ポーランドのユーロビジョン・ソング・コンテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ポーランド
Flag
加盟放送局 TVP
国内選考大会 Piosenka dla Europy, Krajowe Eliminacje
出場
出場回数 20
初出場 1994
最新の出場 2017
最高順位 2位: 1994
最低順位 準決勝最下位: 2011
外部リンク
TVP page
Eurovision.tvのポーランドのページ

ポーランドのユーロビジョン・ソング・コンテストでは、ポーランドにおけるユーロビジョン・ソング・コンテストについて述べる。ポーランドには1993年まで正式な欧州放送連合加盟放送局はなかったが、遅延を伴うこともあったにせよ、ユーロビジョン・ソング・コンテストはたびたび放映されていた。

エディータ1994年大会に初めてポーランド代表として同大会に参加し、2017年までの時点でポーランドで最も良い結果を残している。その後はポーランドの順位は低迷を続けた。ポーランドは2003年まで公開の国内選考を行わなかったが、同年初めて行われた国内選考では視聴者投票によってIch Trojeがポーランド代表に選ばれた。2005年には再度ポーランド・テレビでの内部選考に切り替えられた。「Czarna dziewczyna」はポーランド語ロシア語を織り交ぜた2言語による歌詞の楽曲であった。

2006年、公開での視聴者投票が復活した。Ich Trojeが再び視聴者投票で首位にたったが、2003年大会でのユーロビジョン大会7位のような好成績を再び出すことはできず、準決勝で11位となり敗退した。2007年はThe Jet Setの「Time To Party」で参加した。しかし準決勝14位に終わり、再び決勝進出を逃した。2008年はIsis Geeの「For Life」によって決勝への復活を果たした。

しかし、投票の方式はポーランドの新聞各紙から批判され、彼らはポーランドの大会からの離脱を求めた。ポーランド・テレビは大会からの離脱を検討していると言明し、欧州放送連合による投票方式の変更を待つ立場をとった。ポーランドはしかし、ユーロビジョン・ダンス・コンテスト20082008 Eurovision Dance Contest)には優勝し、翌年のユーロビジョン・ダンス・コンテストを主催するかどうかも、ポーランドがユーロビジョン・ソング・コンテストから離脱するかどうかを決めるにあたって考慮された[1][2]。ポーランドは最終的に2009年大会への参加を決め、視聴者投票を通じてLidia Kopaniaがポーランド代表に選ばれた。

参加者[編集]

アーティスト 言語 決勝 得点 準決勝 得点
1994 エディータ・グルニャク
Edyta Górniak
ポーランド語 "To nie ja!" 2 166 準決勝なし
1995 ユスティーナ・ステチュコフスカ
Justyna Steczkowska
ポーランド語 "Sama" 18 15
1996 カーシャ・コヴァルスカ
Kasia Kowalska
ポーランド語 "Chcę znać swój grzech..." 15 31 15 42
1997 アナ・マリア・ヨペック
Anna Maria Jopek
ポーランド語 "Ale jestem" 11 54 準決勝なし
1998 シックスティーン
Sixteen
ポーランド語 "To takie proste" 17 19
1999 ミェチスワフ・シュチェシュニャク
Mieczysław Szcześniak
ポーランド語 "Przytul mnie mocno" 18 17
2000 不出場
2001 アンドジェイ・ピャセチュニ=“ピャセク”
Andrzej Piaseczny PIASEK
英語 "2 Long" 20 11
2002 不出場
2003 イッフ・トロイェ
Ich Troje
ドイツ語、ポーランド語、ロシア語 "Keine Grenzen-Żadnych granic" 7 90
2004 ブルー・カフェ
Blue Café
英語、スペイン語 "Love Song" 17 27 シード
2005 イヴァン & デルフィン
Ivan & Delfin
ポーランド語、ロシア語 "Czarna dziewczyna" 準決勝敗退 11 81
2006 イッフ・トロイェ feat. リアル・マッコイ
Ich Troje feat. Real McCoy
英語、ポーランド語、ドイツ語、ロシア語、スペイン語 "Follow My Heart" 11 70
2007 ザ・ジェット・セット
The Jet Set
英語 "Time To Party" 14 75
2008 アイシス・ジー
Isis Gee
英語 "For Life" 24 14 10 42
2009 リディア・コパーニア
Lidia Kopania
英語 "I Don't Wanna Leave" 準決勝敗退 12 43
2010 マルチン・ムロジンスキ
Marcin Mroziński[3][4]
英語、ポーランド語 "Legenda"[3][4] 13 44
2011 マグダレナ・トゥル
Magdalena Tul
ポーランド語 "Jestem" 19 18
2012から2013まで不出場
2014 ドナタン & クレオ
Donatan and Cleo
ポーランド語、英語 "My Słowianie - We Are Slavic" 14 62 8 70
2015 モニカ・クシンスカ
Monika Kuszyńska
英語 "In the Name of Love" 23 10 8 57
2016 ミハウ・シュパーク
Michał Szpak
英語 "Color of Your Life" 8 229 6 151
2017 カーシャ・モシュ
Kasia Moś
英語 "Flashlight" 22 64 9 119

投票履歴(1994年 - 2015年)[編集]

ポーランドから高得点が送られた国々:

順位 得点
1 ウクライナの旗 ウクライナ 82
2 ノルウェーの旗 ノルウェー 64
スウェーデンの旗 スウェーデン 64
4 ドイツの旗 ドイツ 53
5 エストニアの旗 エストニア 47

ポーランドに高得点を送った国々:

順位 得点
1 ドイツの旗 ドイツ 56
2 オーストリアの旗 オーストリア 34
3 フランスの旗 フランス 31
4 リトアニアの旗 リトアニア 26
5 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ 25

得点の合計は決勝のときのもののみであり、準決勝のものは含まない。

脚注[編集]

  1. ^ Stellmaszyk, Szymon (2008年5月31日). “TVP not to take part in Junior Eurovision 2008”. Oikotimes. 2012年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月1日閲覧。
  2. ^ Poland: TVP proposes international jury for Eurovision”. ESCToday (2008年9月12日). 2008年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月11日閲覧。
  3. ^ a b Dahlander, Gustav (2010年2月14日). “Marcin Mrozinski to Eurovision for Poland!”. European Broadcasting Union. 2010年2月14日閲覧。
  4. ^ a b Klier, Marcus (2010年2月14日). “Poland sends Marcin Mroziński to the Eurovision Song Contest”. ESCToday. 2010年2月14日閲覧。