モスクワ (ミサイル巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スラヴァ級ミサイル巡洋艦 > モスクワ (ミサイル巡洋艦)
モスクワ
航行中のモスクワ(2012年)
航行中のモスクワ(2012年)
基本情報
建造所 ムィコラーイウ造船所英語版
運用者  ソビエト連邦海軍
 ロシア海軍
艦種 ミサイル巡洋艦
級名 スラヴァ級ミサイル巡洋艦
母港 セヴァストポリ海軍基地
所属 黒海艦隊
艦歴
起工 1976年11月6日
進水 1979年7月27日
竣工 1982年12月30日
就役 1983年1月30日
最期 2022年4月14日沈没
要目
排水量 12,490トン
全長 186.4 m
20.8 m
吃水 8.4 m
推進器 4 COGOG ガスタービン、2シャフト 121,000 shp (90,000 kW)
最大速力 32ノット
航続距離 10000海里
乗員 510[1]
兵装
装甲 スプリンター装甲板
搭載機 Ka-25またはKa-27ヘリコプター1機
電子装備
  • Rum TubおよびSide Globe EWアンテナ
  • 2 × PK-2 DL (140mm chaff / flare)
レーダー
  • Voskhod MR-800 (Top Pair) 3D search radar
  • Fregat MR-710 (Top Steer) 3D探索レーダー
  • Palm Frond航行レーダー
  • Pop group SA-N-4火器管制レーダー
  • Top Dome SA-N-6火器管制レーダー
  • Bass Tilt AK-360 CIWS System火器管制レーダー
  • ソナー
  • Bull horn MF hull mountedソナー
  • 黒海艦隊の旗艦
    テンプレートを表示

    モスクワロシア語: Москва)(1164.1型ミサイル巡洋艦)は、ロシア海軍ミサイル巡洋艦[2]スラヴァ級ミサイル巡洋艦ネームシップ[3]黒海艦隊旗艦を務めた。当初の艦名は「スラヴァ(ロシア語: Слава)」であったが、1995年5月16日に「モスクワ」へと変更された。

    2022年ロシアのウクライナ侵攻に投入されていた同年4月14日、深刻な損傷を受けた(ウクライナ側は自軍のネプチューン地対艦ミサイルによる攻撃が命中したと主張、ロシア側は艦内で火災が発生して弾薬が爆発したと主張)ため、目指す港へ曳航中だったが、釣り合いを失い沈没した[4]

    艦歴[編集]

    スラヴァ(1983年頃)

    スラヴァとして[編集]

    スラヴァ級ミサイル巡洋艦はキーロフ級ミサイル巡洋艦の小型版ともいうべき性格をもち、味方海上部隊を掩護しつつ、敵空母機動部隊を攻撃する能力を持つ[5]。このため多彩な兵装を備えている[5]スラヴァという艦名は、ロシア帝国海軍ボロジノ級戦艦スラヴァ」、ソ連海軍のマクシム・ゴーリキー級巡洋艦スラヴァ[6](当初の艦名はモロトフで、反党グループ事件によりモロトフ外相が失脚すると1957年にスラヴァと改名)に続き、3代目である。

    「スラヴァ」はウクライナ・ソビエト社会主義共和国ムィコラーイウ六一公社社員造船工場の445造船所で建造された。1976年11月6日に起工[7]され、1979年7月27日に進水[7]。1982年12月30日に竣工した[7]。1983年2月7日、黒海艦隊第30師団第150ミサイル艦旅団に編入[8]。1984年9月にセヴァストポリに着いた[8]

    1986年11月18日から22日の間、ギリシャピレウスに寄港した。

    「スラヴァ」はソ連指導者ミハイル・ゴルバチョフ米国大統領ジョージ・H・W・ブッシュの間で行われたマルタ会談(1989年11月2日-3日)で任務を果たした[9]。ソ連の代表団は「スラヴァ」を使用し、米国代表団はアメリカのミサイル巡洋艦「ベルナップ」で寝泊まりした[10][11][12]。「スラヴァ」はマルサシュロック英語版沖の停泊地に錨を下ろした。大荒れの天気と荒波によって一部の会合は中止となるか延期され、国際メディアは会談に「船酔いサミット」というあだ名を付けた。結局、会談はマルサシュロック湾に停泊したソビエトのクルーズ客船マクシム・ゴーリキー英語版」上で行われた[13]

    「スラヴァ」は1990年12月に改装のためにムィコラーイウへ戻り、修理は(ソビエト連邦の崩壊後の)1998年末まで続いた[14][15]

    モスクワ[編集]

    2009年のモスクワ
    2012年のモスクワ

    1995年5月16日、「モスクワ」に改名された[7]

    2000年4月に再就役し、キンダ型巡洋艦アドミラル・ゴロフコ英語版」に代わって黒海艦隊旗艦となった[16]

    2001年にはフランスチュニジアイタリアを、2002年にはフランスとシリアを訪問した[8]

    2003年4月初め、「モスクワ」とロシア軍哨戒艦艇「プイトリーヴイロシア語版」、ミサイル駆逐艦「スミトリヴイ英語版」、揚陸艦がインド洋での太平洋艦隊任務部隊(マールシャル・シャーポシュニコフ英語版アドミラール・パンチェレーエフ英語版)およびインド海軍との合同演習のためにセヴァストポリを出発した[17]。部隊は1559V計画タンカー「イワン・ブブノフ」と、712計画外洋航行タグボート「シャフチョール」による支援を受けた。

    「モスクワ」は2004年10月にマルタのグランド・ハーバーに寄港し、黒海艦隊の合奏団がバレッタ地中海会議場英語版での演奏会で演奏した[18]。2008年と2009年、地中海に立ち寄り、北方艦隊の艦船との海軍演習に参加した[19][循環参照]

    2008年8月、ロシアのジョージア侵攻の支援として、「モスクワ」は黒海制海権を確保するために配備された[20][21][22]。短い水上交戦の間に、ジョージア海軍は「モスクワ」にミサイルを1発着弾させたと主張したが確認されていない[23]アブハジア沖海戦)。ロシアがアブハジアの独立を承認した後、「モスクワ」はアブハジアの首都スフミに停泊した[要出典]

    2009年12月3日、定期的な総点検(冷却装置やその他の機械の交換、船底と船外付属品、推進シャフト、スクリューの再生、船底および船体の水上部分の洗浄と塗装)のために1カ月間浮きドックPD-30に入った。

    2010年4月、演習のためにインド洋のその他の海軍部隊に合流すると報じられた[24]。2013年8月、キューバハバナを訪れた[25]

    2013年8月末、シリア沿岸での米国軍艦の増強に対応して地中海に配置された[26]。背景については「シリア内戦#ロシア」を参照。

    2014年クリミア危機では、ドノズラフ湖英語版でウクライナ艦隊を封鎖した[27]

    2014年9月17日、地中海に配置され、警備艦「プイトリーヴイ」と交代した[19][循環参照]

    2015年7月、ロシアとアンゴラの国交樹立40周年を記念して、アンゴラの首都ルアンダを訪れた[28]。2015年9月の終わりから、東地中海において、ロシア連邦航空宇宙軍によるシリア空爆を実行してるラタキア近くのロシア軍の航空部隊のための防空を統括した[29]。2015年11月25日、トルコ空軍によるロシア軍爆撃機撃墜事件の後、S-300F地対空ミサイルシステムで武装した[30]「モスクワ」がシリア-トルコ海岸国境近くに配置される、と報じられた[31]。2016年、東地中海で姉妹艦英語版ヴァリャーク」と交代した[32]。2016年7月22日、ナヒーモフ勲章英語版を授与された[33]

    2016年1月に任務から戻ると、修理と改良のためセヴァストポリにてドック入りしたが、資金不足のため2018年7月時点では、将来は不明なままであった[34]

    2019年6月、いくつかの戦闘システムと主推進装置の試験を行っていた黒海のセヴァストポリ港を出港した[35]

    2020年7月3日、修理とメンテナンスを完了し、2040年まで就航し続けることが可能となった[36]。修理後初の出港は2020年8月に予定されたが、実際には2021年2月になってようやく配備のための準備を開始した[37][38]。2021年3月に海洋で演習を行ったと報じられた[39]

    2022年ロシアのウクライナ侵攻[編集]

    ズミイヌイ島攻撃[編集]

    ロシアの軍艦よ、くたばれ」を題材としたウクライナの切手英語版。巡洋艦モスクワに中指を立てるウクライナ兵が描かれている。沈没の2日前に発行された[40][41]

    2022年2月、モスクワは2022年ロシアのウクライナ侵攻に参加するためセヴァストポリを出港した[42]。その後、哨戒艦ワシリー・ビコフ英語版と共に、ズミイヌイ島攻撃でウクライナ軍に対して使用された[43]。モスクワはズミイヌイ島の守備隊に対して無線で呼び掛け、降伏を要求したが、守備隊は「ロシアの軍艦よ、くたばれ」と返答した。この後、ズミイヌイ島との全ての通信が跡絶え、13名のウクライナ守備兵が捕虜となった[44][45]

    沈没[編集]

    2022年4月13日、ウクライナ大統領補佐官オレクシー・アレストヴィチオデッサ州知事英語版マクシム・マルチェンコは、モスクワが2発のネプチューン対艦ミサイルに被弾し、海上で火災が発生している、と述べた[46]。2発のミサイルは60~65海里沖合にいた巡洋艦モスクワへ、オデーサまたはその近くから発射されたようである[47][48]。巡洋艦モスクワは三段重ねの防空システムを装備しており、適切に操作されれば、3つのネプチューンミサイルの攻撃に対して防御できる[49]。ウクライナの情報源は、この攻撃がバイラクタル TB2無人攻撃機による支援を受け、モスクワの防御網が乱された、と報じた[50][51]。4月14日、ウクライナ南部司令部英語版は、モスクワが転覆し、沈み始めている、と主張した[52]

    リトアニア国防相アルヴィーダス・アヌシャウスカス英語版は、巡洋艦モスクワから着弾後すぐに遭難信号が送信された、と主張した[53][54]

    2022年4月14日、アメリカ合衆国国防総省報道官ジョン・カービーは、画像は艦がかなりの爆発とその後の「大きな火災」によって損害を受けていることを示している、と述べた。爆発の原因は不明であった。乗組員はその他の船に移された。船上で火災が発生しているモスクワは修理のためにセヴァストポリ港へ向かっているように見えた[55][56]。船が自身の動力で動いているのか、曳航されているのかは不明であった[57]

    ロシア国防省は、火災は弾薬の爆発が原因で、艦が深刻な損傷を受けており、乗組員は完全に退避した、と述べたが、ウクライナの攻撃について言及しなかった[58][59][60]。ロシア国防相は4月14日、巡洋艦モスクワのミサイルシステムは損害を受けておらず、火災は乗組員によって封じ込められ、船を港へ曳航する努力が進行中である、と付け加えた[50][61]。その日の後になって、ロシア国防相は、悪天候での曳航中に沈没した、と述べた[62][63]。ロシアの主張が正しいとすれば、最後に黒海艦隊旗艦が破壊されたのは戦艦インペラトリッツァ・マリーヤ英語版」が爆発した1916年のことである[9]

    ウクライナの主張が正しいとすれば、海戦史に残る出来事である。艦は排水量12,490トンであり、第二次世界大戦以後に敵の攻撃によって沈められた最大の戦闘艦となる[64][65]。同程度の大きさの船が沈められたのは、フォークランド紛争イギリス海軍原子力潜水艦によって沈められたアルゼンチン海軍巡洋艦ヘネラル・ベルグラノ[66](元アメリカ軽巡フェニックス)以来である[67]。また、ソビエトの戦艦マラートがドイツ軍によって損害を受けた1941年以降に敵から損害を受けた最大のロシア艦船である[9]

    米国国家安全保障問題担当大統領補佐官ジェイク・サリバンは、モスクワのサーガ(物語)が「ロシアにとって大きな打撃となった」と述べ、「モスクワは2つの物語のどちらかを選ぶことを余儀なくされた。1つの物語は『単に故障であった』とするもの、もう1つは『攻撃を受けた』とするものである。そしてどちらもあまりよい結末ではない」と語った[68]。対照的に、ロシアの軍事アナリスト、アレクサンドル・クラムチキンは「(艦はかなり古く)実戦的な価値よりも立場的な価値が高く、概して、今回の作戦とは関係がない。戦争行為の行方に何の影響も与えない。」と主張した[9]

    日本の軍事ジャーナリストの黒井文太郎は「一番の問題は、ウクライナ軍が対艦ミサイルを運用できることが初めて証明されたこと。(ウクライナのネプチューン対艦ミサイルは)射程300 kmと言われているので、ロシア海軍としては300 kmよりも近付くことは危険だと証明された」、「(ロシア側は)例えば揚陸艦で揚陸し、基地に着けて地上部隊を送り込むなどといった作戦は今後、難しくなる」と指摘した[69]

    アメリカ国防総省の高官は、(旗艦の)モスクワで爆発が起きたことでウクライナ南部オデーサ沖で活動していた(沈没した旗艦モスクワ以外の)ロシア軍の艦艇5隻ほどが(オデーサ沖から、遠方へと)遠ざかった、とも明かした[70]

    ロシア軍の報復[編集]

    ネプチューン対艦ミサイルによるモスクワ沈没をロシア国防省は認めていないものの、4月15日にはキーウ(キエフ)郊外にあるネプチューン製造工場が海上からの長距離ミサイル攻撃により深刻な損害を受けた[71]。3月下旬のキーウ地域からのロシア軍撤退以来2週間以上のこの地域は攻撃を受けておらず、この攻撃はモスクワ沈没の報復だと受け止められた[71]

    死傷者情報の錯綜[編集]

    ロシア国防省がモスクワの全乗組員が救助されたと主張し死傷者に言及しない一方[72]、乗組員の息子と連絡が取れないという親がいると露独立系メディアが報じており[73][74]、ロシア最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) であるフコンタクテでは「連絡の取れないモスクワ乗務員の息子」の情報を求めて乗務員の母親や親族と称する利用者たちが「乗務員」の写真と共に情報提供のお願いを掲載し始めた[74]。また家族の多くは「モスクワ」には徴集兵は乗務していないと聞かされており、連絡の取れない船員には徴集兵が含まれている事や、情報の少なさに、これが沈没した原子力潜水艦クルスクの二の舞になるのではないかと家族たちは恐れていると伝えられた[74][75]

    一方で「乗組員は全員避難した」にも係わらず[76]、4月16日にはクリミア半島セヴァストポリにあるロシア海軍300周年記念碑で非公式な追悼式が行われ、ロシア当局が公開した動画には予備役セルゲイ・ゴルバチョフ氏やロシア正教ゲオルギー・プロヤコフ長司祭、「モスクワと乗組員たちへ」と書かれたリボン付きの花輪や花を捧げる民間人の姿が映し出されていた[77][76][78]

    また同日の16日にはモスクワに乗務していたとされる乗組員約100人が映った「生存を示す」という26秒のビデオもロシア国防省によって公開された[79]。陸上で撮影されたそのビデオにはロシア海軍の最高司令官ニコライ・エヴメノフ提督が乗組員に話しかける場面も収録されていたが、音声は消されており、撮影日時も不明とされた[80]

    モスクワ艦長であるアントン・クプリンウクライナ語版大佐についても、ウクライナ内務省顧問はネプチューンの攻撃による爆発と火災中に戦死したと主張する一方、ロシア国防省はクプリン艦長の消息についてまったく言及をせず、情報が錯綜した[72][77]

    4月19日にはザ・モスクワ・タイムズが、乗組員家族が掲載したSNS情報や地元メディア報道から死亡または行方不明情報が確認されたという船員の略歴と写真をウェブサイトに掲載し始めた[81]

    4月22日、ロシア国防省は初めて死傷者に言及し、死者1名、行方不明者が27人、退避者396人と発表した[82]

    モスクワの引き上げ[編集]

    軍事機密を保持したまま沈没したモスクワの引き上げのために、黒海艦隊からコムーナを含む8隻の引き上げ船による部隊が現場に向かっていると報じられた[83]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ “Russian warship Moskva: What do we know?”. BBC News. (2022年4月14日). オリジナルの2022年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220414080748/https://www.bbc.co.uk/news/world-europe-61103927 2022年4月14日閲覧。 
    2. ^ 世界の艦船、近代巡洋艦史 2009, p. 7〈フォト・セレクション〉カラーで見る戦後の巡洋艦 ロシア/ミサイル巡洋艦「スラヴァ」Slava級(モスクワ Moskva)
    3. ^ 世界の艦船、近代巡洋艦史 2009, p. 212aソ連→ロシア/ミサイル巡洋艦「スラヴァ」級 SLAVA CLASS
    4. ^ ロシア国防省、黒海艦隊の旗艦モスクワが沈没と発表”. BBC (2022年4月15日). 2022年4月16日閲覧。
    5. ^ a b 世界の艦船、近代巡洋艦史 2009, p. 212b.
    6. ^ 世界の艦船、近代巡洋艦史 2009, p. 132ソ連/重巡洋艦「マキシム・ゴルキイ」級 MAXIM GORKY CLASS
    7. ^ a b c d 『ソ連/ロシア巡洋艦建造史』124ページ
    8. ^ a b c 『ソ連/ロシア巡洋艦建造史』133ページ
    9. ^ a b c d Reuters (2022年4月14日). “Factbox: The 'Moskva', Russia's lost Black Sea Fleet flagship” (英語). Reuters. オリジナルの2022年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220414234452/https://www.reuters.com/world/europe/moskva-russias-lost-black-sea-fleet-flagship-2022-04-14/ 2022年4月14日閲覧。 
    10. ^ Dowd, Maureen (1989年12月3日). “The Malta Summit: Reporter's Notebook; Superpowers Cooperating, But Not Seas”. The New York Times. オリジナルの2015年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151011184420/http://www.nytimes.com/1989/12/03/world/the-malta-summit-reporter-s-notebook-superpowers-cooperating-but-not-seas.html?pagewanted=all 2015年10月2日閲覧。 
    11. ^ “The Malta Summit : Today's Schedule”. Los Angeles Times. (1989年12月2日). オリジナルの2015年10月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151003175651/http://articles.latimes.com/1989-12-02/news/mn-206_1_malta-time 2015年10月2日閲覧。 
    12. ^ Shanker, Thom (1989年11月2日). “Ships Off Malta Site For Seaborne Summit”. Chicago Tribune. オリジナルの2015年10月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151004032815/http://articles.chicagotribune.com/1989-11-02/news/8901270691_1_guided-missile-cruiser-slava-malta-seaborne-summit 2015年10月2日閲覧。 
    13. ^ Martin, Ivan (2022年4月14日). “Russian flagship damaged off Ukraine was in Malta for superpower summit”. Times of Malta. オリジナルの2022年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220414135359/https://timesofmalta.com/articles/view/russian-flagship-damaged-off-ukraine-was-in-malta-for-superpower.948286 
    14. ^ Slava Class Guided Missile Cruiser”. naval-technology.com (2010年6月13日). 2022年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月14日閲覧。
    15. ^ 『ソ連/ロシア巡洋艦建造史』133ページによれば、1999年に工事完了
    16. ^ Project 1164 Atlant Krasina/Slava class Guided Missile Cruiser”. GlobalSecurity.org (2014年6月3日). 2007年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月5日閲覧。
    17. ^ Scott, Richard (2003年4月16日). “Russia deploys naval squadron to Indian Ocean”. Jane's Defence Weekly 
    18. ^ Cachia, Francis (2004年10月3日). “Moskva in Malta”. Times of Malta. オリジナルの2022年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220414135402/https://timesofmalta.com/articles/view/moskva-in-malta.110972 2022年4月14日閲覧。 
    19. ^ a b ru:Москва (ракетный крейсер)#История службы
    20. ^ Black Sea Fleet Moving Towards Georgia”. InvasionIntoGeorgia.org (2008年8月10日). 2008年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月18日閲覧。
    21. ^ Russian Navy carries out Black Sea anti-terror exercise”. RIA Novosti (2008年8月11日). 2012年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月3日閲覧。
    22. ^ Russian navy blockade Georgia”. Xinhua News Agency (2008年8月10日). 2012年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月3日閲覧。
    23. ^ Axe, David. “Georgian Navy's Cruel Fate”. Wired. オリジナルの14 April 2022時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220414064021/https://www.wired.com/2008/08/georgian-navys/ 2022年4月14日閲覧。. 
    24. ^ Russia sends additional missile cruiser to Indian Ocean”. RIA Novosti (2010年4月9日). 2011年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月3日閲覧。
    25. ^ Russian Naval Detachment Calls at Havana Harbor”. Agencia Cubana de Noticias (2012年7月29日). 2013年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月18日閲覧。
    26. ^ Heritage, Timothy (2013年8月29日). “Russia sends warships to Mediterranean as Syria tension rises”. Reuters. 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月6日閲覧。
    27. ^ Osborn, Andrew (2014年3月8日). “Ukraine facing loss of its navy as Russian forces in Crimea dig in”. Reuters. 2014年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月6日閲覧。
    28. ^ Russian Navy's Vessels Sail to Luanda, Angola”. Naval Today (2015年7月10日). 2021年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月11日閲覧。
    29. ^ Российские корабли приготовились прикрывать с воздуха авиабазу под Латакией” [Russian ships prepare to cover the airbase near Latakia from the air] (ロシア語). Interfax (2015年10月2日). 2015年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月10日閲覧。
    30. ^ Turkey Takes Action Against Russia's Syrian Air War”. Aviation International News (2015年11月26日). 2015年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月26日閲覧。
    31. ^ Writers, Network (2015年11月24日). “Putin's furious act of retaliation”. オリジナルの2015年11月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151124141026/http://www.news.com.au/world/middle-east/military-plane-shot-down-crashes-near-syrianturkish-border/news-story/02905f7e0d3270c4410d5de31722b785 2015年11月24日閲覧。 
    32. ^ Isachenkov, Vladimir (2016年1月21日). “Russia displays naval might off Syria's Mediterranean coast”. Washington Post. Associated Press. オリジナルの2016年1月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160121115341/https://www.washingtonpost.com/world/middle_east/russia-displays-naval-might-off-syrias-mediterranean-coast/2016/01/21/ebbff6d0-c026-11e5-98c8-7fab78677d51_story.html 2016年1月21日閲覧。 
    33. ^ Министр обороны России генерал армии Сергей Шойгу вручил орден Нахимова гвардейскому ракетному крейсеру "Москва" Черноморского флота” [Russian Defence Minister General of the Army Sergei Shoigu presented the Order of Nakhimov to the Guards Missile Cruiser Moskva of the Black Sea Fleet] (ロシア語). Russian Ministry of Defence (2016年7月22日). 2016年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月5日閲覧。
    34. ^ ВМФ и руководство Черноморского флота решит, ремонтировать ли крейсер "Москва"” [The Navy and the leadership of the Black Sea Fleet will decide whether to repair the cruiser "Moskva"] (ロシア語). Interfax (2018年7月3日). 2018年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月18日閲覧。
    35. ^ Ракетный крейсер "Москва" вышел море впервые за три года” [Missile cruiser "Moskva" goes to sea for the first time in three years] (ロシア語). bmpd.livejournal.com (2019年6月6日). 2020年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
    36. ^ Russian Black Sea Fleet flagship to remain in service until 2040 — source”. TASS (2020年7月5日). 2020年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月6日閲覧。
    37. ^ greenchelman. “The cruiser "Moscow" will be sent to the coast of Syria” (英語). Репортёр [Reporter]. 2020年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月4日閲覧。
    38. ^ Экипаж гвардейского ракетного крейсера "Москва" Черноморского флота сдал первую курсовую задачу” [The crew of the guards missile cruiser "Moskva" of the Black Sea Fleet has passed the first course task] (ロシア語). Armed Forces of the Russian Federation (2021年2月3日). 2021年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月18日閲覧。
    39. ^ The flagship of the Black Sea Fleet, the missile cruiser "Moskva", went to sea to practice the second course task”. Ministry of Defence of the Russian Federation (2021年3月12日). 2021年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月15日閲覧。
    40. ^ “Ukrainian soldiers who told Russian warship 'go f*** yourself' honoured on postal stamps”. (2022年4月14日). オリジナルの2022年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220414202402/https://www.itv.com/news/2022-04-14/ukrainian-soldiers-who-told-russian-warship-go-f-yourself-honoured-on-stamp 2022年4月14日閲覧。 
    41. ^ Michael, Chris (2022年3月12日). “Ukraine reveals 'Russian warship, go fuck yourself!' postage stamp”. The Guardian. オリジナルの2022年3月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220312120555/https://www.theguardian.com/world/2022/mar/12/ukraine-reveals-russian-warship-go-fuck-yourself-postage-stamp 2022年4月14日閲覧。 
    42. ^ H I Sutton - Covert Shores”. 2022年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月17日閲覧。
    43. ^ Zmiinyi Island In Black Sea Attacked From Russian Ships - Border Service”. ukranews_com (2022年2月24日). 2022年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月25日閲覧。
    44. ^ ВМС ЗС України”. facebook.com. ВМС ЗС України (2022年2月28日). 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
    45. ^ Ukrainian Navy confirms Snake Island soldiers are alive, POWs”. jpost.com. The Jerusalem Post (2022年2月28日). 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
    46. ^ “Ukraine says it struck Russia's Black Sea flagship in missile attack” (英語). Washington Post. ISSN 0190-8286. オリジナルの2022年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220414092224/https://www.washingtonpost.com/world/2022/04/14/ukraine-russian-missile-cruiser-moskva-warship/ 2022年4月14日閲覧。 
    47. ^ Axe, David (2022年4月13日). “One Of Russia's Biggest Cruisers Knocked Out Near Odessa”. Forbes. オリジナルの2022年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220414202404/https://gum.criteo.com/syncframe?origin=publishertag&topUrl=www.forbes.com 2022年4月14日閲覧。 
    48. ^ Manash Pratim Boruah; Prathamesh Karle; Shaurav Gairola (2022年4月14日). “Fire puts Russian Navy's Black Sea Fleet flagship out of action”. Janes Information Services. オリジナルの2022年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220414202407/https://www.janes.com/defence-news/fire-puts-russian-navys-black-sea-fleet-flagship-out-of-action/ 2022年4月14日閲覧。 
    49. ^ Russian warship Moskva has sunk - defence ministry” (英語). BBC (2022年4月14日). 2022年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月14日閲覧。
    50. ^ a b Москва утонула . Как ВСУ поразили флагман ЧФ РФ” ['Moscow' drowned. How the Armed Forces hit the flagship of the Russian Black Sea Fleet] (ロシア語). korrespondent.net. 2022年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月14日閲覧。
    51. ^ Jamie Siedel (2022年4月14日). “Russian warship Moskva explodes on Ukraine coast after missiles fired”. news.com.au. News Corp Australia. 2022年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月14日閲覧。
    52. ^ Russian cruiser Moskva capsized and began to sink – Operational Command South” (英語). www.ukrinform.net. 2022年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月14日閲覧。
    53. ^ Zorlu, Faruk (2022年4月15日). “Turkish ship rescued 54 sailors on damaged Russian naval cruiser Moskva”. Anadolu Agency (Ankara). オリジナルの2022年4月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220415002142/https://www.aa.com.tr/en/russia-ukraine-war/turkish-ship-rescued-54-sailors-on-damaged-russian-naval-cruiser-moskva/2564125 2022年4月15日閲覧。 
    54. ^ “Anušauskas: ukrainiečių apšaudytas rusų kreiseris „Moskva“ nuskendo (Anušauskas: Russian cruiser Moskva shot down by Ukrainians)” (リトアニア語). TV3 (Lithuania). (2022年4月14日). オリジナルの2022年4月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220415002109/https://www.tv3.lt/naujiena/uzsienis/anusauskas-ukrainieciu-apsaudytas-rusu-kreiseris-moskva-nuskendo-n1162347 2022年4月15日閲覧。 
    55. ^ Lendon, Brad (2022年4月14日). “Russian navy evacuates badly damaged flagship in Black Sea. Ukraine claims it was hit by a missile”. CNN. オリジナルの2022年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220414164050/https://www.cnn.com/2022/04/14/europe/russia-navy-cruiser-moskva-fire-abandoned-intl-hnk-ml/index.html 2022年4月14日閲覧。 
    56. ^ Forgey, Quint. “Pentagon confirms explosion aboard Russian warship” (英語). POLITICO. 2022年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月14日閲覧。
    57. ^ Russian warship Moskva on fire but afloat, Pentagon says” (英語). the Guardian (2022年4月14日). 2022年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月14日閲覧。
    58. ^ Russia Says Major Ship in Black Sea Fleet Badly Damaged in Blast - Interfax” (2022年4月13日). 2022年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月13日閲覧。
    59. ^ Новости, Р. И. А. (2022年4月14日). “На ракетном крейсере "Москва" в результате пожара сдетонировал боезапас” [Ammunition on the missile cruiser "Moscow" detonated as a result of a fire] (ロシア語). РИА Новости. 2022年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月13日閲覧。
    60. ^ На ракетном крейсере "Москва" произошел пожар” [A fire broke out on the missile cruiser Moskva] (ロシア語). tass.ru (2022年4月13日). 2022年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月14日閲覧。
    61. ^ Russia says fire on the Moskva missile cruiser is contained”. reuters.com (2022年4月14日). 2022年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月14日閲覧。
    62. ^ “Russian warship Moskva has sunk - state media”. BBC News. (2022年4月14日). オリジナルの2022年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220414201134/https://www.bbc.com/news/world-europe-61114843 2022年4月14日閲覧。 
    63. ^ Reuters (2022年4月14日). “Russia says flagship missile cruiser Moskva has sunk after fire” (英語). Reuters. オリジナルの2022年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220414213452/https://www.reuters.com/world/europe/russia-says-flagship-missile-cruise-ship-has-sunk-after-fire-2022-04-14/ 2022年4月14日閲覧。 
    64. ^ Russian warship Moskva has sunk - defence ministry” (英語). BBC (2022年4月14日). 2022年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月14日閲覧。 ““If the Ukrainian attack is confirmed, the 12,490-tonne Moskva would be the biggest warship to be sunk by enemy action since World War Two.””
    65. ^ Sunken Russian warship Moskva: What do we know?” (英語). BBC (2022年4月14日). 2022年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月14日閲覧。
    66. ^ 世界の艦船、近代巡洋艦史 2009, p. 145〔戦利・貸供与艦〕アルゼンチン/軽巡洋艦「ブルックリン」級 BROOKLYN CLASS
    67. ^ CNN, Brad Lendon. “Russian warship sinks in the Black Sea after Ukraine claims it was hit by a missile”. CNN. 2022年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月14日閲覧。
    68. ^ “US National Security Adviser Jake Sullivan said that the way the Moskva saga “has unfolded is a big blow to Russia”.”. The Guardian. オリジナルの2022年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220414231400/https://www.theguardian.com/world/live/2022/apr/14/russia-ukraine-war-latest-russia-says-warship-seriously-damaged-after-ammunition-explosion-us-to-send-800m-in-military-aid-to-ukraine-live?page=with%3Ablock-62588a118f08790595e26c35#block-62588a118f08790595e26c35 2022年4月14日閲覧。 
    69. ^ “ウクライナが“動く作戦司令部”攻撃か ロシア旗艦「モスクワ」が炎上”. テレビ朝日. (2022年4月14日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000251508.html 2022年4月15日閲覧。 
    70. ^ “米国防総省『モスクワ沈没はロシア軍の大きな痛手』”. テレビ朝日. (2022年4月15日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000251592.html 2022年4月15日閲覧。 
    71. ^ a b Russia hits Kyiv missile factory after flagship sunk” (英語). France 24 (2022年4月16日). 2022年4月21日閲覧。
    72. ^ a b “Russian warship: Moskva crew 'shown for first time since sinking'” (英語). BBC News. (2022年4月16日). https://www.bbc.com/news/world-europe-61129151 2022年4月20日閲覧。 
    73. ^ 旗艦「モスクワ」沈没、乗組員40人死亡か…ロシア国防省は「戦死者1351人」のまま : 国際 : ニュース”. 読売新聞オンライン. 読売新聞 (2022年4月18日). 2022年4月19日閲覧。
    74. ^ a b c Whalen, Jeanne; Ilyushina, Mary (2022年4月18日). “Sinking of Russian warship raises tense questions about fate of crew” (英語). Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/world/2022/04/18/moskva-warship-crew-survivors/ 2022年4月19日閲覧。 
    75. ^ 3 Ukrainian missiles hit Moskva, says survivor; families fear 'new Kursk'” (英語). The Week (2022年4月19日). 2022年4月20日閲覧。
    76. ^ a b ブリューゲン, イザベル・ファン. “【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」”. Newsweek. 2022年4月20日閲覧。
    77. ^ a b 艦長死亡か…「モスクワ」沈没で食い違う主張 ロシアの報復攻撃に懸念”. テレ朝news. テレビ朝日 (2022年4月16日). 2022年4月20日閲覧。
    78. ^ The Embassy of the Russian Federation in Japan (2022年4月16日). “去る4月15日、セヴァストポリで黒海艦隊旗艦の巡洋艦『モスクワ』の別れの会が行われました。”. www.facebook.com. Facebook. 2022年4月20日閲覧。
    79. ^ 沈没した巡洋艦モスクワ、「船員の生存示す」映像をロシア国防省が公開”. BBCニュース (2022年4月17日). 2022年4月20日閲覧。
    80. ^ 沈没した巡洋艦「モスクワ」の船員生存か、ロシア国防省が映像公開 クリミア半島に滞在と”. BBCニュース (2022年4月17日). 2022年4月20日閲覧。
    81. ^ In Photos: the Victims of Russia's Sunken Moskva Cruiser” (英語). The Moscow Times. The Moscow Times (2022年4月20日). 2022年4月20日閲覧。
    82. ^ 巡洋艦沈没で1人死亡、27人不明 ロシアが初公表”. www.afpbb.com. 2022-04-23. 2022年4月23日閲覧。
    83. ^ Axe, David (2022年4月22日). “The Russians Appear To Be Sending A Deep-Diving Submersible To The Wreck Of The Cruiser ‘Moskva’” (英語). Forbes. 2022年4月23日閲覧。

    参考文献[編集]

    • 編集人 木津徹、発行人 石渡長門『世界の艦船 2010.No.718 近代巡洋艦史』株式会社海人社〈2010年1月号増刊(通算第718号)〉、2009年12月。
    • アンドレイ・V・ポルトフ『ソ連/ロシア巡洋艦建造史』世界の艦船 増刊第94集、2010年、海人社

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]