」、第236話「国会議員宿舎の連続強盗事件」−第248話「警察の中に出た幽霊」)
  6. ^ マリ名義。
  7. ^ デュエット:桑名正博
  8. ^ デュエット:桃井かおり
  9. ^ ちわきまゆみの同名曲のカバー。
  10. ^ 佐良直美の同名曲のカバー。
  11. ^ THE BLUE HEARTSの同名曲のカバー。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 夏木マリ (2015年4月19日). 【ヒューマン】夏木マリ、歌でやりきりたい!!(2/4ページ). インタビュアー:古田貴士. SANSPO.COM.. https://www.sanspo.com/article/20150419-3XZFTFPKN5OJVPOSPTUA2QQF2Y/2/ 2015年8月14日閲覧。 
  2. ^ a b c 夏木マリ (2015年4月19日). 【ヒューマン】夏木マリ、歌でやりきりたい!!(4/4ページ). インタビュアー:古田貴士. SANSPO.COM.. https://www.sanspo.com/article/20150419-3XZFTFPKN5OJVPOSPTUA2QQF2Y/4/ 2015年8月14日閲覧。 
  3. ^ a b 夏木マリ”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2012年7月30日). 2022年7月10日閲覧。
  4. ^ 池袋(2020年10月12日)、夏木マリ オフィシャルブログ。
  5. ^ 週刊新潮』1982年8月12日号、新潮社、 46頁。
  6. ^ 1月4日〜1月8日の邦流は、夏木マリさん”. くにまるワイド ごぜんさま〜. 文化放送 (2010年1月3日). 2019年3月3日閲覧。
  7. ^ a b 夏木マリを巡って同級生が決闘?!彼女から告白して付き合ったという男子と再会”. テレ朝POST. テレビ朝日 (2018年2月20日). 2018年2月27日閲覧。
  8. ^ 「さいたま市立三橋中学校」に関連する情報”. 価格.com (2018年2月21日). 2022年7月10日閲覧。
  9. ^ a b c “夏木マリ、芸名の由来語る「最近まで好きになれなかった」 中学時代の肉食ぶりも…”. スポーツ報知. (2018年2月21日). https://hochi.news/articles/20180221-OHT1T50195.html?page=1 2022年5月8日閲覧。 
  10. ^ a b c 夏木マリ (2015年4月19日). 【ヒューマン】夏木マリ、歌でやりきりたい!!(3/4ページ). インタビュアー:古田貴士. SANSPO.COM.. https://www.sanspo.com/article/20150419-3XZFTFPKN5OJVPOSPTUA2QQF2Y/3/ 2015年8月14日閲覧。 
  11. ^ a b c 本吉英人 (2014年6月8日). “INTERVIEW『印象派 NEO vol.2−灰かぶりのシンデレラ−』6月12日開幕 夏木マリ&西島千博』”. TOKYO HEADLINE. 2014年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月20日閲覧。
  12. ^ a b Profile”. GIBIER du MARI Official Web Site. 2006年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月14日閲覧。
  13. ^ 夏木マリ (2009年2月26日). 『印象派』がまた進化した. (インタビュー). ELLE.. オリジナルの2010年6月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100604085924/http://www.elle.co.jp/culture/interview/neo09_0226 2017年9月11日閲覧。 
  14. ^ “夏木マリ「フランス婚という感じ」”. nikkansports.com. (2007年10月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20071019-271988.html 2019年3月3日閲覧。 
  15. ^ 夏木マリ (2009年3月20日). 対話の庭 第9回:夏木マリさん. インタビュアー:前田圭蔵. REALTOKYO.. http://www.realtokyo.co.jp/docs/ja/column/garden/bn/dialogue_009/ 2018年3月20日閲覧。 
  16. ^ a b 夏木マリが超個性派のクリエイター&ゲスト出演者と共につくる“印象派”とは”. SPICE. イープラス (2016年10月31日). 2018年3月21日閲覧。
  17. ^ 夏木マリ 音楽チャリティーイベント「One Of Love GIG」今年も開催”. Musicman-NET (2013年4月25日). 2014年3月18日閲覧。
  18. ^ a b 夏木マリ、44年のキャリアにして初の全国ライブハウスツアーがスタート「新人の気持ちで、本気で楽しむ」”. NEWS. Billboard JAPAN (2015年4月9日). 2022年1月13日閲覧。
  19. ^ “夏木マリ62歳ライブツアー開始「死ぬまで発展途上」”. nikkansports.com. (2015年4月9日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1458830.html 2022年1月13日閲覧。 
  20. ^ “夏木マリ、コーラスユニット結成!!華原朋美ら震災復興支援の同志で”. 中日スポーツ. (2016年3月14日). オリジナルの2016年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20160314041617/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2016031402000155.html 2016年4月30日閲覧。 
  21. ^ a b “夏木マリ 世界的レザーブランド「バリー」と“同期”コラボ”. デイリースポーツonline. (2018年4月6日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/04/06/0011137587.shtml 2018年4月10日閲覧。 
  22. ^ “夏木マリ、バリー銀座店でコラボ企画発表「本物の良さを若い人にも伝えたい」”. SANSPO.COM. (2018年4月6日). https://www.sanspo.com/article/20180406-ZDVNCLSHKVI6FLJJOQZPSCHFUM/ 2018年4月10日閲覧。 
  23. ^ “【俺の夜】ゆとり世代のキャバ嬢たちはどんなアフター求めている?”. zakzak. (2011年4月1日). オリジナルの2011年4月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110403235312/http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20110401/zsp1104011601004-n1.htm 2014年10月12日閲覧。 
  24. ^ “夏木マリ、夫の斉藤ノヴに絶大な信頼「彼は本当に優しい」”. SAMSPO.COM. (2015年4月19日). https://www.sanspo.com/article/20150419-JN64J54PMJPFDOPWD34RHCYQSE/ 2015年8月14日閲覧。 
  25. ^ 夏木マリ“つるとんたん”は「私の店じゃない」都市伝説を否定”. テレビドガッチ (2018年2月28日). 2018年3月21日閲覧。
  26. ^ “夏木マリ 東京生まれも夫婦そろって虎党「今年は藤浪の年に」”. デイリースポーツonline. (2018年2月25日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/25/0011016432.shtml 2018年2月27日閲覧。 
  27. ^ “夏木マリ、『H.I.S.』欧州親善大使就任「もっと旅をした方がいい」”. SANSPO.COM. (2016年11月1日). https://www.sanspo.com/article/20161101-64Z7UJAYFJONJEKAWNQAVEXDVY/ 2017年1月19日閲覧。 
  28. ^ 小松原美里・尊夫妻、団体戦の「SAYURI」は女優・夏木マリが日本語でナレーションスポーツ報知 2022年2月1日閲覧。
  29. ^ 小松原組 夏木マリ版「SAYURI」で5位 「国際大会で日本語のポエムが流れるのはたぶん初めて」スポーツニッポン 2022年2月7日閲覧。
  30. ^ “後半生演じた夏木マリ「今になって朝ドラのヒロインをやるとは」”. Sponichi Annex. (2012年2月28日). オリジナルの2015年7月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150725232101/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/28/kiji/K20120228002725210.html 2017年5月15日閲覧。 
  31. ^ 連続テレビ小説「おかえりモネ」 新たな出演者発表 《百音が登米で出会う人々》編”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年9月14日). 2020年9月14日閲覧。
  32. ^ “おかえりモネ:夏木マリが「カーネーション」以来10年ぶり朝ドラ 西島秀俊や坂口健太郎ら出演”. MANTANWEB (株式会社MANTAN). (2020年9月14日). https://mantan-web.jp/article/20200914dog00m200015000c.html 2020年9月14日閲覧。 
  33. ^ 夏木マリ&小池栄子が母娘役 ホーム・コメディー『花咲くあした』”. ORICON STYLE (2013年10月22日). 2014年3月18日閲覧。
  34. ^ 沢尻エリカに挑む“新悪女”たちに夏木マリ&木村佳乃&倉科カナら「ファーストクラス」”. cinemacafe.net (2014年9月3日). 2015年8月15日閲覧。
  35. ^ 夏木マリ、斎藤工&窪田正孝と2ショット 『火村英生』初回放送も高評価”. クランクイン!! (2016年1月18日). 2016年2月19日閲覧。
  36. ^ ストーリー”. 臨床犯罪学者 火村英生の推理 2019. 日本テレビ (2019年). 2019年10月30日閲覧。
  37. ^ 中谷美紀、恋愛市場から取り残されたヒロイン役にドキリ 「私も?」”. ORICON STYLE (2015年12月11日). 2015年12月14日閲覧。
  38. ^ 福士蒼汰主演『モンタージュ』唐沢寿明・西田敏行・遠藤憲一・香川照之ら出演”. マイナビニュース (2016年5月19日). 2016年5月19日閲覧。
  39. ^ TOKIO松岡昌宏、初メイド服で夏木マリと対峙「しっくりきてるかも」”. モデルプレス (2016年10月24日). 2016年10月26日閲覧。
  40. ^ 中村倫也が上田竜也のバディに! 大野いと、野波麻帆、田中哲司、夏木マリらが「新宿セブン」に出演決定”. インターネットTVガイド (2017年9月7日). 2017年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月11日閲覧。
  41. ^ “探偵物語:テレビドラマとして34年ぶりに映像化 斎藤工、二階堂ふみが主演”. MANTANWEB. (2018年2月23日). https://mantan-web.jp/article/20180222dog00m200045000c.html 2018年4月10日閲覧。 
  42. ^ おもな登場人物(キャスト)”. 不惑のスクラム. NHK. 2018年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月1日閲覧。
  43. ^ “有村架純『中学聖日記』追加キャスト発表 町田啓太がエリート婚約者、吉田羊が毒舌肉食女子”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2117201/full/ 2018年8月27日閲覧。 
  44. ^ “「わたし旦那をシェアしてた」に夏木マリ、平山浩行、赤楚衛二、黒木啓司ら”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年6月18日). https://natalie.mu/eiga/news/336005 2019年6月18日閲覧。 
  45. ^ 「お二人ともお美しい」土屋太鳳&夏木マリの微笑み2ショット画像に反響続々”. ABEMA TIMS. Abema TV (2019年11月27日). 2022年7月15日閲覧。
  46. ^ 風を見た少年 - メディア芸術データベース
  47. ^ WORKS”. ZERO PICTURES. 株式会社ゼロ・ピクチュアズ. 2022年3月15日閲覧。
  48. ^ 公式ホームページ”. 2022年3月15日閲覧。
  49. ^ 夏木マリ「生きる街」榊英雄監督の執念深き演出に「涙も枯れました」”. 映画.com (2018年2月1日). 2018年2月27日閲覧。
  50. ^ 夏木マリ (2018年). 夏木マリさんインタビュー(1)「映画『Vision』の撮影中、吉野の森で2週間おかゆだけで生活しました」. インタビュアー:多賀谷浩子. 毎日が発見ネット.. https://mainichigahakken.net/hobby/article/post-592.php 2018年6月23日閲覧。 
  51. ^ “夏木マリ、竹中直人、土屋アンナ、仙道敦子、木本武宏、『君は彼方』出演決定 ポスター&本予告も”. Real Sound (blueprint). (2020年10月12日). https://realsound.jp/movie/2020/10/post-634508.html 2022年8月6日閲覧。 
  52. ^ 『ハンブルボーイ』制作発表”. Theater Guide Online (2004年9月14日). 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月14日閲覧。
  53. ^ 「濃密に立ち込める官能のオーラ 近代能楽集「弱法師」」『Top Stage』第24巻2005年8月号、東京ニュース通信社、2005年、 71頁。
  54. ^ 彩の国ファミリーシアター音楽劇『ガラスの仮面』製作発表会”. シアターガイド (2008年7月29日). 2014年10月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月12日閲覧。
  55. ^ 舞台『ガラスの仮面〜二人のヘレン〜』公開舞台稽古【夏木マリ】”. 女性自身. 光文社 (2010年8月17日). 2015年4月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月12日閲覧。
  56. ^ a b 夏木マリ印象派NEO3年ぶり新作の振付に井手茂太や牧宗孝ら、パリ公演も”. ステージナタリー. ナターシャ (2016年12月14日). 2018年3月21日閲覧。
  57. ^ 夏木マリの印象派NEO、最新作「ピノキオの終わり」に土屋太鳳が出演”. ステージナタリー. ナターシャ (2019年7月22日). 2019年8月2日閲覧。
  58. ^ “夏木マリ「人生止まる思い」土屋太鳳出演舞台が延期”. 日刊スポーツ. (2020年4月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202004130000467.html 2022年5月8日閲覧。 
  59. ^ “夏木マリ、映画と同じく湯婆婆&銭婆演じる 「ありがたい。自分の財産」 舞台「千と千尋の神隠し」”. CHUNICHI Web. (2021年7月8日). https://www.chunichi.co.jp/article/286620 2021年7月26日閲覧。 
  60. ^ “芸術と文化の祭典「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2014」開催!” (プレスリリース), MNS TOKYO, (2014年10月29日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000011701.html 2022年1月13日閲覧。 
  61. ^ “夏木マリ、世界文化遺産「清水寺」にて文化奉納「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2015『PLAY × PRAY』第二夜」を開催!” (プレスリリース), MNS TOKYO, (2015年9月30日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000012632.html 2022年1月13日閲覧。 
  62. ^ “夏木マリ、芸術と文化の祭典 「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2016」 を開催” (プレスリリース), MNS TOKYO, (2016年8月16日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000012632.html 2022年1月13日閲覧。 
  63. ^ “夏木マリ、世界文化遺産「清水寺」にて文化奉納「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2017『PLAY × PRAY』 第四夜」を開催!” (プレスリリース), MNS TOKYO, (2017年7月19日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000012632.html 2022年1月13日閲覧。 
  64. ^ “夏木マリ、世界文化遺産「清水寺」にて5年目の文化奉納 「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2018『PLAY × PRAY』 第五夜」を開催!” (プレスリリース), MNS TOKYO, (2018年8月18日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000012632.html 2022年1月13日閲覧。 
  65. ^ “夏木マリ、世界文化遺産「清水寺」にて6年目の文化奉納「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2019『PLAY × PRAY』第六夜」を開催!” (プレスリリース), MNS TOKYO, (2019年8月23日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000012632.html 2022年1月13日閲覧。 
  66. ^ “夏木マリ演出・出演、世界文化遺産「清水寺」にて7年目の文化奉納 「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2020」 『PLAY × PRAY』 第七夜 を開催!” (プレスリリース), MNS TOKYO, (2020年11月18日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000012632.html 2022年1月13日閲覧。 
  67. ^ “「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2021」『PLAY × PRAY』 第八夜 をオンラインにて配信!” (プレスリリース), MNS TOKYO, (2021年11月24日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000012632.html 2022年1月13日閲覧。 
  68. ^ CAST”. SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語. 2017年7月11日閲覧。
  69. ^ 蜷川実花監督『Followers』夏木マリ、板谷由夏、コムアイら出演”. ORICON NEWS. オリコン (2019年4月11日). 2019年7月16日閲覧。
  70. ^ 三谷幸喜×香取慎吾『誰かが、見ている』キャスト総出演の特別映像 母親役で夏木マリ出演”. クランクイン!. ブロードメディア (2020年8月20日). 2021年7月26日閲覧。
  71. ^ プラダを着た悪魔”. 金曜ロードSHOW!. 日本テレビ. 2016年7月13日閲覧。
  72. ^ 尾上松也&夏木マリ、ディズニーアニメ新作「モアナ」吹き替え声優に!”. 映画.com (2017年1月12日). 2017年1月19日閲覧。
  73. ^ 土屋太鳳、アニメ映画「フェリシーと夢のトウシューズ」で洋画アフレコ初挑戦!”. 映画.com (2017年5月30日). 2017年8月6日閲覧。
  74. ^ 海外ドラマ『フュード/確執 ベティvsジョーン』 吹替キャスト決定!”. スター・チャンネル. 2017年8月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年8月14日閲覧。
  75. ^ 【第1回】2021年新番組スタート!”. Life Goes On 〜スワサントンBLUES〜. FMヨコハマ (2021年1月2日). 2021年7月26日閲覧。
  76. ^ 華原朋美カバー『見上げてごらん夜の星を』MVに夏木マリ、澤穂希、仲間由紀恵出演”. RBB TODAY (2014年10月9日). 2014年10月12日閲覧。
  77. ^ 夏木マリが迷惑インフルエンサーに怒る、RHYME SOの新曲MV公開”. BARKS (2021年7月7日). 2021年7月26日閲覧。
  78. ^ 紅白歌合戦に「おかえりモネ」キャスト集結、BUMP OF CHICKENは「なないろ」披露”. 映画ナタリー (2021年12月28日). 2021年12月28日閲覧。
  79. ^ 米倉涼子&夏木マリ、化粧品CMで“大人の美”競演”. eltha. oricon ME (2010年8月23日). 2017年5月15日閲覧。
  80. ^ 冨岡晶 (2013年11月1日). “高田純次&夏木マリも驚愕!イオン年末商戦は、10週連続で新定番〔フォトレポート〕”. RBB TODAY. 2014年3月18日閲覧。
  81. ^ 大野智、夏木マリと顔の距離4センチまで超接近 - 「アレグラ」新CM放送”. マイナビニュース (2016年2月17日). 2016年2月19日閲覧。
  82. ^ 堺雅人、杉咲花、成田凌らが夏木マリの指示でダンス、「クラフトボス」新CM”. CINRA.NET (2018年6月18日). 2018年6月23日閲覧。
  83. ^ 大内啓輔 (2019年3月5日). “夏木マリがDr.くれはを完全再現!「ONE PIECE」シリーズの新CM”. シネマトゥデイ. 2019年7月16日閲覧。
  84. ^ 妹の命を奪った水 (支援キャンペーン)”. ACジャパン (2019年). 2019年7月16日閲覧。
  85. ^ “コーセー 『INFINITY』 (インフィニティ)夏木マリさん、中村アンさんをブランドミューズに起用!” (プレスリリース), コーセー, (2019年8月22日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000048066.html 2019年10月30日閲覧。 
  86. ^ 「ごはんバーガー」に新商品 マクドナルド人気No.1のあの味がついに登場!!新ごはんダブチ好評販売中の「ごはんてりやき」「ごはんベーコンレタス」「ごはんチキンフィレオ」に加え10月28日(水)から新たな「夜マック」ラインアップで期間限定販売”. McDonald'sJapan (2020年10月22日). 2020年11月1日閲覧。
  87. ^ 夏木マリが「変わった母ちゃん」役に、ナイツ塙に“おふくろの味”を提供”. ORICONNEWS (2020年10月28日). 2020年11月1日閲覧。
  88. ^ 広瀬すず、初共演の夏木マリと息ぴったりの掛け合いを披露「目が合うとドキドキしました」”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA (2021年8月13日). 2022年1月13日閲覧。
  89. ^ “夏木マリ「初めて本と接するのは声から」、オーディオブックの朗読に胸躍らせる”. 映画ナタリー. (2016年7月25日). http://natalie.mu/eiga/news/195153 2016年7月25日閲覧。 
  90. ^ 夏木マリ、丸刈りに!デビュー40周年の衝撃ショット!”. シネマトゥデイ (2013年1月17日). 2014年3月18日閲覧。
  91. ^ 夏木マリ新作にゆず岩沢、フラカン鈴木、石野卓球、清志郎、斉藤和義”. 音楽ナタリー (2016年2月22日). 2016年2月23日閲覧。
  92. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞:結果発表”. ザテレビジョンweb. KADOKAWA (2012年5月2日). 2012年12月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年5月15日閲覧。
  93. ^ 脅威の60歳・夏木マリが美ボディキープ法を語る”. モデルプレス (2012年10月4日). 2016年10月27日閲覧。
  94. ^ 夏木マリ、仰天衣装にどよめき「レディー・ガガもビックリでしょ?」”. modelpress (2013年11月27日). 2014年3月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]