コンテンツにスキップ

イーゴリ・コスチュコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
海軍大将
イーゴリ・コスチュコフ
Игорь Костюков
ロシア連邦軍参謀本部情報総局長
就任
2018年11月22日
大統領ウラジーミル・プーチン
大臣セルゲイ・ショイグ
前任者イーゴル・コロボフ
個人情報
生誕イーゴリ・オレゴヴィチ・コスチュコフ
1961年2月21日
ソビエト連邦ロシア共和国アムール州
受賞ロシア連邦英雄
兵役経験
所属国ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
所属組織 ソビエト連邦海軍
 ロシア海軍
最終階級海軍大将
戦闘シリア内戦におけるロシアの軍事介入
ロシアのウクライナ侵攻

イーゴリ・オレゴヴィチ・コスチュコフИ́горь Оле́гович Костюко́в、1961年2月21日- )は、ロシアの海軍将校。

2018年現在ロシア連邦軍参謀本部情報総局 (GRU) の局長を務めている[1]

軍のキャリア

[編集]

コスチュコフは、前任者のイーゴル・コロボフの死去を受けて、2018年11月にGRUの局長代行に任命された[2]。この配属により、GRUの歴史上初めて海軍将校がGRU局長に就任することとなった。コスチュコフは2016年の米大統領選に介入した疑いで米国政府の「ブラックリスト」に入れられている[3]。コスチュコフは2019年後半に海軍大将に昇進した[要出典]

制裁

[編集]

2022年ロシアのウクライナ侵攻中の2022年3月、コスチュコフは欧州連合の「ブラックリスト」に入れられた。

2022年3月の病気

[編集]

2022年3月25日、元ウクライナ内相のアルセン・アヴァコフは、コスチュコフとロシアの国防相セルゲイ・ショイグの健康状態が急激に悪化したとの情報があると主張し、「両者の症状は胸やけと息切れで全く同じ」であると述べた[4]ザ・モスクワ・タイムズは、セルゲイ・ショイグやヴィクトル・ゾロトフワレリー・ゲラシモフを含む他の上級シロヴィキと共にコスチュコフが3月中旬に公の場から姿を消したとみなした。

脚注

[編集]
  1. ^ “Vice Adm. Igor Kostyukov becomes head of Russia's military intelligence - source (Part 2)”. interfax. http://www.interfax.com/newsinf.asp?id=875096 2018年12月31日閲覧。 
  2. ^ ロシア軍情報機関トップが死去、元スパイ襲撃や欧米介入に関与の指摘”. www.afpbb.com. 2023年1月31日閲覧。
  3. ^ “First naval officer nominated to head Russia's GRU”. TASS. http://tass.com/defense/1032011/ 2018年11月23日閲覧。 
  4. ^ Аваков повідомив про погіршення здоров'я Шойгу та заступника начальника генштабу ЗС РФ: "Симптоми в обох абсолютно однакові"”. 2023年1月31日閲覧。

外部リンク

[編集]

ウィキメディア・コモンズには、イーゴリ・コスチュコフに関するカテゴリがあります。