エクスペディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エクスペディア
Expedia, Inc.
Expedia Inc. logo.svg
Bellevue, WA - Expedia Building 01.jpg
ワシントン州・ベルビューの本部ビル(2008年竣工)
種類 公開会社
市場情報
NASDAQ EXPE
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
98004
ワシントン州 ベルビュー, Northeast Avenue 108th 333
北緯47度36分50秒 西経122度11分51秒 / 北緯47.61389度 西経122.19750度 / 47.61389; -122.19750座標: 北緯47度36分50秒 西経122度11分51秒 / 北緯47.61389度 西経122.19750度 / 47.61389; -122.19750
設立 1996年10月[1]
事業内容 ホテル航空券オンライン予約
代表者 ダラ・コスロシャヒ (CEO)
バリー・ディラー(Chairman and Senior Executive、InterActiveCorp会長との兼任)
従業員数 18,000人[2]
決算期 12月31日[2]
主要子会社 ホテルズドットコム
トリバゴ
Orbitz Worldwide
HomeAway
Travelocity
Venere.com
外部リンク expediainc.com(英語)
テンプレートを表示

エクスペディア: Expedia)は、ホテル航空券等の、旅行に関するオンライン予約を扱う、ウェブサイトおよびアプリダイナミックパッケージの予約可能なコンテンツとしては世界最大の規模を持つ[3]

また、Expedia, Inc.は、アメリカ合衆国ベルビューに本拠地を置くオンライン・トラベル・エージェンシーOnline Travel Agency, OTA)であり、「エクスペディア」の運営に加えて、世界各地で事業を展開する14の企業を統括している。なお、「エクスペディア」の日本語対応サービス(Expedia.co.jp)に関しては、2012年以降、シンガポールに本拠を置くエアアジアとの合弁企業、AAE Travel Pte. Ltd.(エアアジア エクスペディア)の管轄下とされている。

Expedia Inc(運営企業)[編集]

現在Expedia, Inc.は、各言語版の「エクスペディア」を運営するほか、以下のグループ企業を持つ(順序は公式サイト内に従い、日本語対応を行うウェブサイトは★を付す)[4]

草創期[編集]

「エクスペディア」の運営企業であるExpedia, Inc.NASDAQ: EXPE)の歴史は、1996年マイクロソフトの旅行予約システム部門としての設立に端を発する。1994年、同社でMS-DOSWindows95の開発に従事していた当時27歳のリッチ・バートンは、ビル・ゲイツスティーブ・バルマーら幹部にインターネットを利用した旅行予約システムの開発を提案、承認を得たのち1996年に運用開始となり、インターネットを利用した旅行予約システムとしては世界で2番目のローンチであった(世界初はSABREの開発したTravelocity[6]。旅行に特化したビジネスを希望したバートンは、設立にあたり「Microsoft Travel」のような名称を望まず、explorationspeedの合成からExpediaと名付けた[7]。独立をめぐっては、TravelocityOrbitz Worldwideがエクスペディアへの出資を提案したが、バートンはこれを拒否、またバルマーには当初難色を示されながらも最終的に承認され、1999年11月、社員数143名のエクスペディアはマイクロソフトから独立した(当初の本社はマイクロソフト本社の道路向かい)[6]。取扱の多くは航空券の予約で占められていた[6]

バリー・ディラーとダラ・コスロシャヒ[編集]

2000年1月、ラスベガスを拠点とするTravelscapeを併合、これはエクスペディアによる最初の買収となったが、Travelscapeがメディア界の大物として知られるバリー・ディラーの率いるUSA Networks,Inc(2003年以降はInterActiveCorp)と密接な取引関係にあったことから、InterActiveCorpとエクスペディアの関係が始まった[6]インターネット・バブルの崩壊が深刻化した2001年USA Networks,Incはバートンに買収を提案、2002年同社はエクスペディアの買収を発表した。これに伴い、USAネットワーク出身のダラ・コスロシャヒDara Khosrowshahi)をはじめ、多くのInterActiveCorp関係者がエクスペディアの経営に参画することになった。2005年8月、エクスペディアはInterActiveCorpから資本上独立した[8]CEOはダラ・コスロシャヒが務め[1]、会長職はバリー・ディラーがInterActiveCorp会長職と兼任する体制となり、この体制は2016年現在まで継続している[9]。バリー・ディラーと関係の深いジョン・マローンの率いるリバティ・インタラクティブが主要株主となり、議決権ベースで58%を所有、エクスペディアの運営はアメリカの大手メディアグループと密接な関係を持ち続けることになった[10]。グループ企業を含め、マーケティングが重視され、テレビCMなどの展開で同業他社を大きく上回っている[11]

ビジネスモデルの変遷[編集]

初期のエクスペディアは航空券の取扱が多くを占めていたが、ホテル予約では、Hotel Reservation Network(現在のホテルズドットコム)が生んだマーチャントモデル(OTAが旅行商品をあらかじめホテル等から安く仕入れた上で、OTA自ら価格を決定し旅行者に販売し、その利幅で収益をあげる方式で、旅行者が料金をOTAに支払うビジネスモデル)[12]がアメリカのOTAを席巻、マーチャントモデルに強い感銘を受けていたダラ・コスロシャヒは、この方式が今後のオンラインホテル予約の主流になると信じていた[6]。2002年、オランダのOTAであるBooking.nl(現在のブッキングドットコム)の買収を検討するが、同社はエージェンシーモデル(料金ホテル決済[13])のビジネスモデルを使っていたため、ダラ・コスロシャヒは検討を中止[6]、この判断は、2005年に同社を買収したプライスラインの伸長を許す結果となった。その後ブッキングドットコムの世界的な拡大に直面し、エクスペディアは、2012年以降、エージェンシーモデルをマーチャントモデルと併用している[14]

世界への進出[編集]

2000年代前半、経済不況の影響でアメリカの他のOTAは伸び悩んだが、エクスペディアは2000年代前半に実績を大きく伸ばし[15][16]、以降、アメリカの代表的なOTAに成長した[1]。他の多くのOTAが海外進出を行う余力に乏しい中、2005年の独立時点でカナダイギリス等7か国向けにウェブサイトを開設、日本語ウェブサイトは2006年11月に開設された[17]。独立時点でExpedia, Inc.は、ホテルズドットコム、Hotwire.comClassic Vacations.comExpedia Corporare Travel(現在のEgencia)、トリップアドバイザー(2011年12月に独立[1])、eLong(2015年5月シートリップに売却)などの子会社を傘下に置いたが、その後もVenere.com[18]やトリバゴ[19]等の買収を行い、企業規模の拡大に努めている。2008年、本拠地をシアトル近郊のベルビューに移転している。Expedia, Inc.は、2012年に総取扱額(Gross Bookings)でカールソン・ワゴンリー・トラベルを上回り、総取扱額における世界最大の旅行会社となった[20][21]

AAE Japan(エクスペディアホールディングス)東京オフィスの入居する六本木ファーストビル

2011年Expedia, Inc.マレーシア格安航空会社であるエアアジアとが合弁し、AAE Travel Pte. Ltd.(エアアジア エクスペディア)をシンガポールに設立、以降、アジア地域における営業展開・ウェブサイトの運営は同社の管轄とされている[22]日本では、2012年3月、エアアジア エクスペディアの子会社、AAE Japan K.K.(エアアジア エクスペディア ジャパン)が設立されており[23]2016年現在、東京六本木ファーストビル内)、大阪名古屋福岡那覇にオフィスを持つ[24]

2010年7月より、日本版オリジナルキャラクター「エクスベア(Exbear)」を設定したブランディングを実施[25]2011年2月より、日本でもダイナミックパッケージの販売を開始した[26]2011年10月から、じゃらんnetが海外ホテル予約サービスに関してエクスペディア・アフィリエイト・ネットワーク(EAN)と提携開始[27]、日本のOTAとの提携に加え、旅行会社専用予約プログラム「クマの手」を同月に開設し[28]、店舗型旅行会社との提携も進められている。2013年2月には、JTBとの包括的業務提携を発表[29]、この結果、2013年7月から、エクスペディアの日本向けサイトから、るるぶトラベル取扱の旅館が予約可能となったほか[30]、2013年11月からは、JTBのウェブサイトで、エクスペディア取扱の約10万軒のホテルが予約可能となった[31]

近年の動向[編集]

総取扱額で世界最大となったExpedia, Inc.であるが、独立したトリップアドバイザーが競争相手となったことに加え[32]、世界的にはプライスライングループ(レベニューRevenue)と時価総額における世界第1位)との激しい競争下に置かれている。2010年以降、ホテル等の宿泊予約では、ブッキングドットコムを持つプライスライングループに一歩譲っているが[33]Expedia, Inc.は単価の高額な航空券予約の割合も高く、総合オンライン旅行会社としての強みを持つことから、グループとしての取扱額では現在まで第1位を維持している[34]

2015年に、収益が伸び悩んでいた中国のelongを売却する一方[35]TravelocityOrbitz Worldwide、バケーションレンタル大手のHomeAwayを相次いで買収し[36][37][38]、アメリカ国内を軸とする経営規模の拡大が進められている。なお、Expedia, Inc.総体では、アメリカ国内で半分以上の収益をあげる利益構造となっている(2015年は55.8%)[39]

サービス内容[編集]

日本語に対応したサービスとして、2006年11月にExpedia.co.jpが開設された[17][40]。ネット予約が基本であるが、電話予約も可能で、24時間対応のオペレータが、利用者の代わりに検索しシステムに入力する。

日本語によるコールセンターをオーストラリアのシドニーとメルボルンに開設する。その後人件費などの諸般理由より撤退し拠点を中国とマレーシアに移転した。現在は24時間オペレーター対応を行っているが、航空券の相談は朝7時から夜24時までの受付となっている[41]

以下のサービス内容と特徴を持つ[42]

ホテル予約[編集]

ホテル検索

24時間、ウェブサイト上で宿泊したい都市、期間、人数を入力して検索できるのは多くのホテル予約サイトと同じで、条件を示すと予約可能な情報だけが表示されるが、それでも料金帯、クラス、地区などで絞り込みしないと候補が多すぎる場合もある。部屋のサービスやアメニティの情報も比較的しっかりしている。電子地図上で、位置確認ができ、周辺のホテルも表示されるが、空き室がないなど予約ができない周辺ホテルも表示されるなど、使い勝手が悪い点もある。

予約申し込み

海外ホテルも基本的に日本円建てで表示され、予約日の為替レートで料金が表示される。ただし、税、サービス料なしの料金が示されるため、いざ予約しようとすると、2割近く高くなってしまうこともある。2週間以内の場合、割安なホテルを検索できる、直前予約のシステムもある。基本的に前払いで、クレジットカードで支払う。前払いの場合、料金はエクスペディアに対して支払うことになる。ホテル代、税、サービス料の合計額の領収書(円建て)は別途郵送を依頼することができるが、依頼しないともらえない。予約が成立しても、バウチャーの発行は無く、心配な場合、参考としての予約成立メールのコピーを持参するしかない。キャンセル可否、期限についてはホテル毎に対応が異なるが、キャンセル不可で、前払い金が一切もどらない場合もある。

なお、各種免責事項が、ウェブサイト内の利用規約に明記されている[43]。これらの免責事項に属する事柄(オーバーブッキングに由来する予約内容の変更・取消など)に関しては、基本的には、利用者各自が、直接ホテルと適切な交渉を取り解決することになる。

最低価格保証サービス

2014年9月よりサービスが改められ、Expedia.co.jp(エクスペディア)でホテルを予約後、24時間以内に、他のホテル予約サイトにおいて、全く同じ予約条件でより安い料金で売り出されている場合、Expedia.co.jpに連絡すれば、差額の2倍を返金するキャンペーンが開始された[44]

航空券予約[編集]

ウェブサイト上で搭乗区間、日時、人数を入力して検索すると、予約可能な複数の航空会社の便名、時刻、所要時間、乗り継ぎ回数と、各種空港利用料および燃油サーチャージを含めた建ての価格が表示されるため、実際の支払額やおよその利便性を把握しやすい。直行便だけでなく、当該航空会社の公式予約サイトで表示されない、乗り継ぎによる割引便や、複数の航空会社を組み合わせた乗り継ぎ案も提示されるため、価格優先でさがす場合[45]、直行便がない場所に行く場合、各地を周遊したい場合などに適している。座席クラス、オープンジョーストップオーバー、払い戻し条件などを指定して検索することも可能で、残席数がわずかな場合は、具体的な残席数も表示される。満足ゆく条件が見つからない場合は、出発地、目的地周辺の別の空港を表示させて、再検索することも可能。

航空券は全てeチケット(電子航空券)で発券され、自動的に電子メールで通知されるため、直前の予約も可能で、余計な送料などが発生することもないが、eチケット番号と旅程表が通知されるだけで、eチケットの内容を搭乗者に通知、印字させるシステムにはなっておらず、予約時にオプション表示される英文の内容を別途保存しておかないと、運賃や空港利用料などの内訳、変更払い戻し条件、有効期限などの詳細把握が難しい。また、航空券の領収書はウェブサイトからの発行依頼ができず、別途電話で依頼をし、電子メールでpdfファイルを受け取るしかない。

その他[編集]

他社との契約となるが、海外でのレンタカーや、海外で使用できるWi-Fiルーターの予約を、エクスペディア限定の割引料金で利用可能[46][47]。2016年2月から、現地オプショナルツアーも検索可能となった(検索結果の一部は英語表示)[48]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Expedia,Inc. History” (英語). Expedia,Inc.. 2015年1月1日閲覧。
  2. ^ a b Investor FAQs” (英語). Expedia,Inc.. 2015年8月9日閲覧。
  3. ^ 世界最大のオンライン総合旅行会社へようこそ!”. AAE Travel Pte. Ltd. 2015年3月21日閲覧。
  4. ^ Global Network of Brands” (英語). Expedia,Inc.. 2016年5月3日閲覧。
  5. ^ インタビュー:エクスペディア・アフィリエイト・ネットワーク”. トラベルビジョン (2013年5月30日). 2016年3月21日閲覧。
  6. ^ a b c d e f The Definitive Oral History of Online Travel” (英語). Skift (2016年6月1日). 2016年8月21日閲覧。
  7. ^ 英語での発音は「イクスピーディア」に近い。Why is Expedia Called Expedia?” (英語). Rewind & Capture (2015年4月18日). 2016年2月12日閲覧。
  8. ^ IAC Completes Spin-Off of Expedia, Inc.” (英語). Expedia,Inc. (2005年8月9日). 2016年8月21日閲覧。
  9. ^ Barry Diller” (英語). Expedia,Inc.. 2015年2月1日閲覧。
  10. ^ LIBERTY INTERACTIVE CORPORATION INVESTMENT SUMMARY (PDF)” (英語). リバティ・インタラクティブ (2015年6月30日). 2015年11月8日閲覧。
  11. ^ Expedia Brands Dominate TV Ad Spending by Travel Booking Sites in 2015” (英語). Skift (2016年2月25日). 2016年3月21日閲覧。
  12. ^ 米OTAのホテル販売”. 航空経営研究所 (2012年6月20日). 2016年5月3日閲覧。
  13. ^ 同モデルでは、ホテル等のサプライヤーが料金を決定し、OTAはホテルからコミッションを受け取る。コミッションモデルとも呼ばれる。
  14. ^ 旅行流通速報 Vol.546号”. 航空経営研究所 (2012年8月26日). 2016年5月3日閲覧。Expedia Will Benefit From Its Strengthening Hotel Business Even As Revenue Margins Decline” (英語). フォーブス (2014年5月2日). 2015年2月1日閲覧。なお、グループ内企業のVenere.comは、2012年以前からエージェンシーモデルを採用している。
  15. ^ PhoCusWright–The Affiliate Deal of the Decade” (英語). CMOs InTravel (2013年8月24日). 2015年5月30日閲覧。
  16. ^ What is driving Priceline’s Success in the past 5 years?” (英語). ハーバード・ビジネス・スクール (2012年11月2日). 2015年5月30日閲覧。
  17. ^ a b Expedia.co.jp Launches in Japan” (英語). Expedia.Inc. (2006年11月28日). 2016年8月21日閲覧。
  18. ^ Expedia, Inc. Enters Into Agreement to Acquire Europe-Based Venere.com” (英語). Expedia,Inc. (2008年7月15日). 2016年8月21日閲覧。
  19. ^ Expedia Announces Agreement To Acquire Majority Of trivago” (英語). Expedia.Inc. (2012年12月21日). 2016年8月21日閲覧。
  20. ^ ユーロモニター・インターナショナルFacebook”. ユーロモニター・インターナショナル (2013年2月21日). 2016年8月21日閲覧。
  21. ^ 世界で取扱額の最も大きい旅行代理店は、3年連続で「エクスペディア」”. PR TIMES (2015年5月26日). 2016年8月21日閲覧。
  22. ^ エクスペディアについて”. AAE Travel Pte. Ltd. 2015年8月1日閲覧。
  23. ^ エアアジア エクスペディア ジャパンが3月1日設立”. 株式会社プラチナム エクスペディアPR事務局 (2012年3月1日). 2015年2月1日閲覧。
  24. ^ 日本国内に5つ目の支店をオープン 世界最大の総合オンライン旅行会社が沖縄支店を開設”. AAE Japan (2016年2月4日). 2016年2月12日閲覧。
  25. ^ エクスベア登場”. 観光経済新聞社 (2010年7月15日). 2015年2月1日閲覧。
  26. ^ エクスペディア、カスタマイズ可能で組み合わせは1億以上の海外ツアー提供”. マイナビニュース (2011年2月2日). 2016年3月21日閲覧。
  27. ^ じゃらんnet「海外ホテル予約サービス」10月24日より、世界約14,000都市・80,000軒以上のホテルラインナップに拡充”. リクルートホールディングス (2011年10月24日). 2016年5月3日閲覧。
  28. ^ “エクスペディア、旅行会社専用サイト開設”. 観光経済新聞. (2011年10月8日). http://www.kankokeizai.com/backnumber/11/10_08/travel.html 2015年2月1日閲覧。 
  29. ^ エクスペディア×JTB 包括的な業務提携を発表 - JTBグループ”. ジェイティービー (2013年2月21日). 2015年2月1日閲覧。
  30. ^ るるぶトラベル取扱の旅館を予約する場合は、るるぶトラベルの利用規約適用による契約となる。
  31. ^ JTBとの業務提携、第2弾スタート!”. 株式会社プラチナム エクスペディアPR事務局 (2013年11月26日). 2015年2月1日閲覧。
  32. ^ Expedia Expects to Get Pressured by TripAdvisor, Its Largest Search Partner” (英語). Skift.com (2014年10月31日). 2015年10月4日閲覧。
  33. ^ 2015年の宿泊販売室数(ルームナイツ)は年間2億310万室。プライスライングループは年間4億3230万室。
  34. ^ Megatrends Defining travel in 2015 (PDF)” (英語). Skift.com. 2015年10月4日閲覧。
  35. ^ Expedia Divests Long Underperforming Stake in eLong” (英語). ウォール・ストリート・ジャーナル (2015年5月22日). 2015年7月24日閲覧。
  36. ^ Expedia To Buy Travelocity For $280 Million” (英語). ウォール・ストリート・ジャーナル (2015年1月23日). 2015年10月4日閲覧。
  37. ^ 旅行サイトExpedia、ライバルのOrbitzを買収へ”. CNET Japan (2015年2月13日). 2015年3月21日閲覧。
  38. ^ Expedia to Acquire HomeAway for $3.9 Billion” (英語). ニューヨーク・タイムズ (2015年11月4日). 2015年11月8日閲覧。
  39. ^ Expedia,Inc. Reports Fourth Quarter and Full Year 2015 Results (PDF)” (英語). Expedia,Inc. (2016年2月10日). 2016年2月12日閲覧。
  40. ^ エクスペディアの日本語対応サービス(Expedia.co.jp)は、AAE Travel Pte. Ltd.により運営されており、運営は同社の住所であるシンガポールの法律に基づいている。エクスペディアについて”. AAE Travel Pte. Ltd. 2015年8月1日閲覧。該当するシンガポールの法律に関しては以下を参照。TRAVEL AGENTS ACT (CHAPTER 334) (PDF)” (英語). Singapore Statutes. 2015年8月1日閲覧。
  41. ^ 予約の確認・変更・キャンセル”. AAE Travel Pte. Ltd. 2015年2月1日閲覧。
  42. ^ 旅日記.com - エクスペディア(Expedia)の航空券・ホテルの予約方法・利用方法”. 2015年2月1日閲覧。
  43. ^ エクスペディア利用規約”. AAE Travel Pte. Ltd (2014年2月17日). 2015年2月1日閲覧。
  44. ^ どこよりも安い価格を提供するエクスペディアの“最低価格保証”リニューアル”. 株式会社プラチナム エクスペディアPR事務局 (2014年9月26日). 2015年2月1日閲覧。
  45. ^ 直行便が満席に近い場合など、乗り継ぎによって時間は余計にかかっても、料金が半額以下に抑えられることもある。
  46. ^ 海外レンタカーの格安予約”. AAE Travel Pte. Ltd. 2015年2月1日閲覧。
  47. ^ 海外用パケット定額使い放題!モバイルWi-Fiレンタルサービス”. AAE Travel Pte. Ltd. 2015年2月1日閲覧。
  48. ^ 「現地オプショナルツアー」正式ローンチ ホテル・フライトと一緒に現地のツアーも予約が可能に”. AAE Japan (2016年2月3日). 2016年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]

ビジネスデータ