小芝風花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こしば ふうか
小芝 風花
本名 小芝 風花
生年月日 (1997-04-16) 1997年4月16日(20歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府堺市
身長 156 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台CM
活動期間 2011年 -
事務所 オスカープロモーション
公式サイト 小芝風花オフィシャルサイト
主な作品
映画
魔女の宅急便
天使のいる図書館
テレビドラマ
スケート靴の約束
あさが来た
マッサージ探偵ジョー
ふたりのキャンバス
舞台
夕陽伝

小芝 風花(こしば ふうか、1997年4月16日 - )は、日本女優大阪府堺市出身[1]オスカープロモーション所属。

略歴[編集]

2011年11月、『イオン×オスカープロモーション ガールズオーディション2011』でグランプリ受賞[2]

2012年7月、ドラマ『息もできない夏』で事務所の先輩・武井咲の妹役・木村佳乃の娘役で女優デビュー[3]

2013年12月、フィギュアスケートに取り組む家族を描いたドラマ『スケート靴の約束』にて、5年間取り組んできたフィギュアの実力を披露する機会に恵まれる[4]

2014年3月、映画『魔女の宅急便』でスクリーンデビュー、映画初主演[5]

2014年3月6日、東京・渋谷消防署一日消防署長に就任し、恵比寿ガーデンプレイスで行われた『えびすしょうぼうフェスタ』の消防演習を指揮[6]

2014年10月、文化放送にて冠番組『小芝風花のcolorful morning!』の放送が始まる。

2015年2月、映画『魔女の宅急便』で、第57回ブルーリボン賞・新人賞を受賞[7]

2015年4月、映画『魔女の宅急便』で、第24回日本映画批評家大賞・新人女優賞(小森和子賞)を受賞[8]

2015年10月、初舞台の『Dステ 17th「夕陽伝」』にてヒロインの陽向役を務める[9]

2015年12月1日、地元、西堺警察署一日警察署長に就任し、歳末警戒部隊発足式に参加。

2016年1月、波瑠が主演した連続テレビ小説あさが来た』で、ヒロインの娘・千代を演じる[10]

2016年3月、日出高等学校を卒業[11]

2017年8月、NHK広島放送局制作のヒロシマ8.6ドラマふたりのキャンバス』にてテレビドラマ初主演を務める[12]

2017年9月、ヴァージニア・ウルフの代表作をサラ・ルールが舞台化し、白井晃の演出で日本初演となる舞台『オーランドー』に出演[13][14]

人物[編集]

本名同じ。名前の由来については、松山千春の「大空と大地の中で」を聞いた母親が、「世間の冷たい風に吹かれても、小さくていいからしっかりと根を張って生きて欲しい」と思いを込めて命名したという[15]

フィギュアスケートには小学3年生から中学2年までの間、母親の全面的な支援のもと二人三脚で打ち込んでいた[16]。 臨海フィギュアSCに所属し中学1年の2月には7級を取得、フィギュアスケートの有望新人を発掘する野辺山合宿には3回参加した経験がある[17]

最初は器械体操を習っていたが、当時トリノオリンピックに出場した荒川静香が金メダルを獲得したことが話題となり、周りの友達の母親に「風花ちゃんはスケートに向いてそうじゃない?」と勧められ「じゃあやってみよう!」と遊びに行き、とても楽しかったことから強く興味を抱き「体操よりもスケートを習いたい」と母に頼み込んだ。成功した時の喜びが大きくやった分だけついてくるフィギュアスケートにのめり込み、星がまだ出ている時間に家を出て、大阪府立臨海スポーツセンターでフィギュアスケートの練習をしてそのまま学校に行って、という日々を5年間ずっとしていて、当時は友達とも全く遊んでいなかったという[18][19]。 そして、大学まで現役の選手として頑張り、その後アイスショーで仕事をし、最終的には子供達にスケートを教えるインストラクターとして働くという人生設計を描いていた[20][21]

この頃、母親が練習の送り迎えの車内でかけていた影響で、長渕剛甲斐バンドなどの音楽を好んでよく聞いた。 また、スケートがうまくいかずにへこんだ時は「大空と大地の中で」を聞いて、「こんなにすごい曲の名前なんだから、こんなことでへこたれてたらアカン」っと思って、頑張る勇気をもらっていたという。 跳躍の影響により両足にオスグッド・シュラッター症候群を発症したが、2度の手術もその頑張りで乗り越えて[22][23]トリプルトウループダブルアクセルなどもマスターし、2010年8月の第37回西日本中小学生フィギュアスケート競技会6級ジュニア選手権女子では8位に入賞した経験もある[24]。 またアイスダンスでは、2011年10月の第15回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会で、この年から設けられたノービスダンスに渡邊純也とペアを組んで出場し優勝している。

芸能界入りのきっかけは、スケート姿の浅田真央が出演するCMを見て「私もこんなCMに出たい」と口にしたのを聞いた姉が、オーディション雑誌を買ってきて『イオン×オスカープロモーション ガールズオーディション2011』に応募したことから[25][26]。 まさか受かることはないだろうと応募書類に規定に合わない競技会用の小さな証明写真を貼り付けて軽い気持ちで応募したのだが、2011年11月の全国大会でグランプリに選ばれ早速イオンのCMへの出演を果たす事となる。 このような思わぬ芸能界入りから、初めは「スケートしながら出来るかな?」と両立の可能性も考えたが、フィギュアは週6回の練習が欠かせないものであり、オーディションも全国約3万5000人の中から選んでもらったものでもあり、どちらも甘いものではないので悩んだ末にスケートを辞める事にしたという。

吹き替え全く無しの華麗なスケーティングで本田望結とともに自身のフィギュアの実力を披露したドラマ『スケート靴の約束』では、競技生活を離れて「2年間のブランクがあり不安もあったが、スケート経験を生かせるお仕事はうれしかった」といい[27][28]、撮影までわずか2週間しかないにも関わらず、猛練習で短期間に勘を取り戻すこともできたとのこと[29]。 指導にあたった西田美和は「短期間にトリプルトゥも跳べそうなところまで戻し」、新横浜プリンスの男子達は「風花ちゃんに見とれて練習にならなかった事もしばしば」などと述べている[30]。 そのフィギュアで磨いた身体能力や度胸によって、テストで10mの高さに吊るされても屈託なく無邪気な会話ができたということから、500人を超えるオーディションの中から大抜擢されて、フィギュア時代から大切にしていた長い髪も切り挑んだのが映画『魔女の宅急便』である[31]

自身の映画初出演が初主演となった『魔女の宅急便』では、国民的な作品への抜擢に周囲の声が気になり不安とプレシャーを感じたが[32]清水崇監督の「俺が小芝を選んだんだから気にせず思い切りやれ」という言葉に吹っ切れたという。 そして、箒が自由に扱えるように役作りで毎日木刀を200回振って鍛えた為「おかげで箒をまたいで地面に平行にしていても腕は全然疲れませんでした。本当に空を飛べる気がしました。」などと述べている[33]。 また、最高20mもの高さで行われる特撮・ワイヤーアクションでは体の重心が真ん中にないと、軸がズレて回転してしまい筋肉痛にもなったというが「小さい頃からフィギュアスケートをやっていた経験が活かされました。高い所も怖くありません」と持ち前のバランス感覚をいかんなく発揮したとのこと[34]

魔女の宅急便』初日舞台挨拶では、会場からの反響に大きな笑顔を見せたあと涙ぐみ、共演の尾野真千子から「本当にキラキラしていましたよ」とその透明感を絶賛され、「映画を見て、笑い顔になれましたか?」と語りかけるなど、終始、女優として歩き出した小芝の喜びと輝きが感じられる舞台挨拶だったという[35]。 世界7カ国・地域での公開が決まり、その皮切りとなる香港を訪れた際は「やっぱり語学は大事ですね」と地元メディアとのやりとりには心残りもあったという。 しかし地元紙は「ほうきを持って香港に襲来。フラッシュの雨にもたじろがず」「初主演ながら堂々としたもの」などとむしろ強心臓、大物ぶりを報じるなど反響は大きく、最後は「香港で考え方が変わりました。外国の作品出演も目指したいし、キャンペーンでもコミュニケーションを大事にしたいです」との思いを述べたとのこと[36]。 BD&DVDリリース記念イベントでは、女優としての抱負をという記者の質問に対し「共演した人のいいところをいっぱい盗んで、私が大好きな人の大好きなところをもらった人になりたい」と語り、共演したい俳優は綾瀬はるか井上真央と答えている[37][38][39]

初舞台で紅一点、初めてのキスシーンも体当たりで演じ[40][41]、共演者や演出の岡村俊一、そして観客の反応を生で感じたことにも大きな影響を受けたという舞台『夕陽伝』では[42][43]Dステシリーズ最大という見どころの殺陣シーンでの殺陣・アクションだけでなく、死後の陽向の鬼気迫る狂気の演技でも評価を得た[44]。 小芝の起用理由について、総合プロデューサーの渡辺ミキは、女性としての強さと純真な少女らしさを合わせ持つ魅力的な陽向という役に相応しい「日本女性の美点を持ち合わせている」などとコメントしている[45]。 また、共演の瀬戸康史は小芝の印象を「目の輝きやパワーがすごい」「芯のある“男らしい”役者」と評している[46][47]

ヒロインとぶつかり合う娘をリアルに演じて評価を得た連続テレビ小説あさが来た』では[48]、ヒロインオーディションの最終選考にも残っていた[49][50][51][52]。 選考にあたった脚本家の大森美香によると、「本当に大阪の豪商の生まれじゃないかと思える」ぐらいに抜群に良かったが、残念ながら年齢が足りず、その代わり難役となるヒロインの娘役にぜひにと推したのだが、「撮影現場でも小芝さんのシーンには演出陣も気合が入っている」と感じたという[53]。 自身もまた、千代という1人の女性の14歳の娘時代から34歳の母親役までの20年間の変化を演じるにあたって、子を産み母となった貫禄を少しでも出そうと役作りのために体重を増やしていたという[54]。 そんな小芝を共演の友近は「今結構な大女優さんの30年前の若い頃の顔のよう」「演技派です」などと語っている[55]。 後にプロデューサーの熊野律時が「もう一回、一緒にやりたい」とドラマ『ふたりのキャンバス』への出演をオファーし、これが自身のテレビドラマ初の主演作となる[56][57]

GTO』で共演した松岡茉優が「ドラクエの聖なる泉だ」と形容したり[58]、しばしば朝ドラヒロインのイメージにぴったりな“超・清純派”と評されることもあるが[59]、理想の女優像として、満島ひかり安藤サクラをあげ、嫌な役ならとことん嫌われ、いい役はとことん好きになってもらえる「見ている人に感情移入してもらえる演技ができる女優になりたい」という[60]。 またドラマ『ふたりのキャンバス』出演の際に方言の扱いについては、「方言が結構好き」で自身の経験上「地元の方はちょっとしたニュアンスが違うだけで、そっちが気になってストーリーどころじゃなくなる」から、「方言は絶対しっかりやろうと決めて」いるとのこと[61]。 同ドラマを演出した熊野律時は、「クランクインする前から確信があった」が、「こちらの大事にしたいこともすごく理解してくれて、それを感じながら撮れた」といい、自身も「期待以上のものをちゃんとお返ししなきゃ」と気合が入っていたという[62]

コメディ初挑戦となったドラマ『マッサージ探偵ジョー』では、ツインテールでグイグイ前に出る役どころでコメディエンヌぶりを発揮し、その天真爛漫な演技がドラマの幅を広げしっかり存在感を残している[63]。 レギュラーキャストの中では最年少な上、自身は中丸、小澤、和田たちが次々に繰り出すアドリブに、ただ表情豊かに大きなリアクションで応えることに徹したというが、共演の小澤征悦は「全ては小芝さんがコントロールしていた」「総監督みたいなもの」などと評している[64]

2度目の舞台は20歳にして白井晃の演出で日本初演となる『オーランドー』に抜擢される[65]。 この舞台では、小日向文世戸次重幸池田鉄洋野間口徹らと、主演の多部未華子を除く5人がコーラス(コロス)として年代や性別の異なる複数の人物をそれぞれ5役ほどこなしながら、さらに舞台上の装置を移動するなどの裏方的な働きもするのだが[66][67]、演出の白井晃は、最小限の人数だからこその自由さ、面白さを出したいと思っていて、「これぐらい力のある方たちでないと難しい戯曲で、本当に面白い俳優さんが揃いました。」などと述べている[68]。 およそ1ヶ月半に渡る舞台の稽古を前にして小芝は、「セリフを喋るのがお芝居じゃない、セリフを聞くのがお芝居だから」と心掛け、そういうキャッチボールがちゃんとできるようにと台本は全部覚えたといい、「とにかく今、スポンジになりたくて。スポンジってものすごく水を吸い込むじゃないですか? なので今のうちに絞れるだけ絞って、何でも吸収してやる!って気持ちで現場にのぞみたいです。」などと述べている[69][70]。 主人公のオーランドーを誘惑し振り回すロシアの姫・サーシャ役としてフィギュアスケートを披露するシーンもあるのだが[71][72][73]、稽古場における小芝は、共演の戸次重幸が「彼女がいると良い風が吹く」と言うと、他の役者もみんな頷くように、一生懸命で明るいムードメーカーだとのこと[74]

フィギュア時代からの母親との親密な関係からか、読書傾向については反対に主人公の母親に問題があって影があったり闇があったり恐怖があったりするミステリー物に惹かれ、小説に登場するような「すごく怖くて二面性のある」猟奇的な役をやりたいという。 またファンタジー系も好きで「人生で印象に残った一冊」として、ガブリエル・ゼヴィン『天国からはじまる物語』を挙げている[75][76]

インドア派であり、「ほとんど家から出ないです。趣味の編み物や刺繍をやったり、愛犬と遊んだり、映画のDVDを観て勉強したりしています」とのこと[77]。 愛犬の名は小太郎[78]キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのオスである[79]

主な交友関係は、学生時代のクラスメイトだった森高愛など。 また『あさが来た』の共演がきっかけで、お互いに関西出身の柳生みゆ吉岡里帆など少し年上の女優からも可愛がられている。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ラジオドラマ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • にっぽん紀行 「春 橋が架かる島で〜愛媛 九島〜」(2016年4月23日、NHK) - 案内人
  • ザ・プレミアム 「世界プリンセス物語〜愛される理由とは?〜」(2016年9月17日、NHK BSプレミアム) - ゲスト
  • フィギュアスケート本田4兄妹「わたしたちのレベル4」~シーズンIII~(2017年3月18日、フジテレビ) - ナレーター[104]
  • 世界で働くお父さん12(2017年5月7日、テレビ東京) - MC
  • ETV特集 「キミのこと聞かせてよ〜木原雅子さんの出張授業〜」(2017年7月8日、NHK Eテレ) - 語り
  • 和び旅 #19 ~ #21(2017年8月5日 - 19日、日本テレビ)- 旅人
  • 2017夏 東北再発見!生まれ変わる アートの旅(2017年8月7日 - 8日、NHK) - 旅人

トーク・情報番組[編集]

バラエティ[編集]

ラジオパーソナリティ[編集]

CM[編集]

PV[編集]

広告[編集]

書籍[編集]

フォトブック[編集]

カバーモデル[編集]

写真集[編集]

オーディオブック[編集]

受賞歴[編集]

2011年度
  • イオン×オスカープロモーション ガールズオーディション2011・グランプリ受賞[122]
2014年度
2016年度

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『あさ』最終選考残った小芝風花 「なるべき人があさに…」”. NEWSポストセブン (2016年2月21日). 2017年2月17日閲覧。
  2. ^ 武井咲の“姉妹”が決定 グランプリは大阪府出身の小芝風花さん”. eltha. オリコン (2011年11月13日). 2016年10月19日閲覧。
  3. ^ 武井咲の妹”小芝風花が女優デビュー 劇中でも武井の妹に!”. オリコンキャリア. オリコン (2012年6月19日). 2017年6月30日閲覧。
  4. ^ 本田望結&小芝風花“氷上”共演! ドラマでフィギュアの実力披露”. 映画.com (2013年11月12日). 2013年1月3日閲覧。
  5. ^ “小芝風花 主演映画「魔女の宅急便」が初日を迎え感激の涙!”. GirlsNews. (2014年3月1日). オリジナル2014年3月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140305020351/http://www.girlsnews.tv/actress/138531 2014年3月6日閲覧。 
  6. ^ 小芝風花 制服姿に身を包み一日消防署長として消防隊を指揮!”. GirlsNews (2014年3月7日). 2017年9月10日閲覧。
  7. ^ 第57回ブルーリボン賞が決定!佐々木蔵之介『超高速!参勤交代』が作品賞!”. シネマトゥデイ (2015年1月23日). 2015年1月23日閲覧。
  8. ^ 小芝風花、ミニワンピで美脚を披露 新たな野望を語る”. モデルプレス (2015年5月28日). 2017年9月5日閲覧。
  9. ^ 小芝風花「とても緊張」初舞台で瀬戸康史のヒロインに抜擢”. モデルプレス (2015年4月16日). 2017年9月5日閲覧。
  10. ^ FRESH ACTRESS 小芝風花”. HUSTLE PRESS OFFICIAL WEB SITE (2015年12月29日). 2017年6月29日閲覧。
  11. ^ “小芝風花が訴え「千代ちゃんと呼んで」”. デイリースポーツ online (神戸新聞社). (2016年3月12日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/12/0008885385.shtml 2016年3月12日閲覧。 
  12. ^ 小芝風花、ドラマ初主演! 「原爆の絵」の取り組みを題材に”. CinemaCafe.net (2017年4月19日). 2017年6月29日閲覧。
  13. ^ オーランドー”. PARCO STAGE. 2017年9月14日閲覧。
  14. ^ 小芝風花、舞台「オーランドー」で男性役も! 「イケメンに生まれ変わりたい(笑)」”. otoCoto (2017年9月20日). 2017年9月20日閲覧。
  15. ^ 若手女優・小芝風花、名前に込められた思い”. J-WAVE (2017年1月23日). 2017年2月20日閲覧。
  16. ^ 小芝風花『下剋上受験』でマジメすぎる熱血教師役「クスッと笑って」”. テレビドガッチ (2015年1月13日). 2017年8月1日閲覧。
  17. ^ 『*CMスタート*』小芝風花 公式ブログ”. オスカープロモーション be amie (2013年2月4日). 2017年8月22日閲覧。
  18. ^ 小芝風花のGIRLS LOCKS! フィギュアスケート”. SCHOOL OF LOCK! (2015年6月3日). 2017年2月15日閲覧。
  19. ^ 【連載「ポッター平井の激推しアイドル!」第55回】 ネクストブレイクが期待される大注目女優は大阪出身の16歳!「小芝風花」”. NewsWalker (2014年3月10日). 2017年9月9日閲覧。
  20. ^ 大島麻衣ハイブリッド・トーク #92 07/08オンエア”. 文化放送 (2015年7月10日). 2017年8月1日閲覧。
  21. ^ 小芝風花:羽生選手の金に大興奮「すっごい感動」”. MANTANWEB (2014年2月15日). 2017年9月15日閲覧。
  22. ^ 小芝風花 センバツ高校野球を全力応援!制服姿で「エヘヘ」とスマイル”. News Lounge (2014年2月24日). 2017年9月9日閲覧。
  23. ^ 小芝風花がセンバツ応援キャラクター”. nikkansports.com (2014年2月24日). 2017年9月9日閲覧。
  24. ^ 武井咲の"妹"は14歳のフィギュアスケーター小芝風花さん”. マイナビ (2011年11月14日). 2013年1月3日閲覧。
  25. ^ 【注目の新人】小芝風花インタビュー”. Audition & Debut (2013年12月9日). 2017年2月21日閲覧。
  26. ^ 『月刊De☆View』5月号、オリコン・エンタテインメント、 30頁。[要文献特定詳細情報]
  27. ^ 本田望結ちゃん&小芝風花「もっと演技見たい」浅田真央選手の現役続行に期待”. 映画.com (2014年4月13日). 2017年9月9日閲覧。
  28. ^ 本田望結&小芝風花のスケートは必見!ドラマ『スケート靴の約束』DVD発売&イベント決定”. アメーバニュース (2014年2月28日). 2017年9月9日閲覧。
  29. ^ 本田望結&小芝風花が姉妹役で共演! フィギュアスケートの天使がクリスマスに舞う!”. アメーバニュース (2013年11月12日). 2017年6月30日閲覧。
  30. ^ 小芝風花ちゃん!|西田美和 Official Blog” (2013年10月6日). 2017年8月22日閲覧。
  31. ^ 清水崇監督、無謀と承知で『魔女の宅急便』にトライ!「なぜ、監督が俺?」”. ニュースウォーカー (2014年2月28日). 2017年6月30日閲覧。
  32. ^ 実写映画『魔女の宅急便』キキ役の小芝風花、清水崇監督と共有したプレッシャーと賛否の声「本当に私でよかったのかなと、すごく悩んだ」”. マイナビニュース (2014年2月28日). 2017年9月9日閲覧。
  33. ^ “『魔女の宅急便』キキ役でブレイクした小芝風花の初水着ショットが可憐にそそる!「人前に着て出る日がくるなんて…」”. 週プレNEWS. (2015年10月22日). http://wpb.shueisha.co.jp/2015/10/22/55398/ 2017年9月8日閲覧。 
  34. ^ 『魔女の宅急便』小芝風花、フィギュア経験が活きた”. チケットぴあ (2014年3月12日). 2017年9月9日閲覧。
  35. ^ 小芝風花、ジジ役の寿美菜子の声を聞いた時に「ズキュンと来た!」”. NewsWalker (2014年3月1日). 2017年9月9日閲覧。
  36. ^ 「魔女」小芝キキ香港上陸に地元は大騒ぎ”. nikkansports.com (2014年3月14日). 2017年9月9日閲覧。
  37. ^ 【動画】小芝風花「懐かしい!」“魔女宅”ルームに感激 実写映画「魔女の宅急便」BD&DVDリリース記念イベント(1)”. MANTANWEB (2014年9月18日). 2017年9月11日閲覧。
  38. ^ 宮沢りえが空を飛ぶ?小芝風花が明かす… 実写映画「魔女の宅急便」BD&DVDリリース記念イベント(2)”. MANTANWEB (2014年9月18日). 2017年9月11日閲覧。
  39. ^ 小芝風花、知名度向上で女子力アップ? 実写映画「魔女の宅急便」BD&DVDリリース記念イベント(3)”. MANTANWEB (2014年9月18日). 2017年9月11日閲覧。
  40. ^ “瀬戸康史主演! Dステの第17弾『夕陽伝』 公開舞台稽古・囲み取材 200手の殺陣とDステ初の本格恋愛ストーリー”. Astage-アステージ. (2015年10月15日). http://www.astage-ent.com/stage-musical/yuhiden.html 2017年9月8日閲覧。 
  41. ^ “瀬戸康史 五郎丸を見習い座長公演覚悟”. デイリースポーツ online. (2015年10月14日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/10/14/0008482411.shtml 2017年9月8日閲覧。 
  42. ^ 小芝風花、初舞台『夕陽伝』で「自分の中でたくさん変われた」!「役の脳に切り替える」ことを教わった”. News Lounge (2016年1月5日). 2017年9月10日閲覧。
  43. ^ 【フレッシュフェイス3】小芝風花 前編”. ザテレビジョン (2015年12月25日). 2017年9月10日閲覧。
  44. ^ “小芝風花の“ギャップ”はどこから…”. デイリースポーツ online. (2015年10月16日). https://www.daily.co.jp/opinion-d/camera/2015/10/16/0008486196.shtml 2017年9月8日閲覧。 
  45. ^ “小芝風花、Dステ「夕陽伝」で初舞台!「必死でしがみ付いて頑張りたい」”. 芸能ニュースラウンジ. (2015年4月27日). http://newslounge.net/archives/168453 2017年6月29日閲覧。 
  46. ^ 小芝風花「テンションが上がりました」初挑戦に興奮”. モデルプレス (2015年5月6日). 2017年9月5日閲覧。
  47. ^ “D-BOYS・瀬戸康史がプライベートな恋に意欲見せる「いろんな経験をしたい」”. Entame Plex. (2015年5月6日). http://www.entameplex.com/archives/20450 2017年9月5日閲覧。 
  48. ^ 近年の好調・朝ドラを支える個性的な脇役キャラクターたち”. ORICON NEWS (2016年3月12日). 2017年9月16日閲覧。
  49. ^ “『あさが来た』長女役・小芝風花、ヒロイン落選からの復活起用「一瞬、理解ができませんでした」”. マイナビニュース. (2016年1月1日). http://news.mynavi.jp/articles/2016/01/01/koshiba-fuka/ 2017年9月10日閲覧。 
  50. ^ ““波瑠の娘役”小芝風花、朝ドラデビューで芽生えた決意 ヒロインオーディションでは「最終で落ちてしまって…」 モデルプレスインタビュー”. モデルプレス. (2016年2月1日). https://mdpr.jp/interview/detail/1560282 2017年9月10日閲覧。 
  51. ^ “【ブレーク間近 注目娘】小芝風花 『あさが来た』に新しい風お届け 透明感バツグン”. ZAKZAK. (2016年2月2日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160202/enn1602021140004-n1.htm 2017年9月10日閲覧。 
  52. ^ “小芝風花「びっくりぽん」の「あさが来た」 主役落選も…娘役射止めた”. Sponichi Annex. (2016年2月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/16/kiji/K20160216012050770.html 2017年9月10日閲覧。 
  53. ^ 『あさが来た』の脚本家・大森美香が舞台裏をすべて明かす! ~残り1週だから、話せることがある”. 現代ビジネス (2016年3月27日). 2017年6月30日閲覧。
  54. ^ 小芝風花、『あさが来た』終了でダイエット宣言! “母親役”のため増量していた”. クランクイン! (2016年4月1日). 2017年7月28日閲覧。
  55. ^ 2016年2月13日放送のラジオ番組『友近のサタデーミュージックボックス』
  56. ^ 小芝風花「感じた事をそのまま役に…」ドラマ初主演『ふたりのキャンバス』”. テレビドガッチ (2017年7月31日). 2017年7月31日閲覧。
  57. ^ 小芝風花:ドラマ初主演「期待以上のものを」 10年後は「色気ある女性に」”. 毎日新聞 (2017年7月31日). 2017年7月31日閲覧。
  58. ^ 2014年9月18日放送のテレビ番組『WADAIの王国
  59. ^ 次世代 朝ドラヒロイン“本命”女優を探る ポイントは清楚さと演技力とNHK経験!?”. T-SITE (2017年6月27日). 2017年7月11日閲覧。
  60. ^ 【小芝風花】とことん嫌われ愛されたい 「見ている人に感情移入してもらえる女優になりたい」”. ZAKZAK (2017年2月10日). 2017年7月29日閲覧。
  61. ^ 【PICK UP ACTRESS 小芝風花”. HUSTLE PRESS OFFICIAL WEB SITE (2017年7月29日). 2017年8月1日閲覧。
  62. ^ 小芝風花、母の教えで培った対話力 - 被爆者の記憶「原爆の絵」を一人でも多くの人へ (1) 「あの日聞いた話をすると泣いてしまう」”. マイナビニュース (2017年8月4日). 2017年8月4日閲覧。
  63. ^ 小芝風花、ドラマ「マッサージ探偵ジョー」で開花した新境地。これから目指す熱い芝居とは。”. エンタメステーション (2017年4月30日). 2017年7月7日閲覧。
  64. ^ 中丸雄一も「朝から晩まで1日中女性の体を触っていました」と困惑!? マッサージで謎を解く「マッサージ探偵ジョー」”. エンタメステーション (2017年4月5日). 2017年7月7日閲覧。
  65. ^ “多部未華子が美貌の青年貴族に!戸次重幸、小芝風花ら共演「オーランドー」今秋上演決定”. TVLIFE web. (2017年5月1日). http://www.tvlife.jp/entame/117030 2017年8月24日閲覧。 
  66. ^ “ポップ&摩訶不思議な「オーランドー」の多部未華子は性別も時代も軽々と超える! : 若林ゆり 舞台.com”. 映画.com. (2017年9月8日). http://eiga.com/extra/butai/60/ 2017年9月11日閲覧。 
  67. ^ 6人で全20役、かつスタッフの役割も。白井晃版「オーランドー」のキャストは大忙し!”. チケットぴあ (2017年9月19日). 2017年9月20日閲覧。
  68. ^ 白井晃インタビュー 性の変換を逆手にとって魂の普遍性を表現するヴァージニア・ウルフの『オーランドー』間もなく開幕!”. SPICE (2017年9月17日). 2017年9月18日閲覧。
  69. ^ 小芝風花が全力で臨んだドラマ『ふたりのキャンバス』。ドラマがもたらす“次世代へつないでいくこと”の大切さを語る。”. エンタメステーション (2017年7月31日). 2017年9月12日閲覧。
  70. ^ PARCO Hot Seminar議事録ブログ 女優・小芝風花”. TOKYO FM (2017年7月28日). 2017年9月12日閲覧。
  71. ^ 多部未華子、小芝風花との濃厚キスシーン披露<オーランド>”. モデルプレス (2017年9月21日). 2017年9月21日閲覧。
  72. ^ 小日向文世、多部未華子と“35歳差”キスシーン「ファンに殺されるんじゃ…」”. ORICON NEWS (2017年9月21日). 2017年9月21日閲覧。
  73. ^ 多部未華子、舞台『オーランドー』で小日向文世とのキスにも「もう慣れました」”. クランクイン! (2017年9月21日). 2017年9月21日閲覧。
  74. ^ 白井晃演出×多部未華子主演舞台『オーランドー』稽古場レポート 時空も性別も越える不思議な物語”. SPICE (2017年9月13日). 2017年9月14日閲覧。
  75. ^ “小芝風花「このセリフ絶対に言いたいとか、そういうのを探すのも好きですね」”. 【本讀乙女】 (otoCoto). (2017年8月3日). https://otocoto.jp/special/honyomi-otome031/ 2017年8月3日閲覧。 
  76. ^ “小芝風花、人生で印象に残った本をド忘れ 「覚えるのも早いが忘れるのも…」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2017年1月16日). http://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/16/0009834384.shtml 2017年1月16日閲覧。 
  77. ^ “小芝風花、初写真集発売に「びっくりぽん!」ビキニ姿初披露も「恥ずかしい」”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年3月20日). http://eiga.com/news/20160320/9/ 2017年1月16日閲覧。 
  78. ^ “小芝風花「今は小太郎くんを愛してやまないです!」”. ザテレビジョン. (2016年3月20日). https://thetv.jp/news/detail/74645/ 2017年6月29日閲覧。 
  79. ^ 週刊現代講談社)2017年5月20日号 192ページ「人生の相棒」
  80. ^ 本田望結と小芝風花が「スケート靴の約束 名古屋女子フィギュア物語」で華麗なスケーティングを披露!”. ニュースウォーカー. KADOKAWA (2013年11月12日). 2016年6月1日閲覧。
  81. ^ 第2話|木曜ドラマ『緊急取調室』”. テレビ朝日. 2017年5月6日閲覧。
  82. ^ ドラマ『GTO』、新ヒロインに比嘉愛未 役作りで16年ぶりショートヘア”. オリコン (2014年5月20日). 2014年5月20日閲覧。
  83. ^ 『今夜6時より一挙5時間放送!新春ワイド時代劇「大江戸捜査網2015~隠密同心、悪を斬る!」』be amie事務局 公式ブログ”. オスカープロモーション (2015年1月2日). 2017年5月6日閲覧。
  84. ^ “小芝風花インタビュー『新たな刺激を受けたい17歳』”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年2月26日). http://www.oricon.co.jp/special/47704/ 2017年2月5日閲覧。 
  85. ^ “AKIRA主演ドラマに新世代の“連ドラ常連組”集結”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年6月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2053635/full/ 2017年2月5日閲覧。 
  86. ^ 登場人物紹介|昔話法廷”. NHK for School. NHK. 2017年2月5日閲覧。
  87. ^ “『あさが来た』娘役の小芝風花とは? "びっくりぽん"なハプニングにも堂々”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年12月11日). http://news.mynavi.jp/news/2015/12/11/149/ 2017年2月5日閲覧。 
  88. ^ “小芝風花、高校卒業したばかりで教師役に初挑戦”. ORICON STYLE. (2016年3月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2068553/full/ 2016年3月16日閲覧。 
  89. ^ “父娘の感動の実話「下剋上受験」がドラマ化!阿部サダヲ&深田恭子が夫婦に”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年11月23日). http://eiga.com/news/20161123/3/ 2017年2月5日閲覧。 
  90. ^ “小芝風花、コテコテ関西弁の会話劇に「夢が実現しました!」本読みから興奮”. マイナビニュース. (2017年1月28日). http://news.mynavi.jp/news/2017/01/28/168/ 2017年2月1日閲覧。 
  91. ^ “KAT-TUN中丸雄一、マッサージ師役で連ドラ主演!笑えるテレ東サスペンスでバッチリ充電?”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年2月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0089413 2017年2月5日閲覧。 
  92. ^ 中村梅雀さん主演「伝七捕物帳2」制作開始!”. NHK (2017年3月8日). 2017年3月8日閲覧。
  93. ^ “サプライズで20歳のお祝いも!小芝風花「気持ちや思いを慎重に演じたい」初主演ドラマ「ふたりのキャンバス」”. TVLIFE web (学研プラス). (2017年4月20日). http://www.tvlife.jp/entame/114973 2017年4月21日閲覧。 
  94. ^ 小芝風花で新しい「魔女の宅急便」ロケ地・小豆島で脱アニメ誓った”. 報知新聞 (2013年6月10日). 2013年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月10日閲覧。
  95. ^ 実写版「魔女の宅急便」小芝風花演じるキキ、初お披露目!”. 映画.com (2013年5月31日). 2013年6月10日閲覧。
  96. ^ 小芝風花、E-girls石井杏奈主演作でダンス挑戦!1日4時間レッスンで絆深まる”. 映画.com (2015年2月2日). 2015年2月4日閲覧。
  97. ^ Tokyo Cinema Ensemble”. 東京都×SHORTSHORTSプロジェクト (2016年5月24日). 2017年5月25日閲覧。
  98. ^ 小芝風花、お酒で「お疲れさま~!!」したい「天使のいる図書館」10月クランクイン”. 中日新聞 (2016年8月28日). 2016年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月28日閲覧。
  99. ^ Dステ17th「夕陽伝」公式ページ
  100. ^ “白井晃演出で『オーランドー』日本初演へ!美貌の青年貴族に多部未華子、エリザベス女王に小日向文世が挑む”. SPICE. (2017年5月1日). https://spice.eplus.jp/articles/121766 2017年9月11日閲覧。 
  101. ^ “多部未華子が女性に変身する美青年に V・ウルフ原作舞台『オーランドー』 - 舞台・演劇ニュース”. CINRA.NET. (2017年5月1日). https://www.cinra.net/news/20170501-orlando 2017年9月11日閲覧。 
  102. ^ “小芝風花 舞台『オーランドー』の男役・女役2つのビジュアル公開”. Ameba News. (2015年5月28日). http://news.ameba.jp/20170528-366/ 2017年6月29日閲覧。 
  103. ^ FMシアター「唄娘」”. NHK. 2017年9月14日閲覧。
  104. ^ “フィギュア本田4兄妹の苦悩と成長を追うドキュメンタリー第3弾が放送に!”. RBB TODAY (IID, Inc.). (2017年3月12日). https://www.rbbtoday.com/article/2017/03/12/149970.html 2017年3月13日閲覧。 
  105. ^ どうなるイランとアメリカ|せかいま美術館|これでわかった!“世界のいま”の今”. NHK (2017年6月8日). 2017年8月1日閲覧。
  106. ^ “ドコモに対抗!? 白戸家に大物が電撃移籍 ソフトバンクの新CM”. ASCII.jp編集部. (2013年1月18日). http://ascii.jp/elem/000/000/757/757977/ 
  107. ^ “今年も更新!国内売上10年連続No.1※のプロアクティブ 小芝風花さん起用の新TVCMを制作 全国でオンエア予定!” (プレスリリース), ガシー・レンカー・ジャパン、オスカープロモーション, (2013年10月22日), http://www.atpress.ne.jp/news/39697 2016年6月1日閲覧。 
  108. ^ “小芝風花、タイ・プーケット島で初体験「象はとにかく凄かった!」”. マイナビ. (2014年3月20日). http://news.mynavi.jp/news/2014/03/20/087/ 2014年3月24日閲覧。 
  109. ^ “秋田県産『あきたこまち』女優 小芝風花さん出演 新TVCMオンエア開始「新米が来た」篇・「ひとつぶも」篇 ~ 2016年9月27日(火)より順次放送開始~” (プレスリリース), 全国農業協同組合連合会 秋田県本部, (2016年9月26日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000021483.html 2016年9月27日閲覧。 
  110. ^ “高橋優、小芝風花出演のあきたこまちCMソング書き下ろし”. 音楽ナタリー. (2016年9月26日). http://natalie.mu/music/news/203128 2016年9月26日閲覧。 
  111. ^ 倉木麻衣「魔女の宅急便」主題歌MV、解禁”. 日テレNEWS24. 2014年2月12日閲覧。
  112. ^ 小芝風花 日枝神社の七五三広報大使に任命! 巫女姿に「気がすごく引き締められました」 livedoor NEWS(2012年11月16日)
  113. ^ きものクイーンコンテスト2014に剛力彩芽・小芝風花が登場! 着物美人と華やかな共演”. GirlsNews (2014年2月17日). 2014年2月28日閲覧。
  114. ^ 小芝風花、センバツ応援キャラクターに!「夢に向かう姿はキュンとします」”. マイナビ (2014年2月25日). 2014年2月27日閲覧。
  115. ^ 第52回 宣伝会議賞|イメージガール小芝風花さんのプロフィール、コメント”. 宣伝会議. 2014年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月22日閲覧。
  116. ^ 小芝風花さん「みかん広報委員」任命式を開催”. 日本園芸農業協同組合連合会 (2014年11月4日). 2016年11月20日閲覧。
  117. ^ 小芝風花 崖っぷち阪神にエール”. デイリースポーツ. 神戸新聞社 (2014年10月30日). 2015年1月6日閲覧。
  118. ^ 2018卒学生向け就職情報サイト「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」新イメージキャラクター選定のお知らせ”. PR TIMES (2016年10月31日). 2017年2月1日閲覧。
  119. ^ “『魔女の宅急便』小芝風花、手作りフォンダンショコラに自画自賛!”. cinemacafe.net (IID). (2014年2月10日). http://www.cinemacafe.net/article/2014/02/10/21755.html 2017年6月16日閲覧。 
  120. ^ “小芝風花、初写真集でスクール水着やビキニ挑戦「今までにない姿」”. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2016年2月18日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160218/gra16021805030001-n1.html 2016年2月18日閲覧。 
  121. ^ “「永遠の0」オーディオブックに 久蔵の妻役・小芝風花がこん身演技”. スポニチアネックス. http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/12/kiji/K20160812013150000.html 2016年8月12日閲覧。 
  122. ^ 全国縦断イオンで見つける!ガールズオーディション2011~武井咲のお姉さん&妹キャラクター大募集~”. be amie (2011年11月13日). 2017年7月11日閲覧。
  123. ^ 入倉功一 (2015年1月23日). “第57回ブルーリボン賞が決定!佐々木蔵之介『超高速!参勤交代』が作品賞!”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0070022 2015年1月23日閲覧。 
  124. ^ 綾野剛、菅田将暉、小芝風花ら豪華集結「第24回日本映画批評家大賞」”. モデルプレス (2015年5月28日). 2015年7月13日閲覧。
  125. ^ ““新婚”藤原紀香、授与式でもノロケ 受賞の喜びは「主人に」”. ORICON STYLE. (2016年5月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2071405/full/ 2016年5月10日閲覧。 

外部リンク[編集]