グランドプリンスホテル新高輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グランドプリンスホテル新高輪(客室棟)

グランドプリンスホテル新高輪(グランドプリンスホテルしんたかなわ、英称:grand Prince Hotel New Takanawa)とは、東京都港区高輪にあるホテルである。グランドプリンスホテルの一つ。

概要[編集]

1982年に高輪ゴルフセンター(現在の品川プリンスホテルの施設とは異なる)の跡地に新高輪プリンスホテルとして開業し、2007年にグランドプリンスホテル新高輪に改称。1990年には旧北白川宮邸跡に国際館パミールが開設された。

グランドプリンスホテル高輪ザ・プリンス さくらタワー東京と共に高輪地区の同一の敷地に位置する3つのホテルの1つ。これらの中では2番目に完成し、客室数が900室以上である等最大規模となっている。

ホテル本体は客室が存在する「客室棟」とレストラン等が存在する「レストラン棟」に区切られている。宴会場の大半は国際館パミールに集中しているが、後述の「飛天」など一部の宴会場はホテル内に存在する。

大宴会場「飛天」がフジテレビ系の音楽特番『FNS歌謡祭』(1991年 - 1995年、1998年 - )や、プロフェッショナル統一全日本ダンス選手権大会などの会場、隣接する国際館パミールが日本アカデミー賞授賞式、プロ野球ドラフト会議アトランタオリンピックの開催を決めた1990年の第96次IOC総会、『日本有線大賞』(2015年 - )などの会場として使用され、大規模な集会やイベントが多く開催される。
大宴会場「飛天」がオープンして間もなくの1983年4月に、フリオ・イグレシアスのディナーショーが開催されたのをきっかけに当地はディナーショーのメッカとなった。

2016年にグランドプリンスホテル高輪が改装のため休業していたことに伴い、当ホテルも同年に営業を継続しつつ改装を行い、ロビーや一部のレストラン等がリニューアルされている[1]

設計は建築家村野藤吾が手掛けた。村野の晩年の代表作であり、傑作の1つとされる。国際館パミールをはじめ、館内の宴会場の名称は井上靖の命名である。

上記3つのホテルは回遊式の広大な日本庭園で接続されている。

日教組全体集会拒否問題[編集]

2007年11月、日教組の集会への使用を一方的に契約破棄。予約した宿泊も拒否した。日教組側が仮処分申請を起こし、東京地裁、東京高裁でホテル側が敗訴したが、裁判所の決定に従わなかった。2009年3月17日、警視庁が、渡辺幸弘社長ら幹部4人を旅館業法違反容疑で書類送検。東京地検は2010年7月、起訴猶予処分とした。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度37分50.4秒 東経139度44分0.8秒 / 北緯35.630667度 東経139.733556度 / 35.630667; 139.733556