神田沙也加

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かんだ さやか
神田 沙也加
本名 神田 沙也加
別名義
  • SAYAKA(旧芸名)
  • ALICE(ペンネーム)
  • 上原純(ペンネーム)
生年月日 (1986-10-01) 1986年10月1日
没年月日 (2021-12-18) 2021年12月18日(35歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都千代田区[1]
死没地 日本の旗 日本北海道札幌市[2]
身長 159.9 cm[3]
血液型 A型[4]
職業
ジャンル 舞台アニメ
活動期間 2001年 - 2021年
配偶者 村田充2017年 - 2019年
著名な家族
事務所 ローブ
公式サイト 神田沙也加オフィシャルウェブサイト
 
受賞
備考
音楽家経歴
ジャンル J-POP
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
活動期間 2002年 - 2021年
レーベル
共同作業者 ALICes
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2017年 - 2021年
ジャンル 音楽
登録者数 15.7万人
総再生回数 1573万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年3月31日時点。
テンプレートを表示

神田 沙也加(かんだ さやか、1986年昭和61年〉10月1日 - 2021年令和3年〉12月18日 )は、日本女優歌手声優YouTuber

東京都出身[5]。グリーンパークミュージック、ファンティックを経て、最終所属はローブ[6]。父は俳優神田正輝、母は歌手松田聖子[7][8]。父方の祖母は女優の旭輝子[9]

人物[編集]

ロリータ・ファッションを好んで着用しており、雑誌『KERA』やブログ[10] などでもロリータ姿を披露している[11]。活動休止中の2005年にも雑誌『KERA』に読者モデルとして「Lily」(リリィ)という名前で登場していたこともある[11][12][13]。この名前は「ドリーミーな世界観」を意識して名付けたという[11][13]

視力が0.1以下と悪く、普段はコンタクトレンズを装用していた[14][15]

ふなっしーの大ファンだった。ふなっしーとは『笑神様は突然に…』(日本テレビ)などで何度か共演していた他[16]、DVDのナレーションも務めていた[17]。また、子供のころからアニメやゲームが好きで、幼い頃からの『美少女戦士セーラームーン』のファンだった[18]。2010年代でも深夜アニメを見たりアニメ雑誌をチェックしたりフィギュアを集めたり休日には秋葉原で過ごすなど、アニメ好きであったという[18][19]

声優の三森すずこは中学時代の同級生[20][21]。歌手の中島美嘉は親友だと話す[22]

芸能界入りする前からの大地真央のファンであり、共演など親しくなってからは「ママ」と呼ぶほどに慕っていた[23]

女優を目指したきっかけは人気ドラマ家なき子ガラスの仮面でみせた安達祐実の迫真の演技だった。当時の安達について「自分と年齢も変わらない子がテレビの中でお芝居していて、初めて子役という存在を知った。すごくショックだった」と振り返った。安達祐実ガラスの仮面のドラマ内で自己暗示を掛けて女優として役になる時に発する「さあ、マヤ。仮面をかぶるのよ」は自身も役になりきる際に同セリフで暗示をかけているという。

2021年6月13日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演した際に「心を打たれた名セリフSP」と題し、出演者の人生を変えたという名言が紹介された。神田は「ガラスの仮面」(テレビ朝日系)で流れた決めセリフを紹介した。また、憧れと語る女優安達祐実から名セリフを掛けられ感動をあらわにした。

略歴[編集]

1986年10月1日に東京都千代田区の東京逓信病院で誕生[1]。両親が同年に東京都世田谷区に建てた家で育った[24]

1999年8月、ロサンゼルスの日本人学校に通っていた頃、両親のことは明かさずにオーディションを受け、デビッド・グリーンスパン監督の短編映画『ビーン・ケーキ(おはぎ)』にヒロインの小学生役で出演[25]。同映画は2001年第54回カンヌ国際映画祭で短編パルムドール(短編部門の最高賞)を受賞した[25]

1999年12月、「ALICE」のペンネームで母・松田聖子の曲「恋はいつでも95点」(アルバム『永遠の少女』、シングル「20th Party」に収録)で初作詞。ALICEが神田であるという事実は歌手デビュー後に公表された。ペンネームは母のヒット曲『時間の国のアリス』から取ったという。[要出典]

日本において「SAYAKA」名義で芸能活動を開始する旨が明らかになる。[いつ?]

2001年5月、江崎グリコアイスの実」でCM初出演[26]。SAYAKA作詞・杉真理作曲によるオリジナルCM曲の歌唱も担当。

2002年5月9日、ソニー・ミュージックエンタテインメントから、『ever since』(フジテレビ系ドラマ『ビッグマネー!〜浮世の沙汰は株しだい〜』主題歌)で歌手デビュー。同年6月11日、さいたまスーパーアリーナで行われた母・松田聖子のコンサートに歌手・SAYAKAとしてゲスト出演し、デビュー曲「ever since」を披露した[27][注 1]

2003年9月、映画『ドラゴンヘッド』(主演:妻夫木聡)でヒロインを演じ、本格的に女優デビュー。同10月、TBSテレビドラマ『ヤンキー母校に帰る』に生徒役で出演。

2004年7月、約20倍のオーディションに勝ち残り[28]宮本亜門演出のミュージカル『INTO THE WOODS』で赤ずきん役を演じる[29]。これが神田の初舞台であった[30]。本人は当初、舞台経験のない自分が重要な役に抜擢ばってきされたことに懐疑的で、「親が有名人だから選ばれたのか」と宮本を問い詰めたという。そこで宮本から貰った「ちゃんとあなたを見て選んだんだから、あなたはあなたのままで自信を持ってそこに立っていいんだよ」という言葉に救われ、舞台の仕事を中心に活動する今があるとのちのインタビューで明かしている[29]NHK総合テレビで稽古の様子などを追ったドキュメント番組『宮本亜門 17歳と跳ねる』が放送された[31]。同9月、『水戸黄門』の第33部最終回スペシャルに華原朋美MEGUMIと助っ人出演。時代劇水芸に初挑戦し、人気芸人少女役を演じた。また、3rdシングル「水色」から音楽活動も積極的に行った。

2005年5月21日、所属するファンティックの代表でもある祖母(松田聖子の母)名義のFAXにてマスコミ各社あてに「高校卒業をひと区切りとし、この機会にゆっくりと時間をとっていろいろなことを勉強し、将来のことを考えたいという本人の意思により、SAYAKAとしての活動を停止させていただくことになりました」という声明文を送信。その後約1年半の間芸能活動を休止し[32]、その間は海外へ行ってさまざまな作品を観たり[33]、「将来自分が子どもを育てる時に賃金の尊さを教えたい」と考え、懐石料理店の仲居とダイニングバーのウエイトレスという2つのアルバイトを経験したりした[12][32]

2006年4月、「上原純」のペンネームで母・松田聖子のシングル曲「bless you」と「WE ARE.」(PawPaw名義)で作詞、作曲を行う。上原純が神田であるという事実は長らく明かされていなかったが、2011年6月に自身のTwitterで公表する。上原純の名前は、当時好きだった漫画『グッドモーニング・コール』(高須賀由枝・作)の登場人物「上原久志」と「阿部順」の名前を合わせる形で付けた[13]

2006年12月に「神田沙也加」として芸能活動を再開することが『婦人公論』(2006年9月号)掲載の本人の手記その他で告知される[5][34]大地真央主演の舞台『紫式部ものがたり』(12月5日 - 28日・日生劇場)で芸能界復帰[35]。テレビドラマ『たった一度の雪 〜SAPPORO・1972年〜』(2007年2月25日北海道放送制作・TBS系全国放送)に出演した[36]

2011年4月20日、デビュー10周年を迎えるのを記念して約6年ぶりとなるアルバム『LIBERTY』をリリース。6月30日、SAYAKA KANDA 1st.LIVE ALIVE 2011「Sweet Liberty」という初のワンマンライブを赤坂BLITZにて開催。同年12月31日には母・松田聖子との共演で第62回NHK紅白歌合戦に初出場、母とのデュエットで「上を向いて歩こう」を披露した[37]

2012年7月、テレビアニメ『貧乏神が!』(テレビ東京ほか)の艶光路撫子役で声優デビュー。1年以上前から女優業と並行して声優の専門学校に通っていたという[38]

2012年11月4日、バンド「Silent Lily」としてシングル「少女シンドローム」を発売[注 2]

2014年3月14日、日本で公開されたディズニー製作のミュージカル・アニメーション映画『アナと雪の女王』で王女・アナ役の日本語吹替えを好演、大ヒットに貢献し、歌唱・声・演技、あらゆる面で評価され一躍注目を浴びる[40][41][42]。また、この年には第65回NHK紅白歌合戦に3年ぶり2度目の出場を果たし、英語版でエルサを演じたイディナ・メンゼルとのデュエットで「生まれて初めて」を披露した[43]。大スターとして名を馳せていた母・松田聖子の娘であり、何かと「松田聖子の娘」として取り上げられることが多かった神田であったが、このヒットにより神田自身が母とは独立した才能をもつ芸能人あるいはアーティストとして認められた[44]

2014年4月23日ギタリストであるBillyとの新ユニットTRUSTRICK結成を発表し、6月25日にデビューアルバム『Eternity』をリリースすることを発表[45]

2015年、小室哲哉tofubeatsと、音楽ユニット「TK feat. TK」を結成。デビュー曲「♯RUN」(ハッシュラン)は、日本中央競馬会(JRA)の競馬サイト「umabi.jp」(10月12日に開設)[46]のテーマソングとなり、10月26日に同サイトで公開された[47]。この曲は、ネット配信ドラマ『走れ!サユリちゃん』(2015年11月27日配信開始、日テレ無料TADA / Umabi)[48]の主題歌にも採用された。

2016年11月26日からスタートし、12月17日中野サンプラザホールでファイナルを迎える「TRUSTRICK TRICK TOUR 2016」をもって、TRUSTRICKの活動を休止[49][50]

2017年4月26日、自身のInstagramにて父・神田正輝と俳優・村田充との3ショット画像を公開し、村田と結婚することを表明[51]。出会いは2016年夏の舞台『ダンガンロンパ THE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜』での共演[51][52]

2017年5月1日、株式会社ファンティックに併設された芸能事務所・株式会社ローブへ移籍。代表取締役は蒲池光久が兼任[6]

2017年5月13日、自身のInstagramおよび公式ブログにて村田充と新婚旅行も兼ねハワイで挙式したことを発表。父である神田正輝も出席した[53]

2017年5月13日、東京都内のレストランで、報道陣完全シャットアウトのもと結婚披露パーティーを開催。出席者は俳優、タレント仲間など関係者100人。主な出席者は、長谷川初範大地真央森田恭通夫妻、岡本玲山崎静代石田晴香、そして日本テレビ系列『笑神様は突然に…』のテレビ共演がきっかけで、元々大ファンだったふなっしーも駆けつけ、短時間の滞在ながらも2人を祝福した[54]

2018年、長年の目標だったという第43回菊田一夫演劇賞を受賞[55]

2019年4月5日、2016年から活動を休止していたTRUSTRICKの解散を発表[56]

2019年6月、「Maison de FLEUR Petite Robe(メゾン ド フルール プチローブ)』(株式会社ストライプインターナショナル)内レーベル『Maison de FLEUR Petite Robe canone(メゾン ド フルール プチローブ カノン)』のコンダクター(プロデュース)を手掛けることを発表。8月から正式にブランドデビュー。

2019年12月4日、村田充と離婚していたことを双方のブログで報告。将来の子どものことについて双方で折り合いの付く答えが出ず、話し合いの末の円満離婚であるという。当初は仕事への影響を鑑みて2020年の年始に公表する予定だったが、週刊誌にリークされたことにより公表が早まった[57]

2020年9月22日黒崎真音と音楽ユニットALICes(アリセス)結成を発表[58]

死去[編集]

2021年12月18日、札幌市内の宿泊先ホテルの14階屋外にあるスペースに倒れているところを発見され、意識不明の状態で市内の病院に搬送されたが、同日21時40分に死亡が確認された[2][59][60]。35歳没。神田は朝夏まなととのダブル主演ミュージカル『マイ・フェア・レディ』の正午公演に出演するために同ホテル最上階の22階スイートルームに滞在していたとされ[61]、当日の11時頃になっても神田と連絡が取れなかった[注 3]ため[63]、関係者から110番通報を受けた北海道札幌方面中央警察署がホテルを捜索したところ、約2時間後に14階屋外スペースで靴を履かず雪に埋もれ[64]体から血を流して倒れた状態で発見され、既に心肺停止状態だったという[2][65][66]。北海道警は死因について高所から転落したことによる外傷性ショックと発表した[66][67]。所属事務所は転落の原因については故人の名誉と周囲への影響を踏まえて公表を控えるとした[68]

公演関係者によると、札幌公演に向かう前日に不調だった喉に関する診断が出ており[69]、死去前日の17日に参加した稽古も喉の調子が悪かったことを気にして「手術をしなきゃいけないかも」と明かし、「手術をして、もし歌えなくなったらどうしよう」と不安な思いを漏らしていたという[70]。遺書は見つかっていない[64]が、さまざまな思いなどがつづられた書き置きがホテル室内で見つかり、愛犬の死や恋などの悩みも書かれていたという[69]

所属事務所のローブは翌19日に公式ウェブサイトで、神田の死去を公表した[71]。神田の急死を受けて、東宝演劇部は「公演の継続は困難」との主催者の判断により19・20日に予定されていた『マイ・フェア・レディ』札幌公演の中止を発表し[72]、残りの日程は朝夏が主演を務めるもう一方のチームが全ての公演を行うという形で再開がされた[73]

翌19日、神田の母親である松田聖子の所属事務所は「松田は、未だこの現実を受け止めることが出来ない状態です」と文書で説明し[74]グランドプリンスホテル新高輪で予定されていた当日のディナーショー公演を中止し[75]、さらにその後に大阪で予定されていた4公演の中止も発表した[76]。また、出場が決定していた第72回NHK紅白歌合戦についても、同月22日にNHKから歌唱曲目の発表が行われたが、事態を勘案し松田聖子のみ発表が見送られ、その後、同月25日に出場辞退が発表された[77][78]

同月20日に父の神田正輝、母の松田聖子も現地に到着し、翌21日に密葬が行われ、札幌市内の札幌市里塚斎場荼毘に付された[79][80]。火葬後に斎場で神田正輝、松田聖子がそろって報道陣の囲み取材に応じた[81]。所属事務所であったローブも公式ウェブサイトで「本日、ご親族のご希望により、密葬という形で家族にて葬儀を執り行わせていただきました」とリリースを出している[82]

声優出演作だった『IDOLY PRIDE』や『ソードアート・オンライン』、『アナと雪の女王』のディズニー・ジャパンの公式Twitterは、追悼メッセージを投稿した[83][84]。『IDOLY PRIDE』に関しては、演じた長瀬麻奈役について「神田沙也加さんが息を吹き込んだ誰にも演じることのできない存在だと考えております」と、生前に収録した音声をゲーム版で継続使用することが表明されている[85]。また2022年4月にメーテル役で出演予定だった『銀河鉄道999 THE MUSICAL』の公式サイトでも追悼するコメントを発表するとともに関係各所で今後の対応を協議するとしており[86]、その後花總まりが代演することが決まった[87]

この他『マイ・フェア・レディ』で共演していた寺脇康文[88]別所哲也[89]を始め、神田をミュージカル女優として見いだした宮本亞門[90]、『アナと雪の女王』のエルサ役として共演した松たか子[91]、元夫の村田充[92]、中学時代の同級生だった三森すずこ[93]、親友の中島美嘉[94]、音楽ユニットALICesのパートナー黒崎真音[95]TRUSTRICKでコンビを組んでいたBilly[96]、同ユニットに参加したSUGIZO[97]、神田が大ファンだったふなっしー[98]、神田が「芸能界における母」とも慕っていた大地真央[99]、声優専門学校生時代の恩師である速水奨[100]、交際していたとする前山剛久[101][102]、また自身のブランドである Maison de FLEUR Petite Robe canone など、早すぎる死に対し各界からの追悼のコメント等が出ている。神田には愛犬がいたが元夫の村田が引き取る意向を見せ[103]、2022年の時点ではインスタグラムなどで愛犬の世話をしていることを明かしており、引き取ったことが判明している[104]

なお、厚生労働省は本件の報道に際し、メディア関係者に対して「著名人の自殺に関する報道にあたってのお願い」と称したリリースで、誘発的な自殺を防ぐ観点から「パパゲーノ効果」を意識するとともに『自殺報道ガイドライン』を遵守した報道を心掛けるよう要請している。これを受けてメディア各社は、記事や報道の末尾に支援策や相談先について各相談窓口を利用するよう呼びかけが行われている[105]。しかしその一方で、一部週刊誌(『週刊文春』)などでのプライバシーをめぐる記事が掲載されたことや、遺族の会見において一部報道陣の対応を批判する意見もあり[106]、弁護士らで構成する「芸能人の権利を守る 日本エンターテイナーライツ協会」が声明で「国民の多くの方々は、各報道機関や週刊誌等に対して、ご遺族や関係者を苦しめるほどの取材も報道も一切期待していません。また、そのような記事の配信も期待しておりません」「芸能人が亡くなられた場合の取材、報道及び配信に関して、遺族やご関係者に配慮した一定のルールを作ることを強く期待します」と報道に対して苦言を呈している[107]

2022年1月30日、四十九日法要が執り行われた[注 4]。参列したのは両親と祖母ら近しい親族の10名であったという[108]

受賞歴[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

SAYAKA 名義
発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位
収録アルバム
初回限定盤 通常盤
1st 2002年5月9日 ever since SRCL-5500 SRCL-5501 5位 Doll
2nd 2003年8月20日 garden SRCL-5505 SRCL-5506 13位
3rd 2004年9月29日 水色 SRCL-5827 16位
4th 2005年1月19日 上弦の月 SRCL-5847 32位

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位
備考
DVD付盤 通常盤
1st 2005年2月23日 Doll SRCL-5881 47位 SAYAKA 名義
2nd 2011年4月20日 LIBERTY PCCA-3385 78位
3rd 2022年12月14日 LIBERTY ~memorial~ PCCA-6164 19位 上述アルバムの追悼盤

企画アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位
此方乃サヤ盤 彼方乃サヤ盤
1st 2018年3月7日 MUSICALOID #38 QWCE-00674 QWCE-00675 29位
2nd 2019年8月7日 MUSICALOID #38 Act.2 QWCE-00749 QWCE-00750 37位
3rd 2021年5月19日 MUSICALOID #38 Act.3 PCCA-06028 PCCA-06029 29位
4th 2022年12月14日 MUSICALOID #38 Curtain Call! PCCA-06172 15位

キャラクターソング[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
2014年5月3日 アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- アナ(神田沙也加)、幼いアナ(稲葉菜月)、子供時代のアナ(諸星すみれ 「雪だるまつくろう」 アニメ映画『アナと雪の女王』挿入歌
アナ(神田沙也加)、エルサ(松たか子 「生まれてはじめて」
「生まれてはじめて(リプライズ)」
アナ(神田沙也加)、ハンス王子(津田英佑 とびら開けて
2015年4月22日 アナと雪の女王 エルサのサプライズ:パーフェクト・デイ 〜特別な一日〜 アナ(神田沙也加)、エルサ(松たか子)、オラフ(ピエール瀧[注 5])、クリストフ(原慎一郎)、オーケン(北川勝博 「パーフェクト・デイ 〜特別な一日〜」 アニメ映画『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』挿入歌
2017年2月21日 劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- Original Soundtrack ユナ(神田沙也加 「Ubiquitous dB」
「longing」
「delete」
「Break Beat Bark!」
「smile for you」
劇場アニメ『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』挿入歌
2017年10月11日 月の鏡 テレサ神田沙也加 「月の鏡」 テレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』エンディングテーマ
2018年3月14日 アナと雪の女王/家族の思い出 オリジナル・サウンドトラック アナ(神田沙也加)、エルサ(松たか子)、オラフ(ピエール瀧[注 5] 「お祝いの鐘」 アニメ映画『アナと雪の女王/家族の思い出』挿入歌
オラフ(ピエール瀧[注 5])、エルサ(松たか子)、アナ(神田沙也加)、キャスト 「お祝いをしよう」
アナ(神田沙也加)、エルサ(松たか子)、オラフ(ピエール瀧[注 5])、クリストフ(原慎一郎) 「あなたといるだけで」
2019年11月22日 アナと雪の女王2 オリジナル・サウンドトラック アナ(神田沙也加)、エルサ(松たか子)、オラフ(武内駿輔)、クリストフ(原慎一郎) 「ずっとかわらないもの」 アニメ映画『アナと雪の女王2』挿入歌
アナ(神田沙也加 「わたしにできること」
2021年3月3日 First Step 長瀬麻奈(神田沙也加 「First Step」
「星の海の記憶」
IDOLY PRIDE』関連曲
2021年10月27日 IDOLY PRIDE Collection Album [奇跡] 「Precious」
「song for you」

その他参加作品[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
1992年12月2日 Sweet Memories'93 松田聖子 with Sayaka 「Twinkle Star, Shining Star」 当時6歳の神田と母親の松田聖子によるデュエットソング
2011年4月27日 岡崎司 WORKS ベスト・オブ・ザ・劇団☆新感線 II 神田沙也加 「悲しいマリオネット」 舞台『薔薇とサムライ』より
2012年5月2日 涙のしずく 松田聖子、神田沙也加 上を向いて歩こう
2012年10月17日 有形世界リコンストラクション 有形ランペイジ feat. 神田沙也加 「二息歩行」 ボーカロイドのカヴァー
2012年11月4日 少女シンドローム Silent Lily 「少女シンドローム」
2017年4月4日 スーパーダンガンロンパ 2 THE STAGE 2017オリジナルサウンドトラック 江ノ島盾子 VS 神田沙也加 「PSYCHO POP CANDY GIRL」 スーパーダンガンロンパ 2 THE STAGE 2017』公演テーマソング
2017年4月4日 KOICHI DOMOTO 「Endless SHOCK」Original Sound Track 2 堂本光一神田沙也加内博貴辰巳雄大越岡裕貴 「ONE DAY」 舞台『Endless SHOCK』より
堂本光一、屋良朝幸植草克秀神田沙也加福田悠太、辰巳雄大 「ONE DAY -reprise-」
2019年9月25日 ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜 オリジナルサウンドトラック 神田沙也加 「虹色の夏」 ゲームソフト『ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜』オープニングテーマ
2021年1月20日 岡崎司 WORKS-3 ベスト・オブ・ザ・劇団☆新感線 「SEVEN SHADOWS」 舞台『髑髏城の七人』より
2021年6月16日 bouquet toku feat. 神田沙也加 「ずるいよ、桜」

楽曲提供[編集]

松田聖子
川島明

映像作品[編集]

  • Dolls(2005年3月24日) - EAN 4988009025513

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

その他のテレビ[編集]

  • 『生中継!第68回トニー賞授賞式』(2014年6月9日、WOWOW) - スタジオゲスト[120]
  • 『WOWOWディズニー・スペシャル 第1弾「アナと雪の女王」がやってくる!』 - ナビゲーター
    • 『「アナと雪の女王」がやってくる!GWはディズニー・スペシャル!』(2015年4月18日、WOWOW)
    • 『今夜「アナと雪の女王」TV初登場!WOWOWディズニー・スペシャル完全ナビ』(2015年5月2日、WOWOW)
  • アナ雪が100倍楽しくなる!!ディズニーの知られざる秘密スペシャル(2017年3月4日、フジテレビ) - ナビゲーター[121]
  • FNS歌謡祭』(不定期出演、フジテレビ)[122]

配信番組[編集]

映画[編集]

ミュージカル・舞台[編集]

ナレーション[編集]

テレビアニメ[編集]

Webアニメ[編集]

  • オラフのアドバイス(2014年、アナ

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

ドラマCD[編集]

オーディオブック[編集]

  • Musio I:電脳メイロ(2017年、主演・メイロ

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • 江崎グリコ
    • アイスの実
      • とびこみ台編(2001年5月 - )
      • 15の夏編(2002年5月 - )[189]
      • スケボー編(2003年4月 - )
    • 「ジャイアントカプリコ
      • 列車編(2001年10月 - )
      • ジャイアントスマイル編(2002年10月 - )
    • パナップ」ぶどう踏み編(2002年3月 - )
    • 「熟カレー」(松田聖子と共演)[190]
      • 夏・うち来る編(2002年5月 - )
      • 19日・うち来る編(2002年6月 - )
      • 熟カレーの唄編(2003年4月 - )
  • シェリング・プラウ「コパトーン」[191] 犬のさそい編(2002年4月 - )
  • 大京「ライオンズマンション」(松田聖子と共演)
    • 私たちはライオンズマンション編(2004年4月 - )
    • クオリティズインパクト編(2005年1月 - )
    • 幸せは家の中にある編(2005年1月 - )
    • 地球編(2005年4月 - )
  • トリンプ「AMO'S STYLE」夢みるブラでがんばれ編(2004年7月)
  • サミーSEVEN SAMURAI 20XX(2003年12月 - )[192] - ゲーム版「七人の侍」シンボルキャラクター
  • 金冠堂「金柑のど飴」(2004年09月 - )
  • 映画「マンマ・ミーア!」(松田聖子と共演)(2009年01月)
  • シュワルツコフヘンケル「Diosa」(松田聖子と共演)「パオン ディオーサ クリーム リニューアル登場編」(2012年10月 - )
  • アサヒフードアンドヘルスケア「キレイな間食」 「がんばるって甘酸っぱい」編 (2014年9月 - )[4][193]
  • アース製薬
    • 「アース渦巻香」(2015年5月 - )
    • 「スッキーリ!」(2016年)
  • バンダイナムコエンターテインメントアイカツ! My No.1 Stage!」(2015年7月 - )
  • タマホーム「ハッピーソング 神田沙也加編」(2015年9月14日 - )
  • 明色化粧品「明色brilliant colors」ブランドイメージモデル
    • 明色オーガニックローズ(2016年1月 - )
    • DETクリア「DETクリア ピーリングジェリー」(2016年3月 - )[194]
    • モイストラボBBシリーズ(2016年5月 - )
  • au×HAKUTO MOON CHALLENGE ローバーフライトモデル(2016年)アンバサダー[195]
  • アリシアクリニック(2017年 - 2018年11月) ※ 関東限定 [196]
  • SoftBank「真夏のバッキャロー」編(2019年8月1日 - )[197][198]

イベント・ライブ[編集]

  • 2003年9月7日、「garden's party」(渋谷ネプシス)[199]
  • 2003年10月28日、「セイコマツダ キモノ」2004年新作ショー[200]
  • 2003年12月20日、「ディズニープリンセス・クリスマスパーティー」 - ゲスト出演[201]
  • 2004年10月3日、「シークレットライブ」(原宿YMスクエア1階広場)[202]
  • 2011年6月30日、SAYAKA KANDA 1st LIVE ALIVE 2011「Sweet Liberty」(赤坂BLITZ)[203]
  • Angelic Pretty - ゲストモデル
    • 2011年12月14日、Angelic Pretty 10th Anniversary Party「Memorial Twinkle Night」
    • 2012年12月7日、「星降る夜のFantasic Party」Lily名義(Silent Lilyとしてライブも)
    • 2013年12月2日、「星降る夜のGlorious Night Carnival」(Lily名義での参加)
    • 2014年12月15日、「星降る夜の Princess Dreamy Carnival 〜夢見るプリンセスたちの星夜会〜」(TRUSTRICKとして参加)
    • 2015年12月7日、「星煌く Luminous Night Festival★ 〜Angelic Pretty 15th Anniversary〜」(TRUSTRICKとして参加)
  • 2012年3月22日、ドリームクリエイター主催「皆で作る文化祭ドリクリコンベンション」内「歌ってみたコンテスト」 - MC
  • 2013年9月15日、「東京ランウェイ2013 AUTUMN/WINTER」- 「Oui, Ayano Ruban」 - ゲストモデル
  • 2014年12月20日、ライヴ「alan symphony 2014〜asian future〜」(日本青年館大ホール) - ゲスト出演
  • 2015年7月8日、ユミカツラ50周年&リーガロイヤルホテル80周年記念パーティー - ゲストモデル[204]
  • 2015年11月11日、丸の内消防署一日署長[205]
  • 2015年12月7日、25ans(ヴァンサンカン)創刊35周年イベント「プリンセス美容博覧会」[206]
  • 2019年9月1日、プレミアイベント「MUSICALOID #38 彼方と此方の其方 (アチラトコチラノソチラ)」(新宿ReNY
  • 2020年7月5日、Precious Moment (TBS ACTシアター)
  • 2020年11月28日、「IDOLY PRIDE-VENUS STAGE/RE:BEGINNING」(幕張メッセイベントホール)
  • 2021年6月13日、MUSICALOID #38 Act.3 発売記念オンラインライブ〜彼方と此方と其方〜(アチラトコチラトソナタ)

雑誌モデルなど[編集]

その他ディズニー関係[編集]

ファッションプロデュース[編集]

  • 2011年、『AMALIA Rose(アマリアローズ)』(株式会社フローレス、株式会社Allegretto)設立。期間限定プロデュース。
  • 2019年6月、『Maison de FLEUR Petite Robe(メゾン ド フルール プチローブ)』(株式会社ストライプインターナショナル)内レーベル『Maison de FLEUR Petite Robe canone(メゾン ド フルール プチローブ カノン)』コンダクター(プロデューサー)就任[209]

書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 最初のワンフレーズを松田が歌ったあと、ステージに設えた大階段上に神田が現れて歌い継いだ。曲の後半には松田が再登場して、娘の歌う姿を涙ながらに見守った。その模様は2002年11月にリリースされた松田のDVD『Seiko Matsuda Concert Tour 2002 Jewel Box』で確認できる。
  2. ^ Silent Lilyはアルバム『LIBERTY』がきっかけとなり、元CORE OF SOULソン・ルイ飯塚啓介とともに結成した。「少女シンドローム」からファーストライブまでの企画バンド[39]
  3. ^ 出演予定であった公演は、ダブルキャストの朝夏が代役を務め上演された[62]
  4. ^ 命日からの数えでは、2月4日が本来の四十九日であるが、「三月またぎ」「三月越(みつきごし)」を避け、繰り上げての日程となった。
  5. ^ a b c d 2019年以降の音源では武内駿輔へ差し替え。
  6. ^ 「SAYAKA HATANO」とクレジットされた[25]
  7. ^ 2010年劇団☆新感線30周年興行・春。
  8. ^ TRUSTRICKとして主題歌「World's End Curtain Call - theme of DANGANPONPA THE STAGE」も担当[149]

出典[編集]

  1. ^ a b 35年前、松田聖子が沙也加さんと共に退院した際、病院前に3000人、お宮参りには1000人のファンが集まった”. デイリー新潮 (2021年12月25日). 2022年9月23日閲覧。
  2. ^ a b c 俳優の神田沙也加さんが死去 35歳、札幌市内のホテルに滞在中」『朝日新聞デジタル』、2021年12月19日。2021年12月19日閲覧。オリジナルの2021年12月19日時点におけるアーカイブ。
  3. ^ sayakakandaの2019年5月23日のツイート2022年9月3日閲覧。
  4. ^ a b 〜フルーツ&ナッツ〜 キレイな間食”. 『キレイな間食』ブランドサイト. アサヒフードアンドヘルスケア. 2015年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月7日閲覧。
  5. ^ a b 神田沙也加プロフィール”. 神田沙也加オフィシャルウェブサイト. ファンティック. 2015年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月7日閲覧。
  6. ^ a b “新会社設立、並びに「神田沙也加」移籍に関するご案内” (プレスリリース), ファンティック, (2017年5月1日), オリジナルの2017年6月3日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20170603070100/http://www.fantic.jp/news.html 2017年5月1日閲覧。 
  7. ^ 近藤正高「山口百恵と松田聖子の結婚で決定的に違ったものとは? アイドルと“結婚”というタブーの歴史」『時事ドットコム』(文春オンライン)、2020年11月19日。2020年12月19日閲覧。オリジナルの2020年11月19日時点におけるアーカイブ。
  8. ^ a b 女優 神田沙也加に聞く 「有名人の娘」卒業」『ENAK』松本明子、2007年9月1日。2013年9月19日閲覧。オリジナルの2012年3月3日時点におけるアーカイブ。
  9. ^ 神田沙也加 (2011年10月20日). 女優・神田沙也加 ミュージカルで13役に挑戦 葛藤越え野望に邁進(1/3ページ). インタビュアー:平松澄子. MSN産経west.. オリジナルの2011-10-20時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111020011219/http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/111020/wlf11102007240001-n1.htm 2016年7月6日閲覧。 
  10. ^ 神田沙也加 (2015年7月16日). “大人ロリータ、KERA!について。”. 神田沙也加オフィシャルブログ. 2017年4月25日閲覧。
  11. ^ a b c 【エンタがビタミン♪】神田沙也加 KERA休刊に寂しさにじませる「私が読モなのは永久にKERA!だけ」”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン (2017年3月30日). 2017年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月25日閲覧。
  12. ^ a b 中山雄一朗 (2015年2月6日). “神田沙也加、芸能活動休止の真相を告白 懐石料理屋でバイト”. シネマトゥデイ. 2018年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月14日閲覧。
  13. ^ a b c 神田沙也加、芸名を4回変えた過去「SAYAKA」「Lily」「上原純」」『マイナビニュース』、2013年6月28日。2014年6月29日閲覧。オリジナルの2018年9月30日時点におけるアーカイブ。
  14. ^ 神田沙也加、ガチメガネの“すっぴん”ショットに反響「肌綺麗」「美しい」と絶賛の声”. モデルプレス (2018年7月19日). 2018年7月20日閲覧。
  15. ^ 神田沙也加 [@sayakakanda] (2018年7月19日). "すごく目が悪くて視力は0.1ないので、普段はコンタクトで、このガチメガネはJINSのです。". Instagramより2018年7月20日閲覧
  16. ^ 【エンタがビタミン♪】ふなっしーが神田沙也加をべた褒め。「さやかちゃん妖精属!」”. Techinsight (2014年7月19日). 2014年12月20日閲覧。
  17. ^ a b 神田沙也加がナレーションを担当、ふなっしーDVD『ふなのみくす』シリーズ第2弾は沖縄へ」、CDジャーナル、2015年5月28日、2015年6月20日閲覧。
  18. ^ a b “生粋”のアニメ好き、神田沙也加が声優デビューに「オーホッホ!」」『MSN産経ニュース』、2012年7月4日。2016年7月6日閲覧。オリジナルの2012年7月4日時点におけるアーカイブ。
  19. ^ 神田沙也加がアニメオタクっぷりを披露 番組レギュラー陣はア然”. livedoor ニュース (2014年7月8日). 2014年12月31日閲覧。
  20. ^ sayakakandaの2015年8月28日 のツイート2015年8月29日閲覧。
  21. ^ 神田沙也加、三森すずこと中学校の同級生だった」『日刊スポーツ』、2015年8月29日。2022年9月3日閲覧。
  22. ^ 神田沙也加“13年来の親友”中島美嘉との深い関係を明かす「わたしの片耳は彼女のもの」”. モデルプレス (2018年5月7日). 2018年5月8日閲覧。
  23. ^ 大地真央「娘」神田沙也加さんの訃報に「コメント出せる状況にありません」”. 日刊スポーツ (2021年12月20日). 2021年12月20日閲覧。
  24. ^ 神田沙也加さん“形見”の「松田聖子御殿」初公開!保存続ける婦人科院長が明かす一家との交流”. Yahoo! News. 女性自身 (2023年1月11日). 2023年1月22日閲覧。
  25. ^ a b c SAYAKAカンヌで女優デビュー」『Sponichi Annex』、2001年5月21日。2018年10月20日閲覧。オリジナルの2001年6月11日時点におけるアーカイブ。
  26. ^ 聖子武道館公演 客席にSAYAKA!」『スポーツニッポン』、2001年6月27日。2014年11月13日閲覧。オリジナルの2001年12月30日時点におけるアーカイブ。
  27. ^ 松田聖子が全国ツアースタート 神田沙也加さん急逝から半年「心の中にずっと生き続けています」」『』日刊スポーツ、2022年6月11日。2022年6月11日閲覧。
  28. ^ a b SAYAKAは舞台の“顔”…亜門ミュージカルで評判」『zakzak』、2004年3月27日。2013年9月19日閲覧。オリジナルの2014年8月11日時点におけるアーカイブ。
  29. ^ a b c 神田沙也加:宮本亜門のアドバイスに「救われた」 ミュージカルデビュー振り返る」『MANTANWEB』、2015年2月25日。2015年3月14日閲覧。オリジナルの2015年2月26日時点におけるアーカイブ。
  30. ^ 神田沙也加さんミュージカル界背負う女優に 困難に立ち向かう役合っていた」『』日刊スポーツ、2021年12月25日。2021年12月25日閲覧。
  31. ^ SAYAKA、初のスッピン披露」『zakzak』、2004年6月16日。2019年3月31日閲覧。オリジナルの2004年6月16日時点におけるアーカイブ。
  32. ^ a b 神田沙也加、約1年半のアルバイト生活「子どもに賃金の尊さを教えるため」」『』マイナビニュース、2015年3月13日。2015年3月14日閲覧。オリジナルの2021年12月18日時点におけるアーカイブ。
  33. ^ a b 神田沙也加. vol.36 女優 神田沙也加 舞台を居場所にしたい. (インタビュー). 朝日新聞,マイナビ転職.. オリジナルの2015-04-02時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150402142850/https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/heroes_file/036 2015年3月14日閲覧。 
  34. ^ 改めまして「神田沙也加」です…舞台「紫式部ものがたり」製作発表が“復帰会見”に」『スポーツ報知』、2006年9月22日。2015年4月30日閲覧。オリジナルの2007年1月20日時点におけるアーカイブ。
  35. ^ 神田沙也加 (2007年10月15日). ひとインタビュー 役柄にとことん入り込む快感 舞台に立つ瞬間がたまらない 第五十一回 神田沙也加さん(2/2). インタビュアー:井上理江. どらく.. オリジナルの2007-10-27時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071027122041/http://doraku.asahi.com/hito/interview/html/071015_02.html 2015年3月14日閲覧。 
  36. ^ 神田沙也加「首がさむ〜い」…HBC「たった一度の雪」の札幌ロケ」『スポーツ報知』、2007年1月18日。2013年9月19日閲覧。オリジナルの2007年1月20日時点におけるアーカイブ。
  37. ^ 【紅白ライブ】(14)聖子&沙也加は頬寄せ合い「上を向いて歩こう」」『MSN産経ニュース』、2012年1月1日。2016年7月6日閲覧。オリジナルの2012年1月1日時点におけるアーカイブ。
  38. ^ 神田沙也加、声優デビュー「念願かなった!」」『SANSPO.COM』、2012年7月4日。2014年7月8日閲覧。オリジナルの2012年7月10日時点におけるアーカイブ。
  39. ^ 神田沙也加 [@sayakakanda] (2013年5月1日). "解散とかじゃなくて、サイリリは少女シンドロームから1st LIVEまでの企画だったのです/ _ ;ごめんね。でも、ソンの書く曲は永遠に腐らない宝です。だからSilent Lilyは、私の最後の宝です。RT @yamayumayu: @sayakakanda これから世に出ていって" (ツイート). Twitterより2021年5月24日閲覧
  40. ^ 神田沙也加、生歌でディズニー監督泣かす」『』ORICON STYLE、2014年1月30日。2014年11月13日閲覧。
  41. ^ 神田沙也加を救った、テリー伊藤の"2度"の言葉「もう七光りじゃない」」『マイナビニュース』、2014年6月23日。2014年11月13日閲覧。
  42. ^ 『アナ雪』日本での圧倒的ヒットに海外メディア驚愕…その要因を分析”. NewSphere (2014年7月24日). 2014年11月13日閲覧。
  43. ^ “紅白歌合戦:神田沙也加「アナ雪」熱唱で感涙”. MANTANWEB. (2014年12月31日). オリジナルの2014年12月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141231161642/https://mantan-web.jp/2014/12/31/20141231dog00m200025000c.html 2015年1月27日閲覧。 
  44. ^ 週刊女性2017年11月7日号[要ページ番号]
  45. ^ 『アナと雪の女王』で話題の神田沙也加、新ユニット・TRUSTRICKデビュー!」『マイナビニュース』、2014年4月24日。2014年4月24日閲覧。
  46. ^ “ネット上に11番目の競馬場がオープン!!競馬の魅力をSNSで広げていく全く新しい競馬エンタメサイト umabi.jp 人気タレントのGENKINGさん、音楽プロデューサーの小室哲哉さん、イラストレーターの小山健さんら豪華メンバーを起用した、多彩なコンテンツ満載 2015年10月12日(月)10時サイトオープン” (PDF) (プレスリリース), 日本中央競馬会, (2015年10月9日), https://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M103472/201510094468/_prw_OR1fl_bKzB15Bm.pdf 2021年5月24日閲覧。 
  47. ^ 小室哲哉&神田沙也加、新ユニット「TKfeat.TK」結成 tofubeatsも参加」『ORICON STYLE』株式会社oricon ME、2015年10月26日。2015年10月26日閲覧。
  48. ^ 『走れ!サユリちゃん』”. Umabi.jp. JRA (2015年11月27日). 2015年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月8日閲覧。
  49. ^ TRUSTRICKが活動休止を発表 神田沙也加「ここで一度節目を迎えます」」『ORICON STYLE』oricon ME、2016年11月26日。2016年11月26日閲覧。
  50. ^ 神田沙也加、号泣でファンに感謝 「TRUSTRICK」活動終止符」『SANSPO.COM』産経デジタル、2016年12月18日。2016年12月18日閲覧。
  51. ^ a b 神田沙也加 村田充と結婚 幸せツーショット披露」『デイリースポーツ online』株式会社デイリースポーツ、2017年4月27日。2021年5月24日閲覧。オリジナルの2017年4月27日時点におけるアーカイブ。
  52. ^ 神田沙也加 [@sayakakanda] (2017年4月26日). "関係者各位・ファンの皆様 平素より大変お世話になっております。この度は私事でお騒がせしてしまい申し訳ありません。". 2017年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。Instagramより2017年4月26日閲覧
  53. ^ 神田沙也加、村田充とハワイで挙式していた!父・正輝も出席」『sanspo.com』産経デジタル、2017年5月13日。2017年5月13日閲覧。
  54. ^ 沙也加が結婚披露パーティー「ちょくちょくキス」」『日刊スポーツ』日刊スポーツ、2017年5月14日。2022年12月13日閲覧。
  55. ^ 【菊田一夫演劇賞】神田沙也加、受賞スピーチで涙ぐむ「目標だった」」『ORICON NEWS』オリコン、2018年4月26日。2018年5月8日閲覧。
  56. ^ 神田沙也加&Billyの音楽ユニット「TRUSTRICK」解散発表 2016年から活動休止」『ORICON NEWS』oricon ME、2019年4月5日。2019年4月6日閲覧。
  57. ^ 神田沙也加と村田充が離婚を報告」『ORICON NEWS』、2019年12月4日。2019年12月4日閲覧。オリジナルの2019年12月4日時点におけるアーカイブ。
  58. ^ 黒崎真音X神田沙也加が新ユニット・ALICes結成」『音楽ナタリー』ナターシャ、2020年9月25日。2020年9月26日閲覧。オリジナルの2020年9月27日時点におけるアーカイブ。
  59. ^ a b 神田沙也加さん急死 ホテル高層階から転落」『スポーツ報知』、2021年12月19日。2021年12月19日閲覧。オリジナルの2022年1月8日時点におけるアーカイブ。
  60. ^ 神田沙也加さん死去 35歳 札幌のホテル高層階から転落か」『Sponichi Annex』、2021年12月19日。/2021/12/18/kiji/20211219s00041000147000c.html オリジナルの2021年12月18日時点におけるアーカイブ。
  61. ^ 札幌劇場前で沙也加さんのファン涙 「大雪の日にどうして」「もう二度と見られないのかと思うと残念」」『スポニチ Sponichi Annex』、2021年12月20日。2021年12月20日閲覧。
  62. ^ DosinPlayGuideの2021年12月18日のツイート2021年12月18日閲覧。
  63. ^ 神田沙也加さん、急死直前に父・神田正輝と電話していた」『スポーツ報知』、2021年12月19日。2021年12月19日閲覧。オリジナルの2021年12月18日時点におけるアーカイブ。
  64. ^ a b 死因は転落による外傷性ショック神田沙也加さん、北海道警発表」『デイリースポーツ online』。2021年12月21日閲覧。オリジナルの2021年12月21日時点におけるアーカイブ。
  65. ^ 俳優・神田沙也加さん急死 35歳、札幌のホテルから搬送」『毎日新聞』、2021年12月19日。2022年9月3日閲覧。
  66. ^ a b 谷口拓未「神田沙也加さん、死因は外傷性ショック 北海道警が発表」『毎日新聞』毎日新聞社、2021年12月20日。2021年12月20日閲覧。オリジナルの2021年12月20日時点におけるアーカイブ。
  67. ^ 神田沙也加さん 死因は外傷性ショック 北海道警」『産経ニュース』、2021年12月20日。2022年9月3日閲覧。
  68. ^ 神田沙也加さんホームページで死因報告「真摯に受け止め」原因は公表控え」『日刊スポーツ』、2021年12月21日。2021年12月21日閲覧。
  69. ^ a b 神田沙也加さん ホテルに書き置き 人生のさまざまな思いつづる」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2021年12月22日。2021年12月22日閲覧。オリジナルの2021年12月21日時点におけるアーカイブ。
  70. ^ 神田沙也加さん 周囲に不安な思い明かしていた「喉の手術をしなきゃいけないかも 歌えなくなったら…」」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2021年12月20日。2021年12月22日閲覧。
  71. ^ 神田沙也加に関するお知らせ”. 神田沙也加 Official Web Site. Sayaka-Kanda.Net. (2021年12月19日). 2021年12月19日閲覧。
  72. ^ “公演に関する重要なお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 東宝株式会社, (2021年12月19日), https://www.tohostage.com/myfairlady/info20211219.pdf 2022年9月3日閲覧。 
  73. ^ 沙也加さん出演舞台「マイ・フェア・レディ」25日から再開」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2021年12月22日。2021年12月22日閲覧。
  74. ^ 所属事務所からのお知らせ”. 松田聖子 (2021年12月19日). 2021年12月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年12月19日閲覧。
  75. ^ 公演中止のお知らせ (PDF)”. グランドプリンスホテル新高輪 (2021年12月19日). 2021年12月19日閲覧。
  76. ^ 松田聖子、ディナーショー東京公演に続き大阪4公演も中止」『ORICON NEWS』、2021年12月20日。2022年9月3日閲覧。
  77. ^ NHK紅白曲目発表も松田聖子は後日に延期、出演可否は今後話し合いへ」『スポーツ報知』、2021年12月22日。2022年9月3日閲覧。
  78. ^ 紅白歌合戦 松田聖子さん 出場を辞退」『NHK NEWS WEB』、2021年12月25日。オリジナルの2021年12月25日時点におけるアーカイブ。
  79. ^ 松田聖子、札幌市内斎場に 霊きゅう車助手席に乗り姿みせる…沙也加さんと最期のお別れ」『スポーツ報知』、2021年12月21日。2022年9月3日閲覧。
  80. ^ 松田聖子 目潤ませ霊柩車で斎場に 娘・沙也加さんと最後の別れ 静かに頭下げる」『デイリースポーツ』、2021年12月21日。2022年9月3日閲覧。
  81. ^ 松田聖子、 神田正輝と沙也加さんの骨壺抱え取材対応「みなさんお寒い中、申し訳ございませんでした」」『スポーツ報知』、2021年12月21日。2022年9月3日閲覧。
  82. ^ ファンの皆様、関係者の皆様”. 株式会社ローブ (2021年12月21日). 2022年9月3日閲覧。
  83. ^ 神田沙也加さん急死 声優出演作「IDOLY PRIDE」が追悼「心より感謝と哀悼の意を表します」」『スポニチアネックス』、2021年12月19日。2021年12月19日閲覧。
  84. ^ ディズニーが“アナ”神田沙也加さん追悼」『日テレNEWS24』、2021年12月19日。2021年12月20日閲覧。
  85. ^ 沙也加さんが担当 ゲームの声継続、「IDOLY PRIDE」公式ツイッターで発表」『スポーツニッポン』、2021年12月21日。2022年9月3日閲覧。
  86. ^ 神田沙也加さん 出演予定だったミュージカル「銀河鉄道999」が公式サイトで追悼「ただとても残念」」『スポーツニッポン』、2021年12月19日。2022年9月3日閲覧。
  87. ^ 舞台「銀河鉄道999」メーテル役は花總まりに、チケットの販売スケジュールも発表」『コミックナタリー』、2022年2月7日。2022年5月6日閲覧。
  88. ^ 寺脇康文が別所哲也が共演の神田沙也加さん悼む…「分かち合えた全てが宝物です」」『スポーツ報知』、2021年12月19日。2022年9月3日閲覧。
  89. ^ 別所哲也、神田沙也加さんに3分30秒超えコメント「いくつもの思い出が、語りきれないほどあります」」『スポーツ報知』、2021年12月20日。2022年9月3日閲覧。
  90. ^ 宮本亞門さん、「私、本物になりたいんです」と言っていた神田沙也加さんに「もっと生きて欲しかった」」『スポーツ報知』、2021年12月20日。2022年9月3日閲覧。
  91. ^ 松たか子 “妹”神田沙也加さん追悼「私にとってかけがえのない宝物です」…コメント全文」『スポーツ報知』、2021年12月19日。2022年9月3日閲覧。
  92. ^ 元夫の村田充 神田沙也加さん追悼「共に過ごした時間に感謝」「彼女の歌声は、まるで天使のようでした」」『スポーツニッポン』、2021年12月19日。2022年9月3日閲覧。
  93. ^ 同級生三森すずこ「どうして?」竹達彩奈ら声優仲間も神田沙也加さん悼む」『日刊スポーツ』、2021年12月19日。2022年9月3日閲覧。
  94. ^ 中島美嘉 大親友・神田沙也加さんを花の写真で偲ぶ ファンからも「心配です」の声」『スポーツニッポン』、2021年12月19日。2022年9月3日閲覧。
  95. ^ “相方”黒崎真音 神田沙也加さん追悼「ALICesは解散しません。さやはわたしの中にいる」」『スポーツニッポン』、2021年12月19日。2022年9月3日閲覧。
  96. ^ Billy_Guの2021年12月20日のツイート2022年9月3日閲覧。
  97. ^ SUGIZOofficialの2021年12月19日のツイート2022年9月3日閲覧。
  98. ^ ふなっしー公式サイトが神田沙也加さん追悼 親友ふなっしー本人はコメント出せず」『スポーツニッポン』、2021年12月19日。2022年9月3日閲覧。
  99. ^ 神田沙也加さんが慕っていた大地真央はSNSに追悼コメント「さや やすらかに…… Love」」『スポーツ報知』、2021年12月22日。2021年12月22日閲覧。
  100. ^ show_ismの2021年12月19日のツイート2022年9月3日閲覧。
  101. ^ 前山剛久、神田沙也加さん追悼コメントを発表 交際認め「将来を見据えたお話もさせていただいておりました」」『スポーツ報知』、2021年12月22日。2021年12月22日閲覧。
  102. ^ “前山剛久に関するお知らせ” (プレスリリース), ワタナベエンターテインメント, (2021年12月22日), https://www.watanabepro.co.jp/information/pressrelease_211222.html 2021年12月22日閲覧。 
  103. ^ 村田充、神田沙也加さんの愛犬は「大切に育てます、その準備を」」『日刊スポーツ』、2021年12月24日。2021年12月24日閲覧。
  104. ^ 村田充「掃除を終えた直後オシッコを踏みました」神田沙也加さん愛犬の近況」『日刊スポーツ』、2022年1月5日。2022年1月5日閲覧。
  105. ^ “著名人の自殺に関する報道にあたってのお願い” (PDF) (プレスリリース), 厚生労働省, (2021年12月19日), https://www.mhlw.go.jp/content/000869139.pdf 2022年9月3日閲覧。 
  106. ^ 松田聖子&神田正輝に「お気持ち」質問 「お前らが自分の子供亡くしたのと同じ」有吉激怒が再注目」『J-CAST ニュース』、2021年12月22日。2022年9月3日閲覧。
  107. ^ 神田沙也加さんめぐる過熱報道に警鐘 芸能人の権利保護団体「冷静かつ慎重な対応を」」『J-CAST ニュース』、2021年12月23日。2022年9月3日閲覧。
  108. ^ 神田沙也加さん、四十九日法要は1月30日に親族で執り行われる」『スポーツ報知』、2022年2月3日。2022年2月3日閲覧。
  109. ^ SAYAKA、母・聖子とWでネイルクイーンだ」『zakzak』、2003年11月17日。2016年4月7日閲覧。オリジナルの2003年12月3日時点におけるアーカイブ。
  110. ^ 神田沙也加:「ゆうもあ大賞」受賞に喜び 「いつまでもユーモアのある女性で……」」『MANTANWEB』、2014年12月10日。2014年12月11日閲覧。オリジナルの2014年12月11日時点におけるアーカイブ。
  111. ^ 第九回声優アワード授賞者発表”. 声優アワード. 2015年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月8日閲覧。
  112. ^ 指原莉乃・神田沙也加・西川史子が“今年最も輝いている人”に 美髪の秘訣を明かす”. モデルプレス (2016年8月30日). 2016年8月31日閲覧。
  113. ^ 第43回菊田一夫演劇賞大賞は「ビリー・エリオット」上演関係者、演劇賞に城田優ら」『ステージナタリー』、2018年4月4日。2018年4月15日閲覧。
  114. ^ 神田沙也加さんが特別功労賞受賞者として顕彰 第16回声優アワード 2015年には主演女優賞」『日刊スポーツNEWS』、2022年3月5日。2022年3月5日閲覧。
  115. ^ SAYAKA17歳誕生日を250人が祝福」『nikkansports.com』、2003年10月1日。2017年3月16日閲覧。オリジナルの2003年10月2日時点におけるアーカイブ。
  116. ^ 神田沙也加、ぱっつん前髪&フリルブラウスで管理官役……「らしくない管理官になりました 笑」”. RBB TODAY (2014年11月12日). 2014年11月13日閲覧。
  117. ^ 神田沙也加、12年ぶり連ドラ出演 初の教師役で美声を披露〈本人コメント〉”. モデルプレス (2015年6月20日). 2015年6月20日閲覧。
  118. ^ フジ『バイキング』 神田沙也加、ふなっしーら“夏休み限定”レギュラー」『ORICON NEWS』ORICON STYLE、2014年7月16日。2014年12月11日閲覧。
  119. ^ 神田沙也加が『音ボケPOPS』MCに就任!8・3から登場」『TVLIFE Web』、学研プラス、2019年8月2日、2019年8月31日閲覧。
  120. ^ 神田沙也加、WOWOW『トニー賞授賞式』ゲスト出演」『ORICON NEWS』ORICON STYLE、2014年6月3日。2016年4月7日閲覧。
  121. ^ 神田沙也加『アナと雪の女王』放送直前SPで“隠された秘密”を公開”. テレビドガッチ (2017年3月4日). 2017年3月16日閲覧。
  122. ^ 神田沙也加 - オリコンTV出演情報
  123. ^ トラトリ神田沙也加&よゐこ有野、マンガ紹介番組MCに」『音楽ナタリー』、2016年10月14日。2017年1月14日閲覧。
  124. ^ SAYAKA「ドラゴン・ヘッド」に「高得点よ」」『SANSPO.COM』、2003年7月30日。2017年3月16日閲覧。オリジナルの2005年3月6日時点におけるアーカイブ。
  125. ^ 神田沙也加、桜田通にガン飛ばし…「劇場版 さらば仮面ライダー電王-」」『スポーツ報知』、2008年10月5日。2013年8月28日閲覧。オリジナルの2008年10月5日時点におけるアーカイブ。
  126. ^ ゲキ×シネ最新作『薔薇とサムライ』完成披露試写会”. シアターガイド (2011年6月9日). 2014年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。
  127. ^ 神田沙也加:熱愛報道に笑顔でVサイン 映画「アメイジング グレイス」初日あいさつ」『MANTANWEB』、2011年8月13日。2013年8月28日閲覧。オリジナルの2011年8月14日時点におけるアーカイブ。
  128. ^ 映画「3D彼女」劇中アニメの“魔法少女・えぞみち”の声は神田沙也加」『コミックナタリー』株式会社ナターシャ、2018年2月13日。2018年2月13日閲覧。
  129. ^ 『紫式部ものがたり』制作発表会”. シアターガイド (2006年10月4日). 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月19日閲覧。
  130. ^ 新国立劇場『夏の夜の夢』公開通し稽古”. シアターガイド (2007年6月7日). 2015年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月19日閲覧。
  131. ^ クリスタルたまき (2009年6月4日). “舞台で見事花開いた神田沙也加『夏の夜の夢』”. Techinsight. 2013年9月19日閲覧。
  132. ^ ミュージカル『ウーマン・イン・ホワイト』製作発表会”. シアターガイド (2007年6月22日). 2015年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月19日閲覧。
  133. ^ 森山未來&YUKIが朗読劇「LOVE LETTERS」で奇跡の競演」『ナタリー』、2010年10月25日。2013年9月19日閲覧。
  134. ^ 『グリース』稽古場レポート【前編・神田沙也加さんインタビュー】!”. フジテレビ (2008年10月17日). 2008年10月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月19日閲覧。
  135. ^ 神田沙也加がヒロイン、新たな解釈も 『AKURO 悪路』再演」『asahi.com』、2008年11月24日。2013年9月19日閲覧。
  136. ^ 「レ・ミゼラブル」、2009年版は神田沙也加らを新たに迎えて」『』チケットぴあ、2008年12月2日。2013年9月19日閲覧。オリジナルの2013年5月12日時点におけるアーカイブ。
  137. ^ ミュージカル『レ・ミゼラブル』製作発表会見【神田沙也加】」『女性自身』2010年12月7日、2013年9月19日閲覧。
  138. ^ 薮宏太主演『SHE LOVES ME』製作発表会”. シアターガイド (2009年10月28日). 2013年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月19日閲覧。
  139. ^ 高畑充希&神田沙也加が鮮やかに飛ぶ!29年目の「ピーターパン」”. チケットぴあ (2009年7月9日). 2013年9月19日閲覧。
  140. ^ 神田沙也加、ミュージカル『ピーターパン』本番中に靭帯損傷」『ORICON NEWS』、2009年8月6日。2013年9月19日閲覧。
  141. ^ 中川實穗 (2017年5月29日). “『ピーターパン』6年ぶり神田沙也加「内面も見せていきたい」”. チケットぴあ. 2017年10月8日閲覧。
  142. ^ 神田沙也加x村田充「朗読劇」出演へ ファン「夫婦だ!」「素敵」と歓喜」『ORICON NEWS』、2019年4月9日。2019年4月14日閲覧。
  143. ^ ファンタスティックス”. チケットぴあ. 2013年9月19日閲覧。
  144. ^ 神田沙也加、新作舞台で一人15役!母親を演じて母性本能に目覚めた?「赤ちゃんが生まれたら子煩悩な母親になるかも」”. シネマトゥデイ (2011年10月7日). 2013年9月19日閲覧。
  145. ^ 沙也加、ヒロインで「SHOCK」初参加」『nikkansports.com』、2011年10月27日。2013年8月28日閲覧。
  146. ^ 真紀和泉「【エンタがビタミン♪】「2012年は主演」の夢が実現。神田沙也加がミュージカル“ひめゆり”でキミ役に抜擢。」『エキサイトニュース』(Techinsight)、2012年2月3日。2013年9月19日閲覧。
  147. ^ 長谷川亮 (2012年3月1日). “神田沙也加、赤毛のアン役に抜てき! 母・聖子は「責任感を持ってやりなさい」とアドバイス!”. シネマトゥデイ. 2013年9月19日閲覧。
  148. ^ 神田沙也加、ギャル姿にノリノリ 「かっこいい」と共演者も絶賛」『ORICON NEWS』、2014年7月4日。2014年7月7日閲覧。
  149. ^ 神田沙也加のユニット新曲が舞台「ダンガンロンパ」主題歌に”. RBB TODAY (2014年9月16日). 2014年12月11日閲覧。
  150. ^ 神田沙也加が再び江ノ島盾子に!「ダンガンロンパ THE STAGE」出演決定」『ステージナタリー』、2016年2月19日。2016年2月19日閲覧。
  151. ^ 神田沙也加といしだ壱成が語る舞台『スーダン2』”. チケットぴあ (2017年3月30日). 2017年10月8日閲覧。
  152. ^ 神田沙也加、人気キャラ役に貫禄「カリスマでいようと」」『ORICON NEWS』オリコン、2018年4月3日。2018年5月8日閲覧。
  153. ^ 石川禅、神田沙也加&舞羽美海、平方元基&良知真次らが出演 『ダンス オブ ヴァンパイア』キャストが追加発表に”. シアターガイド (2015年3月30日). 2015年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月10日閲覧。
  154. ^ 桜井玲香、相葉裕樹、東啓介ら"帝国劇城”ヘ! 「ダンスオブヴァンパイア」」『ステージナタリー』、2019年2月8日。2019年2月10日閲覧。
  155. ^ 「1789」小池徹平、加藤和樹ら豪華衣装で登場「間違いなく革命的な作品に」」『ステージナタリー』ナターシャ、2016年4月7日。2019年6月2日閲覧。
  156. ^ 愛とロックのフランス革命、小池徹平・神田沙也加が情熱燃やす「1789」」『ステージナタリー』、2018年4月11日。2022年9月3日閲覧。
  157. ^ ミュージカル「キューティ・ブロンド」が来春上演、主演は神田沙也加」『ステージナタリー』、2016年6月27日。2016年6月27日閲覧。
  158. ^ シアタークリエ ミュージカル『キューティ・ブロンド』”. 東宝 (2016年10月29日). 2016年10月29日閲覧。
  159. ^ 神田沙也加の笑顔弾ける、ピンクで彩られた「キューティ・ブロンド」開幕」『ステージナタリー』ナターシャ、2019年2月11日。2019年6月2日閲覧。
  160. ^ 「マイ・フェア・レディ」イライザ役は朝夏まなと&神田沙也加」『ステージナタリー』ナターシャ、2017年12月25日。2017年12月27日閲覧。
  161. ^ 朝夏まなと・神田沙也加主演「マイ・フェア・レディ」に前山剛久・寺西拓人が初出演」『ステージナタリー』ナターシャ、2021年3月28日。2021年3月28日閲覧。
  162. ^ ふぉ〜ゆ〜主演「SHOW BOY」がシアタークリエで、共演に神田沙也加ほか」『ステージナタリー』ナターシャ、2019年3月20日。2019年3月31日閲覧。
  163. ^ 大地真央&神田沙也加、2人で涙…誕生日サプライズに「泣いちゃう」「大好きです」」『マイナビニュース』マイナビ、2021年2月5日。2021年11月21日閲覧。
  164. ^ ミュージカル「王家の紋章」再々演に浦井健治・海宝直人・神田沙也加・木下晴香」『ステージナタリー』ナターシャ、2020年6月12日。2021年3月28日閲覧。
  165. ^ 入倉功一 (2014年10月16日). “神田沙也加、映画作品でナレーション初挑戦!テーマは大人”. シネマトゥデイ. 2022年9月3日閲覧。
  166. ^ 神田沙也加、初レギュラー番組のナビゲーターに就任」『ORICON NEWS』、2014年9月27日。2014年9月27日閲覧。
  167. ^ 田中沙織 (2015年1月20日). “神田沙也加、プラネタリウムのナレーションと音楽を担当”. RBB TODAY. 2015年1月27日閲覧。
  168. ^ SEKAI NO OWARI、Nコン関連番組 中学生からのプレゼントに感激」『ORICON NEWS』ORICON、2015年9月10日。2015年9月10日閲覧。
  169. ^ 神田沙也加がテレ東『美の巨人たち』の新ナレーターに 小林薫は続投”. CINRA.NET (2017年10月6日). 2017年10月8日閲覧。
  170. ^ じぶんBELIEVER”. じぶんBELIEVER. TBS. 2018年6月21日閲覧。
  171. ^ 「トラトリ神田沙也加&Billy「銃皇無尽のファフニール」に声優出演」『音楽ナタリー』、2015年1月15日。2022年9月4日閲覧。
  172. ^ スタッフ&キャスト情報”. コンビニカレシ 公式ホームページ. TBSテレビ. 2017年6月18日閲覧。
  173. ^ CAST/STAFF”. TVアニメ「3D彼女 リアルガール」公式サイト. 2020年2月4日閲覧。
  174. ^ CAST&STAFF”. TVアニメ「IDOLY PRIDE」公式サイト. 2020年3月22日閲覧。
  175. ^ 梶裕貴「ガンバと仲間たち」主人公に!神田沙也加は邦画声優に初挑戦&「アナ雪」以来の劇中歌披露”. 映画.com (2015年7月14日). 2015年7月14日閲覧。
  176. ^ CHARACTER -キャラクター-”. 劇場版 ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール- 公式サイト. 2016年12月6日閲覧。
  177. ^ 神田沙也加、ヤマト映画リメイクで「本当の意味での声優デビュー」」『スポーツ報知』報知新聞社、2017年1月6日。2017年1月6日閲覧。[リンク切れ]
  178. ^ ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期”. スパイク・チュンソフト. 2016年9月20日閲覧。
  179. ^ “神田沙也加:赤のホットパンツ姿で太ももあらわ ハマケン「いやらしいですね〜」”. MANTANWEB. (2017年1月22日). オリジナルの2017年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170202072827/http://mantan-web.jp/2017/01/22/20170122dog00m200009000c.html 2017年1月27日閲覧。 
  180. ^ 電撃PlayStation』Vol.633、KADOKAWA、2017年2月23日、 [要ページ番号]
  181. ^ キャラクター紹介ページ”. 黒騎士と白の魔王公式サイト. マイネット. 2022年9月4日閲覧。
  182. ^ 電撃PlayStation』Vol.669、KADOKAWA、2018年10月25日、 [要ページ番号]
  183. ^ CHARACTER”. 「IDOLY PRIDE」公式サイト. 2021年12月25日閲覧。
  184. ^ 神田沙也加 (2014年7月19日). 神田沙也加、『アナ雪』の大ブレイクは努力と向上心のたまもの「最低ラインを常に引き上げないと」. インタビュアー:酒井青子. マイナビニュース.. https://news.mynavi.jp/article/20140719-anayuki/ 2014年11月13日閲覧。 
  185. ^ 「アナ雪」続編 松たか子が新曲歌う!神田沙也加とのコンビも継続」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2015年4月21日。2017年1月6日閲覧。
  186. ^ オラフの生まれた日の動画”. Disney+. 2021年1月24日閲覧。
  187. ^ 話題のふきカエ シュガー・ラッシュ:オンライン”. ふきカエル大作戦!! (2018年12月16日). 2018年12月22日閲覧。
  188. ^ SAYAKA、親子2代で「オールナイトニッポン」」『SANSPO.COM』、2003年8月12日。2018年6月22日閲覧。オリジナルの2005年3月6日時点におけるアーカイブ。
  189. ^ SAYAKAの新CM、爽やかになって人形も当たる」『SANSPO.COM』、2002年4月19日。2017年1月27日閲覧。オリジナルの2003年12月11日時点におけるアーカイブ。
  190. ^ 松田聖子&SAYAKA、グリコカレーで親娘共演」『SANSPO.COM』、2002年4月2日。2016年7月6日閲覧。オリジナルの2003年10月4日時点におけるアーカイブ。
  191. ^ SAYAKA、テレビCMでホットパンツ姿披露」『SANSPO.COM』、2002年3月29日。2016年2月3日閲覧。オリジナルの2004年2月17日時点におけるアーカイブ。
  192. ^ SAYAKAが『SEVEN SAMURAI』CMに!”. ファミ通.com (2003年12月19日). 2014年7月7日閲覧。
  193. ^ 神田沙也加:新CMで歌声披露「乙女のポリシー」」『MANTANWEB』、2014年9月17日。2014年11月13日閲覧。オリジナルの2014年11月13日時点におけるアーカイブ。
  194. ^ 神田沙也加、妖精姿で美肌披露”. マイナビニュース (2016年3月1日). 2016年4月7日閲覧。[リンク切れ]
  195. ^ 神田沙也加、憧れのサカナクション・山口に大興奮「すごく感動してる」」『ORICON NEWS』ORICON STYLE、2016年8月29日。2016年8月31日閲覧。
  196. ^ 神田沙也加、脇の下や鼻下の気持ちになりきる」『音楽ナタリー』、2017年1月4日。2017年1月5日閲覧。
  197. ^ 吉沢亮:浴衣姿の広瀬すずと抱き合う瞬間“予想外の出来事”が… 神田沙也加が屋台の看板娘に」『MANTANWEB』、2019年7月31日。2019年8月31日閲覧。
  198. ^ 神田沙也加 - オリコンCM出演情報
  199. ^ SAYAKA、新曲「garden」など4曲披露」『SANSPO.COM』、2003年9月8日。2018年6月22日閲覧。オリジナルの2005年3月6日時点におけるアーカイブ。
  200. ^ 聖子&SAYAKA、ツーショットで着物姿」『SANSPO.COM』、2003年10月28日。2016年8月31日閲覧。オリジナルの2003年12月4日時点におけるアーカイブ。
  201. ^ SAYAKA評、ママ松田聖子は「オーロラ姫」」『SANSPO.COM』、2003年12月21日。2016年8月31日閲覧。オリジナルの2005年3月7日時点におけるアーカイブ。
  202. ^ SAYAKA土砂降り濡れ濡れ初シークレットライブ」『SANSPO.COM』、2004年10月4日。2017年3月16日閲覧。オリジナルの2005年4月6日時点におけるアーカイブ。
  203. ^ 神田沙也加、「すごい感謝してます。松田先輩ありがとう!」”. barks (2011年7月1日). 2020年5月9日閲覧。
  204. ^ 神田沙也加 ウエディングドレス姿初披露「父に見せたい」」『東スポWeb』、2015年7月8日。2016年8月31日閲覧。オリジナルの2021年5月9日時点におけるアーカイブ。
  205. ^ 神田沙也加、指揮棒片手に「電気ショック開始!」 丸の内消防署の“一日署長”に」『エンタメOVO』共同通信社、2015年11月11日。2016年4月7日閲覧。
  206. ^ 神田沙也加「お風呂に2時間くらい」リフレッシュ」『nikkansports.com』、2015年10月3日。2016年8月31日閲覧。
  207. ^ 中山雄一朗 (2015年1月14日). “松たか子、神田沙也加らサプライズ登場!TDLに『アナ雪』その後の世界”. シネマトゥデイ. 2015年1月27日閲覧。
  208. ^ 名鹿祥史 (2015年3月4日). “メリル・ストリープ、神田沙也加の歌声を絶賛!「わたしの歌よりずっと良かった」”. シネマトゥデイ. 2015年3月14日閲覧。
  209. ^ 神田沙也加が手掛ける新レーベルがストライプから8月にデビュー、音楽のエッセンスを加えた上品なデザインに”. FASHIONSNAP (2019年6月4日). 2021年10月13日閲覧。
  210. ^ 神田沙也加、歌は“タブー”だった 初の著書で告白」『ORICON NEWS』ORICON STYLE、2015年1月23日。2015年1月27日閲覧。
  211. ^ 神田沙也加、プライベートBOOK「Saya Little Player」発売イベント」『イザ!』産経新聞社、2018年2月18日。2018年5月8日閲覧。

外部リンク[編集]