マリア・ザハロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マリア・ウラジーミロヴナ・ザハロワ
Мария Владимировна Захарова
マリア・ザハロワ(2017年)
ロシア外務省 情報報道局長(報道官)
就任
2015年8月10日
大統領ウラジーミル・プーチン
前任者アレクサンドル・ルカシェヴィチロシア語版
個人情報
生誕Мария Владимировна Захарова
(Maria Vladimirovna Zakharova)

(1975-12-24) 1975年12月24日(48歳)
ソビエト連邦ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
配偶者
Andrei Makarov (m. 2005)
子供1
出身校モスクワ国際関係大学(MGIMO)
受賞
  • 名誉勲章
  • 友好勲章
  • ロシア連邦大統領名誉証明書
  • BBC100人の女性(2016年)

マリア・ウラジーミロヴナ・ザハロワロシア語: Мари́я Влади́мировна Заха́рова英語: Maria Vladimirovna Zakharova)はロシア外務省情報報道局長であり、ロシア外務省報道官[1]博士号に相当するのロシア博士候補の学位を歴史科学の分野で持っている[2]

キャリア[編集]

2016年、ザハロワは BBCの100人の女性に選ばれた[3]

2022年ロシアのウクライナ侵攻[編集]

2022年2月16日、ザハロワは、2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシアによるウクライナへの差し迫った侵略についての西側メディアの予測を嘲笑した[4]

2022年2月23日(ロシアによるウクライナ侵攻の前日)、欧州連合はザハロワに対して、「ロシア政府宣伝の中心人物」として、また「ロシア軍の配備を促進した」として、他の著名なロシアのメディア関係者とともに制裁の対象とした。3月8日、オーストラリアもザハロワに対して制裁を課した[5]。3月18日、日本政府はザハロワをロシアに対する制裁の対象とした[6]

私生活[編集]

2005年11月7日、ザハロワはAndrei Makarovとアメリカニューヨーク市にあるロシア領事館で結婚式をした[7]。夫婦には2010年8月に生まれた娘のマリアナがいる[8][9]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ ru:Директор ДИП МИД Роcсии ロシア外務省情報局長” (ロシア語). ロシア外務省. 2016年6月5日閲覧。
  2. ^ Says Moscow” (ロシア語). 2016年6月5日閲覧。
  3. ^ “BBC 100 Women 2016: Who is on the list?”. BBC News. (2016年11月21日). https://www.bbc.com/news/world-38012048 2022年3月29日閲覧。 
  4. ^ "Russians ridicule western media on ‘day of no invasion’." 「侵略の日などない」と西側のメディアをロシアは嘲笑”. The Guardian (2022年2月16日). 2022年3月27日閲覧。
  5. ^ Dziedzic, Stephen (2022年3月8日). “New sanctions on Russia as Australia seeks to counter Ukraine invasion misinformation”. https://www.abc.net.au/news/2022-03-08/australia-sanction-russia-disinformation-de-nazification-ukraine/100891128 2022年3月11日閲覧。 
  6. ^ “政府、ロシアのザハロワ報道官や新興財閥オリガルヒ関係者の資産凍結”. 朝日新聞. (2022年3月18日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASQ3L55LCQ3LUTFK01C.html 2022年3月27日閲覧。 
  7. ^ Anastasia Smirdova (2016年11月11日). “ru:Внешность славянская, ум британский. Фотограф о свадьбе Марии Захаровой マリア・ザハロワの結婚式についての写真” [Appearance is Slavic, the mind is British. Photographer about the wedding of Maria Zakharova] (ロシア語). 2016年11月11日閲覧。
  8. ^ Maria Zakharova (2017年5月4日). “Messages and calls about Marian being bitten by a dog. マリアンが犬に噛まれたことについて” (ロシア語). Facebook. 2022年3月27日閲覧。
  9. ^ Edward Chesnokov (2016年11月14日). “[Photographer Nikolai Komissarov: "The New York wedding of Maria Zakharova was sober!"]” (ロシア語). Komsomolskaya Pravda. http://www.kp.ru/daily/26603/3622824/ 

外部リンク[編集]