ヴェネツィアの潟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴェネタ潟の衛星画像

ヴェネツィアの潟(Laguna di Venezia)またはヴェネタ潟(Laguna Veneta)は、アドリア海北部の(ラグーナ)のひとつで、ヴェネト州の海岸沿いにある。いまから6、7千年前に氷河が融け、アドリア海岸に海が広がったが、現在は南方にあるポー川からの土砂が堆積し、砂州や潟が出来てきた。15、16世紀から人々により干潟にする努力がなされてきた。元々、沼地であった島々は灌漑により人が住めるようになったのである。

[編集]

ヴェネタ潟に浮かぶ島々
上空から見たヴェネタ潟の島々。中央奥にはヴェネツィアと本土を繋ぐリベルタ橋が見える。

大きな島々を面積順に並べる(海岸線や海岸から離れた部分を除く):

その他の島々:

自然保護区[編集]

ヴェネツィア県カンパーニャ・ルーピアValle Averto にある、魚の養殖池として改造された潟湖など 500 ha が、ラムサール条約の定める「国際的に重要な湿地」に登録されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ LLaguna di Venezia: Valle Averto” (英語). Ramsar Sites Information Service. Ramsar Convention Secretariat. 2016年12月5日閲覧。

外部リンク[編集]