ブラーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラーノ
Burano
BuranoAir.jpg
行政
: Flag of Italy.svg イタリア
: Flag of Veneto.svg ヴェネト
: Blank.png ヴェネツィア
コムーネ:
ヴェネツィア
市外局番: 041
CAP(郵便番号): 30142
公式サイト [1]
人口
人口: 2,934人 (2007)
文化
住人の呼称: Buranelli
守護聖人: San Martino Vescovo
祝祭日: 11月11日
地理
座標: 北緯45度29分03秒 東経12度25分06秒 / 北緯45.48417度 東経12.41833度 / 45.48417; 12.41833座標: 北緯45度29分03秒 東経12度25分06秒 / 北緯45.48417度 東経12.41833度 / 45.48417; 12.41833
標高: 海抜 1 m
ブラーノの位置
ブラーノの位置
Portale:Portali ポータル イタリア
テンプレートを表示
色とりどりのブラーノ島の家

ブラーノ (Burano) は、イタリア北東部ヴェネツィアの潟にあるで、コムーネとしてはヴェネツィアの一部となっている。4つの小島で構成される群島で、それぞれの島は橋で行き来できるようになっている[1]

レース編みの生産と、色とりどりに塗られた独特の家々が特徴である。家の色は霧のなかでも漁にでた漁師がどこが自分の家か判別できる様にと彩色された。[2]

トルチェッロトレポルティを結ぶ汽船の通常路線によって、ヴェネツィア本島と結ばれている(「姉妹」島のムラーノを経由)。

名物[編集]

レース[編集]

この島ではレースが15、16世紀より特産品として名物になっており、これは漁で使う網の製作・補修技術が基になっているという[3][4]

島の東部にはレース博物館 (Museo del Merletto) もある[5]。これは19世紀に建設されたレース学校の建物を転用したもので、レースの資料が展示されている小さな博物館である[1]

斜塔[編集]

この島で圧巻なのは異常な傾きを見せる鐘塔である。イタリアにはピサの斜塔をはじめとしていくつもの斜塔が存在するが、美術評論家木島俊介は中でもこの塔を指してその傾斜が「イタリア第一」とまで評している[6]

島に向かうヴァポレットからも確認できる、ブラーノの象徴である[1]。30メートルほどの高さがあり[6]、建造は15世紀という[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d ブラーノ島”. エクスペディア. 2014年3月9日閲覧。
  2. ^ ブラーノ島 (Burano)”. JTB. 2014年3月9日閲覧。
  3. ^ 昭文社 「イタリア2013」、『マップルマガジン』 (昭文社)第2691号116頁、2012年ISBN 978-4398269591 
  4. ^ 前掲 (昭文社 2012)によれば16世紀より有名になった、とあり 前掲 (エクスペディア)では少なくとも15世紀を始まりとしている。
  5. ^ 前掲 (昭文社 2012, 別冊2、p.28)。
  6. ^ a b 木島俊介地中海学会編、 「トルチェーロの聖母<マリス・アストルム> - アドリア海の奥の教会堂で」、『地中海文化の旅(2)』 (河出書房新社)198-203頁、1990年ISBN 4-309-47194-3 

外部リンク[編集]


執筆の途中です この「ブラーノ」は、イタリアの地理関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア