佐々木彩夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ささき あやか
佐々木 彩夏
生年月日 1996年6月11日(19歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 160 cm
血液型 AB型
活動期間 2003年 -
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 事務所公式 > プロフィール
グループ公式 > プロフィール
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

佐々木 彩夏(ささき あやか、1996年6月11日 - )は、ももいろクローバーZのメンバー、女優である。愛称は、あーりん

神奈川県出身。スターダストプロモーション所属。

人物[編集]

  • 小学1年生の時、ジュネス企画にスカウトされ芸能界入り。小学5年生の時、現在の事務所に移籍。
  • 趣味は美術館めぐり、おしゃれ、読書、音楽鑑賞、映画鑑賞、可愛い物を集めること、半身浴、料理、デコレーション[1][2]
  • 特技はスキー、本の読み語り、人形と話をすること[1][2]
  • 好きな食べ物はシュークリーム[2]、豚の角煮[3]から揚げ
  • 好きなアーティストは浜崎あゆみビヨンセ[4]
  • 好きな映画は『トイ・ストーリー3』『ローマの休日[2]
  • 好きな教科は数学と世界史、嫌いな教科は体育[2]
  • 一人っ子である。母から禁止されている(いた)ことは、友達とカラオケに行くこと、漫画を読むこと、プリクラを撮ること、包丁・火を使って料理をすることなど。それゆえ「箱入りあーりん」と言われることもある[5]
  • 名前の由来は、本人が産まれた当時「あやか」が一番人気の名前であったことから。それを基にどの様な漢字をあてるか考えたとのこと[2]
  • 本人いわく長所は「ポジティブなところ」「朝、パッと起きられて、機嫌が良いところ」、短所は「すこし頑固で、変なところで融通がきかないところ」であった[1][2]

ももいろクローバーZとしての活動[編集]

  • イメージカラーはピンク
  • キャッチフレーズは「ちょっぴりセクシーでおちゃめな、ももクロのアイドル」。
  • グループ最年少ながら、ライブのMC(トークを回す役割)を担当。
  • 2008年11月23日にグループへ加入[6]。当時は、変顔を見せることにも抵抗を示すほどであった。振付でコマネチを強要され、「やりたくない」と号泣したこともある。最終的に、ももクロはそういったことをするグループであることを理解し克服した。
  • 2014年1月、自宅で足にヒビが入るケガを負った。普段の生活に支障が出ない程度のものであったが、完治するまでの期間ライブでのダンスを控え、「あーりんロボ」と呼ばれるロボットのキャラクターに扮するなどしてステージに立っていた。足のヒビは程なく完治したが、同年4月、テレビ番組収録中の転倒が原因で左くるぶし付近を骨折した。なお、スタジオ内で肩を抱えられて運ばれた際には「痛いですけど、大丈夫です」と笑顔でスタッフに応対し、椅子を持ってこられても「大丈夫です」と言って立っていたというエピソードがある[7][8]。同じ収録現場にいた実業家の小玉歩は自身のTwitterでこのことに触れ、「自分が骨折してる時にスタッフに対してあの感じで接せられるなんて、なんというか素晴らしいとしか言えないです」と述べた[9]。骨折の治療中はグループのライブやソロの仕事は全て、車いすに乗って参加した[10]
  • ファンからはアイドルとしてのポテンシャルが高いとされ、「佐々木プロ」と呼ばれることがある。

女優としての活動[編集]

子役として、CMなどへの出演歴がある。現在も、北川景子柴咲コウ竹内結子らを擁する女優事務所スターダストプロモーションに所属しており、ももいろクローバーZの活動と並行して、かねてから演技レッスンを重ねてきている。

映像外部リンク
『幕が上がる』映画予告編 - YouTube

2015年には、踊る大捜査線シリーズで知られる本広克行監督の指名で、他のメンバー4人とともに映画『幕が上がる』での主演を果たした(加えて、2014年のベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した黒木華や、同年の日経トレンディにおいて「今年のヒット人」に選ばれた俳優・ムロツヨシらが出演。2月28日公開)[11]

ソロ活動[編集]

コンサート[編集]

  • さだまさしソロコンサート4000回記念公演(2013年7月17日、日本武道館) - ゲストとして単独で出演。以前カバーしたことのあった「秋桜(作詞・作曲:さだまさし)」を歌唱した。ライブアルバム『さだまさし 4000&4001 in 武道館』に収録。

バラエティ等[編集]

ドラマ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

書籍[編集]

広告[編集]

その他[編集]

  • Quick Japan vol.119 side-S/side-A刊行記念スペシャル・トークショー

佐々木彩夏編/あーりん編 開催予定(2015年6月11日、中野サンプラザ)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 公式サイト プロフィール”. スターダストプロモーション. 2012年10月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 『「ももクロ夏のバカ騒ぎSummer Dive 2012 Tour」公式ツアーパンフレット』、SDP、2012年6月17日
  3. ^ マー君「食わず嫌い」でももクロと対決、無敗男の苦手な味は… - スポーツニッポン・2013年12月12日
  4. ^ ☆お知らせです。あーりんです。☆”. 佐々木彩夏公式ブログ. 2012年10月7日閲覧。
  5. ^ DVD『ももえび学園』
  6. ^ 新曲・新メンバー!(2008.11.25)”. ももいろクローバー -スターダストプロモーション 3Bジュニア (2008年11月25日). 2008年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  7. ^ 0:31 - 2014年4月19日”. 小玉歩公式ツイッター. 2014年5月2日閲覧。
  8. ^ 0:31 - 2014年4月19日 (2)”. 小玉歩公式ツイッター. 2014年5月2日閲覧。
  9. ^ 0:34 - 2014年4月19日”. 小玉歩公式ツイッター. 2014年5月2日閲覧。
  10. ^ 「ももクロ」あーりん、骨折おして「聖闘士星矢」で初声優に奮闘”. 映画.com. 2014年5月2日閲覧。
  11. ^ “本編完成にあわせてポスタービジュアルお披露目”. 映画.com. http://eiga.com/news/20141226/11/ 2015年1月16日閲覧。 
  12. ^ ヒロイン、沙織役 佐々木彩夏に決定!”. 公式ウェブサイト. 2014年3月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「5号連続特集 ももいろクローバーZ パーソナルインタビュー 第3回 佐々木彩夏」、『Quick Japan』Vol.98、太田出版2011年10月17日
  • 「佐々木彩夏 16歳の夏の記憶 ロングインタビュー」、『Quick Japan』Vol.104、太田出版、2012年10月12日

外部リンク[編集]