ユーロビジョン・ソング・コンテスト2022

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2022
日程
準決勝1 2022年5月10日 (2022-05-10)
準決勝2 2022年5月12日 (2022-05-12)
決勝 2022年5月14日 (2022-05-14)
主催者
会場 イタリアの旗 イタリアトリノパラ・アルピツアー
総監督 Martin Österdahl
主催放送局 イタリア放送協会
開会演技
  • 準決勝1:
  • 準決勝2:
  • 決勝:
幕間演技
  • 準決勝1:
  • 準決勝2:
  • 決勝:
参加者
参加国数 41
復帰 アルメニアの旗 アルメニア
モンテネグロの旗 モンテネグロ
投票
投票方式 各国が出場者に対して、1点~8点、10点、12点を2回投票する。1つは審査員票、もう1つは視聴者票である。
ユーロビジョン・ソング・コンテスト
◄2021 Wiki Eurovision Heart (Infobox).svg 2023►

第66回ユーロビジョン・ソング・コンテストイタリア語: Eurovision Song Contest 2022英語: Eurovision Song Contest 2022フランス語: Concours Eurovision de la chanson 2022)は、2022年5月にイタリアトリノで開催される予定のユーロビジョン・ソング・コンテストである。オランダロッテルダムで開催された2021年の大会イタリア代表モーネスキンが優勝したことにより、イタリアが2022年大会の主催権を獲得した[1]。本大会はパラ・アルピツアーを会場とし、準決勝は5月10日12日に、決勝は5月14日に行われる予定である[2]

開催地[編集]

イタリアでの開催が明確になった時点から、多くの都市が開催地としての意欲を示したため、イタリア放送協会(RAI)と欧州放送連合(EBU)は2021年7月7日に開催都市としての条件を発表した[3]

  • 開催都市の周辺には90分以内に到着できる国際空港がある。
  • 開催施設の周辺のホテルには2000以上の客室が確保できる。
  • 開催施設は以下の条件を満たさなければならない。
    • 空調設備が付く屋内にあり、周辺とは明確に隔たっている。
    • メインホールで約8000〜10000人の観客を収容できる(ユーロビジョン・ソング・コンテストの特性を考慮すると、通常のコンサートの最大収容人数の70%に相当する)。
    • セットを収容する能力と、高レベルの放送を行うための必要なすべての要件を備えるメインホールを有する。
    • メインホールに簡単にアクセスできる十分なスペースがあり、報道陣専用のスペース、代表団のスペース、更衣室、アーティスト待機用のスペース、スタッフ用のスペース、接客のスペース、観客向けのスペースなどの区割りを実現できる。
    • ユーロビジョン・ソング・コンテストのある週の7週間前から終了後の1週間は、主催者が独占的に利用できる。

2021年7月13日、イタリア放送協会はボローニャジェノバフィレンツェミラノローマトリノトリエステアレッサンドリアマテーラペーザロリミニビテルボアチレアーレベルティノーロ・ディ・ロマーニャイェーゾロパラッツォーロ・アクレイデサンレーモの計17都市が出願したことを発表した[4]8月4日、候補地はアチレアーレ、アレッサンドリア、ボローニャ、ジェノバ、ミラノ、パラッツォーロ・アクレイデ、ペーザロ、リミニ、ローマ、サンレーモ、トリノの11都市に絞られた[5]。8月24日にはさらにボローニャ、ミラノ、ペーザロ、リミニ、トリノの5都市に絞られた[6]

2021年10月8日、開催地がトリノのパラ・アルピツアーに選定された[2]。決勝は5月14日に決められた[2]

出場国[編集]

アルメニアモンテネグロは復帰を表明した[7]

過去に参加歴のあるアンドラ[8]スロバキア[9]ルクセンブルク[10]ボスニア・ヘルツェゴビナ[11]は不参加を表明した。また、ベラルーシは欧州放送連合の会員資格停止により出場できなくなった[12]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ Winner's Press Conference 2021” (英語). Eurovision.tv (2021年5月23日). 2021年8月21日閲覧。
  2. ^ a b c Turin, Italy, to host the 66th Eurovision Song Contest in May 2022 🇮🇹” (英語). Eurovision.tv (2021年10月8日). 2021年10月8日閲覧。
  3. ^ Italy's broadcaster Rai announces Eurovision Host City bid process 🇮🇹” (英語). Eurovision.tv (2021年7月7日). 2021年8月21日閲覧。
  4. ^ Eurovision Song Contest 2022: dal Friuli alla Sicilia, 17 città candidate a ospitare la manifestazione”. RAI Ufficio Stampa. 2021年8月21日閲覧。
  5. ^ Andrea Bonetti (2021-08-06CEST12:14:02+02:00). “Eurovision 2022, ecco le undici città italiane che hanno presentato i loro progetti” (イタリア語). 2021年8月21日閲覧。
  6. ^ Granger, Anthony (2021年8月24日). “🇮🇹 Eurovision 2022: Five Cities Remain in Contention to Host Eurovision” (英語). Eurovoix. 2021年8月27日閲覧。
  7. ^ REVEALED: the 41 countries joining Eurovision in Turin 2022 🇮🇹” (英語). Eurovision.tv (2021年10月20日). 2021年10月20日閲覧。
  8. ^ News, Eurovision (2021年6月19日). “Andorrra: RTVA will not return to Eurovision in 2022” (英語). Eurovision News, Polls and Information by ESCToday. 2021年8月21日閲覧。
  9. ^ Granger, Anthony (2021年6月18日). “🇸🇰 Slovakia: RTVS Rules Out Eurovision 2022 Participation” (英語). Eurovoix. 2021年8月21日閲覧。
  10. ^ News, Eurovision (2021年8月18日). “Luxembourg: RTL will not participate at Eurovision 2022” (英語). Eurovision News, Polls and Information by ESCToday. 2021年8月21日閲覧。
  11. ^ News, Eurovision (2021年10月12日). “Bosnia & Herzegovina: BHRT will not return to Eurovision in 2022” (英語). Eurovision News, Polls and Information by ESCToday. 2021年10月15日閲覧。
  12. ^ Белтэлерадыёкампанію выключылі з Еўрапейскага вяшчальнага саюза” (ベラルーシ語). Навіны Беларусі | euroradio.fm. 2021年8月21日閲覧。

外部リンク[編集]