フリオ・イグレシアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリオ・イグレシアス
フリオ・イグレシアス(2008年)
フリオ・イグレシアス(2008年)
基本情報
出生名 フリオ・イグレシアス
出生 1943年9月23日(70歳)
スペインの旗 スペイン マドリード
出身地 スペインの旗 スペイン マドリード
ジャンル ラテン音楽
職業 シンガー・ソングライター
活動期間 1968 - 現在
レーベル ソニー・ミュージックエンタテインメント (米国)
公式サイト Official Site

{{{Influences}}}

フリオ・イグレシアスJulio Iglesias1943年9月23日 - )は、スペイン出身のポピュラー音楽歌手。弁護士の資格を持つ[1]。父親は高名な医師、母親は上流階級出身。弟のカルロスも医師である。

来歴[編集]

レアル・マドリードのユースチームでゴールキーパーをし、一軍に登録した矢先、交通事故で全治約5年の瀕死の重傷を負う。療養中に父のアシスタントからプレゼントされたギターで作詞作曲した曲がベニドルム歌謡祭で優勝。ケンブリッジ大学を卒業した後、ミリオンセラーを連発するトップスターとなる。3億枚を超えるレコード・セールスを記録し、ギネスブックに載り「史上最も多くのレコードを売ったアーティスト」の称号を持つ。

代表曲に「黒い瞳のナタリー」、「ビギン・ザ・ビギン」、ウィリー・ネルソンとのデュエット曲「かつて愛した女性へ」などがある。しばしば「世界の恋人」と称される。

全世界のレコード・CD等の売り上げが3億枚を超え、世界のトップセラーのベスト10に入っており、最も成功したラテンシンガーである。

父のフリオ・イグレシアス・ブガは高名な医師で、身代金目的でバスクのテロリスト集団ETAに誘拐される事件が起こり、2週間拘束された後、解放された。

元妻のイザベル・プレイスリーは、フィリピン航空最高経営責任者の父を持ち、チャールズ皇太子とも親しく、ジャーナリストでもあり、「スペインで最もエレガントな女性」に5回選ばれたセレブリティーである。1979年にフリオ・イグレシアスと離婚した後、1980年、スペインで最古の由緒ある貴族マルケス・デ・グリニョン家のカルロス・ファルゴ公爵と結婚。更に現在の夫は経済学者で経済財務相を勤めたミゲル・ボジュール。

長男のフリオ・イグレシアス・ジュニア、次男のエンリケ・イグレシアスも成功を収めた歌手である。

ドミニカ共和国のリゾート地・プンタカナ(Punta Cana)にあるプンタカナ国際空港(en:Punta Cana International Airport)のオーナーグループに名を連ねている[2]。また現在はアメリカフロリダ州マイアミに本宅を構えており、その関係からNBAマイアミ・ヒートの共同オーナー(Limited Partner)でもある[3]

日本のタレント・高島忠夫とも親交が深く、テレビのインタビューやバラエティー、音楽番組で数多く共演を果たしている。

ディスコグラフィー[編集]

  • Yo Canto (1969)
  • Gwendolyne (1970)
  • Por una mujer (1972)
  • Soy (1973)
  • Und das Meer singt sein Lied (1973)
  • A Flor de Piel (1974)
  • A México (1975)
  • El Amor (1975)
  • América (1976)
  • En el Olympia (1976)
  • Se mi lasci, non vale (1976)
  • Schenk mir deine Liebe (1976)
  • A mis 33 años (1977)
  • Sono Un Pirata, Sono Un Signore (1978)
  • Emociones (1978)
  • Aimer La Vie (1978)
  • Innamorarsi alla mia età (1979)
  • A vous les femmes (1979)
  • Hey! (1980)
  • Sentimental (1980)
  • Amanti (1980)
  • De niña a mujer (1981)
  • Fidèle (1981)
  • Zartlichkeiten (1981)
  • Minhas canções preferidas (1981)
  • Momentos (1982)
  • Momenti (1982)
  • Et l'amour créa la femme (1982)
  • In Concert (1983)
  • Julio (1983)
  • 1100 Bel Air Place (1984)
  • Libra (1985)
  • Un Hombre Solo (1987)
  • Tutto l'amore che ti manca (1987)
  • Non Stop (1988)
  • Raíces (1989)
  • Latinamente (1989)
  • Starry Night (1990)
  • Calor (1992)
  • Anche senza di te (1992)
  • Crazy (1994)
  • La carretera (1995)
  • Tango (1996)
  • My Life: The Greatest Hits (1998)
  • Noche de cuatro lunas (2000)
  • Una donna può cambiar la vita (2001)
  • Ao meu Brasil (2001)
  • Divorcio (2003)
  • Love Songs (2003)
  • En français (2004)
  • Love Songs - Canciones de amor (2004)
  • L'homme que je suis (2005)
  • Romantic Classics (2006)
  • Quelque chose de France (2007)


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フリオ・イグレシアス ジャパンツアー2011”. 2012年2月28日閲覧。
  2. ^ ABOUT GROUP PUNTACANA - GRUPO PUNTACANA
  3. ^ directory_list - MIAMI HEAT