この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

黒木メイサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くろき メイサ
黒木 メイサ
生年月日 1988年5月28日(28歳)
出生地 日本の旗 沖縄県名護市
身長 165cm[1]
血液型 A型
職業 女優ファッションモデル歌手タレント
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 2004年 -
配偶者 赤西仁(2012年 - )
公式サイト Sweet Power
主な作品
テレビドラマ
拝啓、父上様
1ポンドの福音
風のガーデン
任侠ヘルパー
新参者
幸せになろうよ
八重の桜
映画
着信アリ Final
クローズZERO
ASSAULT GIRLS
矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜
SPACE BATTLESHIP ヤマト
ルパン三世
舞台
『熱海殺人事件・平壌から来た女刑事』
あずみ〜AZUMI on STAGE〜
『何日君再来 イツノヒカキミカエル』
女信長
備考
B80、W60、H85[1]

黒木 メイサ(くろき メイサ、1988年5月28日 - )は、日本女優ファッションモデル歌手タレントスウィートパワー所属。夫は元KAT-TUN歌手赤西仁

略歴

1988年(昭和63年)、4人姉妹の末っ子として生まれた[2]。黒木の生家は沖縄県名護市辺野古(へのこ)にある[3]

10歳の時、黒木はジャネット・ジャクソンに憧れてダンスを始め、沖縄アクターズスクールに通った。

芸能界に入ったきっかけは、中学2年生の時、すぐ上の姉が東京から沖縄に来ていたスカウトの人に声をかけられ、姉が黒木本人が写っているプリクラを見せたところ「この子に会いたい」と興味を示して自宅まで訪れ、そのスカウトの人に会ったことだった。1年間は断っていたが、中学卒業時に芸能界入りと上京を決心[2]。15歳で上京し、同じ事務所に所属する若手女優たちと寮生活を送る[4]。のちに親友となる堀北真希ともこの時に知り合い[4]、スカウトされて芸能界入りしたという共通点もあって、何でも話せる仲になったという[2]

2004年(平成16年)、女性ファッション雑誌JJ』(光文社)にモデルとして出演するようになった。同年2月には、つかこうへい演出の舞台『熱海殺人事件・平壌から来た女刑事』に舞台初出演して主役を務めた。以降は女優として舞台、ドラマ、映画などに多数出演している。

2007年(平成19年)、第44回ゴールデン・アロー賞(2006年度)新人賞を受賞。翌2008年(平成20年)6月からは、女優に加えて歌手としての活動も始めている。

2012年(平成24年)2月2日に元KAT-TUN赤西仁結婚したと、同年2月9日に所属事務所を通じて発表された[5]。発表当日のスクープ記事に対応する形で公式発表され、また『スポーツニッポン』等では黒木が妊娠2か月であると報道されていた[6][7]。結婚報道から、2か月以上過ぎた同年4月14日に、所属事務所から妊娠4か月であることを正式発表。報道各社に直筆のファクスを送信した[8]。2012年9月23日午後、夫の赤西立ち会いのもと第一子となる女児を出産。当日夜、夫婦連名のFAXで、第一子の誕生を報告した。

2012年12月、アメリカの映画サイトTC Candlerが毎年恒例で発表する「世界で最も美しい顔100人」ランキングで54位に初ランクインした[9]

2016年11月26日(平成28年)、第2子妊娠を報告[10]

人物

作品

アルバム

オリジナルアルバム

  発売日 タイトル 規格 規格品番
1st 2011年1月26日 MAGAZINE CD+DVD
CD+DVD
CD
SRCL-7522〜SRCL-7523(初回生産限定盤A)
SRCL-7524〜SRCL-7525(初回生産限定盤B)
SRCL-7526(通常盤)
2nd 2012年2月15日 UNLOCKED CD+DVD
CD+DVD
CD
SRCL-7849〜SRCL-7850(初回生産限定盤A)
SRCL-7851〜SRCL-7852(初回生産限定盤B)
SRCL-7853(通常盤)

ミニアルバム

  発売日 タイトル 規格 規格品番
1st 2009年4月8日 hellcat CD+DVD
CD
SRCL-6996〜SRCL-6997(初回生産限定盤)
SRCL-6998(通常盤)
2nd 2010年1月1日 ATTITUDE CD+DVD
CD
SRCL-7195〜SRCL-7196(初回生産限定盤)
SRCL-7197(通常盤)

シングル

  発売日 タイトル 規格 規格品番
1st 2009年7月22日 SHOCK-運命- CD+DVD
CD
SRCL-7094〜SRCL-7095(初回生産限定盤)
SRCL-7096(通常盤)
2nd 2010年6月2日 5-FIVE- CD+DVD
CD
SRCL-7285〜SRCL-7286(初回生産限定盤)
SRCL-7287(通常盤)
3rd 2010年10月6日 LOL! CD+DVD
CD
SRCL-7385〜SRCL-7386(初回生産限定盤)
SRCL-7387(通常盤)
4th 2011年4月13日 One More Drama CD+DVD
CD
SRCL-7606〜SRCL-7607(初回生産限定盤)
SRCL-7608(通常盤)
5th 2011年8月31日 Wired Life CD+DVD
CD
CD
SRCL-7724〜SRCL-7725(初回生産限定盤)
SRCL-7726(通常盤)
SRCL-7727(青の祓魔師盤/期間限定盤)
6th 2011年12月7日 Woman's Worth/Breeze Out CD+DVD
CD
SRCL-7819〜SRCL-7820(初回生産限定盤)
SRCL-7821(通常盤)
配信シングル
発売日 タイトル
2012年4月23日 FRENEMY

ミュージックビデオ

ビデオ 監督
2008年 Like This 川村ケンスケ[15]
2009年 Bad Girl 久保茂昭[16][17][18][19]
Criminal
SHOCK-運命-
2010年 Are ya Ready?
5-FIVE- スミス[20]
LOL! 久保茂昭[21]
2011年 One More Drama 久保茂昭

参加作品

  • STUDIO APARTMENT「ミス ユニバース feat. SU, ILMARI (from RIP SLYME), 黒木メイサ」

ライブ

タイアップ

曲名 タイアップ 収録作品
Like This 東芝携帯電話「Sportio」CMソング ミニアルバム「hellcat
Bad Girl 東宝配給映画『クローズZERO II』劇中歌
SHOCK-運命- キリンビール「COLA SHOCK」CMソング シングル「SHOCK-運命-
LOL! ネスレ日本「キットカット」CMソング シングル「LOL!
Go Ahead SEIKO「LUKIA」イメージソング シングル「One More Drama
Wired Life TBS系アニメ『青の祓魔師』エンディングテーマ シングル「Wired Life
Woman's Worth SEIKO「LUKIA」CMソング シングル「Woman's Worth/Breeze Out
Breeze Out スバル「BRZ」テーマソング
FRENEMY バンダイ「スマートペット」CMソング デジタルシングル「FRENEMY」

出演

テレビドラマ

海外ドラマ(日本語吹き替え)

ネットドラマ

映画

舞台

CM・広告

DVD

  • short film きみのゆびさき(2006年、石川寛監督作品)

PV

ゲーム

書籍

雑誌

写真集

受賞歴

2007年平成19年)

2009年平成21年)

2011年平成23年)

2012年(平成24年)

脚注

  1. ^ a b 黒木メイサ”. スウィートパワー. 2016年7月30日閲覧。
  2. ^ a b c 週刊文春』2009年3月5日号、166-170ページ「阿川佐和子のこの人に会いたい」より。
  3. ^ 「辺野古出身」人気女優黒木メイサの普天間問題”. isMedia 現代ビジネス (2010年5月31日). 2014年6月28日閲覧。
  4. ^ a b 黒木メイサ「素直に人に聞くことで人見知りを解消しました」、『日経エンタテインメント!』2015年7月号、日経BP社、 27頁。
  5. ^ “赤西仁&黒木メイサ、電撃婚! 妊娠2カ月 (1/2ページ)”. サンケイスポーツ. (2012年2月10日). http://www.sanspo.com/geino/news/120210/gnb1202100506002-n1.htm 2012年2月12日閲覧。 
  6. ^ “妊娠2カ月!赤西仁と黒木メイサ 電撃結婚へ”. スポーツニッポン. (2012年2月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/09/kiji/K20120209002598800.html 2012年2月9日閲覧。 
  7. ^ “赤西仁 メイサ家族へすでにあいさつ済み「結構前から結婚を決めていた」”. スポーツニッポン. (2012年2月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/09/kiji/K20120209002598810.html 2012年2月9日閲覧。 
  8. ^ a b “黒木メイサ、妊娠4か月…赤西との電撃婚から2か月、直筆で発表”. スポーツ報知. (2012年4月15日). オリジナル2012年4月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120415212828/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120415-OHT1T00016.htm 2014年5月22日閲覧。 
  9. ^ a b 西村重人 (2012年12月28日). “「世界で最も美しい顔100人」に桐谷美玲が佐々木希を抜き12位にランクイン!黒木メイサも選出!”. シネマトゥデイ. 2016年7月30日閲覧。
  10. ^ “黒木メイサ、第2子妊娠を報告「間も無く安定期」 夫・赤西仁「すっぱ抜かれたぜぃ!」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2082084/full/ 2016年11月26日閲覧。 
  11. ^ a b c 日経エンタテインメント! 』2006年7月号、34ページ
  12. ^ 小泉今日子・飯島直子を虜の中井貴一 オヤジギャグでもモテる”. exciteニュース(元記事・女性セブン 2012年2月23日号 (2012年2月12日). 2014年6月28日閲覧。
  13. ^ 2011年1月28日放送『A-Studio』”. TVでた蔵 (2011年1月28日). 2014年6月28日閲覧。
  14. ^ NHK BSプレミアム 2010年11月27日放送『黒木メイサ スペイン フラメンコ 魂の踊りと出会う旅 』DVD ASIN: B004J73U0M,EAN:4582298070935
  15. ^ Like This” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2008年6月18日). 2011年2月14日閲覧。
  16. ^ Bad Girl” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2008年4月8日). 2011年2月14日閲覧。
  17. ^ Criminal” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2008年4月8日). 2011年2月14日閲覧。
  18. ^ SHOCK-運命-” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2009年7月22日). 2011年2月14日閲覧。
  19. ^ Are ya Ready?” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2010年1月1日). 2011年2月14日閲覧。
  20. ^ 5-FIVE-” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2010年6月2日). 2011年2月14日閲覧。
  21. ^ LOL!” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2010年10月6日). 2011年2月14日閲覧。
  22. ^ 夢か…現実か…亀梨がメイサと挙式”. スポーツ報知 (2008年2月23日). 2008年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  23. ^ “チャンスは「ドコモ」から…堀北、メイサら共演ドラマ”. zakzak. (2009年3月5日). http://www.zakzak.co.jp/gei/200903/g2009030530_all.html 2016年12月4日閲覧。 
  24. ^ 黒木メイサ、柔道初体験 多部未華子も“交渉役”に挑戦”. ORICON STYLE (2011年7月18日). 2016年7月30日閲覧。
  25. ^ 黒木メイサ、出産経てドラマ本格復帰「命を懸けられる存在ができた」”. TVfanWeb (2013年2月12日). 2013年10月5日閲覧。
  26. ^ 偽物『TAKE FIVE』の女泥棒役に黒木メイサが登場!ダ・ヴィンチの絵画はどちらの手に!?”. テレビドガッチ (2013年5月17日). 2016年7月30日閲覧。
  27. ^ “黒木メイサ:「愛する人のため」に共感 竹野内&松ケンSPドラマでヒロインに”. MANATANWEB. (2013年10月2日). http://mantan-web.jp/2013/10/02/20131001dog00m200083000c.html 2013年10月5日閲覧。 
  28. ^ “黒木メイサ:若い選手の活躍に“加齢”嘆く 「年取ったなあ」”. MANTANWEB. (2014年2月12日). http://mantan-web.jp/2014/02/12/20140212dog00m200026000c.html 2014年5月22日閲覧。 
  29. ^ メイサ×国仲×壇蜜で「ブラック・プレジデント」でも女子会!?”. webザテレビジョン (2014年5月10日). 2014年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月30日閲覧。
  30. ^ 井本早紀 (2014年6月26日). “黒木メイサ、3年ぶりドラマ主演!ウェブ小説原作のSFでGACKTと共演”. シネマトゥデイ. 2016年7月30日閲覧。
  31. ^ 及川光博&黒木メイサ、W主演で初共演 島田雅彦原作の金融サスペンス”. ORICON STYLE (2014年8月21日). 2016年7月30日閲覧。
  32. ^ 黒木メイサ「軽く衝撃を受けた」恋愛オムニバスドラマ”. Smartザテレビジョン (2015年6月11日). 2016年7月30日閲覧。
  33. ^ 黒木メイサが連ドラで妊婦デカ 実生活でも1児の母”. 日刊スポーツ (2015年8月18日). 2015年8月18日閲覧。
  34. ^ “黒木メイサ成宮寛貴深田恭子北村一輝主演!”. とれたてフジテレビ. (2016年10月1日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/161001-i267.html 2016年10月3日閲覧。 
  35. ^ “黒木メイサ、新井浩文と夫婦役 恐妻キャラに気合い十分「痛快で愛のある作品に」”. ORICON STYLE. (2016年9月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2078339/full/ 2016年9月13日閲覧。 
  36. ^ 黒木メイサ、妊婦役で『ドクターX』メインゲスト出演 米倉涼子とは初共演”. ORICON STYLE (2016年12月4日). 2016年12月4日閲覧。
  37. ^ “黒木メイサがNHKBSで実在した男装の女剣士役”. nikkansports.com. (2016年7月28日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1685881.html 2016年7月30日閲覧。 
  38. ^ VEXILLE”. メディア芸術データベース. 2016年8月16日閲覧。
  39. ^ “『あずみAzumionStage』製作発表会”. シアターガイド. (2005年3月3日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2005/03/03_02.php 2013年7月23日閲覧。 
  40. ^ KARACOMPLEX『調教師』公開舞台稽古” (2005年11月7日). 2013年10月6日閲覧。
  41. ^ ASIANBEATFICTION『何日君再来イツノヒカキミカエル』制作発表会”. シアターガイド (2007年4月27日). 2013年10月5日閲覧。
  42. ^ “歌舞伎俳優ふたりがシェイクスピア作品に!「赤い城 黒い砂」会見”. チケットぴあ. (2009年1月29日). http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=200901290003 2013年7月23日閲覧。 
  43. ^ 川口有紀 (2009年4月28日). “黒木メイサ、舞台上で“脱がされる”!?『女信長』製作発表”. チケットぴあ. 2013年10月5日閲覧。
  44. ^ “黒木メイサが、6年ぶりに恩師・つかこうへいの舞台に”. チケットぴあ. (2009年12月10日). http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=200912100003 2013年7月23日閲覧。 
  45. ^ “黒木メイサ、妊娠5カ月で舞台に 朗読劇「宮沢賢治…」に出演”. MSN産経ニュース. (2012年5月13日). オリジナル2012年5月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120514013124/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120513/ent12051319290011-n1.htm 2016年7月30日閲覧。 
  46. ^ 野上瑠美子 (2013年7月19日). “黒木メイサが3年ぶりに舞台主演”. YOMIURI ONLINE. 2013年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月23日閲覧。
  47. ^ “黒木メイサ、座長の貫禄十分!明治座公演は客入り順調”. msn産経ニュース. (2013年8月11日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130811/ent13081108200002-n1.htm 2013年10月4日閲覧。 
  48. ^ 壬生智裕 (2014年8月24日). “黒木メイサ、官能的すぎ!大股開きダンスをピアノの上で堂々披露”. シネマトゥデイ. 2014年8月28日閲覧。
  49. ^ 「一枚でどこでも行ける」高良健吾&黒木メイサが新ダウンにご満悦!”. webザテレビジョン (2011年9月24日). 2014年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月30日閲覧。
  50. ^ 黒木メイサ、09年度「アルマーニ」イメージモデルに!撮影現場の裏側を動画レポート!”. navicon (2009年4月16日). 2013年10月6日閲覧。
  51. ^ 黒木メイサ、頬をつつかれ思わずニッコリ”. eltha (2011年7月1日). 2014年8月28日閲覧。
  52. ^ 福田麗 (2011年9月6日). “加瀬亮がスパイ&黒木メイサが謎の歌姫に!続編の可能性もアリ!?のスタイリッシュなCMがオンエア”. シネマトゥデイ. 2014年5月22日閲覧。
  53. ^ “富士重、「SUBARU BRZ」の新広告キャンペーンに女優の黒木メイサを起用”. 財経新聞. (2012年2月3日). http://www.zaikei.co.jp/article/20120203/94375.html 2013年10月6日閲覧。 
  54. ^ iPhoneが犬型ロボットになる『スマートペット』発表 黒木メイサがCMキャラクターに”. ファミ通app (2012年3月26日). 2014年8月28日閲覧。
  55. ^ カネボウ「KATE」サイトリニューアル 新モデルは黒木メイサさん”. ビューティーナビニュース (2012年7月20日). 2013年10月5日閲覧。
  56. ^ “黒木メイサ:KATE新CMで“アーモンドアイ”メーク披露”. MANTANWEB. (2016年2月1日). http://mantan-web.jp/2016/02/01/20160201dog00m200024000c.html 2016年7月30日閲覧。 
  57. ^ “『レイトン教授』新作の主人公は“レイトンの娘” 声優は有村架純”. ORICON STYLE. (2016年7月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2075811/full/ 2016年7月28日閲覧。 
  58. ^ “歴代受賞一覧(PDF)”. 日本雑誌協会. (2007年). http://www.j-magazine.or.jp/doc/golden_list.pdf 
  59. ^ “エンドラール賞 歴代受賞者一覧”. 日本映画テレビプロデューサー協会. (2009年). http://www.producer.or.jp/elandor/elandor-00.htm 
  60. ^ “恥じらう黒木メイサ「何も着ていないような感じ…」”. zakzak. (2009年5月13日). http://www.zakzak.co.jp/gei/200905/g2009051307.html 2016年7月30日閲覧。 
  61. ^ “受賞者リスト 第52回(平成20年度)”. 日本ファッション・エディターズ・クラブ. (2009年). http://www.fec-japan.com/award_05.html 
  62. ^ “Ms.LILY 2009”. 日本花き球根輸出入協会. (2009年). http://www.e-jfta.com/ 
  63. ^ “「フォーエバー マーク賞」黒木メイサさん受賞”. JAPAN PRECIOUS. (2009年10月2日). http://www.japanprecious.com/news/details.php?news_id=740 
  64. ^ “第5回 Fur of the Year授賞式”. ウーマン・ジャパン. (2009年11月7日). http://www.womenjapan.com/fashion/0911007/index.html 
  65. ^ “黒木メイサ:「完全にフリー」と熱愛全否定 DIMEトレンド大賞ウーマン・オブ・ザ・イヤーに”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2009年11月26日). オリジナル2012年2月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120218160620/http://mantan-web.jp/2009/11/26/20091126mog00m200045000c.html 
  66. ^ ベストジーニスト2011に相葉雅紀&黒木メイサ 5年ぶり“新顔””. elthe (2011年10月5日). 2013年10月5日閲覧。
  67. ^ 『ベストジーニスト賞』嵐・相葉&メイサが共に2年連続受賞 来年からルール変更へ”. elthe (2012年10月4日). 2013年8月1日閲覧。

外部リンク