2022年ロシアのウクライナ侵攻のタイムライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2022年ロシアのウクライナ侵攻 > 2022年ロシアのウクライナ侵攻のタイムライン
侵攻のアニメーションマップ

2022年ロシアのウクライナ侵攻のタイムライン(2022ねんロシアのウクライナしんこうのタイムライン、英語: Timeline of the 2022 Russian invasion of Ukraine)では、2022年2月24日に開始されたロシアのウクライナ侵攻の経過について述べる。

背景と前兆[編集]

この戦争の背景と前兆については「ウクライナ紛争 (2014年-)」「ロシア・ウクライナ危機 (2021年-2022年)#経緯」参照。

2022年2月[編集]

日時は特記のない場合、ウクライナ時間(UTC+2)。日本標準時との時差は-7時間[1]

2月21日[編集]

ウラジーミル・プーチンによる、「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の独立承認に関する演説(英語字幕)
  • 発表に先立つテレビ演説で、プーチンは、ウラジーミル・レーニンがウクライナの「創作者および建築家」であるとの考えを示し、レーニンの記念碑を破壊したウクライナ人を「恩知らずの子孫」と呼び、「これは彼らが言う非共産化である。あなた方は非共産化を望むのか?いいだろう。それは我々にとてもよく合っている。しかし、彼らが言うように、途中で停止する必要はない。我々はウクライナにとって真の非共産化が何を意味するのかを示す用意がある」と語った[4][5](この発言の背景については、レーニンが主導した「ロシア革命」とそれにより成立した「ソビエト連邦」、および「ソビエト連邦の崩壊」を参照)。

2月23日[編集]

2月24日[編集]

ウクライナ侵攻を伝えるボイス・オブ・アメリカのニュース放送(2月24日午前4時0分(EST))

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
ミサイルの破片が直撃したキエフの建造物(2月24日)
ホストーメリ空港付近で対戦車誘導ミサイル9M113を操作するロシアの対戦車部隊
  • モスクワ時間2月24日午前6時0分(UTC+3)の少し前:プーチンは特別軍事作戦に関する演説の中で、ウクライナ東部で「特別軍事作戦」を開始することを決定したと発表した[11][12]。プーチン大統領は演説の中で、ウクライナの領土を占領する計画はなく、ウクライナの民族自決権を支持すると主張した[13]。プーチンはまた、ロシアはウクライナの「非軍事化と非ナチ化」を求めていると述べた[14][15]。そして「起こりうる流血に対する全責任は、すべてウクライナの領土を支配する政権の良心にある」と述べた[16]ロシア国防省はウクライナの航空交通管制部隊に飛行を停止するよう要請し、ウクライナの空域は非民間の航空交通に制限され、欧州連合航空安全機関はウクライナ全域を活発な紛争地帯と見なした[17][18]
  • クレムリン(ロシア政府)は、最初に大砲とミサイルで指揮統制センターを狙い、次に戦闘機戦闘ヘリコプターを送って制空権を迅速に獲得することを計画した[26]。海軍分析センターは、ロシアがキエフを包囲するために翼包囲を作り、東部のウクライナ軍を包囲するだろうと述べ、戦略国際問題研究所は北のベラルーシからと、東のドネツクから、南のクリミアからという3つのロシアの侵攻軸を特定した[26]。米国は、ロシアがウクライナ政府を「排除」し、独自の政府を設置する意向があると考えていると述べ[27]、米国のインテリジェンス当局者は、現地の状況を考慮すればキエフは96時間以内に陥落すると考えていた[28]
  • 午前7時0分(UTC+2)直前:ゼレンスキーはウクライナに戒厳令を導入すると発表した[36]。ゼレンスキーはまた、ロシアとの関係を即座に断絶すると発表した[37]。ロシアのミサイルは、キエフの東29キロメートルにあるウクライナ最大の空港であるボルィースピリ国際空港を含むウクライナのインフラを標的にした[38]
侵攻を受けているウクライナ東部の様子
  • 午前10時0分(UTC+2):ウクライナ大統領府のブリーフィングで、ロシア軍が北からウクライナに侵入したことが報告された(国境の南5キロメートルまで)。ロシア軍は、ハルキウ州チェルニーヒウ州、およびスームィ近郊で活動中とされた[39]。ゼレンスキーの報道官はまた、ウクライナがヴォルィーニ州で攻撃を撃退したと報告した[40]。午前10時30分(UTC+2)、ウクライナ国防省はチェルニーヒウ州のロシア軍は阻止され、ハルキウ近郊で大規模な戦闘が進行中であり、ウクライナ軍がマリウポリとシュチャスティアを完全に奪還したと報告した[41]
  • 午前10時頃:ロシア空挺軍がキエフ近郊の空港へ降下したが、ウクライナ軍は反撃の末、奪還したと主張した[42]
  • 早朝にヘリコプターで輸送されたロシア空挺軍がキエフ郊外のホストメリにあるホストーメリ空港(アントノフ国際空港)を占領した。その日の午後に空港を奪還するためのウクライナの反撃が開始された[43][44]ウクライナ国家親衛隊の即応対応旅団は、同飛行場で戦闘を行い、ロシアのヘリコプター34機のうち3機を撃墜したと表明した[45]
  • 午前11時0分(UTC+2):ウクライナの国境警備隊は、ベラルーシがロシア軍が北からウクライナに侵入することを容認していたため、キエフ州ビルチャでロシア軍の国境侵犯を報告。ジトームィル州の国境警備隊はロシアのロケットランチャー(おそらくBM-21)から砲撃された[46]。伝えられるところによると、標識のないヘリコプターがベラルーシからスラヴィティチの国境警備隊を爆撃した[47]。午前11時30分(UTC+2)に、ロシアのミサイル爆撃の第2波がキエフ、オデッサ、ハルキウ、リヴィウの各都市を標的にした。ドネツィク州とルハンシク州で激しい地上戦が報告された[48]
  • 午後12時4分(UTC+2)までに、クリミア半島から進軍するロシア軍はヘルソン州のノバカホフカ市に向けて移動した[49]。その日遅くにロシア軍はヘルソン市に入り、北クリミア運河を支配した。これにより、クリミア半島への水の供給を再開することができるようになった[50]
  • 午後1時0分と午後1時19分(UTC+2):ウクライナの国境警備隊と軍隊は、スームィ(「コノトプ方面」)とスタロビルスク(ルハンシク州)の近くで2つの新しい衝突を報告した[46]。13時32分(UTC+2)、Valerii Zaluzhnyiは、ベラルーシの領土から南西方向に4発の弾道ミサイルが発射されたと報告した[46]キエフ地下鉄ハルキウ地下鉄のいくつかの駅は、地元住民の防空壕として使用された[46]。Vuhledar (ドネツク州)の地元の病院が爆撃を受け、4人の民間人が死亡、6人の医師を含む10人が負傷した[46]
  • 午後4時18分(UTC+2):キエフ市長のビタリ・クリチコは、午後10時0分から午前7時0分までの夜間外出禁止令を宣言した[57]
  • 午後10時0分(UTC+2):ウクライナ国家国境庁は、ロシア軍が黒海西部のズミイヌイ島に海と空から爆撃を行った後、同島を占領したと発表した[59]。ズミイヌイ島の13人の国境警備隊は全員、ロシアの軍艦への降伏を拒否した後に砲撃で殺害されたと推定された。降伏要求を拒否した警備兵の音声記録はSNSで話題になった。ゼレンスキー大統領は、死亡したと推定される国境警備隊に、ウクライナ最高の栄誉であるウクライナ英雄の称号を死後授与すると発表した[60][61]。ウクライナ南部の13人、マリウポリの3人[62]、ハリコフの1人と計17人の民間人の死亡が確認された[63]。ゼレンスキー大統領は、侵攻初日に137人のウクライナ人(兵士と民間人の両方)が死亡したと明らかにした[64]。なお、のちになって、全員無事であることを確認したとウクライナ海軍が発表した[65]
  • 午後10時頃:ウクライナ国防省はTwitterで「ロシアに占領されていたヘルソン近郊のドニエプル川にかかる橋の奪還に成功して防衛陣地を構築した」と発表した[66]
  • 午後11時0分(UTC+2)直後:ゼレンスキー大統領は18歳から60歳までの全てのウクライナ人男性の動員を命じた。同じ理由からその年齢層のウクライナ人男性はウクライナ出国を禁止された[67]

2月25日[編集]

ボイス・オブ・アメリカの動画ニュースリポート「ロシア軍の進撃で緊迫するキエフ」
  • 午前1時頃:ゼレンスキー大統領はウクライナ軍の総動員令を発令し、18歳から60歳までの全てのウクライナ人男性が国を離れることを禁止することを発表した[72][73]
  • 午前1時39分:24日未明より始まったスームィ郊外での市街戦の結果、ロシア軍が同都市から撤退したと報じられた[74]
  • 午前4時0分(UTC+2)頃:キエフでは巡航ミサイル弾道ミサイルによる2回の爆発が起きた[76]。ウクライナ政府は、キエフ上空で敵機を撃墜し、撃墜機体は住宅に墜落して炎上したと発表した[77]。その後、同機がウクライナのSu-27であることが確認された[78][要説明]
  • 午前4時25分:南部ザポロジエ州の国境検問所がミサイル攻撃を受けたとウクライナ国境警備当局は発表した[79]
  • 午前6時47分頃:ウクライナ軍がキエフ近郊のイヴァンキフウクライナ語版にかかる橋を爆破し、ロシア軍戦車部隊の進軍を停止させた[80]。また、80台のロシア軍車両がキエフ州のデマル村へ移動している[80]
  • 10時半頃、ロシア軍はメリトポリに侵入。同地は激しく砲撃され、市街地戦が続いた。メリトポリの指導部は同日午後に降伏し、都市はロシアの占領下に置かれた[81][82]と、ロシア国防省は翌26日に発表した[83]。メリトポリ市の近くには港湾都市マリウポリがある[83]
  • ロシア地上軍キエフに侵攻したとウクライナ軍が発表した[85]。また、それによるキエフの陥落が示唆されている。ベラルーシから侵入したロシア軍は、首都キエフに迫っており、数時間以内にキエフが陥落する恐れがあるという情報が出ていた。アメリカ合衆国政府は、ロシア軍がチェルノブイリ原発の職員を人質にとっているという情報を発表した。ロシア軍からのミサイルは住宅などの民間施設にも命中し、一般市民にも被害が出ている[86]。当初はロシア軍の総攻撃で数時間でキエフが陥落するとの見方もあったが、ウクライナ側の予想外の善戦より失陥は免れている。これに関しては市民を含むウクライナ側とロシア軍の士気の差、およびロシア軍の新兵の練度の低さが要因と見られており、米国防総省高官からはロシア軍の士気の低さが指摘されている[87]
  • 独立系軍事アナリストは、北部のロシア軍がウクライナ軍と激しく交戦しているように見えると指摘した。ロシアの部隊はキエフを包囲し、ハルキウに進軍しようとしたが、激しい戦闘で行き詰まり、SNSに投稿された画像では一部のロシア軍の装甲車列が待ち伏せされたことが示唆されている。対照的に、東部と南部でのロシアの作戦はより効果的であり、訓練と装備が最も充実していたロシアの部隊は南東部のドンバス郊外に配置され、準備されていた防御塹壕を回避し、ウクライナの防御陣地の後方を攻撃したとみられる。一方、クリミアから進軍するロシア軍は2つの隊列に分かれており、ロシア軍はドンバスでウクライナ軍を包囲し陥れ、準備した防御を放棄させて野外で戦わせようとしていたのではないかとの分析がなされている[88]
  • 朝、ゼレンスキーはロシアが民間施設を標的にしていると非難した[89]。ウクライナ内務省の代表バディム・デニセンコは、過去24時間に33の民間施設が攻撃されたと明らかにした[90]
  • ウクライナ国防省は、ロシア軍がキエフのオボロン地区に侵入し、ヴェルホーヴナ・ラーダ(ウクライナ最高議会)議事堂から約9キロメートル地点にいたと発表した[60]。一部のロシア軍はキエフ北部に侵入したが、それ以上は進まなかった[91]。ロシアの特殊部隊スペツナズが、政府関係者を「狩る」目的で都市に潜入した[92]。キエフ北部で、標識のない装甲車両が道路を横切って一般車両を押し潰す様子が撮影された。ロシア軍の戦車によるものとして大々的に報じられたが、専門家は、誰がこの軍用車両を操作し、なぜ事件が発生したのかは不明であると示唆した。車を運転していた民間人の老人は一命をとりとめ、地元の人々に救助された[93][94][95][96]
砲撃後のキエフ(Oleksandr Koshyts通り)のアパート(2月25日)
  • ロシア軍がキエフに近づくと、ゼレンスキーは敵を「無力化」するために住民に火炎瓶を準備するように求めた。一方、プーチンはウクライナ軍に政府を転覆するよう求めた[98][99]。ウクライナは戦う意思を示したキエフの住民に1万8000丁の銃を配布し、キエフ防衛のためにウクライナ軍の予備部隊である領土防衛軍を配備した[100]。国防省はまた、全てのウクライナ市民は年齢に関係なく兵役に志願する資格があると発表した[20]
  • 夕方までに、米国防総省はロシアがウクライナ領空の制空権を確保していないと述べた。米国のアナリストは、戦闘が始まった後すぐにロシアが制空権を確保すると予測していたが、実際はウクライナの防空能力はロシアの攻撃によって低下するも機能し続けており、両国の軍用機はウクライナ上空を飛行し続けた[101]。国防総省はまた、ロシア軍は米国の諜報機関やロシア政府が考えているほど速く前進しておらず、ロシアは人口密集地を占領しておらず、ウクライナの指揮統制は依然として無傷であると述べた。米国防総省は、ロシアがウクライナに送ったのは国境に集まった15万〜19万人の軍隊の30パーセントに過ぎないと警告した[102]
  • ウクライナにいるロシア軍への航空支援に使用されるのを防ぐために、ロシアのミルレロヴォ空軍基地に対してウクライナがミサイル攻撃を行ったとの報道がなされた[103]

2月26日[編集]

ボイス・オブ・アメリカの動画ニュース報道「爆弾や銃声に耐える厳粛なキエフ」
  • 未明:ゼレンスキー大統領がfacebookに動画を投稿。動画内で「今夜は非常に難しい夜になる」と話し、ロシア軍のキエフへ近く予想される攻撃に対して警戒を呼びかけ、「今夜、敵はあらゆる力を使って我々の抵抗を破ろうとするだろう。彼らは今夜、攻撃をしてくる。我々は耐えなければならない。ウクライナの運命はいま、決まろうとしている」「私たちは皆、ここ(キエフ)で国の独立を守っている」と語り、自身が国外逃亡しておらず首都にとどまっていることを伝え、また高齢者など市民には危険があればシェルターに入るよう呼びかけた[111]。在英ウクライナ大使館によれば、ゼレンスキーはアメリカ政府からの脱出の申し出に対し「自分が必要なのは、乗り物ではなく砲弾です」と断った[83]
  • 午前3時0分頃:キエフ周辺で30分間で48回以上の爆発があり、ウクライナ軍が北部地区TroieshchynaのCHP-6発電所付近で戦闘を行っていると報告された[112]BBCニュースは、攻撃は都市への電力を遮断する試みである可能性があると報じた。キエフ動物園とシュリアフカ地区付近で激しい戦闘が報告された。 2月26日未明、ウクライナ軍はキエフの主要道路であるペレモヒアベニューにある陸軍基地へのロシアの攻撃を撃退したと発表し[113]、また、黒海に面するムィコラーイウ市へのロシアの攻撃も撃退したと主張した[114]。米当局は、ロシアのIl-76輸送機がキエフの南約80キロメートルのビーラ・ツェールクヴァ付近でウクライナ軍によって撃墜されたと明らかにした[115][116][117]。キエフに残っているゼレンスキー大統領は米国の退避の申し出を拒否し、代わりにウクライナ軍への弾薬の追加を要求した[118]
  • キエフでの夜間の戦闘で数百人の死傷者が報告され、砲撃によりアパートの建物、橋、学校が破壊された[115]。午前11時0分、ウクライナの参謀本部は、同軍の航空機が過去24時間に34回の出撃を行ったと報告し、ロシアが予想外に制空権を獲得できない状態が続いていることを示していた[119]
  • 午後までに、ウクライナ周辺に集結していたロシア軍のほとんどは、ウクライナ国内で戦っていた。キエフのビタリ・クリチコ市長は土曜日の午後5時から月曜日の午前8時まで夜間外出禁止令を出し、その間に外に出た者は敵の破壊工作や偵察グループと見なされることを警告した[120]。ウクライナの一部、特に南部と東部でインターネット接続が途絶えた[121]ウクライナの副首相であるミハイロ・フェドロフからのスターリンクのステーション提供要請を受け、イーロン・マスクは「ウクライナでスターリンクのサービスを利用できるようになった。追加の端末を配送中」とツイートした[122][123][124]
  • 午後2時33分(ウクライナ時間):イギリス国防省の確認した情報[125]によると、1.ロシア軍はキエフ中心まで30kmの地点にいる。2.ロシア軍は依然ウクライナ上空の制空権を確保しておらず、ロシア空軍の有効性は低下している。3.ウクライナの武装勢力(おそらく軍のこと)は依然ウクライナ中で抵抗している。4.ロシア軍の死傷者数はクレムリンの想定を上回っていると考えられる。
  • 午後3時30分:ロシア軍は、ウクライナ軍の軍事インフラを合計821箇所破壊したと発表した。破壊したのは軍事飛行場が14箇所、無線通信所を48箇所などとしている[128]
  • 北大西洋条約機構(NATO)はウクライナに侵攻中のロシア軍に対応し即応部隊の一部を東欧加盟国に派遣を決定した[129]
  • ウクライナ軍はFacebookで、これまでの侵攻でロシア兵3,500人以上が死亡、約200人が捕虜になり、ロシア軍軍用機14機、軍用ヘリ8機、戦車102台を失ったと報告した[83]
  • ゼレンスキー大統領は、ロシア側の当初の計画では25日夜から26日にかけてゼレンスキー大統領を拘束する計画であったが、ウクライナ軍が阻止したと述べ、「ここへ来てこの国を守ろうと思う人は誰でも、来てください。武器は提供します」と徹底抗戦の構えを見せた[83]
  • 停戦協議の開催地をめぐって、ロシアはベラルーシを、ウクライナはポーランドを提案[131]
  • ウクライナ内務省の代表であるバディム・デニセンコは、ロシア軍がエネルホダルとザポリージャ原子力発電所に向かってさらに前進したと述べた。デニセンコはロシア軍が現地にグラッドミサイルを配備していると述べ、同軍が原発を攻撃するかもしれないと警告した[132]。ザポリージャ州管理局は、エネルホダルに向けて進軍していたロシア軍は、同日に同市から30キロメートル離れたBolshaya Belozerka村に戻ったと発表した[133]
  • 20人の乗組員を乗せていた日本が所有する貨物船「ナムラ・クイーン」は、黒海でロシア軍の艦艇から砲撃を受けた。モルドバ船籍のケミカル船「ミレニアル・スピリット」もロシア軍の艦艇に砲撃され、乗員のロシア人2人が重傷を負った[134][135]
  • キエフのOkhmatdyt小児病院が砲撃され、6歳の少年が死亡、他の複数の少年が負傷した[138]。ウクライナ軍は、チェルニーヒウ州でロシア軍向けのディーゼル燃料を積んだタンカー56台の車列を爆破したと主張した[139]
  • この日の終わりまでに、ロシア軍は、機械化攻撃と空挺攻撃にもかかわらず、キエフを包囲し孤立させる試みに失敗した[140]。ウクライナ軍参謀本部は、ウクライナ軍がキエフ北部に向かう14個の大隊戦術群(BTG)の前進を阻止した後、ロシアが17個のBTGから成る北部作戦予備隊を投入したと報告した[119]。ロシアは、ウクライナの断固とした抵抗によって攻撃が撃退された後、チェルニーヒウとハリコフを占領する試みを一時的に放棄し、これらの都市を迂回してキエフに向かって進んだ[140]。南部では、ロシアがベルジャンシクを占領し、マリウポリを取り囲むと脅迫した。 [119]
  • 米国のシンクタンク戦争研究所(ISW)は、計画と実行の不備が、ウクライナ北部のロシア軍の士気と兵站の問題につながっていると述べた[140]。米英の当局者は、ロシア軍がガソリンとディーゼル燃料の不足に直面し、戦車と装甲車両が失速して進軍が遅れていると報告した[141]。道端に立ち往生するロシアの戦車や装甲兵員輸送車(APC)の映像もネット上に公開された[142]。ロシアは全兵器を使っておらず、 ISWはこれは大量の民間人犠牲者が出ることによる外交・広報上の影響を回避するためと、自軍の前進を妨げる瓦礫を生み出すことを避けるためである可能性が高いと述べた[119]

2月27日[編集]

オデッサ州鹵獲されたロシアの破壊工作・偵察グループの装備
  • 前夜にハルキウ郊外のガスパイプラインがロシアの攻撃によって爆破されたと報告され[143]、ヴァスィリキーウ近くのクリアチキー村の石油貯蔵所がミサイル攻撃を受けて発火した[144]ヴァスィリキーウ空軍基地付近での激しい戦闘により、消防士がこの火災に対処できなかった[145]。また、夜には、ウクライナのロマジプシー)のグループが、ヘルソン州のカホフカに近いリウビミフカでロシアの戦車を奪取したと報じられた[146][147]。さらに、大統領府は、ジュリャーヌィ空港も爆撃されたと発表した[148]。ルハンシク州のロシアの支援を受けた分離主義者は、ロベンキーの石油ターミナルがウクライナのミサイル攻撃を受けたと発表した[149]。ハリコフの9階建ての住宅ビルにロシアの砲撃が命中し、建物に甚大な被害を受けた。ウクライナの国家緊急サービスは同ビルから80人が救出したが、女性一人が死亡した[150]
  • ノバ・カホフカのVladimir Kovalenko市長は、同市がロシア軍に制圧されたことを認め、 KozatskeとVeseleの集落を破壊したとしてロシア軍を非難した[151]。ロシア軍もハルキウにも進攻し、市中心部を含む街中で戦闘が行われた[152]。同時に、ロシアの戦車はスームィに押し寄せ始めた[153]。一方、ロシア国防省は、ロシア軍がヘルソンとベルジャンシクを完全に包囲し、加えてヘニチェスクとチェルノバエフカのヘルソン国際空港を制圧したと発表した[154][155]。昼過ぎにハルキウ州知事のオレ・シニェフボフは、ウクライナ軍がハルキウの完全な支配権を取り戻したと述べ[156] 、ウクライナ当局は、市内で数十人のロシア兵が降伏したと発表した[157]。クピャンスク市長のHennadiy Matsegoraはその後、ロシア軍に同市の支配権をロシア軍に引き渡すことに同意した[158]
  • プーチン大統領は国防相(セルゲイ・ショイグ)と参謀総長(ワレリー・ゲラシモフ)と会議を行い、NATOの主要加盟国が「ロシアに対して攻撃的な発言をしている」と述べ[16]核戦力を念頭に「ロシア軍の抑止力を特別警戒態勢に引き上げる」よう国防相らに命じた[72][159]。プーチンが使用した言葉、すなわち「特別警戒態勢」は、オープンソースに基づくと不明であった[160]。命令の意図するものは脅威と解釈され、NATO、欧州連合(EU)および国連からの批判に直面した。 NATO事務総長イェンス・ストルテンベルグは、プーチンの命令は「危険で無責任」だと批判し、国連当局者のステファン・デュジャリックは核戦争の考えは「あり得ない」と述べた[161][162][72]
  • 情報分析会社のRochan Consultingは、ロシアはマリウポリとベルジャンシクを包囲することにより、クリミアと親露派勢力が保有するウクライナ東部の地域を結ぶことに成功したと発表[163]。ゼレンスキー大統領の顧問であるオレクシー・アレストビッチは、ベルジャンシクがロシア軍に制圧されたと述べた[164]。クリミアからのロシア軍の主力はザポリージャに向かって北上し、ドニプロ川の東岸にいるロシア軍はムィコラーイウを脅かしていた[165]
  • ロシア軍はキエフの北西にあるブチャイルピンで押し戻された。英国の軍事情報によると、ロシアの機械化部隊は、チェルニーヒウを迂回しキエフへと移動した[166]。ルハンシク州知事SerhiyHaidaiは、ロシア軍がスタニツィア・ルハンスカとシュチャスティアを制圧前に破壊したと非難し、ドネツク州知事パブロ・キリレンコもヴォルノヴァーハの破壊を非難した[167]
  • ISWは、ウクライナ北部のロシア軍は、追加兵力と物資を配備するために、前日から「作戦休止」を行った可能性が高いとし、以前は侵攻軍の一部ではなかったロシアの軍事資源は、当初の予想よりも困難な紛争を見越してウクライナに向けて移動していると述べた[165]
  • 午前1時半頃:ロシア軍が北東部にあるハリコフのパイプラインを爆破したことをウクライナのメディアとロイター通信が伝えた[168][169]
  • また、北東部のハルキウ(ハリコフ)にはロシア軍が入った[170]
  • 夕方、キエフの戦闘は前夜よりは強度が低いと英国国防総省が伝えた[171]
  • 激戦が続いていたハリコフにおいて、ウクライナ軍が市街戦の末、街に進撃したロシア軍を駆逐したとウクライナ当局が発表した[173]
  • ゼレンスキー大統領は、ウクライナが国際司法裁判所(ICJ)にロシアを提訴したとTwitter上で表明した。提訴の具体的な根拠は明らかになっていない[174]
  • プーチン大統領は「北大西洋条約機構(NATO)側から攻撃的な発言が行われている」として、核戦力を含む核抑止部隊の高度警戒態勢を取るよう軍司令部に命じた[175][176]
  • ゼレンスキー大統領は朝、動画を公開し、ロシアによる侵攻にベラルーシが加担しているとして、ベラルーシ南東部の都市ホメリでの停戦交渉を拒否すると述べた。そして代わりとなる場所として、ポーランド、スロバキアハンガリートルコアゼルバイジャンの都市の名前を挙げた[177]

2月28日[編集]

ロシアの砲撃を受けた後のチェルニーヒウの廃墟(2月28日)
ロシア軍によるハルキウ砲撃(2月28日)
  • マリウポリ周辺では夜通し戦闘が行われた[183]。 2月28日朝、英国防省はほとんどのロシア陸軍はキエフの北30キロメートルに留まっており、ホストーメリ空港でのウクライナの抵抗によって進軍が鈍っていると述べた。また、チェルニーヒウとハリコフの近くで戦闘が行われており、両都市は依然としてウクライナの支配下にあることを明らかにした[184]。Maxar Technologiesは、戦車や自走砲を含むロシアの車列がイヴァンキフ付近のキエフに向かって移動していることを示す衛星画像を公開した[185]。同社は当初、車列の長さは約27キロと説明していたが、同日、車列が実際には64キロを超えていることを明らかにした[185]
  • ウクライナの顧問オレクシー・アレストビッチは、14:00EETまでにイルピンとジトーミル間の高速道路で200台以上のロシアの軍用車両が破壊または損傷したと主張した[187]。ハリコフ市長のIhorTerekhovは、日中のロシアの砲撃により9人の民間人が死亡し、37人が負傷したと述べた[188]。駐米ウクライナ大使オクサナ・マルカロワは、ロシアが燃料気化爆弾を使用したと非難した[189]
  • ベラルーシのホメリでのウクライナとロシアの代表者間の会談では進展がなかった[190][191]。侵攻を終わらせるための条件として、プーチンはウクライナの「中立化」「非ナチ化」「非軍事化」そしてクリミアをロシアの領土として認めることを要求した[192]
  • ロシアは、ウクライナ空軍を機能停止にするためと西側諸国からの補給を妨害するために、特に西部でウクライナの飛行場と兵站センターへの攻撃を増やした。北部では、ISWは、ハリコフで重砲を使用するという決定を「危険な変化」と呼んだ。ベラルーシ南部の追加のロシア軍と兵站部隊は、キエフの攻撃を支援するために機動しているように見えた[193]英国王立防衛安全保障研究所のアナリストは、ウクライナの正規軍はもはや編隊を組んで機能するのではなく、ほぼ固定された防衛力を持ち、領土防衛隊や義勇兵との統合が進んでいると述べた[194]
  • スカイニュースの取材班がキエフに戻ろうとしているときに、何者かに(ウクライナはロシアの破壊工作・偵察部隊であると主張)銃撃を受けた。取材班の一人であるスチュアート・ラムゼイは腰を負傷した[201][202][203]
  • ロシア国防省は、セルゲイ・ショイグ国防相がプーチン大統領に対し、戦略核部隊太平洋艦隊などが「特別態勢」に入ったと報告したと発表した[207][208][209]。これについてアメリカ合衆国大統領ジョー・バイデンはアメリカ国民は核戦争を心配すべきかという質問に対し否定した。また、アメリカ国防総省の高官は28日(日本時間)、記者団に対し「ロシア側を監視しているが、プーチン大統領の命令を受けた具体的な動きはまだ確認されていない」と指摘した[210]
  • 国際刑事裁判所(ICC)のカリム・カーン主任検察官は、ロシアによる侵攻を含む近年のウクライナ情勢を巡り、戦争犯罪と人道に対する罪の疑いで近く捜査を開始する方針だと明らかにした[211]
  • 午前11時頃:ベラルーシのホメリで、侵攻後初めてのロシアとウクライナの停戦交渉が開始[212]。ウクライナ側は即時停戦とロシア軍の撤退を求めたとしているが、ロシア側の交渉目標は明らかになっていない。1回目の交渉では合意に至らず、双方が結果を持ち帰って協議した後、2回目の交渉を行う見通しとなった[213]。ロシア代表団高官によると、次回の交渉はポーランドとベラルーシの国境付近で行われる見通しだとした[214]
  • 午前10時(米国東部時間):国連総会緊急特別会合の開催が決定。ロシアの安保理での拒否権発動を契機として開かれるもので、安保理の求めによって緊急特別会合開催が開かれるのは40年ぶり[215]。緊急会合の開催はウクライナが要請し、日米欧や韓国のほか、対ロ制裁に参加していないブラジルを含む29か国が賛成した。ロシア、中国、キューバベネズエラエリトリアの5か国が反対し、インドなど13か国は棄権した[216]。3月3日に決議が採られ、193か国中141か国の賛成で可決された[217]。非難決議の圧倒的多数の賛成は、法的拘束力がなくとも国際社会でのロシアの孤立を浮き彫りにしたとされるが[217]、敵対的行為自体にのみ反対表明しているUAEやサウジアラビア、ブラジルといった中立国も賛成を投じている点に留意。
  • プーチン大統領は、フランスのマクロン大統領との電話会談で、ウクライナが「非軍事化、非ナチ化」されることで中立化し[注 1]クリミアのロシア支配が完全に承認された場合のみに和平となると述べた[223]

2022年3月[編集]

3月1日[編集]

ロシア軍によるキーウテレビ塔へのミサイル攻撃の瞬間(3月1日)
爆撃により炎上するハルキウ郊外(3月1日)
キエフにて地下に避難する子どもたち(3月1日)
  • スームィ州知事のDmytro Zhyvytskyiによると、ロシアによるオクティルカ軍事基地への砲撃で70人以上のウクライナ兵が死亡した[224]。その後、ハリコフへの砲撃中にロシアのミサイルがフリーダムスクエアの地方行政庁舎に命中し、少なくとも10人の民間人が死亡し、35人が負傷した[225][226]。ウクライナ南部では、ヘルソン市がロシア軍の攻撃を受けていると報告されている[227]。ウクライナ政府は、ウクライナ軍の資金調達のために戦時国債を販売すると発表した[228]
  • ウクライナ議会は、ベラルーシ共和国軍がロシアの侵略に加わり、首都の北東にあるチェルニーヒウ州にいたと述べた。 ウクライナ独立通信社は、33台の軍用車両の隊列が同地域に入ったと報じたが、米国は、ベラルーシが侵攻した「兆候はない」として、これらの主張に同意していない[229]。その数時間前、ベラルーシのルカシェンコ大統領は、ベラルーシは戦争に参加しないと述べた[230]
  • ロシア国防省が「ロシアへの情報攻撃」を抑えるためにキエフの技術インフラを攻撃すると宣言した後、キエフテレビ塔がロシア軍によるものとみられるロケット攻撃を受け、塔は倒壊を免れたが一部の国営放送が停止した[231][232][73]。ウクライナ当局は、この攻撃により5人が死亡し、近くのバビ・ヤール・ホロコースト・メモリアル・センター(独ソ戦ナチス・ドイツが行なったウクライナでのホロコーストの追悼施設)が被害を受けたと発表した[233][234][73][235]

3月2日[編集]

  • ウクライナ軍は、ハルキウ北西部でロシアの空挺部隊による襲撃があり、現地では軍病院が攻撃を受けていると報告した[240]。Zhyvytskyiは、ロシア軍が午前1時3分にTrostianets市に侵入した後、同市を制圧したと発表した[241]
  • ウクライナの顧問オレクシー・アレストビッチは、ウクライナ軍が戦争中で初の攻勢に転じ、ゴルロフカに向かって前進したと述べた[242]。ロシア軍も前進し、ヘルソン市を占領した[243]
  • ウクライナ軍の最高司令官ヴァレリー・ザルジニーは、ウクライナ軍がマカリウを奪還したと発表した[244]マリウポリ市長のヴァディム・ボイチェンコは、市内の住宅地がロシア軍に「執拗に」砲撃されており、民間人の間で「多数の」死傷者が出ていると報告した[245]
  • ロシア国防省は、ロシア軍がヘルソン中心部を完全に掌握したと発表した[254]
  • 12時(米国東部時間):国連総会の緊急特別会合で、ロシアを非難し軍の即時撤退などを求める決議案が賛成141、反対5(ロシア、ベラルーシ、シリア北朝鮮エリトリア)、棄権35(中華人民共和国、インド、キューバなど)の賛成多数で採択された[255][256]
  • ウクライナ政府関係者は、今回の侵攻以来初めてウクライナ軍が攻勢に転じ、ドネツク州ホルリフカへ進軍を開始したと発表した。同地域は、侵攻以前よりドネツク人民共和国による実効支配下にある[257]

3月3日[編集]

  • 2回目の停戦協議で、ロシアとウクライナは民間人の避難のために人道回廊を開くことに合意した[259]エストニアの貨物船「ヘルト」がオデッサ近くで爆発した後に沈没したが、6人の乗組員全員が生き残った[260][261]
  • ロシア国防省は、バラクレヤを占領したと主張した[264]。一方、ゼレンスキーは、ロシアのプーチン大統領と直接会談するよう求め、「この戦争を止める唯一の方法」だと述べた[265]。米国は、侵攻開始前にウクライナ周辺に集まっていたロシア軍の約90%がウクライナに入ったと明らかにした[266]
  • ロシア軍のロケット攻撃により、イジュームで8人の民間人が死亡し、町の中央病院が重大な被害を受けた[267]
  • ゼレンスキー大統領は、ロシア軍と戦うために国際義勇兵の最初の一団がウクライナに到着したことを発表。また、ウクライナは西側諸国から定期的に武器を受け取っていたと述べた[268]
  • ウクライナとロシアが行った2回目の停戦対話について、交渉にあたったウクライナ大統領府のポドリャク顧問は、期待した結果は得られなかったが、「人道回廊」を巡る協議が行われたほか、対話を継続することで合意したと発表した[269]。人道回廊についてはロシアによる都市攻撃の正当化に利用される可能性が危惧されている[270]。さらに、人道回廊を通って避難している避難民がロシア軍に攻撃されている。
  • プーチン大統領は安全保障会議で「我々はまさにネオナチと戦っている」と述べ、ロシア軍はウクライナの非武装化と非ナチ化のために戦っていると主張した[271]
  • ゼレンスキー大統領は「民間人によるロシア兵殺害」を合法化する法案にサインを行った。施行は翌4日からとなる[272]

3月4日[編集]

空爆後のジトーミルの学校(3月4日)
  • ザポリージャ原子力発電所では、発射体が敷地内の建物(原子炉の一部ではない)に当たり、局地的な火災が発生した[273][274][275]。ウクライナの国家原子力規制検査官は放射線量に変化はなかったと述べ、当局は数時間後に火災が鎮火したと報告した。6号機の変圧器も損傷していた[276]。ウクライナ兵3人が死亡した戦闘の後、ロシア軍は発電所を占領した[277]。ロシア国防省の担当者であるイゴール・コナシェンコフは、発電所への攻撃はウクライナの破壊工作集団による挑発の試みであると発表した[278]ウクライナ国家安全保障・国防会議オレクシー・ダニーロフ長官は、発電所の砲撃はロシア側が行ったと述べた[279]国際原子力機関|(IAEA)は周辺の放射線量に「変化はない」としつつ、原子炉に当たれば「重大な危険」を招くと警告、ロシア軍に攻撃をやめるよう求めた。ウクライナのドミトロ・クレバ外相は「(最悪の場合)チェルノブイリの10倍の被害になる。ロシア軍は直ちに攻撃をやめよ。」と抗議した[280]。しかし、ロシアのワシリー・ネベンジャ国連大使は砲撃について「ウクライナ政府が人工的なヒステリーを起こそうとしている」とロシア軍による原発攻撃の可能性を否定し、「ウクライナの民族主義者やテロリストが核による挑発行為を行わないようにするためロシア軍の管理下に置いた」と原発占拠の正当性を主張した[281]。稼働中の原発への攻撃は明確な国際法違反[282]であり、人類史上初の出来事であった[283]
  • NATO事務総長のイェンス・ストルテンベルグは、ウクライナに飛行禁止区域設置を求める同国の要求について、ロシアとの本格的な戦争につながると述べて拒否した[285]。米国防総省は、ロシアがウクライナで500発以上のミサイルを発射し、キエフから15マイルで大規模な車列を前進させていることを明らかにした[286]
  • 英紙『タイムズ』は、ウクライナ当局者の話として、ゼレンスキー大統領が過去1週間の間に少なくとも3回、暗殺を仕掛けられていたと報じた。暗殺を試みようとしたのはロシアの民間軍事会社「ワグナー・グループ」の傭兵部隊とされる[287]

3月5日[編集]

  • ロシア軍は、水と電気が不足しているマリウポリから約20万人が避難できるように人道回廊を整備する停戦を発表した[288]。しかし、直後に停戦は崩壊し、その原因を作ったとロシアとウクライナ双方が相手を非難した[289][290]。一方、アレストビッチは、ロシア軍が日中にブチャとホストメリを制圧したと明らかにした[291]
  • ウクライナのドミトロ・クレーバ外相はブリンケン米国務長官との会談後、NATOにウクライナ領空を飛行禁止区域にするよう求めた[292]。ロシアは、NATOが飛行禁止区域を設定すれば「武力紛争への参加」とみなし[292]、「欧州のみならず世界全体に甚大かつ破滅的な結果」をもたらすと警告した[293]
  • プーチン大統領は、欧米の対ロシア制裁は宣戦布告に等しいと述べた。また、ウクライナに飛行禁止区域を設ける試みは、世界に破滅的な結果をもたらすと警告した[294]

3月6日[編集]

ノボアイダールのロシア軍(3月6日)
チェルニーヒウにて生存者の捜索作業(3月6日)
  • ヴィーンヌィツャ国際空港は、日中にロシアのミサイル攻撃を受け、破壊された[296]。ジトーミル兵器工場もロシアの空爆で破壊された[297]。一方、マリウポリから民間人を避難させるための2回目の試みは頓挫した[298]。後に米国の防衛当局者は、戦争開始前にロシアがウクライナ周辺に駐留させていたロシア軍の約95%がウクライナ国内にいると明らかにした[299]
  • プーチン大統領は、ウクライナが抵抗をやめてロシア側の要求を満たした場合のみ、軍事作戦を停止すると述べた[300]
  • ウクライナ原子力規制監督局は、ハルキウ(ハリコフ)で小型研究用原子炉がある「物理技術研究所」がロシア軍の砲撃を受け、複数の施設が損壊したと発表した[301]

3月7日[編集]

  • ホストメリ市議会は、同市のユーリイ・プリリプコ市長がロシア軍に殺害されたと発表した[302]。一方、イルピン市長のオレクサンドル・マルクシンが拘束されたと報じられた[303]
  • ウクライナ軍は、ロシア軍がヴァシリフカ、トクマク、ポロヒを占領したと発表した[304](いずれも南部のザポリージャ州)。ムィコラーイウ州知事のヴィタリー・キムは、ウクライナ軍がムィコラーイウ国際空港を奪還したと述べた[305]。一方、ウクライナ軍は、夜間の反撃でチュヒウを奪還し、さらにロシアの司令官2人を殺害したと主張した[306]。ウクライナ空軍はまた、ロシアが支配するヘルソン国際空港の軍用飛行場を爆撃した[307]
  • ロシア国防省は、6つの人道回廊を開くと表明した。ウクライナ政府は、そのうち2つだけが他のウクライナの領土につながり、他の人道回路はロシアまたはベラルーシ行きのため、この発表を批判した[308]
  • 米国の防衛当局者は、ロシアが侵攻前にウクライナ周辺に集結させていた軍隊のほぼ100%を投入し、625発以上のミサイルを発射したと発表した[309]
  • ロシアとウクライナは、3回目の停戦交渉をベラルーシで行った。ロシア側代表のメジンスキー大統領補佐官は交渉後、「(停戦に向けての)大きな進展はなかった」と説明した[314]
  • ロシアとの第1回停戦協議に参加したウクライナの情報機関の男性職員1名がロシアの二重スパイと判明し、反逆罪の容疑で身柄を拘束されそうになったところ、逃走を試みたために射殺されたことが報道された[315]。一方、ロシア側もウクライナのスパイだと主張し、情報戦となっている[316]
  • ゼレンスキー大統領はこの日の夜に放映された米ABCのインタビューで、通訳を介し、NATO加盟を断念する意向を示した[317]

3月8日[編集]

ウクライナ軍の爆撃を受けたキエフ地域のロシア軍の車両(3月8日)
  • マリウポリから民間人を避難させる別の試みはまたしても頓挫し、ウクライナ政府はロシア軍が避難回廊を標的にしたと非難した[318]。その一方で、人道回廊に関するウクライナとロシア間の合意の一部としての最初の民間人退避がスームィで実現した[319]
  • ゼレンスキー大統領の妻のオレーナ・ゼレンシカは各国メディア宛てに公開書簡を送信。書簡の中で「ロシアの報道機関は侵攻を『特別軍事作戦』と呼び、市民の安全を保証しているが、実際にはウクライナ市民の大量殺人だ」と非難した。メディアはウクライナ大統領府にオレーナ夫人がキエフにいるか問い合わせたが、回答は得られていない[321]

3月9日[編集]

  • ポーランドは、保有する23機のMiG-29戦闘機全てを米国に無償譲渡し、戦闘機をドイツのラムシュタイン空軍基地に輸送し、その後に米国がウクライナに輸送することを提案した。米国はこの提案を拒否し、米国防総省はポーランドの提案を「支持できない」と宣言した[322] [323] [324]。ロシアとの会談でウクライナの交渉担当者であるDavyd Arakhamiaは、日中に各都市から4万人以上の民間人が避難したと述べた[325]
  • ロシアの軍系テレビ局の報道に基づき、英国防省はロシアがウクライナでTOS-1Aから燃料気化爆弾を発射したことを認めたと発表した[326]
  • ロシア国防省はロシア軍の徴集兵がウクライナ侵攻に関与していたことを認め、後方支援任務を遂行する部隊の一つが破壊工作員の襲撃を受けた際に一部が拘束されたことを明らかにした。この前日、プーチン大統領が国際女性デーに合わせて兵士の母や妻を前に行った「皆さんが最愛の人を心配していることは理解している。徴集兵は衝突に参加しておらず、今後も参加しないと強調する」「予備役の追加招集もない」「侵攻に関わっているのは職業軍人のみ」という演説とはまったく異なる内容となる。なお、現在は戦闘区域への徴集兵の動員防止や、拘束された要員の解放を目指して「包括的な措置」が取られているという[327]

3月10日[編集]

ウクライナ軍の歩兵戦闘車2台を空爆するロシアのUAV(2022年3月)
  • トルコは、同国のアンタルヤで三か国の外相会談を主催した。ウクライナのクレーバ外相は、ラブロフとの会談は何の結果も得られず、困難なものであったと述べた[328]。一方、ロシア国防省は、ロシア軍が毎日10:00からロシアへの人道回廊を開放すると表明した[329]
  • 米国防総省の高官は、キエフ西部では、ロシア軍がホストーメリ空港付近のキエフ中心部に約5キロメートル接近し、一方で東から進軍している隊列はキエフから40キロメートル離れていることを明らかにした。さらに、同高官はチェルニーヒウが現在「孤立」していると主張した[330][331]。一方、ウクライナ軍はブロバリーラヨンでロシア軍の隊列に待ち伏せ攻撃を行い、戦車数台を破壊し、戦車長を殺害した後、ロシア軍の部隊は撤退を余儀なくさせた[332][333]
  • マクサー・テクノロジーズによれば、北からキエフに接近するロシア軍の車列の一部は、その間、大部分が分散して再配置されたという。英国防省は、ロシアがキエフ攻撃のために再編成している可能性が高いと述べた[334]
  • EUパリ郊外ベルサイユで非公式首脳会議を開き、ウクライナの加盟について協議したがフランスやオランダが難色を示し見送りとなることが濃厚になった。オランダのマルク・ルッテ首相は「EU加盟は長期的プロセス」と述べ、特例で早期加盟を認めることに否定的な立場を表明。フランスのエマニュエル・マクロン大統領も「交戦中の国と加盟交渉できるとは思えない」と述べている[339]
  • プーチン大統領は閣僚会議で、ウクライナ侵攻を受けてロシアから撤退する外国企業の資産を国有化するとの政府方針を了承した[340]

3月11日[編集]

  • ロシアの司令官アンドレイ・コレスニコフ少将が戦死したと、ウクライナ当局から報告された。西側の当局者は、約20人のロシアの主要な将軍が、士気が低いロシア軍を鼓舞するために侵略に個人的に参加していたと考えている[345]
  • キエフの北東と東で日中戦闘が激化[346]。ウクライナ空軍は後に、ロシアがベラルーシとウクライナの国境近くのコパニ村でウクライナ領空から砲撃することにより、ベラルーシ軍を戦争に参加させるために偽旗作戦を実施したと主張した[347]。また、他の2つのベラルーシの集落も攻撃を受けたと主張した。しかし、ベラルーシ国防省は、そのような攻撃は発生していないと発表した[348]
  • プーチン大統領は、日中に中東から最大1万6000人の義勇兵をウクライナに派遣することを承認し、ワグナーグループは既に4000人以上のシリア人を採用したと報告されている[349]中央アフリカ共和国からの戦闘員もウクライナでロシアのために戦う準備を進めていると主張した[350]
  • ロシアの戦車がクレミンナの介護施設を砲撃し、入居者56人が死亡したとされた[351]
  • ロシア国営ノーボスチ通信はロシアと同盟関係にあるベラルーシのルカシェンコ大統領がモスクワ入りした、とSNSで速報した。タス通信によると、ルカシェンコ大統領はロシアのプーチン大統領と会談し、両国関係や、ウクライナ侵攻に伴って世界各国が科している制裁措置などについて協議するとみられる[352]。ベラルーシ国営ベルタ通信は、「この会談でプーチン氏はベラルーシに近く最新の軍事装備を供与すると表明した」と報道した。一方、ウクライナ内務省のデニセンコ顧問は同日、「ベラルーシ軍は少数で実戦経験がない上、ルカシェンコ氏は侵攻で国民の支持を失うことを恐れている」と指摘。同国軍参戦の可能性は現時点でそれほど高くないとする見方を示した[353]
  • ウクライナの戦略コミュニケーション・情報セキュリティーセンターはプーチンとルカシェンコの会談の結果、ベラルーシがウクライナへの攻撃に踏み切る恐れがあるとし、「暫定データによると、ベラルーシ軍は11日GMT(グリニッジ標準時)19:00に紛争に巻き込まれる可能性がある」と述べた。ウクライナ国家安全保障・国防会議のダニロフ書記は、ウクライナはこれまでベラルーシに対し抑制的な姿勢を示しているものの、「兵士1人がウクライナの国境を越えれば、反撃する」と言明した[354]
  • イェニン内務次官はウクライナでの紛争にベラルーシを引きずり込むためにロシアがあらゆる手段を講じているとテレビのインタビューで述べた。同時に「ベラルーシ政府が紛争への関与を避けるためにあらゆる手段を講じていることも理解している」と語った[355]
  • ウクライナ国営通信は、ロシア軍の爆撃機がベラルーシ領内の複数の集落を空爆したと報じた。ウクライナ軍や内務省は、ロシアが同盟国のベラルーシに派兵を迫るため、ウクライナによる攻撃と見せかける偽装工作を行ったと指摘したが、ベラルーシ国防省はこれを否定。米国防総省高官はベラルーシ軍の動向に関し、「ウクライナ領内に入ったとの情報はない」と説明し、ロシア軍がベラルーシの集落を爆撃したとの情報については、「確認できない」と述べた[356]
  • ウクライナ南東部のメリトポリで、イワン・フェドロフ市長が同市の危機管理センターで物資供給問題に対処中、10人のロシア兵に拉致された[358]。拘束されたフェドロフ市長はルガンスク地方の分離勢力および親ロシア派の検察によってテロ罪で起訴され、市役所前で数百人のデモ隊がこれに抗議した[359][360]
  • 「アメリカがウクライナと生物兵器を開発している」と主張するロシアの要請により国連安全保障理事会の緊急会合が開かれ、ロシアと擁護の姿勢を見せる中国の調査要請に対し、国連及びアメリカ、イギリス、フランス、アルバニアなどがロシアの主張を一蹴し、非難した[361]。ロシア側から決定的な証拠が示されていないので陰謀論に過ぎないが、"良質な研究"をする平凡な研究所しかないはずにもかかわらず、米議会上院外交委員会の公聴会での、ウクライナが生物兵器を保持しているかとの質問に対し、ビクトリア・ヌーランド国務次官は「ウクライナには生物学研究施設があり、ロシア軍が掌握しようと試みるのではないかと深く懸念している」と語った[362]。また、侵攻直後の2月26日、在ウクライナ米国大使館が公式サイトから、米国防総省がウクライナの生物研究所を支援していることに関する全ての文書を削除したことなどがナラティブを確立させたために、話題がくすぶった[363][364]
  • プーチン大統領は安全保障会議の場でウクライナ軍との戦いに加わりたい志願兵の参加を認めるべきとの見解を示した。また、ウクライナから奪った西側のミサイルシステムを親ロシア派武装勢力に提供することを承認した[365]

3月12日[編集]

  • ウクライナ当局は、衝突とロシアの空爆が民間人避難の脅威となっていると述べている間、キエフの北部と他の包囲された都市周辺で激しい戦闘が日中に起こった。ロシア軍はヴァスィリキーウ空軍基地を破壊したが、ロシア国防省はまた、ブロバルイのウクライナ軍の無線および電子情報の主要な中心地を破壊したと主張した[366][367][368]
  • ウクライナ軍参謀本部は、ロシアの前進が鈍化し、多くの場所で阻止されたと述べた。一方、ウクライナの副首相イリーナ・ヴェレシチュークは、日中に約1万3000人の民間人が避難したと述べた[371]

3月13日[編集]

  • リヴィウ州知事のマクシム・コジツキーによると、ロシア軍は、ウクライナ軍がNATO諸国との訓練の大半を行う軍事基地であるヤーヴォリウ国際平和維持・安全保障センターを30発以上のミサイルで爆撃した。彼は後に35人が殺され、134人が負傷したと述べたが、ロシア国防省は最大180人の外国人傭兵が殺され、他国からウクライナに供給された多くの武器が破壊されたと主張した。これは、戦争が始まって以来、ロシアが行った最西端の攻撃であった[371][375]。また、イバノフランコフスク市長が市の空港が再び攻撃されたと述べている間、スタリチの別のウクライナの軍事施設が攻撃されたと主張した[371]
  • 日中、激しい戦闘が複数の戦線で報告された[371]。ウクライナはハルキウ州とムィコラーイウ周辺で反撃していると主張し、英国国防省は、ロシア軍がウクライナ東部でウクライナ軍を孤立させようとしており、ロシア海軍はウクライナの黒海沿岸を事実上封鎖して国際海上貿易を止めていると発表した[371]
  • ゼレンスキー大統領は、人道回廊協定の下で12万5000人近くの民間人が避難したと述べ、ロシアとウクライナの交渉担当者は和平交渉の進展を報告した[371]。キエフ警察によると、アメリカのジャーナリスト、ブレント・ルノーは、イルピンでロシア軍に射殺された[376]
  • ウクライナ軍当局がポーランド国境から約20キロメートルと近いリヴィウ北西にある演習場がロシア軍の攻撃を受けたと発表した[380]。30発以上のミサイルが発射され、35人が死亡、134人が負傷した[380]。ロシアがウクライナ西部の軍事拠点にも攻撃対象を広げていたこととなる[380]
  • メリトポリで11日にロシア兵により拉致・拘束されたイヴァン・フェドロフ市長に代わり、元市議会議員のガリーナ・ダニルチェンコが「市長」に就任としたと主張した。ダニルチェンコは、Telegramによるテレビ演説で、自身の主な任務は「市を正常に戻すために必要なすべての措置を取ること」だと述べ、さらに市内には今も状況を不安定化させ、悪い行動をあおる人々がいると主張。市民に「冷静さを保ち、挑発に乗らないでほしい」と呼び掛け、議員らには「市民に選ばれたのだから、市民の幸せを考えることが皆さんの務めだ」と強調した。そのうえで、ロシアのテレビを放送するよう指示。メリトポリの「重大問題」の解決に向け、市議会の解散とそれに代わる「市民の選択」委員会の設立を提案した。一方、ウクライナ検察は、ダニルチェンコ氏に対する反逆罪の捜査に着手した[382][383]

3月14日[編集]

  • DPRのトップ、デニス・プシーリンは朝にドネツク市上空でウクライナ軍のOTR-21 トーチカミサイルを撃墜したが、市内中心部にミサイルの破片に襲われたと発表した。ロシア国防省は民間人23人が死亡したと述べた。しかし、ウクライナ軍は、この攻撃の背後にロシア軍がいると主張した[386]。報復として、ロシア国防省は、ウクライナの防衛産業組織を破壊するための措置を講じることを約束した[387]。また、ロシアは全ての「ウクライナにいる外国傭兵」の場所を把握しており、ロシア軍は彼らを今後も正確に攻撃し続けると述べた[388]
  • リウネ州知事のビタリー・コバルによると、ロシアのミサイル攻撃が同州のアントピ村の送電塔に直撃した[389]。リヴネ地域軍事局長のビタリー・コバは後に、民間人21人が死亡、9人が負傷したと明らかにした[390]ドニプロ州知事のバレンティン・レズニチェンコは、夜間にドニプロ国際空港へのロシアの砲撃が滑走路を破壊し、ターミナルを破損させたと述べた[391]。民間人は初めて日中にマリウポリから避難することができた[392]。一方、米国防総省の高官は、ロシアの進撃はほぼすべて全ての戦線で停滞しているが、ロシア軍が攻撃を止めることはなさそうだと語った[393]
  • シリア人権監視団は、4万人以上のシリア人がウクライナでロシア側として戦うために登録したと報告した。また、同監視団は過去にシリア政府とイスラム国グループの間の仲介役を務めていたアルカテルジの民兵に求人通知が送られたと付け加えた[394]
  • チェチェン共和国カディロフ首長はTelegramを通じ、ロシア軍と共にウクライナ入りしたと明らかにした。キエフ近郊ホストメリの飛行場にいるというが、裏づけはとれていない[395]。一方でウクライナ・プラウダはアプリを利用してカディロフの入国が虚偽であることを即日確認した[396]

3月15日[編集]

  • ロシア国防省は3月15日、ロシア軍がヘルソン州を完全に支配し、過去24時間に6機のバイラクタル TB2ドローンを撃墜したと主張した[397]。その間、ロシア海軍の揚陸艦がオデッサの海岸に接近していた[398]。ヘラシェンコは後にロシアのオレグ・ミチャーエフ少将がマリウポリで死亡したと主張した[399]。その間、ウクライナ空軍はヘルソン国際空港の軍用飛行場を再び攻撃し(ヘルソン空港攻撃)、複数のロシアのヘリコプターを破壊した[307]
  • ゼレンスキー大統領は、ウクライナはすぐにNATOに加盟することはないと述べた[400][401]
これに対し、ホワイトハウスジェン・サキ報道官は、「まず大統領の名前は、ジョー・バイデン・ジュニアなので、大統領のお父様が制裁対象になった可能性がある。お父様、どうぞ安らかにお眠りください。」「それから皆さん誰も驚かれないと思うが、私たちの誰1人、ロシアへの観光旅行を計画していない。凍結されて使えない銀行口座も特にないので、今まで通りだ」と、既に他界しているジョー・バイデン・シニアを引き合いにしたジョーク交じりの返答で対応した[404]
  • 在英NGOのシリア人権監視団は、11日の義勇兵受け入れの表明に伴い、ロシア政府がシリア国内の体制支配地域で志願兵の登録事務所を開設、シリア軍や政権側民兵組織と調整し志願兵約4万人分のリストを作成したと伝えた。このほか、シリアの政権与党バース党を通じて、別に1万8000人が志願兵として登録されており、ロシアの民間軍事会社ワグナー・グループ(Wagner Group)が審査する運び。ただし、これまでシリアから志願兵が出発したとの情報は確認されていないという[405]
  • アメリカ政府は、欧州とアジアの同盟国に対し「中国政府はロシアからの軍事面並びに財政面での支援要請にある程度前向きな姿勢を示したとみられる」「支援が提供されたかについては明言できない」「軍事支援に関しては、中国は支援の提供を否定する公算が大きい」と外交公電を通じて伝えた。同時に、西側の当局者と米外交官はCNNの取材に対して「中国がロシアに支援を提供するつもりなのかどうかはまだ判然としない」と述べた。また米国政府高官のひとりによれば、ローマで開かれた会合で、バイデン米大統領の最側近の1人は中国側に向け、「ロシアへの支援に踏み切ろうとするならそれに対する結果や影響が生じる可能性がある」と警告したという。
なお、ロシアが要請した支援の中には戦闘糧食が含まれており、「兵器供給と異なり西側から挑発的な動きととられる恐れがないため、中国側が糧食の支援要請に応じる可能性が高い」と情報筋の一人は示唆した。さらに2人の当局者は「中国共産党指導部はロシアからの支援要請にどう応じるかについて合意しておらず、中国側に経済的な影響を避けたいとの願望から、ロシアへの支援は限定的なものになる可能性がある」と述べた[406][407]
また、武装ドローンの提供をロシアが中国に要請したことをアメリカは同盟国に警告したと米メディアのBloombergが報じた[408]
  • ロシア政府は欧州評議会に対して脱退を通告したことを欧州評議会報道官が明かした[412]。これに伴い欧州人権条約からも離脱するため、ロシア国民は欧州人権裁判所に救済を申し立てられなくなる。脱退通告を受けて翌16日、欧州評議会はロシアの除名を決定した[413]。タス通信によると、ロシア外務省は声明で「NATOと欧州連合の国々は、平等な対話を拒否し、この機関を反ロシアの道具に変えようとしている」と主張している[414]
  • ロシア軍がマリウポリ市内に所在する重症患者の集中治療を行っている病院を占拠。患者や医療スタッフを含め、400名を人質にとり、さらに病院の建物の中から攻撃を行っていると当局者が発表。これによりマリウポリ市民の避難ルートが危険にさらされているとして、赤十字国際委員会がロシア側と交渉している[415]

3月16日[編集]

  • 在キエフ米国大使館は、ロシア軍がチェルニーヒウでパンを求めて列を作っていた10人を射殺したと主張したが、証拠を示さなかった。その後、別の人物が事件後と見られる動画をSNSに投稿した[416]。ウクライナは後に、その軍隊がキエフに接近するロシア軍を撃退するための反撃を開始し、ブチャ、ホストメル、およびイルピンで戦ったと発表した。さらに、ウクライナ軍もムィコラーイウ近郊でヘルソンに向けて攻撃を開始した [417]
  • ラブロフとゼレンスキーは交渉が進んでいると述べ、ラブロフはウクライナの中立化が現在議論されていると述べた。プーチン大統領の報道官であるドミトリー・ペスコフは、独自の軍隊を持つオーストリアスウェーデンの路線に沿った非軍事化モデルを検討していると述べたが、ゼレンスキーの事務所はその後まもなくこれを拒否した[418]。ウクライナの交渉担当者の1人であるミハイル・ポドリャクによると、提案された和平計画の下で、ウクライナは中立を維持し、ロシア語話者の権利を祀り、紛争地域の問題を無視すると述べた。その見返りに、それは軍隊を維持し、再侵略された場合には同盟国が介入する[419]。軍隊を保有する中立国モデルについては「武装中立」を参照。
  • ウクライナ大統領府長官のアンドリー・イェルマクは、ロシア軍がメリトポリ市長のイヴァン・フェドロフを釈放したと発表した[420]。マリウポリにある約1,000人の民間人を保護する地域の演劇劇場は、後に日中に爆撃された[421]
  • オランダのハーグにある国際司法裁判所は、提訴したウクライナの求め通り、ロシアに侵攻を即時停止させる仮保全措置を命じた[422]
  • ロシア軍に拉致・拘束されていたイバン・フェドロフ市長が解放された。キリロ・ティモシェンコ大統領府副長官はTelegramでフェドロフ市長を救出する特別作戦に成功したと述べた。市長は無事で、ゼレンスキー大統領や大統領府長官を交えて話もしたという。近くメリトポリ市長の職務に復帰するとしている[423][424]
  • プーチン大統領は、米国およびその同盟国と密かに協力していると自身が見なしている自国民をロシアから一掃すると警告した。RIAノーボスチ通信が動画サイト「Rutube」に配信した動画で、プーチンは次のように述べた。「どのような人であっても、特にロシアの人々は、くずどもと裏切り者(подонков и предателей)を愛国者と常に見分けることができ、誤って口の中に飛び込んだ小虫のように吐き出すことができる」[425][426][427]
また、「ウクライナでの軍事作戦は全て予定通り成功裏に進んでいる」と強調、以前よりウクライナがドンバス地方などを攻撃する計画だったとして侵攻の正当性を改めて訴えた。停戦交渉については、「ロシア側は真剣に臨んでいるものの、好戦的なウクライナ側のせいで進展していない」という認識を示した[428]
  • 停戦協議におけるウクライナ代表団のポドリャク大統領府顧問はアメリカメディアのインタビューのなかで、「ロシアが立場を大きく軟化させた」「数日のうちに停戦が実現すると確信している」と述べ、両国の大統領が署名する文書のとりまとめを進めていると答えた。協議の内容について、『フィナンシャルタイムズ』はウクライナがNATOに加盟しないことなどを条件にロシア軍が撤退する案が検討されていると伝えている。この中でウクライナ側は再び侵攻された場合にアメリカやイギリスなどが安全保障を担う法的枠組みを設けることを提案していると報道した[429]
  • ゼレンスキー大統領は、包囲されているマリウポリで数百人が避難している劇場がロシア軍の攻撃を受け、破壊されたと述べた。犠牲者の数は明らかになっていない[430]
  • ウクライナのデニス・シュミハリ首相は、ロシアの侵略によるウクライナの直接的損失は推定5650億ドル(約67兆円)に上ると、ポーランドとチェコ、スロベニアの首相との会談で述べた[431]
  • アメリカ合衆国上院はウクライナ侵攻を進めたロシアのプーチン大統領を非難する決議を全会一致で採択した。決議はウクライナ支援も表明している[431]
  • ウクライナ・プラウダは13日にTelegramに投稿されたチェチェン共和国ラムザン・カディロフ首長のウクライナ入国に際し、ソーシャルな電話追跡サービスを利用したトラップを用いた結果、即日にして彼の入国が虚偽だと発覚したことを報道した。
ウクライナ保安庁によれば、カディロフは2つの携帯電話を所有しているが、ウクライナの携帯電話会社によると、過去7日間、どちらの電話もウクライナ国内の通信システムへは接続されていなかった。ウクライナ・プラウダはカディロフの現在位置を確認すべく、「RIAノーボスチのジャーナリスト」を詐称した、電話追跡サービスへのリンク付きメッセージ[注 2]を13日当日にTelegramメッセンジャーでカディロフに送信したところ、ロシア連邦グロズヌイ市の座標にいることが確認された。3月15日、カディロフは「すでにチェチェンに戻っている」という内容の動画をTelegramに投稿した[433]

3月17日[編集]

  • 日中、ウクライナ東部のルビージュネ市がロシアに占領された[434]。同じくウクライナ東部にあるイジューム市が占領されたと報じられたが[435]、同市での戦闘は続いていた[436]
  • 前日に発生したマリウポリの劇場の空爆について、ウクライナメディアは劇場跡からこれまでに130人の生存者を救出したと報じた。国際人権団体によると、劇場には子どもを含む500人近くが避難していたという。引き続き救出活動が行われているものの、ロシア軍の攻撃も継続していることから死傷者の数を確認できる状況にはないとみられている。
これに対し、ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は空爆について「それは嘘だ」と強調し、「ウクライナ政府側が我々のせいにしている」「ロシア軍は市街地を攻撃しない」と強く否定した[437]
  • ロシア大統領府は、前日に国際司法裁判所から出されたウクライナ侵攻即時停止の仮保全措置を拒否した[438]
  • 英国防省の情報当局は、ウクライナに侵攻中のロシア軍の動きがここ数日、陸・海・空の全てでほぼ止まっているとの見解を示した。ロシア軍は甚大な損失を被り続けているという。同省は、ウクライナ側の抵抗は依然激しく、よく連携が取れていると分析。全ての主要都市を含め、ウクライナの領土の大半は引き続きウクライナの統治下にあると指摘した[439]
  • ウクライナ・プラウダは、モスクワのヴヌーコボ空港から政府専用機7機がロシア東部の都市複数へ向かったことを報じた。目的地域はオムスクノボシビルスクウファチュメニおよびシベリア方面で、いくつかの機体は着陸せず再びモスクワに帰還したり、上空でトランスポンダーをカットしたりしたという[440]
  • ロシア地方国営テレビ「GTRKコストロマ[441]」は軍事行政機関の話として、「ウクライナでの特殊作戦中、第98親衛空挺師団第331親衛パラシュート降下連隊の隊員がロシアの安全保障のために命を落とした。連隊指揮官セルゲイ・スハレフ大佐、セルゲイ・レベデフ上級軍曹、アレクサンダー・リモノフ軍曹、ユーリ・デクティアレフ伍長、アレクセイ・ニキティン大尉の5人の隊員の戦死が確認されている」と報じた[442]

3月18日[編集]

  • 約200人の兵士が駐屯していたムィコラーイウのウクライナ軍兵舎にロシア軍が砲撃し、就寝中の兵士50人以上が死亡した[443]
  • ウクライナ軍はキエフへの主要2ルートを封鎖したと述べ、首都防衛に関し楽観的な見方を示した。
ウクライナ軍幹部のオレクサンドル・フルゼビッチ准将によると、ロシア軍は首都キエフの包囲制圧を目指しているとみられるが、同市を南北に流れるドニエプル川の両側で足止めされている。18日の時点で右岸側のロシア軍はキエフから約70キロメートルの位置にとどまっており、対地ロケット弾以外での攻撃は不可能な状況にある。左岸でも進軍は停止、主な攻撃手段を無効化されている。加えてロシア軍はキエフ北東郊のブロヴァルィー周辺と南東郊のボリースピリでの攻勢行動を断念。2つの防衛線を構築したウクライナ軍はさらに遠方で3つ目の防衛線の強化を進めているという。
一方、巡航ミサイルについてはキエフ周辺の防空システムが依然健在ながら、やはり脅威であることを認めた。先んじてキエフ市議会は午前に発生した市内上空でのミサイル撃墜の際1名が死亡したと発表していた。また、西部域のリヴィウでは同日午前、黒海上空の軍用機から発射された巡航ミサイルのうち2発が防空システムによって撃破されたものの、4発が航空機部品工場に着弾した。フルゼビッチ准将は黒海とベラルーシからのミサイルへの対応が難しい事を認めつつも、迎撃のために有効なシステムが開発されたと説明。現在は民間人への被害を最小限に抑えるシステムを開発中だとしている[444]
同じく、リヴィウのアンドレイ・サドビー市長はTelegramを通じて巡航ミサイルが空港近郊に着弾したことを速報。ウクライナ独立通信社Kh-555と見られる巡航ミサイル6発が黒海方面から発射され、うち4発が操業停止中のリヴィウ州立航空機修理工場に着弾、一人が重傷を負ったものの命に別状はないと報じた[445]
  • ウクライナ独立通信社は、ロシアはミサイルと弾薬を損耗しており、特に3M-54 「カリブル」BM-30「スメーチ」の生産工場の操業を24時間体制に切り替えていると報じた[446]
  • プーチン大統領はこの日行われたモスクワ・ルジニキ・スタジアムで行われたロシアのクリミアの併合から8周年を記念するコンサート「クリミアの春」とハンティ・マンシースクで開幕した独自のパラリンピック代替大会の開会式に相次いで出席して演説を行い、ウクライナ侵攻を「人々を苦しみと集団虐殺から救うことが我々の特別軍事作戦の主な原因であり、動機だ」と正当化する主張を行った[447][448]
  • プーチン大統領は、フランスのマクロン大統領との電話会談で、例として「ドンバス地方の都市への大規模なロケット弾攻撃や砲撃」を挙げ、「ウクライナ軍が日々行っている戦争犯罪が注目されている」と非難した。一方、ロシアはウクライナの民間人を守るために「あらゆる手を尽くしている」と主張した。さらに「(ロシア軍は)平和を愛する市民の命を守るためにあらゆる手を尽くし、無事に避難できるよう人道回廊の設置なども進めてきた」とも主張したという[449]
  • ベラルーシのルカシェンコ大統領はJNNの単独インタビューに応じ、「ロシアはこの戦争に負けません。条約がまとまるまでは、ロシアが軍事作戦を停止することはない」「ウクライナがロシアの提案に応じなければ、“降伏文書”に署名するしかない。このチャンスを逃してはいけない」などと述べ、「降伏文書」という脅しとも取れる強い言葉でウクライナ側をけん制した。
また、ルカシェンコ大統領はチェルノブイリ原発にベラルーシが電源を供給した件について「プーチン大統領から『使用済み核燃料を冷却できないとヨーロッパが危機に晒される』と電話で要請された」などと述べた[450]

3月19日[編集]

  • NHKは、「ロシア軍は、東部の要衝マリウポリで都市を孤立させたうえで激しい市街戦を行っているとみられるなど、東部や黒海沿岸周辺の南部で攻勢を一層強めている」と報じた。
情勢の分析を続けるイギリスの国防情報当局のトップは、地元メディアに対して「ロシア軍は、ウクライナ軍の激しい抵抗などで、当初の目標が達成できていない。無謀で無差別な攻撃を含む消耗戦に移行し始めた」と指摘するなど、市民の犠牲がさらに増えることが懸念されている。また、避難所となっていたマリウポリの劇場が破壊されたことについてゼレンスキー大統領が「これまでに130人以上が救助されたと聞くが、いまだに数百人ががれきの下にいる」と述べるなど、救助は依然難航しているとみられる。
ロシアのプーチン大統領と18日に電話会談を行ったフランスのマクロン大統領は、マリウポリの情勢について「非常に懸念している」と伝えるとともに軍による包囲を解除し、すぐに停戦するよう求めた。一方、首都キエフをめぐる戦況についてアメリカ国防総省は、ロシア軍の地上部隊に目立った前進はみられず、ウクライナ側の激しい抵抗にあっていると分析した[453]
キンジャールについては、ロシア軍は侵攻開始前の2月19日に発射演習を実施していた。
また、国防省報道官はオデッサ州にある軍の無線偵察施設を地対地ミサイルバスチオン」で破壊したことも発表した[454]
  • ウクライナのメディアは、マリウポリの鉄鋼会社が所有する欧州最大規模の工場がロシア軍により破壊されたと伝えた。ロシア国防省は18日、マリウポリの包囲強化と市中心部での戦闘を発表し、攻撃拡大を予告していた。一方でウクライナ軍はマリウポリが面するアゾフ海へのアクセスが一時的にできなくなったと明らかにした[455]
  • マリウポリの市議会は、「この1週間で数千人の市民が強制的にロシア領へ連れて行かれた」と発表した[456]。これに対し、ロシア側は「ロシアへ避難しているのは本人たちの希望だ」と主張している[457]
  • 戦争研究所(ISW)は、19日に公開した報告書「ロシアの攻撃戦評価」[458]で、ウクライナを掌握しようとするロシアの攻撃が「最上限に達した」と評価、米軍当局同様、膠着状態が数週から数カ月続く可能性があると分析し、「特に長引く場合、戦況は非常に暴力的で血みどろになる可能性が高い」と見通した。またISWはこの動的膠着状態はロシア・ウクライナ両国が状況の転回なく戦闘を展開する条件になると指摘、「ロシアはウクライナの戦闘継続の意志をくじくためにウクライナの民間人に対する爆撃を拡大するだろう」と見通した。
これに関し、英国王立防衛安全保障研究所のジャック・ワトリング氏は「今後2週間が非常に決定的になるだろう」「ロシアは攻撃を強化するシグナルを示している」と述べたと、『ワシントン・ポスト』が報じた。
ベン・ホッジス英語版アメリカ欧州陸軍司令もまた「西側はベルリン空輸作戦のような規模と緊迫感を持ってウクライナに対する支援を早急に拡大しなければならない」と述べたとニューヨーク・タイムズが報じた[459]

3月20日[編集]

  • ロシア国防省が19日発表した極超音速空対地ミサイル「キンジャール」使用に関する発表について、同省がTwitterなどソーシャルメディアで公開した動画を米メディアなどがGoogle Earthを通じて検証したところ、着弾地点はイヴァーノ=フランキーウシク州デリヤティンというロシア側の主張とは異なり、ウクライナ東部の農業地帯とみられることが明らかになった。毎日新聞も同じ手法で追試を行っている。
また、米メディアや専門家はロシアが公開した動画について、「ミサイル貯蔵施設が破壊されたのであれば爆発規模が小さい」など疑義を指摘しており、キンジャールを使用した可能性はあるもののミサイル施設が破壊されたかは定かではないとしている[462]
  • ロシア国防省はクリミア上空からキンジャールを発射し、ミコライウに所在するウクライナ軍の燃料貯蔵施設を破壊したと発表した[463]
  • ウクライナ国防省は、数少ない信頼する人物の一人にプーチン大統領が新たな攻撃命令を出し、ゼレンスキー大統領やシュミハリ首相らウクライナ首脳陣の殺害を目的に新たな傭兵が投入されたと明らかにした。ウクライナ国防省はこれまでの同様の試みは全て失敗してきたと指摘したうえで「ウクライナ当局はロシア側の計画を把握しており、いかなるテロ攻撃も成功しない」とロシア側を牽制している[464]
  • マリウポリ市当局はTelegramで「昨日(19日)、ロシア軍に美術学校が爆撃された」と公表。学校には女性や子ども、高齢者約400人が避難していたが、「今もがれきの下敷きになっている」と訴えた。ゼレンスキー大統領は20日に公開した動画で、数百人が避難していた学校への爆撃は「テロ」だと非難。戦争を終わらせる唯一の方法として、プーチン大統領との直接会談の開催を改めて呼び掛けた。
また市当局は、住民の一部がロシアに強制連行され、ウクライナのパスポートを没収されたとしている。マリウポリが属するドネツク州の行政担当者は、これまでに1,000人以上がロシア軍に強制連行されて収容所に送られ、パスポートなどの書類を没収されたほか、携帯電話も検査されているとして、国際社会の介入を呼び掛けた[465]
  • 壊滅的な被害を受けているマリウポリについて、ロシア国防省は21日午前5時までに降伏するよう最後通牒を送ったと、ロシア国営メディアが報道した。降伏すれば、避難ルートを開くとしている。
これに対し、ウクライナのイリーナ・ベレシュチュクウクライナ語版副首相は「降伏は選択肢にない」と現地メディアの取材に答えた。また、子どもらがロシアに連れ去られていることに憤慨し、避難ルートの即時開放を求めた[466]

3月21日[編集]

  • ウクライナ国防省は、ウクライナがアゾフ海北岸へのアクセスを失い、ロシア軍がウクライナ東部の親露派支配地域とクリミア半島をつなぐ回廊を一時的に確保したと発表した[469]
  • ロシア外務省は、日本による制裁を受けて北方領土問題を含む日本との平和条約締結交渉を中断すると発表した。北方領土への旧島民の墓参などを目的とした日本とのビザなし交流の停止や、北方領土での日本側との共同経済活動から撤退する意向を表明した[470]
  • ヘルソンで住民が行っていた抗議デモに対し、ロシア軍が発砲。BBCの記者は、発砲の模様を撮影した動画とともにこれを報じた[471][472]クレーバ外相は銃撃で負傷した男性をとらえた動画をTwitterに投稿し、「平和的に抗議していた非武装の人々に発砲した」と訴えた[473]
  • ウクライナ内務省によるとロシア兵1人がウクライナ軍に投降したと発表した。ロシア兵は戦車を持参して投降した為、戦後に賞金の1万ドルと市民権が与えられるという[474]
  • ウクライナ外務省は、東部ドネツク、ルガンスクの2州から19日に、子供2389人がロシア軍によりロシア領に連れ去られたとの情報を得たと発表した[475]
  • CNNは、「ロシア軍が作戦を統括する司令官を任命しないままウクライナ侵攻に踏み切った可能性がある」との見方を報じた。米当局は司令官任命を確認できていないという。当局者らは、ロシアのプーチン大統領が侵攻作戦の全容を政府中枢だけにしか知らせず秘密主義を取っていたと指摘。結果、現場に展開する多くの軍司令官は侵攻直前まで任務を知らず、各軍が連携して準備できなかったと分析。現地やウクライナ周辺においても全体を統括する司令官がいないため、ロシア各地から動員された各部隊は補給物資を奪い合うなど、連携せずに独自に行動しているもようで、統率が取れず侵攻停滞の主要因になっていると指摘している。加えて、ロシア軍は通信手段も確保できておらず、前線の兵士と各部隊の司令官が携帯電話など機密性のない手段を使っているため、通信を傍受されて反撃を招いているという[476]

3月22日[編集]

  • ウクライナ軍は3月22日朝の定例作戦報告において、北東部スムイ州のオクティルカ地区で「不服従」により、約300人のロシア軍の兵士が命令の遂行を拒否したと発表した。
東部のルガンスク州では、一時占領地域でロシア軍が市民を徴用したものの、人口の大部分が占領者の政策を支持していないため、武器を取ることを望まず軍から隠れているという。加えて、動員される人々はほとんどが軍務についたことがなく、軍事的専門性も持っていない[477]
  • ウクライナ軍はFacebookへの投稿で、「数日間にわたる戦闘を経て、首都キエフの約48キロ西部に位置するマカリウを奪還した」と発表した。なお、CNNはウクライナ軍の主張について独自に確認できていないとしている[478]
  • 米国防総省高官は、ウクライナに侵攻したロシア軍が投入した戦力の1割以上を失った可能性があるとの分析を明らかにした。ロシア軍が補給の計画を怠り、食料や燃料の不足に悩まされ続けていると強調。防寒具も足りず、兵士が凍傷にかかって戦線離脱した部隊もあると指摘した。
ロシア軍の生物・化学兵器使用に関しては「差し迫った兆候はない」とし、状況を注視していると語った。ロシア軍は生物・化学兵器を扱う部隊を保有しており、ウクライナでの活動について情報収集しているという[479]

3月23日[編集]

  • アメリカ国防省の高官はウクライナに侵攻したロシア軍がウクライナ側の激しい反撃を受け、首都キエフ周辺から後退したとの分析を明らかにした[480]
  • ロシアの独立系メディア「アギェンツトォバ」はセルゲイ・ショイグ国防相が3月11日に国営テレビに出演したのを最後に表舞台から姿を消し、ロシア軍のウクライナ侵攻を統括指揮する立場にありながら、この2週間近く公式の場に姿を現していないことを指摘した[481]。これに対しロシア大統領府は多忙のためだと説明した。ドミトリー・ペスコフ大統領報道官は報道陣に対し、「国防相には現在、対応を要することが多々ある。特別軍事作戦が進行中だ」「今はメディア活動の時ではない」と説明した[482]。また同日に、アントン・シルアノフ財務大臣と国防調達に関する財政支援と、ロシア軍に対する財政支援について話し合ったとの報道がされた[483]
  • ロイターは、ロシアのウクライナ侵攻への抗議行動として、ロシア大統領特使アナトリー・チュバイスが辞任して出国したと報道した。ロシアに戻るつもりはないという。ロイターはチュバイス氏にコメントを求めたが、拒否された。大統領府のペスコフ報道官も、チュバイス特使の辞任を確認した[484]
  • ウクライナ政府は、欧州連合の資金拠出を受け、廃棄物サンプルや廃棄物処理に使われるパッケージングの現場分析などを行っていたチェルノブイリ原子力発電所近くの研究施設をロシア軍が破壊、放射性核種のサンプルが同研究所から持ち出されたと伝えた。これに関しウクライナ政府は、ロシアが同サンプルを使って「文明世界ではなく自らを害する」ことを望むと述べている[485]

3月24日[編集]

  • ウクライナ海軍は、ベルジャーンシク港に停泊していたロシア軍のアリゲーター型戦車揚陸艦「オルスク」を撃沈したことを公表し、動画と写真を公開した[486]
  • ロシア軍の空爆により、マリウポリにあったドミトリー・チェレパノフ(Dmitry Cherepanov.)氏運営の個人博物館「Club-8bit[487]」が焼失したことがTwitterやFacebook等のSNSを通じて報告された。これにより、同博物館が所蔵していた500を超えるレトロPCやゲーム専用機なども失われた。所蔵品にはApple IIcAtari 400Commodore 64といった西側の名機のみならず、ソビエトで生産された極めて希少な機器も含まれていた。現在、チェレパノフ氏はバーチャル博物館も含め、博物館再構築を望んでいるという[488][489]

3月25日[編集]

  • ウクライナ軍参謀本部は昨日のベルジャーンシク港への攻撃戦果の情報を更新。撃沈したのはタピール級揚陸艦BDK-69「オルスク」ではなく同級揚陸艦BDK-65「サラトフ」であったと訂正、またロプーチャ級揚陸艦BDK-64「ツェーザリ・クニコフロシア語版」と同級揚陸艦BDK-46「ノヴォチェルカスクロシア語版」にも損傷を与えたと発表した[490] [491]
  • ロシアの国防省は作戦の重心について、ウクライナの東部にある親露派の支配地域を拡大する方針を明らかにした[492]。また、ロシア軍幹部は、当初立てていた戦略について、ウクライナの東部にある2つの州を制圧することを優先する姿勢を示した[493]
  • アメリカ国防総省の高官は、「2008年の侵攻以降、ロシア軍がジョージアに駐留させている部隊のうち、ある程度の数が移動している」と明かし、「ウクライナに援軍を送り込もうとする初めての兆候だ」と指摘した。ただし正確な数や日程は分からないと述べ、今後も状況を注視するとしている。一方、ベラルーシ軍の動きに変化はなく、侵攻に参戦する様子や兆候はみられないとも述べた[494]

3月26日[編集]

  • ロシア国防省は、ウクライナ軍使用の西部のリビウ一帯にある燃料施設に加え、修理の工場を高精度のミサイルで攻撃したことを3月27日に明らかにした[495][496]。リビウの当局によれば、この攻撃によって、7人がけがをしたという[496]。これについて、リビウのサドビー市長は記者会見の中で、「侵略者たちはきょうの攻撃で、ポーランドにいるバイデン(米)大統領にあいさつしたいのだろう」と述べた[495]
  • イギリスの国防省は分析として、「ロシア軍は、人口密集地を含むウクライナ全土の標的に対し、空軍の戦力とミサイルによる攻撃を続けている」と、ミサイルを用いた「遠距離からの攻撃」を強めていることを明らかにした[496]
  • ロシア軍はウクライナの北部にあるチェルノブイリ原発近くのスラブチッチという都市を制圧した。これについて、国際原子力機関のグロッシ事務局長は3月26日の声明の中で、「ウクライナ側から通知があった」ことをと明らかにした上で、チェルノブイリ原発では、1週間近くにわたって、原発の作業員の交代が行われていないと述べている[495]
  • テレグラフ紙のインタビューに応じたリズ・トラス英外相は、ロシアの個人と企業に科している資産凍結制裁について、「ロシアがウクライナから部隊を撤退させて侵攻の終結を約束すれば解除が可能になる」との認識を示した。また、「制裁は完全な停戦と撤退に加え、さらなる侵攻がないことをロシアが確約した場合にのみ解除すべきだ」と述べ、その上でロシアが制裁解除後に再び侵攻した場合は直ちに再制裁を科す可能性があるとも強調した。
なお、英政府がこれまでに凍結しているロシアの銀行の資産は5,000億ポンド(約6,550億ドル)相当、オリガルヒおよび家族の純資産は1500億ポンド(約1,965億ドル)超にのぼるという[497]
サボスチャノフの提出したレポートには「ウクライナの非軍事化と非ナチ化は、ウクライナ、ロシア、そしてヨーロッパ全土の人々の持続可能な安全を確保することだろう。ロシア連邦の安全を確保するためのより完全なプロセスとして、ウクライナに加え、バルト諸国(リトアニアラトビアエストニア)、ポーランド、モルドバ、カザフスタンを非ナチ化および非軍事化することが適切だと考える」と述べられている。このレポートをSNSで公開したヤブロコ党モスクワ支部副支部長キリル・ゴンチャロフ連邦局員はサボスチャノフの主張に対し「恥を知れ」とコメントしている[498]

3月27日[編集]

  • ウクライナ国防省の情報総局トップは、「キエフ攻略作戦は失敗していて、もはやウクライナ政府を転覆させることは不可能だ」と述べた上で「すでにロシアの作戦の焦点はウクライナの南部と東部に移っている」とした[493][499]。さらに、ウクライナの国防省情報機関トップは「ロシアのプーチン大統領が制圧した地域との間に分断ラインを設置」した上で「ウクライナを韓国と北朝鮮のように二つに分割することを考えている可能性がある」とも発言している[493][499]
  • ゼレンスキー大統領はロシアのジャーナリストとのビデオインタビューで、ロシアとの和平合意の一環として、ウクライナの中立化と東部ドンバス地方を巡る譲歩を協議する用意があると述べた。大統領は「安全保障の確約と中立性、非核保有国の地位。われわれはこれに向かって進む用意がある」とロシア語で述べ、「和平合意は第三者が保証し、国民投票にかける必要がある」「停戦とロシア軍の撤退なしでは和平合意の実現は不可能だ」との考えも示した。これに対し、ロシア政府はこのインタビューをロシア国内で報道しないようメディアに警告したという。
一方、ウクライナ軍の情報機関トップは、「プーチン大統領がウクライナを二つに分断し、東部を掌握しようとしている」との見方を示し「ウクライナに南北朝鮮をつくろうとする試みだ」と述べた[500]
  • トルコ大統領府は、同日レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領がプーチン大統領と電話協議し、ウクライナとロシアの次回の和平交渉を今週イスタンブールで行うべく合意したと明らかにした。ウクライナとロシアの交渉担当者らも、協議が3月7日のベラルーシ以来の対面形式で行われる事を確認した[501][502]
  • ウクライナ東部の親ロシア派地域である「ルガンスク人民共和国」の現職首長レオニード・パセチニクは、ロシアへの編入の是非について「共和国で近い将来に住民投票が行われると思う」とした上で「住民は憲法上の権利を行使し、ロシア連邦への加入について意見を表明するだろう」と述べ、住民投票を行う可能性があると明らかにした[503]
  • ドネツィク州マリウポリで、ロシア軍が2000人以上の子どもを連れ去っているとゼレンスキー大統領は主張した[504]

3月28日[編集]

  • 米国務省高官は、プーチン大統領が現時点で戦争終結に向け「妥協する用意はないもよう」で、ゼレンスキー大統領がどのような決断をしなければならないかは不明という認識を示した。また、ロシア大統領府のペスコフ報道官は、停戦交渉がトルコで29日から始まる可能性があるとし、対面交渉の重要性を強調した[505]
  • イルピンのオレクサンドル・マルクシン市長は、Telegramに投稿した動画でウクライナ軍がイルピンを完全に奪還したと表明。「さらなる攻撃を受けるだろうが、勇気を持って防衛する」と述べた[506]
  • 英国防省は、民間軍事会社ワグネルの傭兵がウクライナ東部に展開していると発表した。ロシアは作戦の重心を東部に移す方針を表明しており、戦力強化のため正規軍とは別に投入されたと推察される。ロシアの傭兵がウクライナで公式に確認されたのは今回が初めてとなる。
ワグネルはプーチン政権に近く、シリアやアフリカなどの活動において民間人殺害への関与も指摘されている。英国防省は、ロシアが「重大な損害と侵攻の停滞」を受け、ワグネルを投入せざるを得なかった模様だと分析、幹部を含む1,000人以上が投入される見込みと述べた[507]
  • ウクライナ軍参謀本部は、ジョージアの南オセチア自治州に駐留するロシア軍部隊150名がクリミア半島に到着したと発表した。この部隊も東部攻略に投入される可能性があるという[508]
  • 米国防総省高官は、ロシア軍がウクライナ東部で侵攻の動きを強めていると記者団に明らかにした。キエフ方面への侵攻は25日頃から停滞しているものの、依然長距離砲撃は継続されている事実についても言及した[509]
  • ウクライナ国営通信によると、マリウポリの市長は民間人の死者が約5,000人にのぼっていると公表した。このうち約210人が子どもであり、また依然として約16万人が市内から脱出できない状態にあるという[510]
  • スビリデンコ第一副首相兼経済相は、ロシアの軍事侵攻でこれまでに被ったウクライナの経済損失が約5,650億ドル(約70兆円)に上るとの試算をフェイスブックに投稿した。その上で、国内で凍結したロシア資産の接収などにより、一部を穴埋めする意向を示した。副首相は「ウクライナはあらゆる障害を乗り越え、侵略者に賠償金を要求することを目指す」と訴えた[511]
  • ウォールストリート・ジャーナル』(WSJ)は、関係者の話として、ロシア人富豪ロマン・アブラモビッチとウクライナの交渉代表団が、両国間の停戦交渉を妨害しようとするロシアの強硬派により毒を盛られた疑いがあると報じた。AFPが取材した関係筋も、同紙の報道を事実と認めた。ロシア政府同様に西側諸国の制裁を受けているアブラモビッチ氏は各地で行われる両国間の交渉に参加していると報じられている。
関係者がWSJ紙に語ったところによると、キエフでの協議後、アブラモビッチ氏と少なくとも2人のウクライナ代表者が、目の充血や痛み、涙目、顔や手の皮膚の剥離などの症状を訴えた。その後回復し、命に別条はないとされている。実行者の正体は不明だが、被害者達は停戦交渉を妨害しようとするロシアの強硬派による犯行を主張しているという。また、WSJ紙の取材に応じた英検証サイト「ベリングキャット」のクリスト・グロゼフ(Christo Grozev)研究員は「これは殺害の意図はなく、単なる警告」であるとの見方を示した(2020年、グロゼフ研究員はアレクセイ・ナワリヌイが神経剤による毒殺未遂に遭った事件について、ロシア政府の工作員が実行したとの調査結果を出している)。グロゼフ研究員はアブラモビッチ氏の被害の様子を捉えた画像は見たものの、毒物検出のためのサンプル採取は間に合わなかったと述べている。また、グロゼフ研究員はツイッターへの投稿で、被害に遭った3人は「症状が出るまでの数時間、チョコレートと水しか口にしていなかった」とも説明している[512]
  • ウクライナのドミトロ・クレーバ外相は翌29日からトルコで行われるロシアとの協議において、「ウクライナの最も野心的な目標は停戦に合意することだ」「(今週トルコで行われるロシアとの和平交渉について)最小限のプログラムは人道的問題だ。そして最大限のプログラムは停戦に関するもので、永続的な合意に達することだ」「大統領は我々の代表団に明確な指示を出した。我々は市民、土地、主権を取引しない。これは交渉の対象にはならない。我々の立場は、国際法とウクライナ軍、ロシアに対する国際的な制裁、侵略者を阻止するために我々に渡された兵器によって強化され、支えられている」とウクライナのテレビで表明した。また、アブラモビッチ氏が和平交渉後に中毒が疑われる症状を発症していたとの報道に言及し、「ロシアとの交渉に向かう人は、何も食べたり飲んだりしないことを勧める。そして、できれば、何の表面にも触れないほうがいい。第2に、誰かがどこかで聞いた話、どこかの情報筋によると、といった話は沢山ある。誰もがニュースやセンセーションに飢えているからだ」と述べた。
同様に、アブラモビッチ氏に関する報道についてウクライナ代表団のポドリャク大統領顧問は「多くの臆測、様々な陰謀論がある」と指摘し、否定的な見解を表明。他の交渉担当者も「信ぴょう性の低い情報」を信用しないよう呼び掛けた[513]

3月29日[編集]

  • ロシアとウクライナは29日、トルコのイスタンブールで高官級の停戦交渉を対面形式で再開した。この協議でウクライナ側は関係国による安全保障と引き換えにNATO加盟を断念する「中立化」方針を伝えたと明らかにした。ウクライナは軍事同盟に加わらず軍事基地も提供しないこととなる。また、協議終了後にロシアのフォミン国防次官は停戦交渉を前進させるための信頼醸成措置として、首都キエフと北部チェルニヒウ方面での軍事作戦を大幅に縮小すると表明した[514]
  • ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、28日の「ロマン・アブラモビッチ氏がウクライナをめぐる停戦交渉参加中に毒を盛られた疑いがある」という報道に対し、「情報妨害の一環、情報戦の一環」であり、現実に即していないと一蹴した。ウクライナ代表団のミハイロ・ポドリャク大統領顧問はこの件に関する見解を示していない。
一方でペスコフ報道官は、ロシアの他のオリガルヒと共に制裁対象となっているアブラモビッチ氏が、イスタンブールでの停戦交渉に参加している事実については認めた。ペスコフ報道官によると、アブラモビッチ氏はロシア代表団の公式メンバーではないが、仲介役として「ロシア、ウクライナ間の接触を維持する」ことに関与。この役割には双方の承認が必要となるものの、「アブラモビッチ氏については承認が得られている」としている[515]
  • ロシア国防省のフォミン次官は、イスタンブールで記者団に対して「キエフ周辺とチェルニヒウでの軍事作戦を大幅に縮小することを決めた」と述べた[516]
  • 米英独仏伊の首脳は電話会談によってロシアとウクライナの停戦協議を受けた対応などを協議した。ホワイトハウスによると、5か国首脳は約50分間の会談で対露制裁措置や対ウクライナの軍事支援の継続を確認、ウクライナ国内外の避難民への人道支援についても話し合ったという。バイデン氏は会談後に記者会見し、ロシアがキエフ周辺などで軍事行動を大幅に縮小すると発表したことについて「ロシアの行動がどういうものか見るまでは(その意図を)読み取ることはしない。状況を注視し続ける」と、慎重な見方を示した。
また、英首相官邸によると、5か国首脳は会談でロシア産エネルギーの依存脱却に向けた協力についても議論、対露制裁に関しては「ウクライナでの恐怖が終わるまで、西側諸国の決意の緩和はあり得ない」との認識で一致したという。ボリス・ジョンソン首相はプーチン大統領について「言葉ではなく行動で判断しなければならない」と強調し、ロシア軍が完全撤退しない限り安易に妥協すべきでないとの立場を示した[517]
  • ウクライナ軍参謀本部は、「ロシア軍が一部の部隊をキエフ周辺などから移動させる一方、チェルニヒウやハリコフなどの包囲を続けている」と発表した。キエフ周辺など約10カ所の地域に対しても攻撃の兆候が見られるとし、「敵はウクライナに全面的な武力攻撃を続けている」と結論づけた[518]

3月30日[編集]

  • ウクライナ当局と赤十字国際委員会は、マリウポリの赤十字の施設がロシア軍による攻撃を受けたと発表した。ウクライナ議会のリュドミラ・デニソワ(Lyudmyla Denisova)人権委員はSNSへの投稿で、公式な赤十字のマークが描かれていたにも関わらず、赤十字国際委員会所有の建造物がロシア軍の空爆や砲撃を受けたと説明。爆撃が行われた日時には言及しておらず、死傷者数は不明としている。
赤十字国際委員会の広報担当者もAFPに対し、SNSに出回っている破壊された建物の画像がマリウポリにある赤十字の倉庫であることを認めた。倉庫に保管されていた援助物資は全て分配済みだったが、現地に職員がいないため被害状況は確認できていないという[519]
  • 米国防総省のカービー報道官は記者会見で、キエフ周辺を離れた一部のロシア軍部隊がベラルーシ国内に入ったことを明らかにした。ただし、キエフ周辺を離れた部隊は現地に集結していた全体の「20%以下」に過ぎず、しかもロシア国内の駐屯地に帰投する部隊は確認されていないことから「撤退ではなく、部隊の再配置だ」との見方を強調。ドンバス地方などでのロシア軍の攻勢に警戒感を示した。また、キエフ周辺に派遣されている部隊の大部分は依然として現地にとどまり続けており、キエフは現在もロシア軍の砲撃や空爆を受け続けていると強調した[520]
  • ゼレンスキー大統領は、担当国にウクライナへの武器供与や対ロシア制裁を実施させるための働き掛けが不十分だったとして、モロッコ、ジョージア両国に駐在する各ウクライナ大使を解任すると発表した。大統領はビデオ演説で「ウクライナが自衛し、未来のために戦えるよう働く者もいれば、地位にしがみ付き時間を浪費する者もいる」として、後者を解任すると説明した。既に駐ジョージア大使は3月、ジョージアが対ロシア制裁に加わらなかったことを受けて、審議に出席するために呼び戻されていた。なお、ジョージアはウクライナへの義勇兵の渡航も禁止している。
大統領は「申し訳ないが、武器(供与)も(対ロシア)制裁もロシア事業への制限も実現できないのでは、他の仕事を見つけてもらいたい」と述べ、さらに「外交戦線は重要な場であり、全員が効率的に働かねばならない」として、「中南米や中東、東南アジアに駐在するわが国の外交官や武官が近日中に成果を出すことを期待する」と呼び掛けた[521]

3月31日[編集]

  • イギリス政府通信本部のジェレミー・フレミング長官は、オーストラリア国立大学で行った講演で、ウクライナに侵攻したロシア軍が自軍の航空機を誤って撃墜したと明らかにした。一部のロシア兵が命令に背いたり、自分たちの装備を破壊したりしているとも述べた。いずれも証拠に基づくものだといい、ロシア軍の士気の低下や指揮命令系統の混乱が軍事活動に影響しているとの見方を示した。
フレミング長官は「プーチン大統領は状況を著しく見誤っている」と強調。ウクライナの抵抗や西側諸国の制裁の影響などを過小評価する一方、自軍の実力を過大評価していると指摘した。「プーチン大統領の顧問らが真実を伝えることを恐れている」ことが背景にあると付け加えた[522]
また、エネルゴアトムは1986年のチェルノブイリ原発事故による放射性物質の汚染が深刻な地域で、ロシア兵らが塹壕を掘っていたと指摘。「被ばくで健康被害の兆候が出たことに驚き、慌てて退却したとしてもおかしくない」との臆測も示した。国際原子力機関も駐留していたロシア軍部隊がベラルーシ方面に向かったとの報告をウクライナ側から受けたものの、ロシア兵らの被ばくの程度は確認できていないという[524]
  • プーチン大統領は徴兵(兵役期間1年、18~27歳の男性が対象)に関する大統領令に署名した。4月1日から7月15日の間に新たに13万4500人を招集する。ロシアメディアによると、規模は例年並み。ショイグ国防相は29日に「対象者が『ホットスポット』に送られることはない」と述べており、徴兵もウクライナでの「軍事作戦」には関係ないとしているが、ロイター通信は、「数カ月の訓練後、前線に送られる可能性を指摘する見方もある」と報じている[525]
  • ロシアはマリウポリからウクライナ側へ市民を退避させるため人道回廊を4月1日に設けると発表した[526]
  • ベレシュチュク副首相は、人道回廊を通じてメリトポリを出発したバスがロシア軍に止められ、搬送していた赤十字の人道支援物資ごと「持ちさられた」と明らかにした。12台のバスには14トンの食糧や医薬品が積まれていたという。副首相は「国際赤十字の仕切りが悪く、ロシア軍の没収を招いた」とも批判した。また、「バスを取り戻せるよう4月1日にもロシア側と交渉する」と述べた。現地では翌1日以降、人道回廊を通じて多くの市民が街を脱出する予定で、ウクライナ政府もさらに支援するとしている[527]
  • ロシアのユーリー・ボリソフロシア語版副首相は、海外からのリース機をロシア籍に再登録することを認める法律が成立したことから、対ロシア制裁によりリース契約を解除されロシア国内で保管されている航空機400機余り(市場価格約100億ドル)を返還せず国内にとどめると発表した。
既にこれらのリース機の登録先の大半を占める英領バミューダアイルランドが各機の耐空証明を停止していることから、通常は運航停止が義務となる。また、ロシアの各航空会社も提携企業との関係悪化を憂慮して新法の活用を躊躇しているが、ボリソフ副首相は全てのリース機の再登録が完了したと強調した[528]

2022年4月[編集]

4月1日[編集]

ブチャの虐殺の現場。AFP通信の記者らによって多数の遺体が確認された(4月1日)。
  • ロシアのベルゴロド州知事は朝、ウクライナ国境に近いベルゴロド市の燃料貯蔵施設で火災が発生したと報告した。同氏は「ロシア連邦領内に低空飛行で進入したウクライナ軍ヘリコプター2機の空爆で、燃料貯蔵施設に火災が起きた」と述べた。火災で施設の従業員2人が負傷したが命に別条はないという。付近の住民には退避措置がとられた。ウクライナのドミトロ・クレーバ外務大臣は情報不足でコメントを避け、国防省と参謀本部はコメントの要請に応じなかった[529]
  • タイムズは、ロシア軍がジョージアの国内で親ロシア派が支配する2地域からの派遣された援軍(南オセチアからの約1200人と、アブハジアからの約800人)のうち約300人が持ち場を離れ脱走#軍隊における脱走し、ヒッチハイクをするなどして原隊駐留地である南オセチアに戻ったと報道。今回の侵攻での「初の大規模な反乱」とみられると伝えた[530]
  • クラスノダールロシア国家親衛隊員12人がウクライナへの出動命令を拒否して免職され、不当解雇訴訟を起こしたことが『フィナンシャル・タイムズ』によって報じられた。この訴訟における親衛隊員らの弁護士ミハイル・ベニヤシは、これまで弁護チームには約1,000人から連絡があったと語り、「戦いに行きたくない兵士は多い」とコメントした[531]
  • ロシア与党「統一ロシア」に所属するロシア連邦国家院議員マリア・ブティナ英語版[532]はBBCの番組『ハードトーク』に出演し、ウクライナでの「特別軍事作戦」は完全に計画通りに進んでいると述べた。ただしその後に、「作戦の内容は国会に共有されていない」とも語った。また、「ロシア側にそのつもりがあれば軍事作戦を一気に終わらせることもできるが、ロシア側は民間人に被害を出さないよう慎重に動いている」とも話した。これはウクライナ国内では3月29日時点で民間人1179人死亡・1860人負傷という国連人権高等弁務官事務所の発表とは大きく異なる[533]
  • キエフ北西近郊のブチャに入ったAFP通信の記者が、ロシア軍が後退した後の路上で少なくとも20人の遺体を発見。ロシア軍に殺害された約280人を埋葬した集団埋葬地があることも報じられた[534]
  • テレビサの取材班は、キエフに隣接するイルピンで無差別に殺害されたとみられる住民の遺体複数を発見した。リポーターはバラバラにされた遺体も何体かあったと証言。イルピンやホストメリ、ブチャなどでロシア軍が戦争犯罪に該当する残虐行為を働いたとして、訴追のための証拠を収集している[535]

4月2日[編集]

  • ウクライナのハンナ・マリャル国防次官は、キエフを含むキエフ州全域をロシア軍から解放したと発表[536]
  • ガーディアン』紙は、ブチャからロシア軍が撤退する際、子供を「人間の盾」として使用していたと報じた。さらに全国各地の前線でウクライナ軍を牽制するため、子供たちが多数人質にされたとの訴えが上がっている。ウクライナ最高会議のリュドミラ・デニソワ英語版人権担当調査官は「未成年者に対するこういった残忍な行動はウクライナ政府および国際機関によって文書化されている。(終戦後)これらすべての軍事犯罪と戦争犯罪のデータが国際刑事裁判所に提供され、正当な裁きを受けるでしょう」と語っている。
加えて、ブチャでの民間人に対する虐殺や戦争犯罪がオブザーバーに対しても多数報告されており、これに対してゼレンスキー大統領は「退却するロシア軍は、地雷を家屋や遺体に仕掛けてゆくことで"A complete disaster" を生み出している」と述べた[537]。こうした戦術については「ブービートラップ」を参照。
  • ローマ教皇フランシスコはキエフ訪問を検討していると述べ、「私たちは他の国々への侵略、野蛮な市街戦、そして核の脅威は遠い過去の悲惨な記憶だと思っていました」と、ウクライナへの侵略についてプーチン大統領を暗に批判した[538]
  • ウクライナの軍事諜報機関は、ウクライナ東部のイジュームの住民が、ロシア陸軍第3自動車化狙撃師団ロシア語版の兵士に毒入りパイを振る舞い、2名を殺害、28名を重態に至らしめたと報告した[539]
  • ウクライナ大統領顧問ムィハーイロ・ポドリャク英語版は、クレムリンがウクライナを分断する作戦を再計画していると警告した。
「キエフとチェルニーヒウから撤退後のロシア軍の再配備と集中方向とを分析すると、まず東南方面に(ドネツク州とルハンシク州以外にも)新たな足掛かりとなる支配領域を確保する戦術に出ていることが明らかだ。そこから防空網内部に侵入、損耗を抑えようとしている」[540]
  • 赤十字国際委員会は、人道回廊構築に失敗したマリウポリへ新規に救援チームを派遣していると発表した[541]

4月3日[編集]

  • ゼレンスキー大統領は、ブチャで数百人規模の非戦闘員の遺体が見つかったことを受け、アメリカのCBSニュースに対して「実のところ、これは虐殺だ」と述べた[542][543][544]。ロシア軍が大規模な殺害を行った可能性があり、ウクライナ当局が現地の被害状況の把握を急いでいる[542][543][544]。遺体は手を縛られたままのものや、体の一部が切断され、拷問されたとみられる跡があるものもあり、また地雷をしかけられている遺体もあった[542][543][544]。ロシア国防省はタス通信に対し、ブチャの状況に関し、関与を否定。ウクライナ側による「挑発」と主張した[542][543][544]
  • AP通信は、3月23日にロシア軍に誘拐されたキーフ近郊モティジン市のオルガ・スチェンコ市長が、ロシア側の要求を拒否したため夫と息子と共に射殺されていたと報じた。証言を行った住民によれば、ロシア軍はモティジン全域の地方公務員を標的にし、協力しない者を殺害した。市長とその家族は射殺された後、ロシア軍が占拠していた地域に掘られた穴の中に投げ込まれたという。この報道を受けたイリーナ・ベレシュチュク英語版副首相は、スチェンコ市長が殺害されたことを確認し、現在ウクライナ全土で11人の市長や地域のリーダーがロシアに拘束されていると述べた[545]
  • EU欧州理事会シャルル・ミシェル議長は、ロシア軍による「残虐行為の恐ろしい映像にショックを受けた」とツイートし、EUのロシアに対するさらなる制裁措置が「進行している」と発表した[545]

4月4日[編集]

ブチャを訪れたゼレンスキー大統領(4月4日)
  • ゼレンスキー大統領はブチャを訪問。記者に対し「残虐な行為に責任がある人を必ず見つける」と述べ、大量虐殺が行われたとの認識を示した[546]。また、「ウクライナのNATO加盟の是非を決めた主要国の要人」についても言及し、「彼らはここに来て、こうしたゲームがどのような結果に終わるのかを目の当たりにすべきだと思う」などと述べた[547]
  • ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー』は、画像分析を基にハルキウ州イジューム近郊にロシア航空宇宙軍Su-35が墜落したと報じた。これはSu-35が戦闘で損失された初の事例となる。ウクライナ軍は撃墜と認定して動画を公開した。パイロットは射出座席を利用して脱出したが、すぐに拘束されたとされる。また、ウクライナ内外の複数のメディアによれば、ウクライナ内務省のアントン・ゲラシュチェンコ英語版顧問がウクライナ軍によるSu-35撃墜の事実を確認したという。
一方、Su-57についてはいまだウクライナ戦線への投入が確認されていない[548]
  • アメリカ合衆国財務省は、ロシアによるドル建て国債の償還や利払いについて、JPモルガン・チェースを中継銀行として支払うことを即日禁じた。同日に支払期限を迎えた5億5,000万ドルの国債(8400万ドルの利払いを含む)も禁止対象に含まれるとみられる。4月4日は米欧を中心としたロシアへの経済制裁発動後、5回目の国債支払期限だった。既に制裁による口座凍結で、ロシア中央銀行は約6400億ドルの外貨準備の半分程度を活用できなくなっている[549][550]
  • ニューヨーク・タイムズ』はマクサー・テクノロジーズによるブチャの衛星写真とウクライナ側から提供されたビデオとを専門チームを編成して検証、4月1日にビデオに映された11体の遺体が既に3月9日~11日にかけて路上に放置されていたことを確認するとともに、4月3日付のロシア国防省からの虐殺否定声明について虚偽であると結論付けた[551]
  • ロシア軍が包囲を続けるウクライナ東部マリウポリで、市街地に放置されていた遺体がロシア側が支援する部隊によって収容される様子が撮影された。地元住民やウクライナ兵とみられる遺体が街頭や建物から運ばれ、車に乗せられていく様子をロイターの記者が目撃した。遺体は安置所に運ばれるという[552]
  • ウクライナのオレクシー・アレストビッチ大統領府顧問は、キエフ州で判明した民間人殺害などの犯罪行為について、カディロフツィを含む十余りのロシア部隊が関与したとの分析を公表した。
4月4日時点でラムザン・カディロフはマリウポリを拠点に指揮しているとみられ、ウクライナから「町を解放している」と主張。ウクライナメディアは、ロシア軍が多数の正規兵を失うことを懸念し、犠牲が多くなりがちな市街戦にカディロフツィを参加させ、「汚れ役」を引き受けさせているとの見方を示している[553]
  • イリーナ・ベネディクトワ検事総長は、「キエフ郊外のボロディアンカからブチャを上回る民間人虐殺が報告されている」と述べた。同様の虐殺は、スクイやチェルニヒウでも起こっていたとみられている[554][555]

4月5日[編集]

  • アメリカ合衆国国務長官アントニー・ブリンケンは、ブチャの虐殺に対して「意図的な作戦」と述べ、露軍が組織的・計画的に実行したとの認識を示した[556]
  • キエフ郊外でロシア軍の撤収後に多数の民間人とみられる遺体が見つかった問題を受け、イリーナ・ベネディクトワ英語版検事総長は、約5,000件について捜査していると発表。米欧とも連携し、責任を追及する構えを強めている。同日5日にブチャを訪れたウクライナ最高会議のリュドミラ・デニソワ人権担当調査官は、長さ約14メートルの巨大な集団墓地に「150~300体の遺体が埋められていた」と述べ、「全ての犠牲者の死の状況を明らかにする」と強調した。
また、デニソワ調査官は、キエフ州の児童療養施設の地下から後ろ手に縛られた男性5人の遺体が見つかったことや、スームィ州で民間人3人が拷問によって殺害されたことも明らかにした。ウクライナのメディアによると、ザポロジエの州当局者も5日、ロシア軍が撤収した複数の村で最大20人の遺体が見つかったと述べたと報道している[557]
  • ウクライナ国防省の情報機関は、ブチャでの民間人殺害への関与が疑われるロシア軍部隊が、近く東部の激戦地に配備されるとの分析を公表した[556][558]。危険地に送り込み、犯罪の実態を隠す「口封じ」の意図もあるとしている[556][558]
  • リビウのラデキフ地区で深夜に複数の爆発があり、翌6日にリビウのウクライナ軍当局責任者はTelegramへの投稿で、国防軍がラデキフ上空で巡航ミサイル2発を迎撃、これを撃墜したと発表。リビウ郊外に残骸が落下し、使用されていない民間施設で爆発が起きたと述べた。爆発後に発生した火災は緊急当局がただちに消火し、死傷者の報告はなかったという。
同じく翌6日、ウクライナ空軍西部司令部は「ベラルーシから飛来した戦闘機がリビウの民間施設を狙ったとみられるミサイルを射出したが、ウクライナ空軍が対空ミサイルで迎撃、標的への攻撃を阻止した」と表明を行った[559]
  • ゼレンスキー大統領は、国連安全保障理事会の緊急会合でオンライン演説し、ロシア軍によるブチャなどでの民間人殺害について「第二次世界大戦終結以降、最もひどい戦争犯罪だ」「安保理が保障すべき安全保障はどこにあるのか。平和の保障を担うべき国連が、効果的に機能していないことは明らかだ」と述べ、安保理改革と国連加盟国とによる行動を求めるとともに、「ロシアを侵略者、戦争の元凶として排除するか、改革を通じて平和のために機能できると示すか、いずれもできない場合の選択肢は(国連)を完全に解散することになるだろう」と国連変革を訴えた。
ゼレンスキー大統領が安保理で演説するのはウクライナ侵攻が始まって以来初めてで、大統領は「ブチャでの大虐殺は、残念ながら過去41日間、われわれの土地で占領者が行ってきたことの氷山の一角にすぎない」とも指摘、「世界中の潜在的な戦争犯罪者たちに、最大の戦争犯罪がどのように罰されるのか示すべきだ」と強調した。また、国際刑事裁判所(ICC)による調査を含めて「真実を明かし、説明責任を果たすことに国連の全加盟国が関心を持つべきだ」と訴えた。
リンダ・トマス=グリーンフィールド米国連大使は「米国、はロシア軍がウクライナで戦争犯罪をしたと評価している」と明言したうえで「ロシアの国連人権理事会への参加は国連全体を弱体化させる」と述べ、国連総会での採決を通じてロシアの資格を停止するよう求めた。
アントニオ・グテーレス国連事務総長もウクライナにおけるロシアの戦争犯罪の可能性に触れ「国際人道法の重大かつ深刻な違反がある」と糾弾し、独立した調査を呼びかけた。「安保理が分裂し行動できずにいるのは大変残念だ」とも語り、加盟国にも行動を求めた。マーティン・グリフィス英語版国連事務次長(人道問題担当)兼緊急援助調整官は民間人の避難と救命物資の輸送の安全性確保に向けた具体策をめぐりロシアと協議したと説明し「非常に長い道のりだが、歩き続ける」と表明した[560]
  • 日本ハリストス正教会は3月13日に発表されたボロス神学研究アカデミーの「『ロシア世界』(ルースキー・ミール)教説に関する宣言」に対し日本語訳を提供した[561]

4月6日[編集]

  • ゼレンスキー大統領は、アイルランドの議会でビデオ演説を行い、「ロシアはウクライナで全ての港湾と、輸出食料を積載する船舶を遮断し(人々を)兵糧攻めにしている」と非難した。大統領は燃料貯蔵所が攻撃を受けるとともに食料貯蔵庫も標的となり、ロシアがウクライナ人の暮らしを破壊していると指摘。「故意に食料危機を引き起こそうとしている」と訴えた。マリウポリではロシアが人道支援を妨害しており、遺体は庭や集合住宅に埋葬され、道路に野ざらしになっているケースもあると強調した[562]
  • ウクライナ国防情報局は、「プーチン大統領とセルゲイ・ショイグ国防相が17〜18歳の未成年者をロシア・ウクライナ戦争に巻き込む準備をしている」と報告した。これらの未成年者はユナルミヤから選ばれる予定である。国防情報局は、彼らの戦線投入は戦闘要員の大幅な不足が原因であると分析している。
また、3月15日、ショイグ国防相は「ウクライナ領土での特別作戦を開始するために、軍事・愛国市民運動ユナルミヤのメンバーを参加させることについて」という命令書に署名しており、ロシア軍軍事・政治総局長ゲンナジー・ジドコがこの命令を実行する形となる。既にロシア軍は先行して17歳から21歳の士官・将校候補生を第6独立戦車旅団に派遣しており、イジューム近郊では戦車の残骸から記章を含む士官候補生の私物が発見されている[563]
  • ロシア大統領府は、プーチン大統領がハンガリーオルバーン・ヴィクトル首相と電話会談し「ブチャにおけるウクライナの政権の粗雑で恥知らずな挑発」について話し合ったと発表した[564]
  • マリウポリの市議会は、「ロシア軍が移動式の火葬施設を運用している」とSNSに投稿し、ロシア側が市民の遺体を焼却して証拠の隠滅を図っていると訴えた[565]
  • ハカス共和国駐留のロシア国家親衛隊緊急対応特殊課スペツナズ隊員少なくとも11人が、プーチン大統領のウクライナ侵攻作戦に参加する意思がないことを上官に告げたことが、ハカス共和国の地元メディアであるニューフォーカスにより報じられた。
その後、隊員たちはウクライナ国境付近の野営地から連れ出され、ハカス共和国の原隊へ送り返された。軍幹部は「任務に不適任」と、この兵士たちを免職しようとした。11人の隊員は、「指揮官から、負傷者やウクライナでの日々の作戦について沈黙を守るよう命じられた」「家族にも詳細を話さないように指示された」「軍司令部がウクライナにおけるロシア軍の実際の損失をモスクワの中央政府から隠している」として、この決定に異議を唱える用意があるとしている。2022年4月6日時点で、『ニューズウィーク』誌は情報確認を行っているという[566]
  • ウクライナ最高会議のリュドミラ・デニソワ人権担当調査官は、1日の捕虜交換で解放されたウクライナ軍兵士86人の中に含まれていた女性兵士15人が拘束中、「拷問や虐待を受けていた」と明らかにした。
ロシア軍による拘束後、彼女らはまずベラルーシに移送された後、ブリャンスクの公判前収容施設に連行されて男性の前で裸にされたり、スクワットや髪を切ることを強制されたり、尋問を受けたりした。ロシアのプロパガンダ動画撮影への協力を強要された人もいるという。デニソワ氏はこれらの行動は、捕虜の人道的待遇を定めたジュネーブ条約第13条違反に当たると指摘した。また、これに先立ちデニソワ氏は4日、ウクライナ人捕虜が拘束中に殴打や飢餓の強制、凍傷、脅迫を受けたと明らかにしていた[567]

4月7日[編集]

  • ウクライナ最高議会のオリガ議員は、自身の選挙区であるボロディアンカの被害について調査し、「ボロディアンカは人道的危機に陥っています。ほぼすべての建物が破壊され、街に人の姿は全くありません」「侵攻が始まる前、ボロディアンカとその周辺の村には合わせると約1万8000人が住んでいた」「現在も5000人ほどが残っている模様だが、無数の地雷が埋められており、殺された人たちの遺体を見て回ることができないため、何人が生存しているかは誰にも分からない」「爆撃による死者は3,000人以上になると考えている」と、住民の6人に1人が犠牲となった可能性を指摘した。また、「ロシア軍は、ボロディアンカの住民に“ニセの避難計画”を伝えました。そして、ウクライナ国内へ避難できると思っていた住民をベラルーシやロシアの収容所へ強制的に連れて行ったのです。連れて行かれた人の数は、1000人以上だと考えています。その人たちをロシア軍がどうしたか、我々はまだ把握できていません」と述べた[568]
  • ヒューマン・ライツ・ウォッチの笠井哲平は、2月27日から3月14日の間でチェルニヒウ・ハルキウ・ブチャにいる民間人に対してロシア軍による銃殺での即決処刑、性暴力、食料や生活必需品の強奪が遠隔調査や聞き取りにより明らかになっている事実を告げ、「まだ現地調査員が入ることができていない地域も多数あるため、被害は今後、さらに明らかになる可能性がある」「マリウポリのようにまだウクライナ軍が奪還できていない地域で、かつ戦闘がより激しい所は、ブチャよりもひどい状況になっている可能性が高い」との危惧を伝えた[568]
  • ウクライナのオレクシー・ダニーロフ国家安全保障国防会議(NSDC)書記はテレビ番組出演中、「以前、ロシア人がウクライナ軍や私たちの複数の町に対する化学攻撃の準備をしている可能性があるという話があった。関連する作業が行われ、医療関係者の訓練が行われた。今日、解毒剤は病院にも防衛部隊にも十分にある」と発言した[569]
  • ドイツの『デア・シュピーゲル』は、同国の連邦情報局(BND)が、キエフ近郊においてロシア兵が民間人を殺害したことを語る無線通信を傍受していたと報じた。同誌によると、BNDが傍受した会話では、ある兵士が他の兵士に「自転車に乗った人を撃ったところだ」と話しているという。なお、ブチャでは自転車に乗った体勢のまま倒れた遺体の映像が報じられている。他の傍受された通信も分析が続いており、個別の事例と照合するのは難しいものの、ブチャ以外でも同様な殺害が起きていることを示す音声もあるという[570]
  • ベラルーシのルカシェンコ大統領は、ベラルーシがウクライナ国内で「特別作戦」を実施したと明らかにした。国営ベルタ通信が報じたもので、「ベラルーシ国民が捕らえられ解放するため特別作戦を行った」などと述べていた。特別作戦を行ったのがベラルーシ軍かどうかなど、詳細は明らかにしていない[571]
  • ロシアのウクライナ侵攻を巡る緊急特別会合で、国連総会(193カ国)はアメリカからの決議案を受け、ロシアの国連人権理事会のメンバー資格停止について投票を行い、賛成93票、反対24票、棄権58ヵ国、無投票18カ国で有効投票数の2/3以上が賛成だったことから決議を採択、ロシアに追放処分を下した。人権理の理事国は総会選挙で選出され、ロシアは3年任期の2年目だった。過去に人権理理事国の資格が停止されたのは反体制派への弾圧を続けた2011年リビアだけのみであり、安全保障理事会常任理事国が国連機関から追放されるのは史上初となる。ロシアのゲンナジー・クズミン次席国連大使は採決前に「アメリカは自国の支配力を強めるため、人権理事会を植民地的に運用しようとしている」と反発する一方で「棄権および無投票も我が国に友好的ではない行動だと認識しており、(反対以外は)今後の二国間関係に影響を与えるだろう」と書いたメモを大使間に回し、不特定多数の国に対して圧力を及ぼしていた。中国の張軍国連大使も採決前に「人権問題を政治問題化することに固く反対する」「国連総会でのこのような早急な採択は、各国に所属を選択させることで加盟国間の分裂を悪化させ、対立を激化させるだろう。それは火に油を注ぐようなものだ」と述べた。
採択後、ウクライナのセルギー・キスリツァ国連大使は「人権理の浄化であり、結果にとても満足している」と強調。アメリカのリンダ・トマス=グリーンフィールド国連大使は米メディアに「性急だったわけではない。そうであれば勝てなかった」と述べた。ロシアのクズミン次席国連大使は追放処分が正式に下される前に国連人権理事会の理事を辞任すると主張したうえで「今回の決議は違法かつ政治的な動機によるものだ」と述べ、賛成した国々をけん制した。
バイデン米大統領はこの決議採択を受け、「プーチンの戦争が、いかにロシアを国際的なはぐれ者にしたかを示す意義のある一歩だ」と歓迎する声明を発表した。更にバイデン大統領は「ロシア軍は戦争犯罪を行っている」と明言。ロシアの資格停止により「人権理事会の調査委員会がロシアの人権侵害を調査する際に、作業に参加することも偽情報を流すこともできなくなる」と意義を強調、(ロシア軍の撤退に伴い)「人々がレイプされ、拷問され、処刑され、場合によっては遺体が冒とくされている姿は、普遍的な人間性に対する暴挙だ」と非難。「(戦争犯罪を否定する)ロシアの嘘は、証拠にはかなわない」と指摘した。同様にアントニー・ブリンケン米国務長官も採択を歓迎し、「人権への大規模かつシステマティックな犯罪を行っている国家は人権保護を担う国連理理事会に座すべきではない」と記者団に語った。また、ウクライナのドミトロ・クレーバ外相は「戦争犯罪者は、人権保護を目的とした国連機関には居場所がありません。関連する国連総会決議を支持し、歴史の正しい側面を選んだすべての加盟国に感謝します」とツイッターで述べた。対して、クレムリンのスポークスマンであるドミトリー・ペスコフは、この決定について遺憾の意を表明し、英国のスカイニュースとのインタビューで「私たちはあらゆる可能な法的手段を使って私たちの利益を守り続ける」と述べた。
なお、アルジャジーラのクリステン・サロミーは、「(ブラジルのように、人権委による)調査前にロシアを選び出しているという理由で」反対意見を表明した大使もいたと語っており、「(同様に、棄権票のうちには)決議案(の性急さ)に不快感を示している国も多くみられる」と分析している[572][573][574]

4月8日[編集]

  • ウクライナドネツク州クラマトルスクの鉄道駅が早朝、ミサイル攻撃を受け、少なくとも子供5名を含む50名が死亡した。ウクライナ当局によると、負傷者も87人に達している。ドネツク州のパブロ・キリレンコ知事は、同駅に命中したのはクラスター弾を搭載したトーチカU短距離弾道ミサイルだったと述べた。米国防総省も、初期分析の結果として、ウクライナ国内にあるロシア軍の陣地からSS21 スカラベ(トーチカUのNATOコードネーム)短距離弾道ミサイルが使用されたとの見方を強めている。ミサイルの残骸の側面には「(これは)子どもたちのため」と書かれていた。このメッセージについて、欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会ウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は「血も凍るような振る舞いは類を見ない。信じ難い」と激しく非難した。
クラマトルスクは国内のより安全な場所に避難するための拠点の一つであり、クラマトルスク市長によると、攻撃された時、駅には女性や子ども、高齢者など4,000人程度がいたという。アレストビッチ・ウクライナ大統領府顧問は「(ロシア軍)は早朝で市民を攻撃するとわかったはずだ。現地には避難しようとする人が何千人もいた」と述べた。この地域では前日も避難民を乗せた列車が空爆で運行を妨げられたという。キリレンコ知事は同地域からの列車による避難は今後も継続するとした。
ゼレンスキー大統領は意図的に市民を狙った攻撃だと非難。「戦場でわれわれに立ち向かう力と勇気がないため、血も涙もなく民間人を殺害しようとしている」とし、「際限のない悪だ。罰をもって止めるしかない」と述べた。さらにその後行ったフィンランド議会でのオンライン演説で、攻撃当時、ウクライナ軍は駅にいなかったことも証言した。欧州連合外交・安全保障上級代表ジョセップ・ボレルとイギリスのベン・ウォーレス国防相も攻撃を非難。ホワイトハウスのケイト・ベディングフィールド広報部長は「ロシア軍がウクライナで戦争犯罪を犯しているという証拠が増えている」と述べた。国務省のポーター筆頭副報道官も記者団に対し「この残虐行為に恐怖を覚えている」と述べた。在ウクライナ米大使館は、ウクライナでのロシア軍による「新たな残虐行為」とし、「世界はロシアのプーチン大統領の責任を追及する」と言明した。
一方、RIA通信によると、ロシア国防省は攻撃への関与を否定、攻撃に使われたミサイルはウクライナ軍しか使用していないと指摘。ロシア軍は8日にクラマトルスクへの攻撃を指示されていないと説明した。ただしロシア軍がトーチカU短距離弾道ミサイルおよび9N123クラスター弾頭をいまだ所持・使用していることはヒューマン・ライツ・ウォッチの2月25日の公開報告[575]の際に判明している[576][577][578][579]
  • ユニセフはクラマトルスクへの弾道弾攻撃に対し、「クラマトルスクの駅が攻撃されたことを強く非難する。犠牲になった子どもの数はまだ分からないが、最悪の事態を恐れている。この駅は大きな被害が出ているドネツク州から人々が避難する主要なルートだった」と声明を発表、現地の人々がこの駅を避難のために使っていたことを強調した。
また「この1週間、ユニセフは急速に悪化する東部の状況に対応するためクラマトルスクに医薬品などおよそ50トンを届けてきた。攻撃があった時は駅から1キロ離れた場所で地域の保健当局に救命物資を届けているところだった」と明かし、今回の攻撃で現地の人道支援も脅かされたと訴えた[580]
  • スロバキアは、ウクライナにS300地対空ミサイルを提供したと発表した。ウクライナが供与を要請し、ロイド・オースティン国防長官が3月中旬にスロバキアを訪問するなど米国が中心となってNATO内で調整を進めていた。バイデン米大統領はS300の受領を受けて声明を出し、スロバキアに謝意を表明。「ロシアが侵攻の次の段階に向けて態勢を整えている。ウクライナが必要な高度な兵器を提供するための努力を惜しまない」と強調した。この引き渡されたS300の代替兵器として、米国はスロバキアにパトリオットミサイルを一時的に配備する予定である。ロイター通信によると、スロバキアにはドイツオランダからもパトリオット3基がすでに引き渡されている。
ウクライナは防空態勢を強化するため、上空への飛行禁止区域設定や旧ソ連製戦闘機の提供を米国やNATOに求めてきた。しかしロシアとの直接軍事衝突に発展する可能性があることから米国等が難色を示したため、ウクライナは次善の措置として自国も所有しており運用に習熟しているS300の供与を要請していた。なお、NATO加盟国ではスロバキアの他にギリシャ、ブルガリアがS300を保有している[581]
  • EUのウルズラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長ジョセップ・ボレル欧州連合外務・安全保障政策上級代表はキエフを訪問し、ゼレンスキー大統領と会談。ブチャも訪問し、集団墓地から掘り起こされた20体の遺体を視察。フォン・デア・ライエンはロシア軍の「残酷な顔、無謀で冷淡な行動」が明示されたと述べ、ウクライナへの支援を確約した[582][583]
  • ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、記者会見で「彼ら(ウクライナ人)はボルシチレシピを共有するつもりはありませんでした。それ(レシピ)は、一つの民族、一つの国家のものでなければなりませんでした。世界中の主婦が自分流に料理できるようになることに、彼らは耐えられなかったのです。これが私たちが話していることです。つまり外国人恐怖症、ファシズム、過激主義…」と奇妙な発言を行った。この会見はその後ツイッターなどでも拡散され話題となった[584][585]
  • ゼレンスキー大統領はウクライナ国民向け動画メッセージで、「今日、私たちは欧州委員会からアンケートを受け取った。このアンケートへの回答が欧州委員会がEU加盟協議へ向けたウクライナの準備についての結論を作成する基本書面となる。私たちは回答を1週間で行う。その後欧州委員会の結論が数か月後に作成され、次に加盟国の決定と加盟協議となる」と発言、ウクライナを待ち受けているのは成功だとの確信を表明し、ウクライナは長年の目標の実現であるEU加盟にようやく近付いたと発言した。
大統領は「ウクライナは欧州という家庭において平等な一員となる。ウクライナはEU加盟国となる。平和で、主権ある、復興した国となる。私たちは、それを確保する。一切の疑念はない」と強調した。その他、9日にはワルシャワでフォン・デア・ライエン欧州委員会委員長とカナダ首相ジャスティン・トルドーが主導する大型のウクライナ応援行事「スタンド・フォー・ウクライナ」が開催されると伝えた[586]
  • ウクライナのエネルギー省大臣のハーマン・ガルシェンコ(Herman Galushchenko)は「チェルノブイリの立入禁止区域に侵入したすべてのロシア軍兵士は多量の放射線を浴びており、軍用装備も汚染されている」と報道向けレポートにおいて伝えた。
「ロシア兵のアホさは、連中が荒らしていった地域の汚染度を測定した線量計のメーターと同じくらい振り切れてる。奴らは素手で汚染された土壌を掘り、放射性物質を含有した土砂を、その土埃を吸い込みながら土嚢に詰めた。そんな曝露を一ヶ月も続けた以上、あいつらはせいぜい1年程度しか生きられない。むしろこれからじわじわ弱りながら死んでいくあたり、もうとっくに人生が終わっていると言ってもいい」とガルシェンコ大臣は述べた。また、ロシア軍が封鎖されていたはずの原発プラントや管理事務所から、食器からスペアパーツ、調度品に至るまであらゆるものを略奪していったことも告げた。
「汚染されているのは占領軍とその戦利品だけじゃない。チョルノーブィリの汚染区域を通過した1万個の軍用装備も同様だ。撤退していった奴らが帰路でくたばったとしても、『チョルノーブィリのかけら』は(遺品として)家まで送られるというわけだ」と語った。
大臣はまた、金属は特に放射線の影響を受けやすく、放射性同位体に変質しうるとも述べた(編注:チェルノブイリ原子力発電所内の什器や機械に接触することは人体への放射能汚染の点で極めて危険)。
「ロシア人はすべての人に死をもたらす。彼らは爆弾でウクライナ人を殺し、チェルノブイリ原発由来の放射能で身近な人々をも殺す」と大臣は結んだ[587]

4月9日[編集]

  • イギリスの首相ボリス・ジョンソンがキエフを訪問し、ゼレンスキー大統領と会談した[588]。ジョンソン首相の訪問は事前に予告しておらず電撃訪問となった[589]。会談でジョンソン首相はウクライナに対し、120台の装甲車と新しい対艦ミサイルシステムの追加軍事支援を提示した。これは前日に発表された、防空システム「スターストリーク」の追加供与、対戦車ミサイル800個などへの支援に加えられるものだという。さらに、世界銀行のウクライナへの5億ドルの追加融資を保証することを確認、融資保証の総額が最大10億ドルとなることを認めた。加えて、英国はウクライナ政府の要請に応えて、ウクライナからの輸入関税を全て自由化し、関税緩和を提供すると伝えた[590]
会談後に発表されたビデオ声明でジョンソン首相はプーチン大統領がブチャやイルピンなどで行ったことは戦争犯罪だと強調したうえで「ロシア軍が撤退しているのは一種の戦術で、ドンバス地域やウクライナ東部への圧力を強めようとしている」と指摘、ほかの国々と協力して今後ロシアへの経済制裁をさらに強化するとともに、軍事面での支援も行っていく考えを改めて示した。またゼレンスキー大統領もイギリスによる支援に謝意を示したうえで「制裁という形でロシアに圧力をかける必要がある。そして、いまこそロシアのエネルギー資源を完全に禁輸するときだ」と各国に強く呼びかけた。ジョンソン首相のキエフへの訪問は、ロシアによる軍事侵攻後、G7の首脳としては初めて[591]
  • オーストリアのカール・ネハンマー首相はキエフを訪問し、ゼレンスキー大統領と会談。ネハンマーは記者会見で「戦争が終わるまでEUは制裁を強化し続ける」と述べた[592][593]
  • ヨーロッパのある当局者は、「ウクライナ侵攻に使用されたロシア軍は損耗と兵站の破綻のため4分の1が機能不能に陥っている」と語った。
侵攻に先立ち、CNNは「ロシアはウクライナ周辺に約120の大隊戦術群(BTG)を配置していた」と報告した。開戦から6週間が経過した現在、そのうちの29BTGが現在前線から消失していると当局者は述べた。現在ロシア軍は2ないし3のBTGの残存部隊を統合・再編することによって1個BTGの再構築を図っていると当局者は付け加えた。
なおCNNはウクライナで死亡したロシア軍兵員の数を現時点では確認できていない。先月、親プーチン派のタブロイド紙コムソモリスカヤ・プラウダ』は「死亡者数はクレムリンの公式発表数の数倍となる9,861人」と伝えたが、後にこれはハッキングによる偽情報として撤回された。米国とNATOの当局者は先月の時点でロシアの死傷者数は3,000~10,000人の範囲であると推定したが、ウクライナ当局は、それ以上の人数を主張している[594]
上級大将は、ショイグ国防相らと並ぶ階級。BBCによると、ドボルニコフ氏は2015年からのシリア内戦軍事介入の総司令官として「豊富な経験」(欧米当局者)を有する。内戦で市民の犠牲を顧みず、弱体化したアサド政権の形勢挽回を指揮した[595]

4月10日[編集]

  • 3月23日のCNNの記事の補足として、ウクライナ当局はロシア軍がチェルノブイリ原発占拠から撤退までの間に、併設された研究所に保管されていた核種サンプルのうち計133個を略奪していったとフェイスブックで明らかにした。この核種については扱い方によっては人を「死に追いやる可能性がある」と指摘している [596]
  • ジェイク・サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、CNNテレビなどに対し、昨日プーチン政権がウクライナ侵攻の総司令官に任命したドヴォルニコフ上級大将について、「シリアで市民に残虐行為を行った過去がある」と述べ、ウクライナ市民にも同様の行為を行う恐れを警告した。サリバン補佐官は、侵攻後の最初の数週間でロシアがウクライナを支配できないことが明らかになったと指摘。総司令官任命に関し、「プーチン大統領が誰を任命しても(状況は)変わらない」と強調し、「(ドヴォルニコフ上級大将は)ウクライナ市民に対する犯罪と残虐行為の新たな当事者となる」とけん制した。ブチャなどで多数の民間人が殺害されたことについては「大規模に行われた戦争犯罪と残虐行為の問題はクレムリンとロシア大統領に責任がある」と語り、プーチン大統領らの責任を追及する考えを示した[597]
  • ウクライナのイリーナ・ベネディクトワ検事総長は英Sky Newsに対し、これまでに北部キエフ州で1222人の遺体が見つかったと明らかにした。東部では砲撃などで犠牲者が増えている。プーチン政権は5月9日の対ドイツ戦勝記念日を控え、「成果」を得る狙いとみられる[598]
  • ベラルーシのマズィルにある宅配サービス会社から、ロシア兵達がウクライナから略奪したとみられる荷物をロシアに送ろうとしている4月2日付の動画が、ベラルーシのメディア「ガユン・プロジェクト」により公開された。
この防犯カメラによる映像を公開した、ガユン・プロジェクトの代表であるアントン・モトルコは「なぜ略奪品をロシアに送ったと分かった?」という質問に、「マズィルの住民たちが宅配会社にトラックが来ていると連絡をくれた。もし、それほどの量や重い製品をベラルーシで買ったなら地元住民は気が付くはずだ」と答えている。このロシア兵10人以上が発送した荷物は2トン以上にも及び、多くはアルタイ地方ルブツォフスクに送られていたという。「これは“ジェノサイド”と呼べるもので、少なくとも戦争犯罪だ。ロシア軍のイメージ、ロシア軍の評判が…ちゃんとした軍だったら、こんなことは絶対にしない。ちゃんとした軍は規則を守る」(アントン・モトルコ氏談)。なお、送り先のうち16件に電話を掛けたところ、電話番号が公開された結果なのか、ブロックや留守番電話に切り替えられるなどの対応を受け、1件も電話に出ることはなかったという。動画の内容に対してはウクライナ政府も怒りをあらわにしており、ウクライナ外務省のオレグ・ニコレンコ報道官は「ロシア軍は一般市民の家に押し入って家財を略奪している。なんという侮辱か。軍人として、あるまじき行為だ。私たちはこのことを決して忘れないし、許さないだろう」とコメントした。
また、ベラルーシのホメリで撮影された4月5日付の映像では、ウクライナからの盗難車とみられるナンバープレートが外された一般車両・ウクライナの企業のロゴが付いたトラック等が記録されている。これらは国際法で禁じられた「戦時の略奪行為」として戦争犯罪に問われる可能性が高い[599]

4月11日[編集]

  • 英紙『タイムズ』はフィンランドスウェーデンが今夏にもNATOに加盟する見通しだと報じた。米当局者が同紙に明らかにしたところによると、フィンランドとスウェーデンも出席した先週のNATO外相会議で両国の加盟が議題に上ったという[600]
  • オーストリアのカール・ネハンマー首相はモスクワを訪問し、プーチン大統領と会談。ネハンマーはその後、米国のNBCテレビの取材に応じ、プーチンは「戦争に勝っていると信じている」との印象を受けたことを明らかにした[601][602]
  • 国連女性機関「UN Women」シマ・サミ・バホス英語版事務局長は、安全保障理事会で、ウクライナにおけるレイプや性暴力に関する訴えが増えていると明らかにした。ウクライナの人権団体「ラ・ストラーダ・ウクライナ」のカテリーナ・チェレパカ代表は、安保理にオンラインで出席し、団体の緊急ホットラインにロシア兵によるレイプ事件9件(12人の女性と少女が被害)を訴える電話があったと述べ、「これは氷山の一角にすぎない。われわれはウクライナで暴力とレイプがロシア人侵略者によって戦争の武器として使われていることを知っているし、見ている。われわれの声を聞いてほしい」と訴えた。
一方、ロシアのドミトリー・ポリャンスキー次席国連大使は「ロシアはこれまで何度も述べてきたように、市民に対しては戦争を行っていない」と釈明、ウクライナとその同盟国が「ロシア兵をサディストやレイピストとして見せようとする明確な意図がある」と非難した。バホス事務局長は、正義と説明責任を果たすために全ての疑惑を独立して調査する必要があると述べた[603]
  • イギリスのリズ・トラス外相は、マリウポリでロシア軍が化学兵器を使用したとのウクライナ側の主張[604]について、検証を進めていると明らかにした。トラス外相は「こうした兵器の使用は紛争の激化につながりかねない。われわれはプーチン大統領とその政権の責任を追及していく」とツイッターに投稿した。
ウクライナのイバナ・クリンプッシュ英語版議員はツイッターで、ロシア軍はマリウポリで「属性不明の物質」を使用したと指摘[605]。市民らが呼吸困難を訴えているとして、「(使われたのは)化学兵器である公算が大きい」との見方を示していた[606]。ウクライナのアゾフ連隊も、Telegramで「ロシア軍が無人機を使ってマリウポリのウクライナ兵と市民に毒物を投下した」と主張。被害者は呼吸困難や神経障害を訴えていると説明した。連隊の創設者であるアンドリー・ビレツキーは、毒性物質に触れた症状を示している人が3人いると語った。
AFPはウクライナ側の主張について裏付けを取れていない。一方でRIAノーボスチによると、ドネツク州の一部を実効支配する親ロシア派武装勢力「ドネツク人民共和国」のエドゥアルド・バスリン英語版人民民兵部大佐は同日、製鉄所の建物に残る兵士について「あそこは地下室だから、建物を急襲しても意味がない。モグラを穴からいぶりだす化学兵器部隊の協力を求めるべきだ」と化学兵器使用について言及した[607][608]
ロシア政府は、ウクライナ侵攻では戦争犯罪を一切していないと主張している[609]
  • ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、「今回の我々のウクライナにおける特別軍事作戦は、米国ならびにその支配下にある西側諸国による『世界の完全な支配』を目的とした無謀な勢力拡大および思想とに終止符を打つことを意図している」と述べた。
「国連ではコソボは投票なしで独立が認められたにもかかわらず、クリミアの独立は認められなかった。アメリカはイラク戦争の結果、攻撃に足る証拠を発見できなかったにも関わらず謝罪すらしなかった。だが、ロシアのすぐ側にあるネオナチと過激派の領土ではペンタゴンの方針により生物兵器を生み出すための数十もの研究所が設立され、実験が繰り返されているという確実な証拠が見つかった。我々はこの国境付近の脅威に対し、断固たる否定を行う」とラブロフ外相は語った。
さらに『プラウダ』紙は「西側のこういった行動は国際法における重大な違反である」と報じた[610]
  • ウクライナの第36独立海軍歩兵旅団はFacebookへの投稿で、「弾薬が尽きつつあるため、きょうの戦いが最後になるだろう」と説明。ロシア通信のRIAは、親ロ派武装勢力ドネツク人民共和国の指導者デニス・プシーリンが既にマリウポリの港を制圧したと語ったことを報じている[611]
  • マリウポリのワジム・ボイチェンコ市長はAP通信に対し、市内には最大約12万人が残っている一方、開戦以来の死者については2万人を超える可能性があると述べた。また、市長は市内の通りには「遺体が絨毯のように敷き詰められている」「何千人もが路上に横たわっていたが、全員を収容することはできなかった。死者は恐ろしい数で、言うのもはばかれるが1万人以上だ。2万人以上かもしれない。残念ながら」と惨状を表現した。市長によると、ロシア軍は移動型の火葬施設で遺体を処理しているほか、冷蔵施設のあるショッピングセンターにも遺体を運んでいるという。民間人殺害を隠す意図があるとみられる[612][613]
  • ロシア国防省は、市街へ車両で脱出しようとした、製鉄所に籠もるウクライナ軍の「残党」のうち約50人を深夜に殺害したと発表した。ドネツク人民共和国はウクライナ軍とアゾフ連隊最大3,000人が潜伏している製鉄所周辺を、マリウポリにおける事実上最後の拠点と認識しているという[614][615]

4月12日[編集]

  • ルハンスク州知事はSNSで、露軍が昨日夜から州内のセベロドネツクなどを広範囲に砲撃し、民家など17か所が被害を受けたことを明らかにした。ドンバス地方に隣接するハルキウ(ハリコフ)州でも11日の砲撃で8人が死亡したという[616]
  • NATO加盟を検討中の隣国フィンランドとの国境地帯にロシア側がミサイルシステムなどの軍事装備を移動していると報じられた[617]
  • 英タイムズ紙は、プーチン大統領が連邦保安局(FSB)所属の情報員約150人を「追放」したと報じた。同紙は、侵攻が難航していることに対するプーチン氏の怒りの表れで、スターリン的な大粛清と指摘した[618]
  • ゼレンスキー大統領は、SNS「テレグラム」で、親ロシアのウクライナの政治家で富豪のヴィクトル・メドヴェドチュクを「特別作戦」で拘束したと発表した[619]
  • 米国の防衛高官は、同日スロバキアによるウクライナへのMiG-29の供与に協力したことを公表、また諸外国からの同様の寄贈申し立てにも「拒みはしない」と発表した。これは、ポーランドからのMiG-29の供与計画が頓挫してから新たに発表された情報となる。
これまでアメリカ当局は、ウクライナへの戦闘機供与およびその仲介はロシアとの対立をよりエスカレートさせるリスクを踏まえ、ポーランドからの供与計画を打ち切っていた。一方で昨日、スロバキアのエドゥアルド・ヘーガー首相は昨日、自国のMiG-29をウクライナに送るという考えを浮かび上がらせ、そのような移管を行う前に特定の安全保障が必要であると付け加えた。スロバキア空軍は、今後数年の間にF-16C/Dを新規調達する見込みで、現在はMiG-29Sの改装機を装備している。同国が所有しているMiG-29のうち、何機がウクライナに対して供与されるのかは不明。また、スロバキア当局は既に引き渡し済のS-300地対空ミサイルの供与に関し、パトリオットミサイルを受領したことなど、詳細を説明した。このMiG-29の供与にあたっても、米軍およびNATO同盟国はスロバキアの空域防衛のため同様に航空機を優先配備する可能性がある[620]
  • 米国政府は、ジョー・バイデン大統領が先月4月中旬までに発表した8億ドルの軍事支援パッケージの提供を本日完了する予定であることを発表した。国防総省高官によると、2機の貨物機が昨日、機関銃、手榴弾防弾チョッキなどを積載しウクライナへの移送に入ったという。高官は100機のスイッチブレードが既に送付され、前線で使用されていると述べた[621]
またこの会見で、ウクライナ東部での戦闘集中に備えてロシア軍がイジュームの北方60キロメートルまで進軍しているという報告に加え[622]、米国政府はロシア軍が非致死性の暴動鎮圧剤と致死性の化学兵器を併用して化学兵器使用の隠蔽を試みている可能性についても調査しているとした。化学兵器の使用の有無については、ウクライナのハンナ・マリヤール副国防相も検証が困難だと述べている。同時に、副国防省は問題の弾薬が実際には白リン弾であった可能性があることについても言及した。昨日には英国国防省もロシア軍がマリウポリで白リン弾を使用する可能性について警告している。一方、ロシア当局は、「証拠なしに化学兵器使用をでっち上げようとしている」とウクライナ政府を非難した。ただし、複数の有識者は逆にロシアが「偽旗作戦」を流布して兵器使用のハードルを下げようとしている可能性について懸念を示している。以前よりロシア軍は第二次チェチェン戦争やシリア政府による化学兵器の使用に加担している疑いがもたれている[623]
  • プーチン大統領はアレクサンドル・ルカシェンコ大統領と共にボストチヌイ宇宙基地を見学した。ここしばらくベラルーシがロシア政府と距離を取っていたことに関し、ルカシェンコ大統領は「私の兄(プーチン)が反ロシア路線へとベラルーシを傾けさせたままにする可能性も一時考えていたが、そうではなかったと今は思っている」と語った。また、プーチン大統領は、ウクライナで起きていることは悲劇だとしつつも、「ロシアにはほかに選択肢がなかった」というスタンスを改めて発言、そして、軍事作戦の終了時期は「戦闘の激しさ」次第だとした。大統領はさらに、ウクライナとの停戦協議について「行き詰まっている」と指摘し、ウクライナ側の主張が3月下旬の停戦協議から「後退している」と一方的に批判した[624][625]。両大統領は、「ロシア軍がウクライナ侵攻で無数の戦争犯罪を犯した」という国際社会からの糾弾を否定し、全て偽旗作戦であると無根拠に主張している[626]
  • Newsweekは、ロシア軍がフィンランドとの国境近くに軍用車両を移動させたことを報じた。11日にSNSに投稿された映像は、少なくとも2台のK-300Pと思われるロシア軍用車両がフィンランドとの国境に向かって移動していることを示している。米国当局によると、フィンランドは早ければ今年の夏にNATOに加盟することを目指しているが、ロシア政府は11日にもフィンランドとスウェーデンの両国に対し、加盟を行わないよう警告している。
クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は「NATOはロシアとの対立を目的としており、そのさらなる拡大は欧州大陸に安定をもたらさないと繰り返し述べてきた」と語った。フィンランドのサンナ・マリン首相は既に今月初め、NATO加盟を申請するかどうかについて「春の終わりまでに決定を下す」と述べており、NATOのイェンス・ストルテンバーグ事務総長も同時期にCNNに対して「加盟するかどうかは最終的にフィンランドが決める」「我々はフィンランドの主権と領土保全の意志とを尊重し、フィンランドの加盟を審議する。それは現在ロシアがないがしろにしていることで、彼らはフィンランドがNATO加盟を決定した場合、何らかの結果が生じるだろうと威嚇している」と語った[627]
  • ドイツの大統領フランク=ヴァルター・シュタインマイアーは、ポーランド、エストニア、ラトビア、リトアニアの大統領と共に今週中に首都キエフを訪問することを要望したものの、ウクライナ側から拒否されたことを明らかにした。メルケル政権下で外相を務めた経歴を持つシュタインマイヤー大統領はノルド・ストリーム2建設推進など過去にロシアに友好的な姿勢を取ってきたことで国内外から批判が集中。最近になり、「プーチン大統領に対する親善的な姿勢は間違いだった」と認めていた。
独紙『ビルト』は匿名のウクライナ外交官の話として、「シュタインマイヤー氏がロシアと密接な関係にあることは誰もが知っており(中略)キエフでは現時点では同氏は歓迎されない。それが変わるかどうかはこれからだ」と伝えた[628]
  • ラトビアのリンケーヴィチ外相は、ツイッター上で「ロシア軍がウクライナで実行したジェノサイド、軍事犯罪、人道に対する罪の多くの凄惨な場面を見た後では、世界で真の非ナチ化を必要としている唯一の国が、ロシア連邦であることは明らかである」と指摘した[629]

4月13日[編集]

ボロディアンカを視察するポーランドのドゥダ大統領、エストニアのカリス大統領、ラトビアのレヴィッツ大統領、リトアニアのナウセダ大統領、ウクライナのシュミハリ首相(4月13日)[630]
報告書では3月9日に発生したマリウポリの産科小児科病院への攻撃などを挙げて、これらをロシア軍による戦争犯罪にあたると指摘。「人命尊重」や「拷問の禁止」など最も基本的な人権に対する侵害行為の証拠が見つかったとし、その多くがロシアの支配地域で起きたと述べている[634]
  • ロイター通信によると、ロシア国防省はマリウポリ港で1,000人近いウクライナ軍の海兵隊員が投降したと発表した。同通信はウクライナ側の抵抗が続く港湾地区を攻略すれば、市全体を制圧したことになると報じた。ウクライナ国防省の報道官は同日、海兵隊の投降について「情報がない」とした[635]

4月14日[編集]

  • ロシア国防省は、黒海艦隊旗艦モスクワ」が「重大な損傷」を被り、乗組員全員が退避したことを明らかにした。艦内で火災が発生し、搭載していた弾薬が爆発したためと説明している。ウクライナ南部オデッサ州知事は、対艦ミサイル「ネプチューン」で深刻な打撃を与えたと述べた[636]。その後ロシア国防省は、モスクワが港への曳航中に船体の損傷が原因でバランスを崩し、荒波にもまれて沈没したと発表した[637][638]

4月16日[編集]

  • ロシア国防省は、マリウポリの市街地全域を完全に制圧したと発表した[639]

4月18日[編集]

  • ロシア大統領府は、プーチン大統領が、ブチャでの虐殺に関与したとされるロシア軍の第64独立自動車化狙撃旅団に対し、「親衛隊」の名誉称号を授与する大統領令に署名したと発表した。プーチンは同日付の書簡で、同狙撃旅団が「祖国を防衛し、ロシアの主権と国益を守る」ために示した「特別な功績、偉大な英雄行為と勇気」を称賛した[640][641]

4月20日[編集]

  • EUのシャルル・ミシェル欧州理事会議長はキエフを訪問し、ゼレンスキー大統領と会談した。ミシェルは会談後、ゼレンスキーとの共同記者会見で、侵攻終結までウクライナを全力で支援することを約束した。ゼレンスキー大統領はウクライナ軍にはマリウポリでロシア軍を撃退するだけの十分な「本格的な重兵器」がないと訴えた[642][643]

4月21日[編集]

  • ロシア政府は、ロシア軍がマリウポリを完全に掌握したと改めて発表。プーチン大統領は、ウクライナ兵がたてこもり徹底抗戦を続けるマリウポリのアゾフスタリ製鉄所への総攻撃を中止し、「ハエ1匹逃げられないよう」封鎖するよう命じた[644]
  • ゼレンスキー大統領は、ロシアがマリウポリを掌握したと発表したことについて、これを否定した[645]
  • デンマークメッテ・フレデリクセン首相とスペインペドロ・サンチェス首相はキエフを訪問。ゼレンスキー大統領と会談し、ウクライナに追加の軍事支援を約束した。サンチェスは共同記者会見で、スペインは新たに200トンの弾薬と軍事物資をウクライナに送ると述べた。フレデリクセンは、ウクライナへの武器供与を6億デンマーククローネ(8,760万ドル)増やすと述べた。また、フレデリクセンはボロディアンカも訪問した[646]

4月23日[編集]

  • ゼレンスキー大統領は、国連のアントニオ・グテーレス事務総長が26日にロシアを、28日にウクライナを訪問する予定となっていることについて、ウクライナの前にロシアを訪問するのは「間違い」だと批判した[647]

4月24日[編集]

4月25日[編集]

4月26日[編集]

クレムリンで会談するアントニオ・グテーレス国連事務総長とプーチン大統領(4月26日)
  • モルドバの大統領マイア・サンドゥは、国家保安省周辺の爆発を受け、緊急の安全保障会議を招集。会見で「現時点で入手された情報によると、地域の不安定化を狙うトランスニストリア域内の戦争推進派の企て」という認識を示した[651]
  • 早朝、トランスニストリアの中部の村で爆発があり2つのラジオ電波塔が壊された。トランスニストリア(沿ドニエストル共和国)の「大統領」を務めるクラスノセルスキーは、爆発などは「テロ」だとし、トランスニストリア側が事件を起こしたとするサンドゥ大統領を批判した。メディアは「モルドバで緊張高まる」と報じた[652]
  • アントニオ・グテーレス事務総長はモスクワを訪問し、プーチン大統領と会談。テレビ放送された会談の映像で、長テーブル越しにグテーレスと対面したプーチンは、軍事侵攻はウクライナ東部のロシア系住民を保護するためだと改めて正当性を強調した。ブチャで多くの市民が殺害されて見つかったことについても、「ロシア軍は関与しておらずウクライナ側による挑発だ」と主張した[653]。また、「軍事作戦が進行中だが、われわれは外交路線で合意に達することを望んでいる。われわれは交渉中であり、(協議を)拒否はしない」と述べた[654]

4月28日[編集]

  • グテーレス事務総長はボロジャンカ、ブチャ、イルピンを訪問し、キエフでゼレンスキー大統領、クレーバ外相と会談[655]。会談後の記者会見で、国連安全保障理事会がロシアのウクライナ侵攻を阻止できなかったと批判。「大きな失望といら立ち、怒りを覚えている」と語った[656]

4月30日[編集]

  • マリウポリのアゾフスタリ製鉄所で民間人25人が脱出したと、ロシア国営メディアのタス通信が報じた[657]。脱出した民間人の中には14歳未満の子ども6人が含まれる。アゾフ大隊の副司令官スヴィアトスラフ・パラマルウクライナ語版は20人の女性と子供が製鉄所から脱出したことを確認し、「適切な場所へ移動させた。ウクライナが支配する領土の、ザポリージャへ避難できるよう期待している」と述べた。4月21日のプーチン大統領の製鉄所の封鎖命令以来初の脱出となった。まだ製鉄所の中に立て籠っている約1000人の民間人の解放についても、ロシアとウクライナで協議が続いている[658]
  • 米国のナンシー・ペロシ下院議長は予告なしでキエフを訪問。ゼレンスキー大統領と会談した。ウクライナへはグレゴリー・ミークス下院議員、アダム・シフ下院議員、ジェイソン・クロウ下院議員らも同行した。翌5月1日、ペロシは自身のオフィスを通じて「われわれの代表団は間違えようのないはっきりとしたメッセージを送るためにキエフを訪れた。米国は断固としてウクライナを支持するということだ」と述べた[659]

2022年5月[編集]

5月3日[編集]

5月5日[編集]

  • ウクライナ大統領府のオレクシイ・アレストビット顧問が、米欧からの支援兵器が揃う「6月中旬」以降にロシア軍への反転攻勢を始めると表明[660]

5月6日[編集]

  • ウクライナのニュースサイト「ドゥムスカヤ」はロシア軍のフリゲート艦アドミラル・マカロフに対しウクライナの対艦ミサイル「ネプチューン」が命中し、火災が起きていると報じた。これに対し、ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は「我々にはそのような情報はない」と述べている[661]。また、ウクライナ大統領府顧問も「検証された情報はない」と述べ確認を避けており、米国防総省や米シンクタンクの戦争研究所なども確認できないとしている[662]

5月7日[編集]

  • ロシア軍がルガンスク州ビロホリフカの学校を空爆し、避難民のうち約60人が死亡したとゼレンスキー大統領が8日発表[663]

5月8日[編集]

ジル・バイデン米国大統領夫人とゼレンスキー大統領の妻のオレーナ・ゼレンシカ(5月8日)[664]
  • 東欧訪問中のジル・バイデン米国大統領夫人はスロバキアから国境を越え、ウクライナに入国。バイデン夫人はゼレンスキー大統領の妻のオレーナ・ゼレンシカウージュホロドの学校で会談した。ゼレンシカが公の場所に出るのはウクライナ侵攻が始まって以来初めて[664]
  • カナダのジャスティン・トルドー首相は、ウクライナを訪問。予告なしでイルピンを視察後、ゼレンスキー大統領と対面で会談した。トルドーは記者会見で、ウクライナへ追加軍事支援を提供するほか、ロシアの個人や法人への追加制裁も発動すると発表した[664]
  • ナチス・ドイツに対するヨーロッパ戦勝記念日に合わせて、先進民主主義諸国でつくるG7がオンライン首脳会議を開催し、「ウクライナと欧州、国際社会の人々のため、自由のために戦い続ける責任を負っている」などとした声明を発表。同日発表されたウクライナのゼレンスキー大統領のビデオメッセージでは「血塗られたナチズムが再建された」と、ロシアを非難した。これらは翌9日のロシアの対独戦勝記念日で予想されるプーチン大統領演説によるウクライナ侵攻の正当化などをあらかじめ牽制する狙いがあると報じられている[665]
  • アメリカ政府が追加経済制裁を発表。ロシア政府のプロパガンダを流しているとしてチャンネル1などテレビ局3局、ロシアとベラルーシの軍関係者約2600人を対象としたほか、アメリカの会計事務所や経営コンサルティング企業にロシア向けのサービス提供を禁止[666]

5月9日[編集]

  • ロシアのプーチン大統領が対独戦勝記念日の演説でウクライナでの軍事行動を改めて正当化するも、「戦争」宣言は見送り[667]

5月12日[編集]

5月14日[編集]

  • プーチン大統領は、フィンランドのサウリ・ニーニスト大統領との電話会談で、同国のNATO加盟申請に言及し、「軍事的中立の政策を放棄することは間違いになる」と警告した[669]

5月15日[編集]

  • ウクライナ国防省は、ハルキウ北方のロシア軍を撤退に追い込み、ロシアとの国境に到達したと発表した[670]
  • フィンランドのニーニスト大統領とサンナ・マリン首相は共同記者会見を開き、NATOへ加盟申請する政府方針を決定したことを明らかにした[669]

5月16日[編集]

  • 旧ソ連構成国のうちロシアなど6カ国が加盟する集団安全保障条約(CSTO)がモスクワで首脳会議を開き、「ネオナチ思想の拡散」や一方的な制裁に反対する共同声明を発表[671]
  • スウェーデンはNATOへの加盟を申請することを正式に決定した[672]

5月17日[編集]

5月20日[編集]

  • ロシアのショイグ国防相がプーチン大統領にアゾフスタリ製鉄所とマリウポリの制圧を報告したとロシア国防省が発表[674]

5月21日[編集]

  • ウクライナのゼレンスキー大統領が、ロシア軍を2月24日の侵攻開始前の状態へ押し戻せば「勝利」で、「戦争は対話で終わる」「最も重要なのは、より多くの人命を守ることにある」と国内メディア向けに語ったとウクライナ国営通信が報道。一方でウクライナ国防省情報総局のキリル・ブダノフ局長はクリミアを含めて全領土からロシア軍を撤退させるまで戦闘を続行する旨を米『ウォールストリートジャーナル』紙に表明している[675]

5月22日[編集]

  • ウクライナ議会が、戒厳令と総動員令(18~60歳男性を徴兵)を90日間延長する大統領令を承認[676]
  • ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領がウクライナ議会で登壇し、難民の受け入れや滞留しているウクライナ産穀物の輸出を促進し、「両国の国境は分離されるのではなく一体となるべきだ」と演説[677]

5月23日[編集]

  • 世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でウクライナのゼレンスキー大統領がオンライン演説し、「企業ブランドが戦争犯罪と結びついてはならない」と各国要人にロシアからの企業撤退と貿易停止、経済制裁強化を要請。ロシア企業は活動資格を停止されて参加できず、かつてロシアが投資誘致に使っていた施設は、ウクライナにおけるロシアの残虐行為を展示する戦争犯罪ハウスに転用された[678]

5月24日[編集]

5月25日[編集]

  • ロシアのプーチン大統領が、占領したウクライナ南部のへルソン州、ザポリージャ州の住民がロシア国籍を取得する要件を「人道目的」で緩和する大統領令に署名(ロシア国内居住5年以上の要件撤廃など)。ウクライナ外務省が批判する声明を発表[680]
  • ロシア上下両院が、志願兵の年齢上限を撤廃する法案を可決(従来はロシア国民18~40歳、外国人18~30歳)[680]

5月28日[編集]

  • 鉄道網の要衝である結節点であるドネツク州リマンを制圧したことをロシア国防省が発表[681]

5月29日[編集]

  • ウクライナのゼレンスキー大統領が北東部ハルキウ州を訪問し、ロシア軍と戦う前線の兵士らを激励[682][683]。ロイター通信によると、キーウ州を離れるのは2月24日に侵攻が始まってから初めてとなる[682][683]

また侵攻当初街を守るためではなく自身の保身に走ったハルキウ州のウクライナ保安庁長官を解任した[684]

5月31日[編集]

  • 米国のバイデン大統領が同日付『ニューヨークタイムズ』への寄稿で、ロシアとNATOの戦争やプーチン大統領の追放は求めず、軍事支援はウクライナに外交交渉力を持たせるためと表明[685]

2022年6月[編集]

6月1日[編集]

6月3日[編集]

  • 侵攻開始から100日目の節目を迎えるこの日、ゼレンスキー大統領は「軍はロシアの侵攻を撃退し、勝利はわれわれが手中に収めるだろう」とビデオ映像を通じて演説した[690]。同大統領は大統領府前で、ウクライナが「世界で2番目に強い軍隊」(ロシア軍)を100日間も食い止めるという「不可能と思われていたことを実現した」」と語る動画をインスタグラムに投稿した[691]

6月4日[編集]

  • ウクライナ東部ルハンシク州の主要な拠点のセベロドネツクで、大規模な交戦が起こっており、ロシア軍は「最大で部隊の90%が壊滅する致命的な損失を与えた」として戦闘で優位に立っていると強調[692]、ウクライナ側は「ウクライナ軍が2割押し戻し、露軍が支配しているのは市の約半分だ」と説明し、「兵士と装備で露軍に大きな損害を与えた」とも強調した[693]

6月5日[編集]

  • ドンバス地方で戦闘を指揮していたロシア軍のドネツク人民兵第1軍団司令官ロマン・クトゥーゾフ少将と陸軍第29諸兵科連合軍司令官ロマン・ベルドニコフ中将が戦死[694][695][696][697]。ロシア軍は開戦以来将官の戦死が過去に例のないペースで続いているが、一日に2人の将官が戦死する事態となった[698]

6月8日[編集]

  • ロシア外相セルゲイ・ラブロフ氏はトルコの首都アンカラでトルコのチャブシュオール外相との共同記者会見中、ウクライナメディアの記者がラブロフ氏に「穀物以外にロシアは何をウクライナから盗んだのか」と質問する場面があった。これに対し、ラブロフ氏は「穀物に関してロシア連邦が引き起こした障害や困難は何ひとつない」と返答。また、ロシアはウクライナを「ネオナチ政権から解放する」という「明確な意図と目標」を持っていると述べ、ウクライナ政府に関するクレムリンの虚偽の主張を再び持ち出した。
  • ラブロフ氏は問題を引き起こした責任は我々にはないとし、「ボールはウクライナの側にある」と主張している。
  • ウクライナ外務省の報道官はラブロフ氏の発言に反論。ツイッターに「ラブロフ氏の言葉は空疎だ」と書き込み、同氏の発言を要約したニュースの見出しの写真を添えた[699]

6月15日[編集]

  • ウクライナ軍のウォロディミル・カルペンコ地上部隊後方支援司令官は、米軍事専門誌「ナショナル・ディフェンス」とのインタビューでロシア軍とのこれまでの戦闘で、歩兵戦闘車約1300台、戦車約400両、ミサイル発射システム約700基など、それぞれ最大で50%を失ったと明らかにした[700]

6月16日[編集]

  • フランスのマクロン大統領とドイツのショルツ首相、イタリアのドラギ首相がキーウを訪問し、ゼレンスキー大統領と会談した[701][702]

6月17日[編集]

  • イギリスのジョンソン首相が、キーウを訪問し、ゼレンスキー大統領と会談した[703][704][705]。ジョンソン首相のキーウ訪問はロシア軍のウクライナ侵攻以後、4月以来2度目で事前に公表されない電撃訪問であった[703][704][705]

6月18日[編集]

  • ゼレンスキー大統領がロシア軍の侵攻後初めてウクライナ南部のミコライウ州やオデーサ州を訪問し、軍関係者らに勲章を贈って激励した[706][707][708]

6月22日[編集]

  • イギリス国防省は、ロシア軍の支援を受けているドネツク州の親露派武装集団の死傷者数が、兵士数全体の約55%に上っているとの試算を明らかにした[709]。東部ドンバス地方(ドネツク、ルハンスク両州)を巡る激戦で、露軍側の人的消耗が「異常な水準になっている」と分析した[709]
  • ロシアの独立系メディア「メディアゾナ」がネット上の公開情報などをもとに、2月24日から6月16日までに、ロシア軍の戦死者が少なくとも3798人、貧しい地域の出身者や若者が多いとの推計を発表した[710][711]

6月23日[編集]

  • EUは、ブリュッセルで開いた首脳会議で、EU加盟を申請したウクライナとモルドバを「加盟候補国」として認定した[712]。全27加盟国が同意し、認定に必要な全会一致で決まった[712]

6月24日[編集]

  • セベロドネツクからウクライナ軍が撤退したことを、ルハンシク州のハイダイ知事が発表した[713]
  • ウクライナのオレクシー・レズニコウ国防大臣はアメリカが供与した高機動ロケット砲システム「ハイマース」の受領を明らかにした[714]
  • ウクライナの非常事態庁は、ウクライナ国内のすべての地雷を除去するのに、少なくとも10年はかかるという見通しを明らかにした[715]

6月25日[編集]

  • ウクライナ軍のザルジニー総司令官がアメリカが供与した高機動ロケット砲システム「ハイマース」を実戦使用し「敵に命中させた」と明らかにした[716]
  • ロシア軍がセベロドネツク全市を制圧、ルハンスク州最後の拠点都市リシチャンスク市内に侵攻していると報道された[717]

6月27日[編集]

  • ウクライナ中部ポルタワ州の都市クレメンチュクのショッピングモールに対してロシア軍のミサイル攻撃があり、ウクライナ非常事態庁は、死者が16人、負傷者が59人に上っていると明らかにした[718]。G7は「民間人に対する無差別攻撃は戦争犯罪にあたる」とする声明を出し、プーチン露大統領は責任者を追及すべきだと主張した[719]。ロシア航空宇宙軍は、ショッピングセンター隣の道路工事用機材工場敷地内にあった欧米供与の兵器や弾薬の格納庫を空中発射型の精密誘導兵器で攻撃し破壊したと主張した[720]

6月28日[編集]

  • 国連安全保障理事会はクレメンチュクのショッピングモールが6月27日にロシア軍のミサイル攻撃を受け、民間人の死傷者が出たことをめぐり、緊急特別会合を開催した[721]。ゼレンスキー大統領がオンラインで演説し、ロシアを「テロリスト国家」と非難して国連総会や安保理での権利を剥奪するよう強く求めた[722]

6月29日[編集]

  • ウクライナとロシアがこれまでで最大規模の捕虜交換を実施[723]。互いに、捕らえていた兵士ら約150人を相手国側に返したとされる[723]
  • NATOがマドリードで開催された首脳会議でスウェーデンとフィンランドの加盟議定書に署名することに合意した[724]。ロシアのウクライナ侵攻を受けて、長年の軍事的な中立政策からの脱却を決断した北欧2カ国がNATOに加盟することが確実となった[724]。また、ロシアを「加盟国の安全保障に対する最も重要かつ直接的な脅威」として正式に扱うことにも同意した[724][725]

6月30日[編集]

  • ウクライナ軍は、ロシア軍が占拠していた黒海西部のズミイヌイ(蛇)島を奪還したと発表した[726]。ロシア軍防省も同日、部隊の撤収を認めた[726]。この撤退には、黒海を封鎖しているとするウクライナや米欧からの批判に反論する思惑もあるとみられる[726]

2022年7月[編集]

7月3日[編集]

  • ルハーンシク州知事のハイダイはウクライナ軍が同州内で最後の防衛拠点としていたリシチャンスクについて「ロシアが確保した」と発表した[727]。ロシア国防省は「国防相のショイグが州全域を掌握したとプーチン大統領に報告した」と発表した[728]

7月4日[編集]

  • リシチャンスクについてウクライナ軍参謀本部も、「リシチャンスクをめぐる激しい攻防の末、ウクライナの防衛部隊は後退を余儀なくされた」、「ウクライナの防衛者たちの命を守るため、撤退すると判断した」と述べ、陥落を認めた[729]。ゼレンスキーは「ウクライナ軍がいずれ優れた戦術と、最新兵器の供給増加のおかげで、リシチャンスクに戻ることになる」と述べた[729]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1991年にソビエト連邦から独立したウクライナは、EUおよびNATOとの関係を模索しつつも、NATO側ともロシア側とも組むことなく、軍事同盟に属さない「軍事ブロック外中立」を方針としていた[218]。しかし2002年4月のウクライナ大統領教書『ヨーロッパ選択』は、EUおよびNATOへの加盟を推進する宣言をした[219]。この宣言は、それまでの軍事ブロック外での中立という方針からの転換であった[219]。プーチンがウクライナをナチスと主張していることに関しては、現職ウクライナ大統領ゼレンスキーが他ならぬナチス・ドイツに迫害されたユダヤ教の民族であることからも、ウクライナがナチス国家であるとは言い難く、ソ連時代にロシアの脅威であったナチス・ドイツにウクライナをたとえることで、ロシア軍の士気を高めることが目的と考え得る[220]。逆にプーチン側がナチスであるという抗議の声も上がっている[220]。あるいは、ナチスと手を組んだウクライナ民族主義者ステパーン・バンデーラを念頭に置いてのことであるとも考えられている[221]キリスト教正教会ロシア正教)の信徒として信仰心が強いプーチンは、ロシアとウクライナという正教会が主流の二国間の宗教的な連携も利用してウクライナをロシアに取り込もうとしている[222]
  2. ^ リンクを踏むと座標が送信者に通達される仕組みとなっている。
  3. ^ すなわち実戦投入も人類史上始めてとなる。

出典[編集]

  1. ^ ウクライナの時差と現在時刻 - Time-j.net”. www.time-j.net. 2022年2月26日閲覧。
  2. ^ Address by the president of the Russian Federation” (2022年2月21日). 2022年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  3. ^ Extracts from Putin's speech on Ukraine”. Reuters (2022年2月21日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  4. ^ Reuters (2022年2月21日). “Extracts from Putin's speech on Ukraine” (英語). Reuters. 2022年3月20日閲覧。
  5. ^ プーチン大統領は国民にいかに「ウクライナ侵攻」の理由を説明したのか【1】1時間スピーチ全文訳(今井佐緒里) - 個人” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年4月1日閲覧。
  6. ^ Poland and Lithuania say Ukraine deserves EU candidate status due to 'current security challenges'”. Reuters (2022年2月23日). 2022年4月7日閲覧。
  7. ^ ロシア、夜明けまでにウクライナに侵攻へ─米国務長官=NBC”. ロイター通信 (2022年2月24日). 2022年2月26日閲覧。
  8. ^ Kingsley, Thomas (2022年2月23日). “Ukraine to introduce a state of emergency and tells its citizens to leave Russia immediately”. The Independent. 2022年2月23日閲覧。
  9. ^ Litvinova, Dasha (2022年2月23日). “Russia evacuates embassy in Ukraine as crisis escalates”. AP News. 2022年2月23日閲覧。
  10. ^ 辻浩平、曽我太一 (2022年2月25日). “ウクライナ軍事侵攻 熾烈な情報戦 攻撃開始9時間前に何が”. NHK. 2022年3月1日閲覧。
  11. ^ Putin announces formal start of Russia's invasion in eastern Ukraine”. Meduza (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  12. ^ Russian President Vladimir Putin announces military assault against Ukraine in surprise speech”. MSN. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  13. ^ Путин принял решение о проведении операции по денацификации и демилитаризации Украины” [Putin decided to conduct an operation to de-Nazify and demilitarise Ukraine] (ロシア語). TASS (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  14. ^ Ukraine conflict: Russian forces attack after Putin TV declaration”. BBC News (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  15. ^ Russia's Putin Announces Military Operation in Ukraine”. The Moscow Times (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  16. ^ a b Full text: Putin's declaration of war on Ukraine”. The Spectator (2022年2月24日). 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  17. ^ Operations in Flight Information Regions: FIR LVIV (UKLV), FIR KYIV (UKBV), FIR DNIPROPETROVSK (UKDV), FIR SIMFEROPOL (UKFV), FIR ODESA (UKOV)”. EASA. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  18. ^ Eccles, Mari (2022年2月24日). “Ukraine closes airspace as Putin orders military operation”. Politico. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  19. ^ Putin announces 'special military operation' in Ukraine”. Politico (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  20. ^ a b Osborn, Andrew (2022年2月23日). “Russian forces invade Ukraine with strikes on major cities”. Reuters. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月23日閲覧。
  21. ^ Keith, Collins (2022年2月23日). “Maps: Tracking the Russian Invasion of Ukraine”. The New York Times. 2022年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月23日閲覧。
  22. ^ Isachenkov, Vladimir (2022年2月23日). “Russia attacks Ukraine as defiant Putin warns US, NATO”. AP News. 2022年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月23日閲覧。
  23. ^ Hodge, Nathan (2022年2月24日). “Russia launches military attack on Ukraine with reports of explosions and troops crossing border”. CNN. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  24. ^ The war just started”. South China Morning Post (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  25. ^ Watch Russian vehicles enter Ukraine via Crimea”. The Hindu (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  26. ^ a b Mendick, Robert (2022年2月24日). “Step-by-step guide on how an all-out Russian invasion of Ukraine could unfold”. The Daily Telegraph. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  27. ^ Stewart, Phil (2022年2月24日). “Russia plans to 'decapitate' Ukraine government -U.S. defense official”. Reuters. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  28. ^ Exclusive: U.S. expects Kyiv's fall in days, Ukraine source warns of encirclement”. Newsweek (2022年2月24日). 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  29. ^ Ukraine-Russia crisis: Live updates”. CNN (2022年2月23日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  30. ^ a b Troianovski, Anton (2022年2月23日). “Ukraine Live Updates: Russia Begins Invasion From Land and Sea”. The New York Times. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  31. ^ Russia has launched its war in Ukraine”. Vox (2022年2月23日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  32. ^ Russia takes military action in Ukraine as UN meets”. Al Jazeera. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  33. ^ Ukraine: Troops moving in from Belarus”. BBC News (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  34. ^ Украинские пограничники сообщили об атаке границы со стороны России и Белоруссии” (ロシア語). Interfax (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  35. ^ ВСУ отвоевали Счастье: уничтожено около 50 врагов” (ロシア語). Unian. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  36. ^ Russia-Ukraine crisis live news: Putin has launched 'full-scale invasion', says Ukrainian foreign minister – latest updates”. The Guardian (2018年7月16日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  37. ^ Украина разорвала дипломатические отношения с Россией” (ロシア語). Interfax (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  38. ^ Charpentreau. “Ukraine closes airspace, Kyiv airport under attack”. AeroTime Hub. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  39. ^ Войска России на севере Украины продвинулись вглубь до пяти километров – Арестович” (ロシア語). Unian. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  40. ^ President has made all necessary decisions to defend the country, the Armed Forces are actively resisting Russian troops – Adviser to the Head of the Office of the President”. president.gov.ua. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  41. ^ General Staff of the Armed Forces of Ukraine: Operative information as of 10.30”. mil.gov.ua (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  42. ^ Barabanov, Ilya (2022年2月24日). “Battles rage for airfield near Kyiv” (英語). BBC.
  43. ^ The Moscow Times (2022年2月24日). “Russia Attacks Ukraine: As It's Happening”. The Moscow Times. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  44. ^ Chance, Matthew (2022年2月24日). “On the ground: Russian forces take control of an air base near Kyiv, Ukraine”. CNN. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  45. ^ Video shows helicopters flying toward Gomostel airfield in Ukraine”. The Washington Post (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  46. ^ a b c d e Російсько-українська війна (текстовий онлайн)” (ウクライナ語). Hromadske (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  47. ^ Со стороны Беларуси вертолет без опознавательных знаков обстрелял район перед КПП 'Славутич'” (ロシア語). Unian (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  48. ^ Ukraine hit by second wave of missile strikes – official”. National Post (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  49. ^ Russian troops moving towards town of Nova Kakhovka in Kherson Oblast.” (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  50. ^ Russian troops enter Ukraine's Kherson Oblast: Defense Ministry”. Anadolu Agency. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  51. ^ a b Sullivan (2022年2月24日). “Fighting breaks out near Chernobyl, says Ukrainian president”. The Independent. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月5日閲覧。
  52. ^ В Офисе президента подтвердили захват россиянами Чернобыльской АЭС” (ロシア語). UNIAN (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  53. ^ Chernobyl power plant captured by Russian forces – Ukrainian official”. Reuters (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  54. ^ Sangal (2022年2月24日). “Russian troops seize Chernobyl nuclear power plant, Ukrainian official says”. CNN. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  55. ^ Najjar. “Russian forces seize Chernobyl site as Ukraine battles rage”. Al Jazeera. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  56. ^ Zelenskiy Says Russian Forces Trying To Take Over Chernobyl Nuclear Power Plant”. RadioFreeEurope/RadioLiberty. 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  57. ^ Kyiv imposes curfew from 22:00 to 07:00, transport not to work at this time – Klitschko”. Interfax-Ukraine (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  58. ^ As it happened: Ukraine deaths as battles rage on day one of Russian invasion”. BBC(英語版サイト) (毎日更新). 2022年2月25日閲覧。
  59. ^ Острів Зміїний захопили російські окупанти – ДПСУ” [Snake Island was captured by the Russian occupiers – SBGS] (ウクライナ語). Gazeta UA (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  60. ^ a b Ukraine-Russia invasion: Ukraine says Russian rockets hit Kyiv overnight”. BBC News. 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  61. ^ Lamothe, Dan (2022年2月26日). “Ukrainian border guards may have survived reported last stand on Snake Island”. The Washington Post. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  62. ^ ரஷ்ய தாக்குதல்: தெற்கு உக்ரைன் பகுதியில் 22 பேர் கொல்லப்பட்டதாக தகவல்” (タミル語). Dailythanthi.com (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  63. ^ Ukraine death toll: What we know so far”. Al Jazeera. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  64. ^ Ukraine-Russia invasion: Russia launches attack on Ukraine from several fronts”. BBC News (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月24日閲覧。
  65. ^ ロシア軍への降伏拒んだウクライナ警備隊、13人全員が生存=ウクライナ海軍” (日本語). BBCニュース. 2022年3月1日閲覧。
  66. ^ https://twitter.com/defenceu/status/1496967261864828935” (日本語). Twitter. 2022年2月25日閲覧。
  67. ^ Zelensky signs decree declaring general mobilization”. Interfax-Ukraine (2022年2月25日). 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  68. ^ "Vitali and Wladimir Klitschko ready to fight for Ukraine". New York Post. NYP Holdings. 24 February 2022. 2022年2月25日閲覧
  69. ^ poroshenkoのツイート(1497258652692062219)
  70. ^ poroshenkoのツイート(1497269042230530051)
  71. ^ poroshenkoのツイート(1496817071182823436)
  72. ^ a b c プーチン氏、核抑止部隊に「特別警戒」命令 ゼレンスキー氏、ベラルーシ国境での交渉に合意” (日本語). BBCニュース (2022年2月27日). 2022年4月3日閲覧。
  73. ^ a b c キエフのテレビ塔狙うロケット攻撃、ホロコースト施設にも被害 ロシア「精密攻撃」” (日本語). CNN.co.jp. 2022年4月4日閲覧。
  74. ^ Ворог відступив: у Сумах біля кадетського корпусу закінчився переможний бій” (ウクライナ語). 24 Канал (2022年2月25日). 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月10日閲覧。
  75. ^ 'Путін цинічно обдурив' - окупанти продовжують здаватися в полон ЗСУ” (ウクライナ語). Gazeta.ua (2022年2月25日).
  76. ^ Regan (2022年2月25日). “Ukrainian capital Kyiv targeted with missile fire, official says”. CNN. 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  77. ^ Explosions heard in Kyiv, official says enemy aircraft downed”. Reuters (2022年2月25日). 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  78. ^ Chance (2022年2月25日). “Battle for Ukrainian capital underway as Russian troops seek to encircle Kyiv”. CNN. 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  79. ^ Ukraine: Gunfire heard outside Kyiv's government quarter — live updates” (英語). ドイチェ・ヴェレ (2022年2月25日). 2022年2月25日閲覧。
  80. ^ a b Українські військові під Києвом зупинили колону російських танків” (ウクライナ語). Gazeta.ua (2022年2月25日).
  81. ^ У Мелітополі гримлять вуличні бої: снаряди руйнують житлові будинки, люди ховаються у сховищах (відео)” (ウクライナ語). Фокус (2022年2月25日).
  82. ^ Russia Ukraine news: Melitopol city is taken by the Russian army” (英語). MARCA (2022年2月24日).
  83. ^ a b c d e ロシア軍、首都キーウ市内を爆撃 ウクライナ大統領「国を守る」と強調 BBC(2022年2月26日)
  84. ^ Russia-Ukraine War: UK Estimates 450 Russian Soldiers Killed In Battle With Kyiv” [ロシア・ウクライナ戦争:英国、キエフとの戦闘で450人のロシア軍兵士が死亡したと推定] (英語). en:Republic TV (2022年2月25日). 2022年2月25日閲覧。
  85. ^ ロシア軍がウクライナの首都キエフに進攻 ウクライナ軍発表” (日本語) (2022年2月25日). 2022年2月25日閲覧。
  86. ^ 「数時間以内にキエフ陥落」情報 主要都市で激戦 ミサイルはアパートにも命中 ” (日本語) (2022年2月25日). 2022年2月25日閲覧。
  87. ^ キエフ市街戦、ウクライナ決死の防戦 兵の士気高く” (日本語) (2022年2月26日). 2022年2月27日閲覧。
  88. ^ Barnes (2022年2月25日). “Russian forces are meeting more resistance near Kyiv and Kharkiv than farther south, analysts say.”. The New York Times. 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  89. ^ Graham-Harrison, Emma (2022年2月25日). “Ukraine invasion: Zelenskiy strikes defiant tone as explosions ring out in Kyiv”. The Guardian. 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  90. ^ Polityuk, Pavel. “Ukraine ministry says Russia hit 33 civilian sites in last 24 hrs -Interfax”. Yahoo Finance. 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  91. ^ Bengali, Shashank (2022年2月25日). “Ukrainian Fighters Battle to Hold Kyiv”. The New York Times. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  92. ^ Russian special forces have entered Kyiv to hunt down Ukraine's leaders, says Zelensky”. inews.co.uk. i News (2022年2月25日). 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  93. ^ Wood (2022年2月25日). “Tank drives over man's car in Ukraine... And he lives to tell the tale – WATCH”. GB News. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  94. ^ Chandler-Wilde, Helen (2022年2月25日). “Ukrainian man run over in car by Russian tank rolling into northern Kyiv”. The Daily Telegraph. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  95. ^ Russian tank swerves to crush civilian car in Kyiv, driver miraculously survives”. The Independent. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  96. ^ Lee (2022年2月28日). “Fact check: Unclear whether armored vehicle shown crushing car in Kyiv is Russian”. USA Today. 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  97. ^ Sorting fact, disinformation after Russian attack on Ukraine”. ABC News (2022年2月26日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  98. ^ Putin tells Ukrainian military to overthrow Zelensky – follow live”. The Independent (2022年2月25日). 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  99. ^ Ukraine-Russia news live: Troops enter Kyiv as Putin makes offer of Minsk peace talks”. Sky News. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  100. ^ Kyiv residents take up arms as Russia advances”. BBC (2022年2月25日). 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  101. ^ Lamothe, Daniel (2022年2月25日). “Airspace over Ukraine remains contested, with no one in control, Pentagon says”. The Washington Post. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  102. ^ Cooper, Helene (2022年2月25日). “Russian forces have lost some momentum, Pentagon official says.”. The New York Times. 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  103. ^ Вооруженные силы Украины атаковали Миллерово 'Точкой-У'” [Ukrainian Armed Forces attacked Millerovo with 'Tochka-U'] (ロシア語). Rostov Gazeta (2022年2月25日). 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  104. ^ Marson, James. “Zelensky Says Russia Is Striking Military and Civilian Targets”. Wall Street Journal. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  105. ^ Putin tells Xi that Russia willing to hold high-level talks with Ukraine -China's CCTV”. Financial Post (2022年2月25日). 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  106. ^ ロシア軍、クラスター弾で病院攻撃か 国際人権団体が調査―ウクライナ侵攻”. 時事通信 (2022年2月26日). 2022年2月26日閲覧。
  107. ^ 愛媛の会社の貨物船被弾 船尾にミサイル、1人軽傷―ウクライナ沖:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2022年6月6日閲覧。
  108. ^ Sangal (2022年2月25日). “Heavy fighting reported to the south of Kyiv”. CNN. Rob時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  109. ^ Давыгора, Олег (2022年2月26日). “Месть за Луганск 2014: возле Василькова сбили Ил-76 с вражескими десантниками” [Revenge for Luhansk 2014: Il-76 with enemy paratroopers was shot down near Vasilkov] (ロシア語). Unian. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  110. ^ Робейко, Ольга (2022年2月26日). “Бой за Васильков завершился победой ВСУ” [The battle for Vasilkov ended with the victory of the Armed Forces of Ukraine] (ロシア語). Unian. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  111. ^ ウクライナ大統領「難しい夜になる」ロシアの首都攻撃前に呼びかけ 朝日新聞デジタル(2022年2月26日)
  112. ^ Grady, Siobhán (2022年2月25日). “Multiple explosions rock Kyiv as Russian forces target city”. The Washington Post. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  113. ^ Ukraine military says it repels Russian troops' attack on Kyiv base”. Reuters (2022年2月26日). 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  114. ^ Perera (2022年2月25日). “Heavy fighting reported around Kyiv”. BBC. 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  115. ^ a b Karmanau, Yuras (2022年2月25日). “President refuses to flee, urges Ukraine to 'stand firm'”. Associated Press. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  116. ^ Ukraine says it shot down large Russian plane”. BBC News (2022年2月25日). 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
  117. ^ Battle for Kyiv: Hundreds of casualties as fighting spills into streets”. New York Post (2022年2月26日). 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  118. ^ Braithwaite (2022年2月26日). “Zelensky refuses US offer to evacuate, saying 'I need ammunition, not a ride'”. CNN. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  119. ^ a b c d Clark (2022年2月26日). “Russia-Ukraine Warning Update: Russian Offensive Campaign Assessment, February 26”. Institute for the Study of War. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  120. ^ Ukrainian forces slow Russian advance as the U.S. and its allies take action on Russian banks.”. The New York Times (2022年2月26日). 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  121. ^ Pearson, James (2022年2月26日). “Internet in Ukraine disrupted as Russian troops advance”. Reuters. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  122. ^ Elon Musk says SpaceX's Starlink satellites now active over Ukraine”. The Independent (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  123. ^ Jin, Hyunjoo (2022年2月27日). “Musk says Starlink active in Ukraine as Russian invasion disrupts internet”. Reuters. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  124. ^ 「ロシアがウクライナのStarlink設備を特定して攻撃目標にできる」と専門家が警告、マスク氏も可能性が高いと認める” (日本語). GIGAZINE. 2022年4月2日閲覧。
  125. ^ https://twitter.com/defencehq/status/1497520235179556864” (日本語). Twitter. 2022年2月26日閲覧。
  126. ^ ロシア軍、首都キーウ市内に爆撃 ウクライナ大統領「国を守る」と強調(BBC NEWS Japan、2022年2月26日)
  127. ^ ロシア軍が1都市制圧と報道、首都キエフではミサイル攻撃” (日本語). Reuters (2022年2月26日). 2022年2月26日閲覧。
  128. ^ ウクライナ大統領「武器は置かない」 首都キエフ中心部で銃声(TBSNEWS、2022年2月26日)
  129. ^ CNN, Barbara Starr and Jeremy Herb. “NATO Response Force activated for first time”. CNN. 2022年2月26日閲覧。
  130. ^ ロシアの行為「ジェノサイド認定を」…ウクライナ大統領が国連事務総長に要請”. 読売新聞 (2022年2月27日). 2022年2月28日閲覧。
  131. ^ ベラルーシに“停戦協議”交渉団…ロシアの意図は?プーチン大統領の最終的な狙いは?”. 日本海テレビ (2022年2月27日). 2022年2月27日閲覧。
  132. ^ Wojna na Ukrainie. Rosjanie blisko elektrowni atomowej. Jest ryzyko, że zostanie ostrzelana” [The war in Ukraine. Russians close to the nuclear power plant. There is a risk that it will be shot at] (ポーランド語). Polsat News (2022年2月26日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  133. ^ Andrus (2022年2月27日). “Официально о ситуации в Энергодаре 27 февраля” (ロシア語). Nikopol News. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  134. ^ Vogt, Adrienne (2022年2月26日). “Japanese-owned cargo ship hit by a missile off Ukrainian coast”. CNN. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  135. ^ ロシア、黒海で商船2隻を砲撃 日本の会社所有の船被弾” (日本語). Reuters (2022年2月25日). 2022年4月2日閲覧。
  136. ^ Chechen leader, a Putin ally, says his forces deployed to Ukraine” (2022年2月26日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  137. ^ Bella, Timothy (2022年3月2日). “Assassination plot against Zelensky foiled and unit sent to kill him 'destroyed,' Ukraine says”. 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月2日閲覧。
  138. ^ Vogt, Adrienne (2022年2月26日). “Six-year-old boy killed in Kyiv clashes, several more Ukrainian civilians wounded”. CNN. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  139. ^ Ukrainian troops defending Chernihiv blow up 56 tanks of diesel fuel”. Pravda (2022年2月26日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  140. ^ a b c Ukraine Conflict Update 9: February 26, 2022”. Critical Threats. Institute for the Study of War (2022年2月26日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  141. ^ UK says Russian advance has slowed, likely caused by logistical problems, resistance”. Reuters (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  142. ^ U.S., British Officials Say Russia Slowed By Logistics, 'Viable Ukrainian Resistance'”. Radio Free Europe/Radio Liberty (2022年2月26日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  143. ^ What's happening in the Ukraine crisis now”. BBC News (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  144. ^ Update on Russian invasion: Vasylkiv hit with Russian missiles, oil depot nearby on fire”. UkrInform (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  145. ^ Орлова, Віолетта (2022年2月27日). “Під Васильковом продовжується бій за аеропорт” [The battle for the airport continues near Vasylkiv] (ウクライナ語). Unian. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  146. ^ Orlova, Violetta (2022年2月27日). “Під Каховкою українські роми вкрали у російських окупантів танк – місцеві” [Near Kakhovka, Ukrainian Roma stole a local tank from the Russian occupiers] (ウクライナ語). Ukrainian Independent Information Agency. 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月5日閲覧。
  147. ^ The Ukrainian Roma achieved success, seizing the Russian tank”. DigLogs (2022年2月27日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月5日閲覧。
  148. ^ Russia hits Ukraine fuel supplies, airfields in new attacks”. Associated Press (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  149. ^ Town near Ukraine's Kyiv hit by missiles, oil terminal on fire”. Reuters (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  150. ^ Vogt (2022年2月26日). “Russian aircraft banned from German airspace”. CNN. 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  151. ^ Vinogradova, Ulyana. “Новая Каховка полностью под контролем российских оккупантов – мэр” [New Kakhovka is completely under the control of Russian invaders – the mayor] (ウクライナ語). Korrespondent. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  152. ^ Russian troops enter Ukraine's Kharkiv -Ukrainian official”. Reuters (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  153. ^ A large column of Russian vehicles is pushing into the city of Sumy from the side of Khimprom”. The Kyiv Independent (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  154. ^ Auyezov, Olzhas (2022年2月27日). “Russia says it "blocks" Ukraine's Kherson, Berdyansk – RIA”. Reuters. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  155. ^ В Минобороны сообщили об уничтожении 975 военных объектов Украины” (ロシア語) (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  156. ^ Ukraine restores full control over Kharkiv: City governor”. Daily Sabah (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  157. ^ Ukrainian commander in Kharkiv says dozens of Russians surrendered”. CNN (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  158. ^ In Kharkiv region, mayor admits to handing over city to occupiers”. Pravda (2022年2月27日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  159. ^ 日本放送協会. “プーチン大統領 抑止力を特別警戒態勢に引き上げるよう命じる | NHK”. NHKニュース. 2022年4月3日閲覧。
  160. ^ Путин перевел силы ядерного сдерживания в особый режим. Что это значит?” (ロシア語). BBC News Russian (2022年2月28日). 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  161. ^ NATO chief calls Putin's alert irresponsible, dangerous rhetoric”. The Express Tribune (2022年2月27日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月5日閲覧。
  162. ^ UN spokesman says idea of nuclear conflict 'inconceivable'”. Times of Israel (2022年2月27日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月5日閲覧。
  163. ^ Foy (2022年2月28日). “Russia homes in on Kyiv and Kharkiv and pushes across Black Sea coast”. Financial Times. 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  164. ^ Zakharchenko (2022年2月28日). “Бердянськ захопили бойовики, у Харкові та Сумах – тиша: Арестович про ситуацію в Україні” (Ukrainian). Fakty i Kommentarii. 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  165. ^ a b Ukraine Conflict Update 10”. Institute for the Study of War (2022年2月27日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  166. ^ Sabbagh, Dan (2022年2月27日). “Russian forces advance on Kyiv: fighting on fourth day of invasion”. The Guardian. 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  167. ^ Станиця Луганська, Щастя і Волноваха опинилися на межі гуманітарної катастрофи” [The village of Luhansk, Happiness and Volnovakha were on the verge of a humanitarian catastrophe] (ウクライナ語). RBC Ukraine (2022年2月27日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  168. ^ ロシア軍“ハリコフのガスパイプライン爆破” 現地メディア”. 日本放送協会 (2022年2月27日). 2022年2月27日閲覧。
  169. ^ ロシア軍、パイプライン爆破 ウクライナ東部ハリコフ”. 日本経済新聞 (2022年2月27日). 2022年2月27日閲覧。
  170. ^ ロシア軍、ウクライナ東部の主要都市ハリコフに進入=ウクライナ高官”. ロイター通信 (2022年2月27日). 2022年2月27日閲覧。
  171. ^ [1]
  172. ^ Russian invasion update: Ukrainian military destroy Kadyrov forces unit near Hostomelウクルインフォルム(2022年2月27日)
  173. ^ 第2の都市ハリコフで交戦 露軍のキエフ攻勢続く ウクライナ、ベラルーシでの停戦交渉拒否”. 産経新聞 (2022年2月27日). 2022年2月27日閲覧。
  174. ^ Ukraine lodges case against Russia at world court - Zelensky” (英語). Reuters. 2022年2月27日閲覧。
  175. ^ ロシア大統領、核抑止部隊の高度警戒態勢を命令 経済制裁など受け”. ロイター (2022年2月27日). 2022年2月27日閲覧。
  176. ^ プーチン大統領 抑止力を特別警戒態勢に引き上げるよう命じる”. NHK. 2022年2月27日閲覧。
  177. ^ ウクライナ ロシアとベラルーシでの交渉拒否も“他地域なら””. NHK (2022年2月27日). 2022年2月27日閲覧。
  178. ^ 「ベラルーシ国境で会談する」ゼレンスキー氏、ロシアとの交渉に合意”. 朝日新聞 (2022年2月27日). 2022年2月27日閲覧。
  179. ^ プーチン氏、戦略核部隊に「特別警戒」命令 ゼレンスキー氏、ベラルーシ国境での交渉に合意”. BBC NEWS (2022年2月27日). 2022年2月27日閲覧。
  180. ^ Володимир Зеленський facebook” (2022年2月27日). 2022年2月27日閲覧。
  181. ^ ウクライナ、停戦交渉合意”. 共同通信. 2022年2月27日閲覧。
  182. ^ ウクライナ、ベラルーシ国境での停戦交渉に合意 ロシアと前提条件付けず プーチン氏は核でけん制”. 東京新聞. 2022年2月27日閲覧。
  183. ^ Fighting around Ukraine's Mariupol throughout the night – regional governor”. Reuters (2022年2月28日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  184. ^ UK says Russian advance on Kyiv slowed by staunch Ukrainian resistance”. Reuters (2022年2月28日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月5日閲覧。
  185. ^ a b Beech, Eric (2022年2月28日). “Russian military convoy north of Kyiv stretches for 40 miles -Maxar”. Reuters. 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  186. ^ Rana, Manveen (2022年2月28日). “Volodymyr Zelensky: Russian mercenaries ordered to kill Ukraine's president”. The Times. 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  187. ^ До 14:00 було знищено понад 200 одиниць техніки окупантів на напрямках траси Ірпінь-Житомир, – Арестович” (ウクライナ語). Espreso TV (2022年2月28日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  188. ^ Ukraine invasion: Three children among nine dead as footage shows Kharkiv apartment block being rocked by series of blasts”. Sky News. 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  189. ^ Sabin, Lamiat (2022年3月1日). “Russia used vacuum bomb during invasion, Ukrainian ambassador claims”. The Independent. 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月1日閲覧。
  190. ^ Harrison, Virginia (2022年3月1日). “Ukraine: what we know on day six of Russia's invasion”. The Guardian. 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月1日閲覧。
  191. ^ Hopkins, Valerie (2022年2月28日). “Initial talks between Russia and Ukraine yield no resolution.”. The New York Times. 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  192. ^ Putin says Ukrainian neutrality key to any settlement”. Reuters (2022年2月28日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月5日閲覧。
  193. ^ Russian Offensive Campaign Assessment, February 28 2022”. Institute for the Study of War (2022年2月28日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月1日閲覧。
  194. ^ 'Russia has 75% of forces inside Ukraine'”. BBC News (2022年3月1日). 2022年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月1日閲覧。
  195. ^ Πόλεμος στην Ουκρανία: Νεκροί δύο ακόμη Ελληνες στο χωριό Σαρτανάς” (ギリシア語). tanea.gr (2022年2月28日). 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  196. ^ The Secretary's Call with Greek Foreign Minister Dendias”. United States Department of State (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  197. ^ Πρεσβεία Γερμανίας στην Ελλάδα: 'Συλλυπητήρια στους συγγενείς των 10 αμάχων ελληνικής καταγωγής'” (ギリシア語). Real.gr (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  198. ^ ΥΠΕΞ: Έχουμε αποδείξεις ότι οι Έλληνες σκοτώθηκαν από ρωσικά πυρά” (ギリシア語). EfSyn (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  199. ^ Greece to send defensive military equipment to Ukraine”. Kathimerini (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  200. ^ Greece summons Russian envoy after bombing kills 10 nationals”. Al Jazeera (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  201. ^ Sky News team's harrowing account of their violent ambush in Ukraine this week”. Sky News. 2022年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月5日閲覧。
  202. ^ Sky journalist shot and wounded in Ukraine ambush”. BBC News (2022年3月5日). 2022年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月5日閲覧。
  203. ^ Ensor, Josie (2022年3月4日). “Sky News reporter Stuart Ramsay shot by Russian 'infiltrators' in Ukraine”. The Daily Telegraph. 2022年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月5日閲覧。
  204. ^ Murphy, Paul P. (2022年3月11日). “Russian major general killed in Ukraine at end of February”. CNN. 2022年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  205. ^ Ukraine forces reportedly kill top Russian general in blow to invading army”. Newsweek (2022年3月3日). 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  206. ^ ロシア軍の将軍クラス指揮官を次々狙い撃ち なぜ可能? ウクライナの戦術にNATOの影” (日本語). 乗りものニュース. 2022年4月3日閲覧。
  207. ^ ロシア戦略核部隊が「特別態勢」国防相がプーチン氏に報告”. livedoor. 2022年3月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  208. ^ Putin puts nuclear 'deterrence' forces on alert”. 2022年2月28日閲覧。
  209. ^ 戦略核部隊が戦闘態勢入りとロシア国防省”. 共同通信. 2022年2月28日閲覧。
  210. ^ ウクライナ情勢 米バイデン大統領“核戦争懸念する必要ない””. nhk. 2022年3月1日閲覧。
  211. ^ ウクライナ情勢捜査へ 国際刑事裁、戦争犯罪で”. 共同通信 (2022年3月1日). 2022年3月2日閲覧。
  212. ^ ロシアとウクライナの停戦交渉始まる 侵攻後初”. ABEMA TIMES (2022年2月28日). 2022年3月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年3月1日閲覧。
  213. ^ ロシア・ウクライナ停戦交渉が終了、第2回開催の見通し”. ロイター通信 (2022年3月1日). 2022年3月1日閲覧。
  214. ^ 次回交渉はベラルーシ・ポーランド国境で”. 共同通信 (2022年2月28日). 2022年3月1日閲覧。
  215. ^ 国連総会の緊急特別会合が開幕 安保理、40年ぶりの要請”. 朝日新聞 (2022年3月1日). 2022年3月1日閲覧。
  216. ^ ウクライナ情勢で3日に緊急会合 中ロ反対、インド棄権―国連人権理”. 時事ドットコム. 2022年3月2日閲覧。
  217. ^ a b 国連総会のロシア非難決議、反対は5カ国のみ。賛成141カ国で採決 議場から拍手、その時ロシア大使は…”. www.businessinsider.jp (2022年3月3日). 2022年3月3日閲覧。
  218. ^ 藤森信吉 (2010年3月26日). “それでも欧州統合路線を選ぶウクライナ 親ロとされる新大統領でもロシア寄りにならない理由”. JBpress. 2022年3月10日閲覧。
  219. ^ a b 藤森信吉. “『ロシア東欧貿易調査月報』2003年1月号 Ⅱ.ウクライナの天然ガス・パイプライン政策-「ガス・コンソーシアム」創設にみるウクライナ外交の転換-”. 一般社団法人 ロシアNIS貿易会. 2022年3月10日閲覧。
  220. ^ a b 藤崎剛人 (2022年2月28日). “ウクライナの「ナチ化」を防ぐ、というプーチンの主張はロシア兵にも空虚に響く”. ニューズウィーク日本版. 2022年3月12日閲覧。
  221. ^ プーチン氏だから…元駐ウクライナ大使に聞く「対立の歴史的背景」”. 毎日新聞 (2022年3月9日). 2022年3月12日閲覧。
  222. ^ ノックス・テームズ、翻訳協力:中山信之 (2022年3月6日). “プーチンは土地以上にウクライナの宗教的魂を欲している”. キリスト新聞. 2022年3月12日閲覧。
  223. ^ ロシア大統領、ウクライナ和平条件は「中立化」 仏大統領と電話会談 朝日新聞デジタル(2022年3月1日02時21分)
  224. ^ More than 70 Ukrainian soldiers killed after Russian artillery hit Okhtyrka base”. The Washington Times (2022年3月1日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月1日閲覧。
  225. ^ Zinets, Natalia (2022年3月1日). “Kharkiv official says Russian missiles hit administration building, residential areas”. Reuters. 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月1日閲覧。
  226. ^ Footage appears to show strike on Kharkiv local government building”. Reuters (2022年3月1日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月2日閲覧。
  227. ^ Ukraine: Kharkiv attack was a war crime, says President Zelensky”. BBC News (2022年3月1日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月1日閲覧。
  228. ^ Ukraine to sell 'war bonds' to fund armed forces”. BBC News (2022年3月1日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月1日閲覧。
  229. ^ Gijs, Camille (2022年3月1日). “US sees 'no indication' to back Ukrainian claim Belarus has joined Russia's invasion”. Politico. 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月1日閲覧。
  230. ^ Belarus leader says Minsk won't join Russian operation in Ukraine, Belta reports”. Reuters (2022年3月1日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月5日閲覧。
  231. ^ Triebert, Christiaan (2022年3月1日). “Kyiv's main radio and TV tower is hit by projectile, with other explosions nearby.”. The New York Times. 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月1日閲覧。
  232. ^ キエフでテレビ塔攻撃、5人死亡 ウクライナ当局” (日本語). www.afpbb.com. 2022年4月4日閲覧。
  233. ^ Live updates: Russia kills 5 in attack on Kyiv TV tower”. AP News (2022年3月1日). 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月1日閲覧。
  234. ^ Basu (2022年3月1日). “Russian strike on Kyiv TV tower kills 5 and damages Holocaust memorial: Zelensky”. Axios. 2022年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月1日閲覧。
  235. ^ ロシア、首都のテレビ塔砲撃 ウクライナ第二都市の中心部に巡航ミサイル攻撃”. 2022年3月29日閲覧。
  236. ^ Ukraine live updates: Deadly blast at Kyiv TV tower after Russia warns capital”. BBC News. 2022年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月1日閲覧。
  237. ^ Occupy Democrats [@OccupyDemocrats]. "2022年3月22日午前2時43分のツイート" (ツイート). Twitterより2022年3月20日閲覧
  238. ^ Jewers, Chris (2022年3月1日). “Ukraine 'says it has killed a team of Chechen assassins'”. Mail Online. 2022年3月1日閲覧。
  239. ^ 駐日ロシア連邦大使館 [@RusEmbassyJ]. "2022年3月1日午後8時00分(日本時間)のツイート" (ツイート). Twitterより2022年3月9日閲覧
  240. ^ Russian paratroopers launch fresh attack on embattled Kharkiv with battle underway at military hospital”. Sky News (2022年3月2日). 2022年3月2日閲覧。
  241. ^ Тростянець захоплено агресором – голова ОВА” (Ukrainian). Interfax Ukraine (2022年3月2日). 2022年3月2日閲覧。
  242. ^ First in 7 days of war Ukrainian units go on offensive advancing to Horlivka – Arestovych”. Interfax Ukraine (2022年3月2日). 2022年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月2日閲覧。
  243. ^ Schwirtz, Michael (2022年3月2日). “Ukraine Live Updates: First Key Southern City Falls, Ukrainian Officials Say”. The New York Times. 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  244. ^ Settlement of Makariv liberated – Valerii Zaluzhnyi” (2022年3月2日). 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  245. ^ Ukraine live updates: Russia attacks key Ukraine cities as invasion intensifies” (2022年3月2日). 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月2日閲覧。
  246. ^ ウクライナの港に停泊のバングラデシュ船がミサイル被弾、1人死亡” (日本語). Bloomberg.com. 2022年3月21日閲覧。
  247. ^ Devnath, Arun (2022年3月2日). “Missile Sets Bangladeshi Vessel Ablaze in Ukraine Port, One Dead”. Bloomberg News. 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  248. ^ Ukraine conflict: Bangladeshi killed in rocket attack on ship”. United News of Bangladesh (2022年3月2日). 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  249. ^ Ukraine's former President Yanukovych ousted in 2014 is in Minsk, Kremlin wants to reinstall him in Kyiv”. Ukrayinska Pravda (2022年3月3日). 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  250. ^ Bhandari (2022年3月2日). “Kremlin planning to declare ex-President Viktor Yanukovych as new head of Ukraine”. www.indiatvnews.com. 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  251. ^ If Putin Picks Puppet Ukraine Leader, Viktor Medvedchuk is Odds-on Favorite”. Newsweek (2022年2月24日). 2022年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月5日閲覧。
  252. ^ Russia's Sergei Lavrov says a third world war would be nuclear”. National Post (2022年3月2日). 2022年3月3日閲覧。
  253. ^ 「第3次世界大戦は核戦争に」ロシア外相が威嚇(写真=AP)” (日本語). 日本経済新聞 (2022年3月2日). 2022年3月21日閲覧。
  254. ^ 【速報】ロシア軍がウクライナ南部の都市ヘルソンを制圧 ロシア国防省発表”. テレビ朝日 (2022年3月2日). 2022年3月2日閲覧。
  255. ^ 国連総会の緊急特別会合 ロシアを非難する決議 賛成多数で採択”. NHK (2022年3月3日). 2022年3月3日閲覧。
  256. ^ 「対ロシア非難決議案採択 141カ国が賛成 国連特別総会」毎日新聞(2022年3月3日)
  257. ^ First in 7 days of war Ukrainian units go on offensive advancing to Horlivka – Arestovych” (英語). Interfax-Ukraine (2022年3月2日). 2022年3月3日閲覧。
  258. ^ ICC Presidency assigns the Situation in Ukraine to Pre-Trial Chamber II ICCプレスリリース(2022年3月2日)
  259. ^ ABC News Team. “2nd round of talks between Russia and Ukraine end with no cease-fire”. abcnews.go.com. ABC News. 2022年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月4日閲覧。
  260. ^ Batchelor, Tom (2022年3月3日). “Cargo ship sinks off coast of Ukrainian port Odessa 'after explosion'”. The Independent. 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  261. ^ Saul, Jonathan (2022年3月3日). “Two cargo ships hit by blasts around Ukraine, one seafarer killed”. Reuters. 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  262. ^ Germany to ship anti-aircraft missiles to Ukraine — reports”. Deutsche Welle (2022年3月3日). 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月5日閲覧。
  263. ^ Ukrainian parliament backs bill to seize Russia-owned assets in Ukraine”. Reuters (2022年3月3日). 2022年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月4日閲覧。
  264. ^ Russia hits communications facility in Kyiv, takes town near Kharkiv -Ifax”. Arab News (2022年3月3日). 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  265. ^ BBC News Team. “Civilians trapped as Russia bombards port city”. bbc.com. BBC News. 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  266. ^ Doornobs, Caitlin (2022年3月3日). “First Ukrainian city reportedly falls to Russia as Pentagon says 90% of Russian troops amassed for war are now in Ukraine”. Stars and Stripes. 2022年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月4日閲覧。
  267. ^ Ukraine: Beleaguered town of Izium at breaking point after constant attack from Russian forces - new testimony”. Amnesty International (2022年3月16日). 2022年4月9日閲覧。
  268. ^ Oshin, Olafimihan (2022年3月3日). “Zelensky says first foreign fighters now in Ukraine”. The Hill. 2022年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  269. ^ ウクライナ・ロシア停戦対話、成果得られず 協議継続で合意” (日本語). Reuters (2022年3月3日). 2022年3月3日閲覧。
  270. ^ 停戦交渉で「人道回廊」設置合意も…ロシア攻撃の口実に?!” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年3月5日閲覧。
  271. ^ 前谷宏、久野華代 (2022年3月4日). “「ネオナチ」「民間人を『人間の盾』に」 プーチン氏強硬姿勢崩さず”. 毎日新聞. 2022年3月7日閲覧。
  272. ^ Brendan Cole (2022年3月10日). “Ukraine Bill Makes it Legal for Anyone to Kill Russian Soldiers”. Newsweek. 2022年3月13日閲覧。
  273. ^ Live updates: Russian troops shelling nuclear power station”. Associated Press (2022年3月3日). 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月4日閲覧。
  274. ^ Fire breaks out at Ukraine's Zaporizhzhia nuclear power plant amid shelling”. MSN. 2022年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月4日閲覧。
  275. ^ Ukrainian officials confirm huge nuclear power plant is on fire”. CBC News. 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  276. ^ IAEA press release”. IAEA. 2022年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月10日閲覧。
  277. ^ Boynton, Sean (2022年3月4日). “Russian troops capture Europe's largest power plant in Ukraine after intense battle”. Global News. 2022年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月4日閲覧。
  278. ^ Минобороны заявило о попытке провокации Украины на Запорожской АЭС” [The Ministry of Defense announced an attempt to provoke Ukraine at the Zaporozhye nuclear power plant] (ロシア語). РБК (2022年3月4日). 2022年4月5日閲覧。
  279. ^ Азаров назвал цель провокации ВСУ на Запорожской АЭС” (ロシア語). РИА Новости (2022年3月5日). 2022年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月6日閲覧。
  280. ^ ロシア軍、原発近くに進軍 2回目協議では避難路確保に合意 ウクライナ侵攻8日目” (日本語). BBCニュース (2022年3月4日). 2022年3月4日閲覧。
  281. ^ 原発攻撃のロシア「ウクライナ政府が人工的なヒステリー」…中国は異例の「懸念」表明 : 国際 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2022年3月5日). 2022年3月5日閲覧。
  282. ^ 「原発への攻撃は国際法違反」G7が共同声明” (日本語). 日本経済新聞 (2022年3月5日). 2022年3月5日閲覧。
  283. ^ 原発が戦場 史上初、稼働中に攻撃 世界激震「安全の根本揺らぐ」” (日本語). 毎日新聞. 2022年3月5日閲覧。
  284. ^ 日本放送協会. ““ザポリージャ原発ロシア軍が占拠”ウクライナ原子力規制当局”. NHKニュース. 2022年3月4日閲覧。
  285. ^ NATO rejects no-fly zone; Ukraine slams 'greenlight for bombs'”. AJ English. 2022年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月5日閲覧。
  286. ^ Pentagon says Russia's fired over 500 missiles in Ukraine invasion as NATO warns of "more death"”. CBS News (2022年3月5日). 2022年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月5日閲覧。
  287. ^ 「ウクライナ大統領の暗殺計画少なくとも3回」英タイムズ紙”. TBS (2022年3月6日). 2022年3月6日閲覧。
  288. ^ Gadzo. “Moscow declares partial ceasefire in two Ukrainian cities”. www.aljazeera.com. Al Jazeera. 2022年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月5日閲覧。
  289. ^ Ukraine: Dire humanitarian situation in Mariupol after truce collapse”. DW News (2022年3月7日). 2022年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月7日閲覧。
  290. ^ Latest Ukraine updates: Moscow resumes offensive on Mariupol”. Al Jazeera (2022年3月5日). 2022年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月7日閲覧。
  291. ^ Lister (2022年3月6日). “Fears grow for safety of civilians fleeing Ukrainian cities after deadly explosion at checkpoint”. CNN. 2022年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月6日閲覧。
  292. ^ a b ウクライナ外相「飛行禁止区域設定を」、慎重NATO批判 日本経済新聞(2022年3月6日6:52配信)
  293. ^ 飛行禁止区域設定なら「参戦」と見なす プーチン大統領 AFP BBNews(2022年3月6日14:49配信)
  294. ^ 制裁は宣戦布告と同等、ウクライナ飛行禁止は破滅的=ロ大統領”. ロイター (2022年3月6日). 2022年3月6日閲覧。
  295. ^ a b c d e f Adam PLOWRIGHT and Didier LAURAS,Five scenarios for Ukraine after Russia invasion(english)(Sat, March 5, 2022, 2:46 PM)、ロシアのウクライナ侵攻、五つのシナリオ(日本語)AFP(2022年3月6日14:14配信)
  296. ^ Saric, Ivana (2022年3月6日). “Zelensky pleas for no-fly zone as missiles destroy Vinnytsia airport”. Axios. 2022年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月6日閲覧。
  297. ^ Fiorenza, Nicholas (2022年3月8日). “Ukraine conflict: Ukroboronprom's Zhytomyr Armour Plant destroyed”. Janes Information Services. 2022年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月10日閲覧。
  298. ^ Ukraine invasion: Mariupol evacuation halted again as Russia 'regroups forces'”. Sky News (2022年3月6日). 2022年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月6日閲覧。
  299. ^ Russia limiting communications at nuclear facility, watchdog says”. CBS News (2022年3月6日). 2022年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月7日閲覧。
  300. ^ ウクライナが抵抗をやめ要求のめば戦闘停止=ロシア大統領”. ロイター (2022年3月6日). 2022年3月6日閲覧。
  301. ^ 砲撃で原子力研究施設が損壊 ウクライナ東部ハリコフ”. ロイター (2022年3月7日). 2022年3月7日閲覧。
  302. ^ Во время раздачи хлеба и лекарств. Российские оккупанты расстреляли мэра Гостомеля” [During the distribution of bread and medicines. Russian invaders shot the mayor of Gostomel] (Russian). Novy Chas (2022年3月7日). 2022年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月7日閲覧。
  303. ^ Roshchina, Olena (2022年3月7日). “Російські військові вбили голову Гостомеля і поранили мера Бучі” [The Russian military killed the head of Gostomel and wounded the mayor of Bucha] (Ukrainian). Ukrayinska Pravda. 2022年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  304. ^ Ukraine after 11th night of war: Mayor killed, towns taken, Moscow promises civilian corridors to Russia”. Baltic News Network (2022年3月7日). 2022年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月7日閲覧。
  305. ^ Ukrainian forces have retaken Mykolayiv regional airport, says governor”. Reuters (2022年3月7日). 2022年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月7日閲覧。
  306. ^ Ukraine Recaptures City of Chuhuiv, Kills Top Russian Commanders: Officials”. Newsweek (2022年3月7日). 2022年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月7日閲覧。
  307. ^ a b Joseph Trevithick; Tyler Rogoway (2022年3月15日). “Ukraine Strikes Back: Barrage Leaves Russian-Occupied Kherson Airbase In Flames”. 2022年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月16日閲覧。
  308. ^ Henley, Jon; Beaumont, Peter (2022年3月7日). “Ukraine decries 'immoral' Kremlin offer of civilian corridors to Russia or Belarus”. The Guardian. オリジナルの2022年3月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220309012307/https://www.theguardian.com/world/2022/mar/07/russia-humanitarian-corridors-ukraine-war-mariupol-kyiv 2022年3月7日閲覧。 
  309. ^ Putin has deployed nearly 100% of pre-staged forces into Ukraine- U.S. official”. Reuters (2022年3月7日). 2022年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月7日閲覧。
  310. ^ Massie, Graeme (2022年3月7日). “Ukraine claims it has killed another Russian general during fighting in Kharkiv”. The Independent. 2022年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月7日閲覧。
  311. ^ Two oil depots burst into flames following Russian airstrike in Ukraine, as Putin sends in nearly 100 per cent of invading troops”. Sky News Australia (2022年3月8日). 2022年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月8日閲覧。
  312. ^ Ragıp Soylu [@ragipsoylu] (2022年3月7日). "投稿" (ツイート). Twitterより2022年3月7日閲覧
  313. ^ 非友好国リストに日本 ロシア、制裁に対抗 - 時事ドットコム 2022年3月7日
  314. ^ ロシア、ウクライナの3回目停戦交渉は平行線「難航している」 住民避難の「人道回廊」は8日実現へ調整”. 東京新聞 (2022年3月8日). 2022年3月8日閲覧。
  315. ^ 停戦協議に参加のウクライナ側職員、「二重スパイ」として射殺…ロシアに機密情報流したか 読売新聞オンライン(2022年3月8日)
  316. ^ 停戦協議中に射殺されたウクライナ代表者はスパイだった!?互いに「相手国の…」と主張 谷原章介「探り合い激しくなっている」”. 中日スポーツ. 2022年3月19日閲覧。
  317. ^ ウクライナ大統領、NATO加盟断念”. フランス通信社 (2022年3月9日). 2022年3月9日閲覧。
  318. ^ Zaks, Dmitry; Clark, Dave (2022年3月8日). “Ukraine accuses Russia of attacking humanitarian corridors as civilians flee cities”. Agence France-Presse (The Times of Israel). オリジナルの2022年3月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220308213843/https://www.timesofisrael.com/ukraine-accuses-russia-of-attacking-humanitarian-corridors-as-civilians-flee-cities/ 2022年3月8日閲覧。 
  319. ^ Jones, Sam (2022年3月8日). “Two children among at least 21 killed in Sumy airstrikes, officials say”. The Guardian. 2022年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月8日閲覧。
  320. ^ Luiza Mchedlishvili (2022年3月8日). “‘We have only one enemy — this is Russia’: the Chechens taking up arms for Ukraine”. OC Media. 2022年3月10日閲覧。
  321. ^ ウクライナ大統領夫人、ロシアの侵攻は市民の「大量殺人」”. フランス通信社 (2022年3月9日). 2022年3月10日閲覧。
  322. ^ Phillips (2022年3月9日). “Ukraine war: US says Poland's offer of MIG-29 fighter jets to be passed to Ukraine 'not tenable'”. Sky News. 2022年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月9日閲覧。
  323. ^ Fisher, Lucy; Allen, Nick; Day, Matthew (2022年3月8日). “Poland offers fighter jets to help Ukraine repel Russians”. The Daily Telegraph. ISSN 0307-1235. オリジナルの2022年3月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220309210229/https://www.telegraph.co.uk/world-news/2022/03/08/poland-offers-fighter-jets-help-ukraine-repel-russians/ 2022年3月9日閲覧。 
  324. ^ Borger (2022年3月9日). “US dismisses Polish plan to provide fighter jets to be sent to Ukraine”. The Guardian. 2022年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月9日閲覧。
  325. ^ Ukraine evacuated 40,000 in one day but problems with Mariupol, Kyiv and Kharkiv areas -official”. Reuters (2022年3月9日). 2022年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月10日閲覧。
  326. ^ 深沢亮爾 (2022年3月10日). “ロシア軍が「燃料気化爆弾」使用認める…殺傷力高くアフガンでも実戦投入”. 読売新聞. 2022年3月11日閲覧。
  327. ^ ロシア、徴集兵のウクライナ侵攻参加を認める プーチン氏は前日に否定”. CNN (2022年3月10日). 2022年3月11日閲覧。
  328. ^ 'No progress' as top Russia, Ukraine diplomats talk in Turkey”. Al Jazeera (2022年3月10日). 2022年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  329. ^ Moscow To Open Daily Humanitarian Corridors From Ukraine To Russia”. Agence France-Presse. NDTV (2022年3月10日). 2022年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  330. ^ Kaufman, Ellie (2022年3月10日). “Russian forces have moved about 3 miles closer to Kyiv and Chernihiv is now "isolated," US defense official says”. CNN. 2022年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  331. ^ Brest, Mike (2022年3月10日). “Russian forces make limited advances toward Kyiv, Pentagon says”. The Washington Examiner. 2022年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  332. ^ Ukrainian military defeat tank regiment of Russian troops, eliminate commander Zakharov in Brovarsky district - Defense Intelligence”. Interfax Kyiv (2022年3月10日). 2022年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月10日閲覧。
  333. ^ Ukraine war: Drone footage shows Russian tank column retreat after artillery ambush”. Sky News. 2022年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  334. ^ Lister (2022年3月11日). “The 40-mile-long Russian convoy near Kyiv has moved. Here's what it means for the Ukrainian capital”. CNN. 2022年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  335. ^ Plenković o padu drona u Zagrebu: Lansiran je iz Ukrajine, ali ne znamo čiji je. Ovakvu situaciju ne možemo tolerirati. Ovo je bila prijetnja na koju treba reagirati” (クロアチア語). Večernji list. 2022年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月12日閲覧。
  336. ^ 停戦協議は進展せず ロシア・ウクライナ外相会談”. フランス通信社 (2022年3月10日). 2022年3月10日閲覧。
  337. ^ 「ウクライナを攻撃していない」持論に終始…ロシア外相の発言意図は?専門家解説”. テレビ朝日 (2022年3月10日). 2022年3月11日閲覧。
  338. ^ 「ウクライナでコロナ実験」ロシア主張、侵攻正当化か 時事ドットコム(2022年3月10日)
  339. ^ EU首脳会議 ウクライナ加盟、見送りへ”. 産経新聞 (2022年3月11日). 2022年3月11日閲覧。
  340. ^ ロシア撤退企業を国有化方針 プーチン氏、制裁に報復”. 東京新聞 (2022年3月11日). 2022年3月11日閲覧。
  341. ^ Russian strikes hit western Ukraine as offensive widens”. The Times of India (2022年3月11日). 2022年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  342. ^ a b 2 Ukraine soldiers killed, 6 hurt at Lutsk airbase”. Agence France-Presse. Free Malaysia Today (2022年3月11日). 2022年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  343. ^ Hughes, Clyde; Haynes, Danielle (2022年3月11日). “Russia widens attacks into western Ukraine as Putin allows Syrian fighters to join”. United Press International. オリジナルの2022年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220313173302/https://www.upi.com/Top_News/World-News/2022/03/11/ukraine-western-cities-russia-attacks/2851646999325/ 2022年3月11日閲覧。 
  344. ^ Ukrainian military airfield southwest of Kyiv completely destroyed by Russian strike, mayor says”. CNBC (2022年3月12日). 2022年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  345. ^ Hancock, Sam (2022年3月11日). “Third Russian general killed in Ukraine 'in sign of weakness among Putin's forces'”. The Independent. 2022年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  346. ^ Lister, Tim (2022年3月11日). “Russia widens attack on Ukraine's cities, striking western airfields and Dnipro”. CNN. WKTV. 2022年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  347. ^ Ukraine says Russia wants to drag Belarus into war, warns of invasion plan”. Reuters (2022年3月11日). 2022年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月12日閲覧。
  348. ^ Ukraine Accuses Moscow Of 'False Flag' Operation To Lure Belarus Into War”. Radio Free Europe/Radio Liberty (2022年3月11日). 2022年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月12日閲覧。
  349. ^ Seldin, Jeff (2022年3月11日). “US Sees No Evidence of Syrian, African Mercenaries in Ukraine”. Voice of America. 2022年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  350. ^ Ball, Tom (2022年3月11日). “African fighters prepare to join Russian troops”. The Times. 2022年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月12日閲覧。
  351. ^ Enemy shells nursing home in Kreminna, killing 56”. Ukrinform (2022年3月20日). 2022年3月20日閲覧。
  352. ^ ベラルーシのルカシェンコ大統領がモスクワ入り プーチン氏と協議か”. 朝日新聞 (2022年3月11日). 2022年3月12日閲覧。
  353. ^ ウクライナ、ベラルーシ参戦を警戒 ロシアが「偽旗作戦」か”. 産経新聞 (2022年3月12日). 2022年3月12日閲覧。
  354. ^ Reuters Staff (2022年3月12日). “ロシア、ベラルーシを紛争に巻き込もうと画策か 11日にウクライナ侵攻も”. ロイター. 2022年3月12日閲覧。
  355. ^ Reuters Staff (2022年3月12日). “ロシア、ベラルーシを紛争に巻き込もうと画策か 11日にウクライナ侵攻も”. ロイター. 2022年3月12日閲覧。
  356. ^ ロシア軍が「同盟国ベラルーシでも空爆、派兵迫るため」…ウクライナで報道”. 読売新聞オンライン. 2022年4月1日閲覧。
  357. ^ ウクライナ、ベラルーシ参戦を警戒 ロシアが「偽旗作戦」か”. 産経新聞 (2022年3月12日). 2022年3月12日閲覧。
  358. ^ ロシア兵、ウクライナ南東部の市長を拉致”. AFPBB News (2022年3月12日). 2022年3月12日閲覧。
  359. ^ 市長拘束のメリトポリ、代理が就任 ウクライナ南部”. CNN (2022年3月13日). 2022年3月17日閲覧。
  360. ^ ウクライナ政府、武装集団に拘束された市長を救出 南部メリトポリ”. CNN (2022年3月17日). 2022年3月17日閲覧。
  361. ^ 「ウクライナに生物兵器」ロシア主張に非難相次ぐ 国連安保理 産経ニュース(2022年3月12日)
  362. ^ ウクライナ生物学研究施設の掌握を懸念 ロシア軍侵攻で米高官”. www.afpbb.com. 2022年3月19日閲覧。
  363. ^ 「ウクライナで生物兵器開発」は本当か ロシアが主張、米国は否定”. 朝日新聞デジタル. 2022年3月19日閲覧。
  364. ^ ウクライナでの生物兵器開発疑惑、米は説明すべき=ロシア外務省”. Reuters (2022年3月9日). 2022年3月19日閲覧。
  365. ^ ロシア、中東などからの志願兵の参戦を歓迎=プーチン大統領”. ロイター通信 (2022年3月11日). 2022年3月13日閲覧。
  366. ^ Polityuk, Pavel; Zinets, Natalia (2022年3月12日). “Fighting rages outside Kyiv, Ukraine says evacuations threatened again”. Reuters. オリジナルの2022年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220313044758/https://www.reuters.com/world/europe/fighting-rages-outside-kyiv-ukraine-says-it-hopes-humanitarian-corridors-can-2022-03-12/ 2022年3月12日閲覧。 
  367. ^ Airport completely destroyed due to missile attacks by invader in Vasylkiv, Kyiv region – mayor”. Interfax-Ukraine (2022年3月12日). 2022年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月12日閲覧。
  368. ^ Russia disables Ukraine military's main radio intelligence facility”. Indo-Asian News Service. Business Standard (2022年3月12日). 2022年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月12日閲覧。
  369. ^ “Ukraine says Russia plotting to create a pro-Moscow 'people's republic' in Kherson”. Agence France-Presse (The Times of Israel). (2022年3月12日). オリジナルの2022年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220314044647/https://www.timesofisrael.com/ukraine-says-russia-plotting-to-create-a-pro-moscow-peoples-republic-in-kherson/ 2022年3月12日閲覧。 
  370. ^ “Heavy fighting leaves much of Volnovakha in ruins”. Associated Press (Euronews). (2022年3月12日). オリジナルの2022年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220313173034/https://www.euronews.com/2022/03/12/heavy-fighting-leaves-much-of-volnovakha-in-ruins 2022年3月13日閲覧。 
  371. ^ a b c d e f Pavel Polityuk; Natalia Zinets (2022年3月13日). “Russian strike on base brings Ukraine war close to NATO's border”. Reuters. オリジナルの2022年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220313222616/https://www.reuters.com/world/europe/ukraines-zelenskiy-warns-desolation-if-russia-tries-take-kyiv-2022-03-13/ 2022年3月13日閲覧。 
  372. ^ “Strike in Donbas Wounds 30, Russia Accused of Chemical Attacks”. Agence France-Presse (The Moscow Times). (2022年3月13日). オリジナルの2022年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220313165128/https://www.themoscowtimes.com/2022/03/13/moscow-accused-of-phosporous-gas-attacks-in-donbas-a76899 2022年3月14日閲覧。 
  373. ^ Alex Stambaugh; Lizzy Yee (2022年3月13日). “Russian airstrike damages historic Ukrainian monastery”. CNN. オリジナルの2022年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220313104709/https://edition.cnn.com/europe/live-news/ukraine-russia-putin-news-03-13-22/h_e1905e260badeb635420976a05d72825 2022年3月13日閲覧。 
  374. ^ Sam Clench; Rohan Smith (2022年3月13日). “Russia Ukraine updates live: Russia accused of using 'filthy' chemical weapons”. Agence France-Presse; News.com.au (News.com.au). オリジナルの2022年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220313210022/https://www.news.com.au/world/europe/russia-ukraine-updates-live-putin-broadening-targets-after-air-strike-near-poland/news-story/cb87c004ae0fbe3b45efeae50c485db9 2022年3月14日閲覧。 
  375. ^ Luke Harding; Peter Beaumont; Lorenzo Tondo (2022年3月13日). “Russia missile strike on Ukraine base close to Polish border kills 35, governor says”. Reuters. オリジナルの2022年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220314044702/https://www.theguardian.com/world/2022/mar/13/russia-widens-attacks-on-ukraine-with-missile-strike-on-base-close-to-polish-border 2022年3月13日閲覧。 
  376. ^ Keiran Southern (2022年3月13日). “American journalist Brent Renaud shot dead near Kyiv”. The Times. オリジナルの2022年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220313224730/https://www.thetimes.co.uk/article/american-journalist-brent-renaud-shot-dead-near-kyiv-lg5fq6rl9 2022年3月13日閲覧。 
  377. ^ O dronă s-a prăbușit în apropiere de locuința unui bărbat din Bistrița. Parchet: „Nu a fost stabilită proveniența aeronavei”” (ルーマニア語). Libertatea.ro. 2022年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月14日閲覧。
  378. ^ Russian-made Orlan-10 drone crashes in Romania”. aerotime.aero. 2022年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月14日閲覧。
  379. ^ An unmanned aerial vehicle, most likely of Russian origin, was found in the Romanian municipality of Dumitra, just over 100 kilometers south of the Ukrainian border.”. Ukrinform. 2022年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月14日閲覧。
  380. ^ a b c ウクライナ西部に攻撃、35人死亡 ポーランド国境近く(写真=ロイター)”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2022年3月13日). 2022年3月14日閲覧。
  381. ^ ロシア検察、外国企業に逮捕・差し押さえを警告”. AFP通信 (2022年3月14日). 2022年3月17日閲覧。
  382. ^ 市長拘束のメリトポリ、代理が就任 ウクライナ南部”. CNN (2022年3月13日). 2022年3月17日閲覧。
  383. ^ ウクライナ政府、武装集団に拘束された市長を救出 南部メリトポリ”. CNN (2022年3月17日). 2022年3月17日閲覧。
  384. ^ 佐藤達弥、荒ちひろ (2022年3月14日). “ウクライナ南部でまた市長拘束か 「ロシアのテレビ」放送始まる市も”. 朝日新聞. 2022年3月19日閲覧。
  385. ^ 『ロシア世界』(ルースキー・ミール)教説に関する宣言”. Πολυμερώς και πολυτρόπως - Θεολογία, Εκκλησία και Κοινωνία σε Διάλογο (2022年3月13日). 2022年4月11日閲覧。
  386. ^ “Russia says 23 dead in missile attack on Donetsk”. Al Jazeera. (2022年3月14日). オリジナルの2022年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220314131029/https://www.aljazeera.com/news/2022/3/14/ukraine-missile-debris-kill-16-in-donetsk-separatists 2022年3月14日閲覧。 
  387. ^ “ВС РФ примут ответные меры по выводу из строя предприятий ОПК Украины из-за удара «Точкой-У» по Донецку”. Zvezda. (2022年3月14日). オリジナルの2022年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220315004444/https://tvzvezda.ru/news/20223141930-UJr6e.htm930-UJr6e.html 2022年3月15日閲覧。 
  388. ^ “«Никакой пощады не будет»: в МО РФ предупредили о точечных ударах по наемникам на Украине”. Zvezda. (2022年3月14日). オリジナルの2022年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220315004449/https://tvzvezda.ru/news/20223141929-Ec65p.html 2022年3月15日閲覧。 
  389. ^ At least nine dead after strike on TV tower”. BBC News (2022年3月14日). 2022年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月15日閲覧。
  390. ^ 19 Search and rescue operations on TV tower in Rivne region completed, death toll rises to 21 – authorities” (ウクライナ語). Interfax-Ukraine (2022年3月16日). 2022年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月16日閲覧。
  391. ^ Deadly blasts rattle Kyiv, talks with Russia to resume”. Agence France-Presse. France 24 (2022年3月15日). 2022年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月15日閲覧。
  392. ^ “First convoy of civilians escapes besieged Mariupol”. Al Jazeera. (2022年3月14日). オリジナルの2022年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220314183056/https://www.aljazeera.com/news/2022/3/14/ukraine-russia-war-mariupol-evacuation-convoy 2022年3月14日閲覧。 
  393. ^ Joyce Karam (2022年3月14日). “Russia's offensive 'stalled' in Ukraine but Moscow not backing down: Pentagon”. The National. 2022年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月14日閲覧。
  394. ^ Haley Ott (2022年3月14日). “Over 40,000 Syrians reportedly register to fight for Russia in Ukraine”. CBS News. オリジナルの2022年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220314232327/https://www.cbsnews.com/news/russia-ukraine-war-syrians-reportedly-register-foreign-fighters/ 2022年3月15日閲覧。 
  395. ^ チェチェン独裁者、ウクライナ入り ロシア軍に同行、降伏促す”. 時事通信 (2022年3月14日). 2022年3月17日閲覧。
  396. ^ Михаил Ткач (2022年3月16日). “Кадыров не был в Украине. УП проверила по телефону главы Чечни”. ウクライナ・プラウダ. 2022年3月20日閲覧。
  397. ^ “Russian forces take control of Ukraine's Kherson region: Agencies”. Reuters. (2022年3月15日). オリジナルの2022年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220315082100/https://english.alarabiya.net/News/world/2022/03/15/Russian-forces-take-control-of-Ukraine-s-Kherson-region-Agencies 2022年3月15日閲覧。 
  398. ^ H.I. Sutton (2022年3月15日). “Russian Navy Landing Ships Seen Approaching Ukrainian Coast Near Odessa”. Naval News. オリジナルの2022年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220315235229/https://www.navalnews.com/naval-news/2022/03/russian-navy-landing-ships-seen-approaching-ukrainian-coast-near-odessa/ 2022年3月16日閲覧。 
  399. ^ “Fourth Russian general killed in fighting, Ukraine says”. Associated Press. (2022年3月15日). オリジナルの2022年3月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220316030526/https://www.washingtontimes.com/news/2022/mar/15/oleg-mityaev-russian-general-killed-ukrainian-troo/ 2022年3月16日閲覧。 
  400. ^ The Independent (2022年3月15日). “Volodymyr Zelensky says he accepts there is 'not an open door' to Ukraine joining Nato”. The Independent. 2022年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月15日閲覧。
  401. ^ The Times of Israel (2022年3月15日). “Zelensky says Ukraine is not joining NATO”. The Times of Israel. 2022年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月15日閲覧。
  402. ^ ロシア、バイデン氏ら13人を入国禁止に 「未曽有の制裁への対抗」毎日新聞 2022年3月16日
  403. ^ 「ロシア、米・カナダ首脳の入国禁止 政府との公式関係は維持」ロイター 2022年3月16日
  404. ^ ロシアがバイデン氏の亡父に制裁?サキ報道官がジョーク”. ロイター (2022年3月16日). 2022年3月17日閲覧。
  405. ^ ロシア側のシリア志願兵に5万8000人 在英NGO”. AFP通信 (2022年3月15日). 2022年3月16日閲覧。
  406. ^ ロシアの支援要請、中国が一定の前向き姿勢表明 米外交筋など示唆”. CNN (2022年3月15日). 2022年3月16日閲覧。
  407. ^ https://www.unian.ua/world/rosiya-poprosila-kitay-dopomogti-z-viyskovimi-produktovimi-naborami-cnn-novini-svitu-11744104.html
  408. ^ ロシアは中国に武装ドローン提供要請、米が欧州に警告-関係者”. Bloomberg (2022年3月15日). 2022年3月26日閲覧。
  409. ^ Vanessa Gera (2022年3月15日). “3 EU prime ministers visit Kyiv as Russian attacks intensify”. Associated Press. 2022年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月16日閲覧。
  410. ^ 東欧の3首相、ウクライナ首都で大統領と会談 リスク冒し鉄道で移動”. BBC (2022年3月16日). 2022年3月31日閲覧。
  411. ^ ポーランドなど東欧3カ国首脳、ウクライナ首都を訪問”. ロイター (2022年3月16日). 2022年3月16日閲覧。
  412. ^ ロシア、欧州評議会に脱退通告”. 共同通信 (2022年3月16日). 2022年3月16日閲覧。
  413. ^ 露、欧州評議会を脱退 評議会は即時除名 ウクライナ、東部での病院占拠を非難 - 産経ニュース 2022年3月16日
  414. ^ ロシア、欧州評議会に脱退通告 人権条約も離脱へ”. 共同通信 (2022年3月16日). 2022年3月17日閲覧。
  415. ^ ロシア軍がマリウポリの“病院占拠” 患者ら400人が人質に~ウクライナ当局”. 日本テレビ (2022年3月16日). 2022年3月17日閲覧。
  416. ^ Tucker Reals (2022年3月16日). “U.S. embassy says Russian troops "shot and killed 10 people standing in line for bread" in northeast Ukraine”. CBS News. 2022年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月16日閲覧。
  417. ^ Alan Cullison; Isabel Coles; Yaroslav Trofimov (2022年3月16日). “Ukraine Mounts Counteroffensive to Drive Russians Back From Kyiv, Key Cities”. The Wall Street Journal. オリジナルの2022年3月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220316111106/https://www.wsj.com/articles/ukraine-mounts-counteroffensive-to-drive-russians-back-from-kyiv-key-cities-11647428858 2022年3月16日閲覧。 
  418. ^ “Talk of 'compromise' as Russia-Ukraine peace talks set to resume”. Al Jazeera. (2022年3月16日). オリジナルの2022年3月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220316125903/https://www.aljazeera.com/news/2022/3/16/russia-says-parts-of-a-ukraine-compromise-deal-are-close 2022年3月16日閲覧。 
  419. ^ Max Seddon; Roman Olearchyk; Arash Massoudi (2022年3月16日). “Ukraine and Russia draw up neutrality plan to end war”. The Financial Times. オリジナルの2022年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220317140845/https://www.ft.com/content/7b341e46-d375-4817-be67-802b7fa77ef1 2022年3月16日閲覧。 
  420. ^ “Mayor of Melitopol freed from Russian captivity – Yermak”. Interfax-Ukraine. (2022年3月16日). オリジナルの2022年3月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220316174859/https://interfax.com.ua/news/general/814507.html 2022年3月16日閲覧。 
  421. ^ Lorenzo Tondo; Isobel Kosiw (2022年3月16日). “Ukrainian officials accuse Russia of shelling civilians fleeing Mariupol”. The Guardian. オリジナルの2022年3月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220316140326/https://www.theguardian.com/world/2022/mar/16/mariupol-ukraine-russia-seized-hospital 2022年3月16日閲覧。 
  422. ^ ロシアに侵攻停止命令 ウクライナが提訴の審理―国際司法裁 - 時事ドットコム 2022年3月17日
  423. ^ ロシア軍に拉致された市長、解放されて職務復帰へ 地元メディア報道”. 朝日新聞 (2022年3月17日). 2022年3月17日閲覧。
  424. ^ ウクライナ政府、武装集団に拘束された市長を救出 南部メリトポリ”. CNN (2022年3月17日). 2022年3月17日閲覧。
  425. ^ 「くずどもと裏切り者」はロシアから一掃-プーチン大統領が警告”. ブルームバーグ (2022年3月17日). 2022年3月17日閲覧。
  426. ^ Путин: очищение от «пятой колонны» предателей и подонков укрепит страну”. Regnum (2022年3月16日). 2022年3月17日閲覧。
  427. ^ 松尾一郎 (2022年3月17日). “プーチン氏「たまたま口に入ったハエのように、裏切り者吐き出せる」”. 朝日新聞. 2022年4月12日閲覧。
  428. ^ ロシア・プーチン大統領 作戦は全て予定通り」”. テレビ朝日 (2022年3月16日). 2022年3月19日閲覧。
  429. ^ 侵攻から3週間…ウクライナ代表団「数日のうちに停戦実現を確信」”. 日本テレビ (2022年3月16日). 2022年3月17日閲覧。
  430. ^ 侵攻から3週間…ウクライナ代表団「数日のうちに停戦実現を確信」”. 日本テレビ (2022年3月16日). 2022年3月17日閲覧。
  431. ^ a b 【ウクライナ】独自軍持つ中立的ウクライナは可能な妥協点とロシア”. Bloomberg (2022年3月16日). 2022年3月17日閲覧。
  432. ^ “ロシア軍将官、4人目が戦死か ウクライナが狙い撃ちとの見方も”. BBC News. BBC. (2022年3月17日). https://www.bbc.com/japanese/60775896 2022年3月17日閲覧。 
  433. ^ Михаил Ткач (2022年3月16日). “Кадыров не был в Украине. УП проверила по телефону главы Чечни”. ウクライナ・プラウダ. 2022年3月20日閲覧。
  434. ^ Aldin 🇧🇦 [@aldin_ww]. "Visual confirmation of Rubizhne now under full control of Russian Forces and Luhansk separatists" (ツイート). Twitterより2022年3月17日閲覧
  435. ^ BBC News (2022年3月17日). “Pentagon says Russian advance is frozen”. BBC News. 2022年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月17日閲覧。
  436. ^ Clark, Mason; Barros, George; Stepanenko, Kateryna (2022年3月18日). “Russian Offensive Campaign Assessment, March 18”. Institute for the Study of War (Institute for the Study of War). https://www.understandingwar.org/backgrounder/russian-offensive-campaign-assessment-march-18 2022年3月20日閲覧. "A Senior US Defense Official reportedly claimed that Russian forces took control of Izyum on March 17, though either the statement itself or media reporting was incorrect." 
  437. ^ 空爆受けたマリウポリの劇場 130人生存確認”. テレビ朝日 (2022年3月17日). 2022年3月20日閲覧。
  438. ^ ロシア大統領府、国際司法裁の軍事行動停止命令を拒否 - AFPBB News 2022年3月17日
  439. ^ ロイター編集 (2022年3月17日). “ウクライナでロシア軍の動きがほぼ停止=英国防省情報当局”. ロイター. 2022年3月19日閲覧。
  440. ^ ДЕНИС КАРЛОВСЬКИЙ (2022年3月17日). “Російські урядові літаки здійснили незвичні рейси з Москви в Сибір”. ウクライナ・プラウダ. 2022年3月19日閲覧。
  441. ^ https://gtrk-kostroma.ru
  442. ^ ロシア軍空挺連隊の指揮官、ウクライナで戦死 国営テレビが確認”. CNN (2022年3月19日). 2022年3月22日閲覧。
  443. ^ Ukraine conflict: Scores feared dead after Russia attack on Mykolaiv barracks”. BBC News (2022年3月18日). 2022年3月18日閲覧。
  444. ^ キエフ攻撃の主要2ルートを「封鎖」、ロシアの進軍阻止 ウクライナ軍”. CNN (2022年3月19日). 2022年3月19日閲覧。
  445. ^ Віолетта Орлова (2022年3月18日). “Росія завдала авіаудару по Львову, одну людину поранено”. UNIAN.NET. 2022年3月19日閲覧。
  446. ^ Іван Бойко (2022年3月18日). “Витратили майже все: в Росії виробництво ракет та боєприпасів працюватиме цілодобово”. UNIAN.NET. 2022年3月19日閲覧。
  447. ^ 「プーチン氏、クリミア併合記念コンサートで演説 中継ではトラブルも」朝日新聞デジタル(2022年3月19日)
  448. ^ 「冷笑主義の極みだ」プーチン大統領が独自パラ開会式であらためて“ロシア排除”に怒りの声明!THE DIGEST(2022年3月19日)
  449. ^ プーチン氏、ウクライナが「戦争犯罪」と非難”. AFP (2022年3月19日). 2022年3月22日閲覧。
  450. ^ 【独自】ベラルーシ大統領「提案に応じなければ“降伏文書”に署名することに」とウクライナ側けん制”. TBS (2022年3月18日). 2022年3月22日閲覧。
  451. ^ Ukraine accuses Russia of bombing Mariupol school sheltering 400”. Al Jazeera (2022年3月20日). 2022年3月20日閲覧。
  452. ^ Ukraine war latest: School sheltering 400 'hit by Russian strike'”. BBC News (2022年3月20日). 2022年3月20日閲覧。
  453. ^ ウクライナ東部マリウポリで激しい市街戦か “消耗戦に移行””. NHK (2022年3月19日). 2022年3月20日閲覧。
  454. ^ ロシア軍、極超音速ミサイルを初使用 ウクライナ西部攻撃―武器貯蔵施設を破壊”. 時事通信 (2022年3月19日). 2022年3月20日閲覧。
  455. ^ ロシア軍、極超音速ミサイルを初使用 ウクライナ西部攻撃―武器貯蔵施設を破壊”. 時事通信 (2022年3月19日). 2022年3月20日閲覧。
  456. ^ 市民数千人をロシア領へ強制移送か 南東部マリウポリ”. CNN (2022年3月20日). 2022年3月20日閲覧。
  457. ^ 「ロシアへ数千人連行」マリウポリ市議会が発表 民間人への被害続く”. 毎日新聞 (2022年3月20日). 2022年3月20日閲覧。
  458. ^ https://www.understandingwar.org/sites/default/files/20220319%20Russian%20Operations%20Assessments.pdf
  459. ^ ファン・ジュンボム (2022年3月21日). “米戦争研究所「ウクライナ・ロシア戦争、膠着状態に向かっている」”. ハンギョレ. 2022年3月22日閲覧。
  460. ^ ウクラ軍「ロシア南部軍司令官を殺害」 将軍死者5人目に”. コリア エコノミック英語版 (2022年3月19日). 2022年3月22日閲覧。
  461. ^ Hall, Sam (2022年3月20日). “Ukraine-Russia evening briefing: Five developments as Putin's troops accused of killing 56 at care home”. The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/world-news/2022/03/20/ukraine-russia-evening-briefing-five-developments-putins-troops/ 2022年3月20日閲覧。 
  462. ^ 金寿英 (2022年3月20日). “ミサイル「キンジャル」攻撃、ロシア発表に疑義 着弾点は別地点か”. 毎日新聞. 2022年3月22日閲覧。
  463. ^ 金寿英 (2022年3月20日). “ミサイル「キンジャル」攻撃、ロシア発表に疑義 着弾点は別地点か”. 毎日新聞. 2022年3月22日閲覧。
  464. ^ 【速報】ゼレンスキー大統領殺害の傭兵投入か”. ANN (2022年3月20日). 2022年3月22日閲覧。
  465. ^ ロシア軍、400人避難の学校爆撃 強制連行も”. AFP通信 (2022年3月21日). 2022年3月22日閲覧。
  466. ^ ウクライナ副首相「選択肢にない」マリウポリ降伏の最後通牒を拒否”. ANN (2022年3月20日). 2022年3月22日閲覧。
  467. ^ “Live updates: Ammonia leak contaminates area in east Ukraine” (英語). Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/politics/live-updates-ukraine-officials-say-russians-bombed-school/2022/03/20/b350573e-a820-11ec-8628-3da4fa8f8714_story.html 2022年3月21日閲覧。 
  468. ^ Ammonia leaks from Sumy chemical plant. The governor of Sumy Oblast Dmytro Zhyvytsky said on March 21 that ammonia leaked from Sumykhimprom chemical plant at 4:30 a.m. local time as a result of Russian airstrike” (英語). Twitter. 2022年3月21日閲覧。
  469. ^ 「ウクライナ 露、南東沿岸部制圧 クリミア・親露地域結ぶ」『読売新聞』朝刊2022年3月22日1面
  470. ^ 北方領土問題含む平和条約交渉を中断、ロシア外務省が発表 ビザなし交流停止へ 日本の経済制裁参加で”. 東京新聞 (2022年3月22日). 2022年3月22日閲覧。
  471. ^ Ukraine war: Russian soldiers fire on Kherson protesters”. BBC (2022年3月21日). 2022年3月22日閲覧。
  472. ^ 国末憲人 (2022年3月22日). “ロシア軍が抗議デモへ突然発砲、複数の負傷者か 住民への抑圧続く”. 朝日新聞. 2022年3月22日閲覧。
  473. ^ ロシア軍、制圧都市でデモ隊に発砲か ウクライナ主張”. AFP通信 (2022年3月22日). 2022年3月22日閲覧。
  474. ^