ビギン・ザ・ビギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ビギン・ザ・ビギン」(Begin the Beguine)は、コール・ポーターが作曲した歌。ジャズスタンダードナンバーになっている。

概要[編集]

1935年、パリリッツホテルのバーのピアノでこの曲を作曲したといわれている。1935年10月にニューヨークのインペルアル・シアター上演のミュージカル『ジュビリー』(Jubilee)で発表される。意味は「ビギンを始めよう」であり、ビギン(Beguine)はフランス領マルティニクのダンス音楽である。

1938年、アーティ・ショウが編曲し、自分のバンドの演奏でRCAレコードと契約してレコード録音したのが大ヒットする。

有名無名問わず、数多くのアーティストがカヴァーし、ジャズのスタンダードナンバーとして定着している。ボーカルなしの演奏もよく聴かれる。

2015年に放映された、HondaJADE」のCMソングにも使われていた。

カヴァーした主なミュージシャン[編集]

脚注[編集]