ユーロビジョン・ソング・コンテスト2017

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2017
Celebrate Diversity
日程
準決勝1 2017年5月9日 (2017-05-09)
準決勝2 2017年5月11日 (2017-05-11)
決勝 2017年5月13日 (2017-05-13)
主催者
会場 ウクライナキエフ(キイウ)、国際エキシビション・センター
司会
演出 Ola Melzig
総監督 ユン・ウラ・サン英語版
製作総指揮 パヴロ・フルィツァク(Pavlo Hrytsak)
主催放送局 ウクライナ国営放送英語版 (UA:PBC)
開会演技
幕間演技
参加者
参加国数 42
復帰
撤退
投票
投票方式 各国が出場者に対して、1点~8点、10点、12点を2回投票する。1つは審査員票、もう1つは視聴者票である
ユーロビジョン・ソング・コンテスト
◄2016 Wiki Eurovision Heart (Infobox).svg 2018►

ユーロビジョン・ソング・コンテスト2017英語:Eurovision Song Contest 2017フランス語:Concours Eurovision de la chanson 2017)は、第62回のユーロビジョン・ソング・コンテストであり、2017年5月にウクライナキエフ(キイウ)で開催される。前年大会ウクライナ代表ジャマラが優勝したため、今大会はウクライナでの開催となった。会場は 国際エキシビション・センター英語版である。ユーロビジョン・ソング・コンテストがウクライナで開催されるのは、2005年大会以来、2回目のことである。なお、その間にジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテスト2009及びジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテスト2013がウクライナで開催されている。準決勝は5月9日と11日、決勝は13日に行われる。

出場国数は42か国であり、ポルトガルルーマニアが今大会から復帰した一方、ボスニア・ヘルツェゴビナロシアは今大会から不参加となった。なお、ロシアは今大会への出場を表明しユーリヤ・サモーイロヴァ英語版を今大会の代表として選んでいたが、サモーイロヴァがロシアによるクリミア・セヴァストポリの編入以降にロシア側からクリミア半島に入境したことがウクライナでは不法入国とみなされ、ウクライナへの入国が禁止されたため、参加できなくなったものである。

開催地[編集]

ウクライナ・キエフの国際エキシビション・センター

会場[編集]

会場はウクライナの首都・キエフ(キイウ)にある国際エキシビション・センター英語版である。2016年9月9日に、同施設が今大会の会場となる旨発表された[1]。国際エキシビション・センターは1万1千人程度を収用する、キエフで最大の催事会場である[2]。キエフ西部のリボベレジュヌィイ地区英語版に2002年に開設された[2]

開催地の決定[編集]

ウクライナ国営放送英語版の副会長であり今大会のウクライナ代表団長を務めるヴィクトリア・ロマノヴァ(Viktoria Romanova)は前年大会でのウクライナの優勝後の2016年5月18日、今大会に向けての最初の会合は6月8日より前に実施し、その中で欧州放送連合とウクライナ国営放送は大会の要領を定め、また実施準備の洗い出しを進めるとした。また、会場は夏の間に決定する旨話した[3][4][5]

ウクライナ国営放送とウクライナ政府は開催地の選定を始めた[6][7]。選定は次の順序で行われる:

  • 6月24日 - 7月8日: 各都市から開催希望を受け付ける
  • 7月8日 - 7月15日: ウクライナ国営放送内部に設けられた作業グループと、ウクライナの首相ヴォロディーミル・フロイスマンを首班とする地元開催委員会により、各開催希望をレビューする
  • 7月18日 - 7月22日: それぞれの開催希望地が公式に地元開催委員会に対して開催希望を説明する。この段階で開催候補地を絞り込んだうえで欧州放送連合に提示する。
  • 7月22日 - 8月1日: 欧州放送連合と地元開催委員会に対して開催候補地が説明を行う。欧州放送連合と地元開催委員会は開催候補地のインフラ設備や開催希望の履行状況を確認する。

開催地の要件は以下の通りであった:[8]

  • 会場は最低でも7千人、理想的には1万人を収用できる屋内施設であること
  • 最低1,550人の報道関係者が入れる記者会見場を設けること
  • 本大会のほか、最低3,000人が参加できる開会及び閉会のセレモニーを開催できること
  • 会場および街の中心に近く、ヨーロッパ水準の品質で適正な料金のホテルがあること。条件に合うホテルの部屋を最低2,000室確保できること。
  • 開催地は、出場アーティスト、代表団のメンバー、および観客の安全を確保できること。
  • 開催地は、現代的な公共交通が整備されていること。市内交通や各地への交通網のほか、国際空港があり、空港と街やホテルとを結ぶ交通機関が整備されていること。
  • 開催地は、もてなしの地としてふさわしく、また独自性、文化的価値、そしてその街およびウクライナとしてのアイデンティティを示せること。

立候補の締め切りである2016年7月8日までに、ドニプロハルキウヘルソンキエフ(キイウ)、リヴィウオデッサの6都市が開催地の候補として名乗り出た[9]。この他に、チェルカースィイルピン英語版ウージュホロドヴィーンヌィツャも意欲を示していたが、正式な立候補には至らなかった[10][11]。 ウクライナ文化大臣のエウヘン・ヌィシチューク英語版は2016年6月30日、ウクライナ国内に適正な会場がないため、新たに建造することを検討すべきであると話した[12]

7月20日、6つの開催候補地は地元開催委員会に対して、立候補内容の説明を行った。その様子は「都市対決」として生放送され、国営放送のテレビおよびラジオで放送された他、YouTubeにて英語とウクライナ語の放送が行われた。放送ではティムール・ミロシュヌィチェンコ英語版が司会を、オレーナ・ゼリチェンコ(Olena Zelinchenko)がラジオ・コメンテーターを務めた。番組では、観客と視聴者が見守る中で各開催候補地の代表が、立候補内容をの説明を行った[13]

地元開催委員会の委員、報道関係者、音楽関係者やファンがこの議論に加わった。

開催地の決定[編集]

7月22日、ウクライナ国営放送は、ドニプロ、キエフ、オデッサの3都市が選考に残ったと発表した[14]

7月30日、欧州放送連合は、開催地は「適時」発表されるだろうと述べ、明確な発表期日を示さなかった。総監督のユン・ウラ・サン英語版は、「正しい決定がなされるまで、どうしても時間を要する」と語った[15]。8月10日、ウクライナ国営放送の副会長を務めるオレクサンドル・ハレビンは、開催地はウクライナの独立記念日である8月24日に発表されると話した[16]。その後、開催地の発表は東ヨーロッパ夏時間で8月25日15:00とされたが、その1時間前に更なる延期が通知された[17]

幾度にも及ぶ発表延期ののち、9月8日にウクライナ政府と地元開催委員会との会合が持たれ、翌日の9月9日13:00の記者会見にて開催地が発表されることとなった。そして最終的に、キエフが開催地、国際エキシビション・センターが会場と発表された[1][18]

 †   選出された会場  ‡   一次通過した会場候補地

都市[19] 会場 収容人数 備考
ドニプロ Meteor Palace of Sports 9,500 スタディオン・メテオSports Complex Meteorの改修計画を含んでおり、工期は2017年3月までとされた[20]。開催地の発表が4度に渡り延期された後、立候補を取り下げた。
ハルキウ メタリスト・スタジアム 40,003 UEFA EURO 2012のグループBで3試合を開催した。屋根の取り付け等、大規模な改修を要する[21]
ヘルソン Concert Hall "Yubileyniy" 1,600 会場の拡張及び改修計画を含んでおり、工期は7~8か月を要する[22]
キエフ
キエフ・スポーツ宮殿 10,000 ユーロビジョン・ソング・コンテスト2005ジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテスト2009の会場。準備期間中の4月22日-28日に2017年アイスホッケー世界選手権の会場となるため、使用できない[23]
国際エキシビション・センター英語版 10,073 当初は予備的に会場候補とされた[24][25]。2016年8月24日に、キエフの会場候補地としてアナウンスされた[26]
リヴィウ アリーナ・リヴィウ 34,915 UEFA EURO 2012のグループBで3試合を開催した。屋根の取り付けを要する[27]
未完成の会場 N/A 2015年のバスケットボール欧州選手権向けに建造が始まり、進捗率25%程度で建造が止まっている未完成の会場を充てる案があった[27]
オデッサ Chornomorets Stadium 34,000 会場の改修や屋根の取り付けを要する[28][29]

形式[編集]

初期の日程案[編集]

2016年3月14日にストックホルムで各国の代表団の会合が行われた際、2017年大会は5月16日および18日に準決勝、5月20日に決勝とする初期的な日提案が出された。この日程案は、主要なテレビ番組やスポーツイベントとの重複を避けて欧州放送連合が選んだ日程であった[30]

しかし6月24日、欧州放送連合は日提案を初期のものから1週間前倒しし、5月9日および11日に準決勝、5月13日に決勝と定めた[6]。これは、クリミア・タタール人追放の追憶記念日が5月18日であるため、日程を変えるようウクライナ国営放送から要請があったものであった[31][32]。ただしこの日程は、UEFAチャンピオンズリーグ 2016-17およびUEFAヨーロッパリーグ 2016-17と重複している[32]

準決勝の組分け[編集]

2017年1月31日、ティムール・ミロシュヌィチェンコ英語版とニカ・コンスタンチノヴァ(Nika Konstantinova)が司会を務める中、出場各国が準決勝1あるいは準決勝2のどちらに参加するかが決定された。まず、出場国のうち準決勝を免除される6か国(主催国であるウクライナ、ならびに「Big 5」諸国)を除いた37か国は、過去の投票傾向をもとに6組に分けられた。この方法は、特定の国々が互いに投票し合う「ブロック投票」の影響力を下げ、全ての国に決勝への進出の機会を与えるためのものである[33]

1組 2組 3組 4組 5組 6組

デザイン[編集]

2017年1月30日、2017年大会のテーマは「Celebrate Diversity」(多様性の祝福)となったことが明かされた。ユン・ウラ・サン英語版は、「多様性の祝福は、ユーロビジョンの価値観の核心である。ユーロビジョンは万人に開かれ、ヨーロッパの全ての国のものであり、そしてなにより、我々の同じところ、違うところそれぞれを、ともに祝福するものである。」と述べた。大会のロゴおよび視覚デザインはビーズをかたどったもので、ウクライナの伝統的な装飾具をイメージしたものである[34][35]

司会[編集]

2017年2月27日、舞台上で司会を務めるのはオレクサンドル・スキチコ英語版ヴォロディームィル・オスタプチューク英語版の2人、そして「グリーンルーム」(出場者控室)を担当するのはティムール・ミロシュヌィチェンコ英語版であることが発表された[36]。ユーロビジョン・ソング・コンテストの司会が男性ばかり3人というのは史上初めてのことであり[36]、また女性の司会が1人もいないのは1956年大会以来のことである。ミロシュヌィチェンコは過去にジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテスト2009およびジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテスト2013の司会経験がある[37][38]

emoji[編集]

期間中、Twitter上で使用できるemoji。

2017年4月30日、ユーロビジョン・ネットワークおよびTwitterのスタッフからなるチームにより、3つのemoji(絵文字)が公開された。Twitter上で、ハッシュタグ「#ESC2017」および「#Eurovision」を使用するとユーロビジョンのハート型のロゴが、「#12Points」および「#douzepoints」を使用すると優勝トロフィーが、「#CelebrateDiversity」を使用すると2017年大会のロゴが表示される[39]

出場国[編集]

  準決勝1に参加
  準決勝1で投票
  準決勝2に参加
  準決勝2で投票

2016年10月31日、欧州放送連合は43か国が今大会に出場すると発表した[40]。43か国の出場は20082011と並んで過去最多であり、前年大会には出場していなかったポルトガルルーマニアが今大会に復帰する一方、ボスニア・ヘルツェゴビナは資金面から不参加となった[41]ロシアユーリヤ・サモーイロヴァ英語版を今大会の代表として選んでいたが、サモーイロヴァがロシアによるクリミア・セヴァストポリの編入以降にロシア側からクリミア半島に入境したことがウクライナでは不法入国とみなされ、ウクライナへの入国が禁止されたため、2017年4月13日に不参加を表明した。この結果、最終的に今大会に出場するのは42か国となった[42][43]

再出場のアーティスト[編集]

オランダ代表のオージーンは、ジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテスト2007に同国代表として出場し、「Adem in」を歌った[44]

イスラエル代表のImri Zivは、2015Nadav Guedj及び2016Hovi Starのバックヴォーカルとしてユーロビジョンのステージに立った[45]

スロベニア代表のオマル・ナベルは、2005でも同国代表を務め、「Stop」を歌った[46]

モルドバサンストローク・プロジェクト2010にてオリア・ティラとともに同国代表として出場し、「Run Away」を歌った[47]

セルビアティヤナ・ボギチェヴィッチは、2011にてニーナ・ラドイチッチのバックヴォーカルを務めた。

エストニアコイト・トーメラウラ・ポルドヴェレ英語版は、それぞれユーロビジョンの参加歴がある。コイト・トーメは1998の同国代表として単独で出場して「Mere lapsed」を歌っており、またラウラ・ポルドヴェレはサントライブ英語版の一員として2005に出場して「Let's Get Loud」を歌った。

サンマリノヴァレンティーナ・モネッタ201220132014に次ぐ4度目の出場であるが、今回はジミー・ウィルソン英語版との共演である。

結果[編集]

準決勝1[編集]

18か国が準決勝1に出場し、これに加えてイタリアスペインイギリスの21か国が準決勝1を自国向けに中継し、投票に参加する[48]

登場順[49] [50] アーティスト[50] 楽曲[50] 言語 順位 得点
01 スウェーデンの旗 スウェーデン ロビン・ベントッソン英語版 I Can't Go On 英語
02 ジョージア (国)の旗 ジョージア タマ・ガチェチラゼ英語版 Keep the Faith 英語
03 オーストラリアの旗 オーストラリア イザイア・ファイアブレイス英語版 Don't Come Easy 英語
04 アルバニアの旗 アルバニア リンディータ・ハリミ World 英語
05 ベルギーの旗 ベルギー ブランシュ英語版 City Lights 英語
06 モンテネグロの旗 モンテネグロ スラヴコ・カレジッチ Space 英語
07 フィンランドの旗 フィンランド ノーマ・ジョン英語版 Blackbird 英語
08 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン ディアナ・ハジイェヴァ英語版 Skeletons 英語
09 ポルトガルの旗 ポルトガル サルヴァドール・ソブラル Amar Pelos Dois ポルトガル語
10 ギリシャの旗 ギリシャ ディミトラ・パパデア英語版 This Is Love 英語
11 ポーランドの旗 ポーランド カーシャ・モシュ英語版 Flashlight 英語
12 モルドバの旗 モルドバ サンストローク・プロジェクト Hey, Mamma! 英語
13 アイスランドの旗 アイスランド スヴァーラ英語版 Paper 英語
14 チェコの旗 チェコ マルティナ・バールタ英語版 My Turn 英語
15 キプロスの旗 キプロス ホーヴィグ・デミルジャン英語版 Gravity 英語
16 アルメニアの旗 アルメニア アルツヴィク英語版 Fly with Me 英語
17 スロベニアの旗 スロベニア オマル・ナベル On My Way 英語
18 ラトビアの旗 ラトビア トリアーナ・パーク英語版 Line 英語

準決勝2[編集]

18か国が準決勝1に出場し、これに加えてフランスドイツウクライナの21か国が準決勝1を自国向けに中継し、投票に参加する[48]ロシアは当初、準決勝2の3番目に出場する予定であったが、直前で不参加となったため、それ以降の登場順が繰り上がっている[42]

登場順[49] [51] アーティスト[51] 楽曲[51] 言語 順位 得点
01 セルビアの旗 セルビア ティヤナ・ボギチェヴィッチ In Too Deep 英語
02 オーストリアの旗 オーストリア ナタン・トレント英語版 Running on Air 英語
03 マケドニア共和国の旗 マケドニア共和国 ヤナ・ブルチェスカ英語版 Dance Alone 英語
04 マルタの旗 マルタ クラウディア・ファニエッロ英語版 Breathlessly 英語
05 ルーマニアの旗 ルーマニア イリンカ・バチラ英語版アレックス・フローリャ英語版 Yodel It! 英語
06 オランダの旗 オランダ O'G3NE Lights and Shadows 英語
07 ハンガリーの旗 ハンガリー パーパイ・ヨツィ英語版 Origo ハンガリー語3
08 デンマークの旗 デンマーク アニャ・ニッセン英語版 Where I Am 英語
09 アイルランドの旗 アイルランド ブレンダン・マリー英語版 Dying to Try 英語
10 サンマリノの旗 サンマリノ ヴァレンティーナ・モネッタ & ジミー・ウィルソン英語版 Spirit of the Night 英語
11 クロアチアの旗 クロアチア ジャック・ホウデク My Friend 英語、イタリア語
12 ノルウェーの旗 ノルウェー JOWST英語版5 Grab the Moment5 英語
13 スイスの旗 スイス タイムベル英語版 Apollo 英語
14 ベラルーシの旗 ベラルーシ NAVI Historyja majho žyccia ベラルーシ語4
15 ブルガリアの旗 ブルガリア クリスティヤン・コストフ英語版 Beautiful Mess 英語
16 リトアニアの旗 リトアニア Fusedmarc Rain of Revolution 英語
17 エストニアの旗 エストニア コイト・トーメ & ラウラ・ポルドヴェレ英語版 Verona 英語
18 イスラエルの旗 イスラエル イムリ・ジヴ英語版 I Feel Alive 英語

決勝[編集]

登場順 [52] アーティスト[52] 楽曲[52] 言語
22 ウクライナの旗 ウクライナ オ・トルヴァルド英語版 Time 英語
フランスの旗 フランス アルマ英語版 Requiem フランス語、英語
ドイツの旗 ドイツ レフィナ英語版 Perfect Life 英語
イタリアの旗 イタリア フランチェスコ・ガッバーニ英語版 Occidentali's Karma イタリア語6
スペインの旗 スペイン マネル・ナバーロ英語版 Do It for Your Lover スペイン語、英語
イギリスの旗 イギリス ルーシー・ジョーンズ英語版 Never Give Up on You 英語


脚注と参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スイスは、スイス放送協会の要請により、準決勝2への出場が予め決められていた
  2. ^ ロシアは準決勝の組分け時点では今大会への出場を予定していた
  3. ^ 曲名はラテン語であるが、歌詞はハンガリー語である
  4. ^ 曲名は英語であるが、歌詞はすべてベラルーシ語である
  5. ^ 「Grab the Moment」にはAleksander Walmannも共演として加わっているが、クレジットされていない
  6. ^ 歌詞には古代ギリシア語、英語、パーリ語サンスクリットの単語を含む

参考文献[編集]

  1. ^ a b Kyiv to host Eurovision 2017!”. European Broadcasting Union (2016年9月9日). 2016年9月9日閲覧。
  2. ^ a b International Exhibition Centre - History and perspective”. 2016年9月9日閲覧。
  3. ^ Організатори кажуть, що підготовка до Євробачення 2017 розпочнеться за три тижні” [Organisers say that preparations for Eurovision 2017 will start in three weeks] (Ukrainian) (2016年5月18日). 2016年5月18日閲覧。
  4. ^ Granger, Anthony (2016年5月18日). “ESC'17: First Meeting To Be Held in Three Weeks”. Eurovoix. 2016年5月18日閲覧。
  5. ^ Підготовка до «Євробачення-2017» розпочнеться за три тижні — організаторка” [Preparations for Eurovision 2017 start in three weeks - organiser] (Ukrainian). Hromadske TV (2016年5月15日). 2016年5月19日閲覧。
  6. ^ a b Brey, Marco (2016年6月24日). “Search for 2017 Eurovision host city has started”. European Broadcasting Union. 2016年6月25日閲覧。
  7. ^ Відбір міста, що прийматиме Євробачення-2017, розпочато!” [The selection of cities that will host Eurovision 2017, started!] (Ukrainian). NTU (2016年6月23日). 2016年7月4日閲覧。
  8. ^ Положення про організацію відбору міста та арени Євробачення-2017” [Statement on selection of the city and the arena of Eurovision-2017] (Ukrainian). NTU (2016年6月23日). 2016年7月4日閲覧。
  9. ^ Vikhrov, Natalie (2016年7月8日). “Six cities officially apply to host Eurovision 2017”. Kyiv Post. http://www.kyivpost.com/article/content/lifestyle/six-cities-officially-apply-to-host-eurovision-2017-418217.html 2016年7月8日閲覧。 
  10. ^ Какой город больше всего подходит для Евровидения 2017” [Which city is most suitable for Eurovision 2017] (Russian). Strana (2016年7月1日). 2016年7月5日閲覧。
  11. ^ Granger, Anthony (2016年6月14日). “ESC'17: Irpin shows interest in bidding for Eurovision 2017”. Eurovoix. 2016年6月14日閲覧。
  12. ^ В Украине нет подходящей для Евровидения крытой арены – министр культуры” [In Ukraine there is no suitable indoor arena for Eurovision - the Minister of Culture] (Russian). Zerkalo Nedeli (2016年6月30日). 2016年7月6日閲覧。
  13. ^ Watch live: Six potential host cities take part in live televised special”. European Broadcasting Union (2016年7月20日). 2016年7月20日閲覧。
  14. ^ Kyiv, Dnipro and Odessa shortlisted to host Eurovision 2017” (en-GB) (2016年7月22日). 2016年8月22日閲覧。
  15. ^ Hosting Eurovision: A city in the spotlight” (en-GB) (2016年7月30日). 2016年8月22日閲覧。
  16. ^ Jiandani, Sanjay (2016年8月10日). “Eurovision 2017: Host city deliberation expected by 24 August” (en-GB). 2016年8月15日閲覧。
  17. ^ Host City Announcement for Eurovision 2017 postponed” (en-GB) (2015年8月25日). 2016年8月26日閲覧。
  18. ^ ESC17 host city announcement tomorrow at 12:00 CET”. Eurovoix (2016年9月8日). 2016年9月8日閲覧。
  19. ^ Шесть областных центров Украины претендуют на право принимать Евровидение-2017” [Six regional centers of Ukraine claim the right to host Eurovision-2017] (Russian). Zerkalo Nedeli (2016年7月5日). 2016年7月5日閲覧。
  20. ^ Филатов: Днепр готов инвестировать полмиллиарда гривен в подготовку города к "Евровидению – 2017"” [Filatov: Dnieper is ready to invest half a billion hryvnia in the preparation of the city for "Eurovision - 2017"] (Russian). Ukrainian Independent Information Agency (2016年7月15日). 2016年7月15日閲覧。
  21. ^ Granger, Anthony (2016年7月5日). “ESC'17: Kharkiv Reveals Planned Venue”. Eurovoix.com. 2016年7月5日閲覧。
  22. ^ Засідання Оргкомітету з підготовки та проведення в Україні Євробачення-2017” [The meeting of the Organizing Committee on preparation and holding in Ukraine Eurovision 2017] (Ukrainian). NTU (2016年7月22日). 2016年7月22日閲覧。
  23. ^ Евровидение мешает проведению чемпионата мира по хоккею-2017 в Киеве” [Eurovision prevents the holding of the World Hockey Championship-2017 in Kiev] (Russian). Zerkalo Nedeli (2016年7月3日). 2016年7月6日閲覧。
  24. ^ "Евровидение-2017": кто чем брать будет?” ["Eurovision-2017": who will take what?] (Russian). KP (2016年7月19日). 2016年7月20日閲覧。
  25. ^ Олексій Резніков: "Київ готовий приймати Євробачення хоч завтра"” [Alexey Reznikov "Kyiv is ready to take Eurovision tomorrow"] (Ukrainian). Kiev City State Administration (2016年7月20日). 2016年7月21日閲覧。
  26. ^ Granger, Anthony (2016年8月24日). “ESC'17: International Exhibition Center Kyiv's Preferred Venue”. Eurovoix. 2016年8月25日閲覧。
  27. ^ a b Для Євробачення у Садового пропонують "Арену Львів" і … недобудований стадіон до Євробаскету” [For Eurovision offered in the Garden "Arena Lviv" Stadium of ... unfinished to EuroBasket] (Ukrainian). L'vívs'kiy portal (2016年7月8日). 2016年7月8日閲覧。
  28. ^ Granger, Anthony (2016年7月14日). “ESC'17: Odessa Proposes Chornomorets Stadium As Venue”. 2016年7月14日閲覧。
  29. ^ Одесса представила новый бренд на Битве городов за Евровидение-2017” [Odessa presented a new brand at the Battle of the cities for Eurovision-2017] (Russian). Ukrainian Information Service (2016年7月20日). 2016年7月21日閲覧。
  30. ^ Follow live: Heads of Delegation meet in Stockholm”. European Broadcasting Union (2016年3月14日). 2016年3月15日閲覧。
  31. ^ Gallagher, Robyn (2016年6月24日). “Eurovision 2017: Ukraine broadcaster NTU proposes new dates”. wiwibloggs. 2016年6月26日閲覧。
  32. ^ a b Eurovision 2017: Preliminary dates moved because of Remembrance Day”. ESC Daily (2016年7月3日). 2016年7月4日閲覧。
  33. ^ Jordan, Paul (2017年1月25日). “Semi-Final Allocation draw to take place in Kyiv”. eurovision.tv. 2017年1月25日閲覧。
  34. ^ Eurovision will officially ‘celebrate diversity’ this year”. 2017年2月7日閲覧。
  35. ^ Ukraine is ready to Celebrate Diversity in 2017”. European Broadcasting Union (2017年1月30日). 2017年1月30日閲覧。
  36. ^ a b Let's hear it for the boys! Meet the hosts of Eurovision 2017”. European Broadcasting Union (2017年2月27日). 2017年2月27日閲覧。
  37. ^ Siim, Jarmo (2009年10月22日). “Hosts for Junior 2009 chosen!”. European Broadcasting Union. 2009年10月22日閲覧。
  38. ^ Lockett, Katherine (2013年9月30日). “Meet the hosts of Junior Eurovision 2013: Zlata and Timur!”. junioreurovision.tv. 2013年9月30日閲覧。
  39. ^ Twitter announces exclusive emojis ahead of Eurovision 2017”. European Broadcasting Union (2017年4月30日). 2017年4月30日閲覧。
  40. ^ Eurovision-2017: 43 countries will visit Kiev”. 2017年5月10日閲覧。
  41. ^ 43 countries to participate in Eurovision 2017”. European Broadcasting Union (2016年10月31日). 2016年10月31日閲覧。
  42. ^ a b Russia withdraws from the Eurovision Song Contest”. Eurovoix (2017年4月13日). 2017年4月13日閲覧。
  43. ^ EBU: "Russia no longer able to take part in Eurovision 2017"”. European Broadcasting Union (2017年4月13日). 2017年4月13日閲覧。
  44. ^ Granger, Anthony (2016年10月29日). “The Netherlands: O'G3NE to the Eurovision Song Contest 2017”. Eurovoix. 2016年10月29日閲覧。
  45. ^ Israel: Selects Imri Ziv to Perform at Eurovision 2017”. Eurovoix (2017年2月13日). 2017年2月14日閲覧。
  46. ^ Slovenia: Omar Naber to Kyiv”. Eurovoix (2017年2月24日). 2017年2月24日閲覧。
  47. ^ Moldova: SunStroke Project to Kyiv”. Eurovoix (2017年2月25日). 2017年2月25日閲覧。
  48. ^ a b Results of the Semi-Final Allocation Draw”. European Broadcasting Union (2017年1月31日). 2017年1月31日閲覧。
  49. ^ a b Running order of the Semi-Finals of Eurovision 2017 revealed”. European Broadcasting Union (2017年3月31日). 2017年3月31日閲覧。
  50. ^ a b c Eurovision Song Contest 2017 First Semi-Final”. European Broadcasting Union. 2017年1月30日閲覧。
  51. ^ a b c Eurovision Song Contest 2017 Second Semi-Final”. European Broadcasting Union. 2017年1月30日閲覧。
  52. ^ a b c Eurovision Song Contest 2017 Grand Final”. European Broadcasting Union. 2017年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]