25ans

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

25ans』(ヴァンサンカン/Vingt cinq ans)は、ハースト婦人画報社が発行し、講談社(2015年4月以降)が発売している女性向けファッション雑誌である。毎月28日(日祝日・年末の場合26~27日)発売。

概要[編集]

1980年4月に創刊された。誌名はフランス語で「25歳」を意味し、「社交界に身を置く20代以上の『お嬢様』」が対象であるが、実際の購読者の平均年齢は30代半ばが中心となっている。創刊初期は「婦人画報」を購読する富裕層家庭の子女を主なターゲットと想定した。「CLASSY.」(1984年~)や「miss家庭画報(→MISS / MISS plus+)」(1989年2013年)と共に「お嬢様雑誌」として知られ、1980年代後半に始まるバブル景気時代に人気を獲得した。上記2誌が一般OL向け路線にシフトしたのに対し、社交界に関する記事を継続して掲載している。

また「今の時代のゴージャスを体験するための情報を発信する、インターナショナル・ラグジュアリー・マガジン」として2012年1月号(2012年11月28日発売)で発売400号目を迎え、ファッション、ビューティ関連以外にも、旅行、リフレッシュ、社会奉仕など、ライフスタイルに関する記事を掲載している。

掲載商品の大多数が欧州の名門ブランドの商品であるほか、ロケ地にも海外のリゾートや有名観光地を多数起用するなど、モード界の最新コレクションに関する情報、ファインジュエリー、高級時計に関する記事も、女性向けのファッション誌としては多くみられる。

連載[編集]

目次前、目次直後、それ以降の特集記事の合間、巻末に連載記事が配置されている。

2014年1月号~12月号[編集]

目次前
  • 木村孝 / ブランドとアート / ミスリンの愛しい気配
  • 杏暦
目次以降
  • 25ans外商部(最新商品) / 斎藤薫 / 杏 LOVES モード
  • ファッション/ジュエリータイムス / 彼とふたりのシェアウォッチ / ビューティタイムス
巻末
  • カルチャー・芸能人インタビュー・ライフスタイル関連各種記事 / Salon de 25ans / POWER PUSH(パブリシティ)

2013年1月号~12月号[編集]

目次前
  • 姫と王子のリアルライフ / ミスリンの愛しい気配 / リバース・プロジェクト
目次以降
  • 杏's 美ロソフィー / 25ans外商部 / 杏のおしゃれクルーズ
  • ファッション/ジュエリータイムス / 彼とふたりのシェアウォッチ / 神田うののエレママ対談
  • 斎藤薫「新美人論」 / 木村孝がひもとく百人一首は美女のバイブル / ビューティタイムス
巻末
  • ライフスタイルタイムス / エディターズ・プライベート・レシピ / 姫のエンタメガイド / 憧れカップルの素敵なパートナーシップ / エレ女のお悩み相談室 / エレ女's社交レポート / Salon de 25ans / POWER PUSH(パブリシティ)
特定スポンサーとのタイアップ

増刊号[編集]

多彩なジャンルのものが発売されている。

25ansウェディング

1980年代創刊。初期のタイトルは「ザ・ウェディング」で、奇数月20~22日頃発売。ドレス、ジュエリー、ビューティ、ゲストスタイルなど、メインテーマは号により異なる。

きもの25ans

2010年創刊。年1回程度発売。

Richesse(リシェス)

2012年創刊。第1号が同年6月28日、第2号が11月28日に発売され、2013年以降は年4回(3・6・9・11月の各28日)発売している。内容は4割程度が旅行、クルーズ、上流階級などカルチャー・ライフ関連、6割程度がファッション・ジュエリー・高級時計・ビューティに関するものとなっている。

読者層[編集]

「25ans」と銘打つものの、実際の購読者の中心は20代後半から40代(平均年齢34,5歳)である。そのターゲットは、可処分所得の多い家庭の子女や、そのような配偶者を持つ主婦、もしくは既婚のキャリアウーマンを主なものとしている。

データ[編集]

  • 出版元:ハースト婦人画報社発行・講談社発売
  • 編集長:十河ひろ美
  • 価格:780円(月により特別定価となり500~1000円まで開きがある)
  • 発売日:毎月28日

モデル[編集]

登場モデル[編集]

一時は外国人モデルを多用していたが、現在は日本人、もしくは混血のモデルを多用している。表紙などを除き特に専属モデルは決まっていない。一部の特例を除き、記事に登場モデル名が表記されなかったが、2012年中頃からスタッフクレジット内に小さく表記されるようになった。

カバーキャラクター・連載
その他記事

読者モデル[編集]

いわゆる読者モデルを多用することでも有名で、裕福な家庭の子女をはじめとする富裕層や海外のセレブリティを常連読者モデルとして多く起用している。過去には叶姉妹を常連読者モデルとして起用していたこともある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “森星、祖母・森英恵さんは「ふつうのおばあちゃん」25ans新カバーガールに”. スポーツ報知. (2016年11月24日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161122-OHT1T50101.html 2016年11月24日閲覧。 

外部リンク[編集]