ウラジーミル・メジンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウラジーミル・メジンスキー
Владимир Ростиславович Мединский
Vladimir Medinsky govru.png
ロシア政府により公表された画像
生年月日 (1970-07-10) 1970年7月10日(51歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の旗 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国チェルカースィ州スメラ(スミラ)市
出身校 モスクワ国際関係大学
前職 作家、下院議員
現職 ロシア大統領補佐官
所属政党 (ソ連共産党 1991年まで→)
(独立系1991年–1995年→)
(我が家ロシア 1995年–2000年→)
(統一 1999年–2001年→)
統一ロシア (2001年から)
称号 政治学および史学博士教授

内閣 ドミートリー・メドヴェージェフ内閣
在任期間 2012年5月21日 - 2020年1月15日

当選回数 2回
在任期間 2004年 - 2011年
テンプレートを表示

ウラジーミル・ロスチスラヴォヴィチ・メジンスキーロシア語: Влади́мир Ростисла́вович Меди́нский, ウクライナ語: Володимир Ростиславович Мединський, 1970年7月18日 - )は、ウクライナ出身のロシアジャーナリスト作家評論家政治家学者政治学および史学博士 [1]2004年から2011年までロシア連邦議会下院国家会議代議員を二期務め、この間、下院企業小委員会議長、環境・天然資源委員会副議長、文化委員会議長を歴任した。2012年からメドヴェージェフ政権文化大臣を務めたあと、ウラジーミル・プーチン大統領に重用され2020年からロシア連邦大統領補佐官[2][1]

経歴[編集]

ウクライナ・ソビエト社会主義共和国チェルカースィ州スミラ市に生まれた[1]

人物[編集]

メジンスキーはいくつも本を出版しており、ロシアについての神話シリーズでは、ロシアにおける抑圧・弾圧の歴史と、ロシア人の残酷さを肯定しており、ロシアの歴史を正当化している[2]筑波大学中村逸郎教授はメジンスキーにとってはロシアの国家・国益・国家主権が最も重要で、「ロシアのすごい所は、こんなに悪い国だというのを誇らしげに書いている」、プーチン大統領は自らの政治を正当化するため、メジンスキーの思想を必要としていたと指摘する[2]。メジンスキーは、「古典主義と伝統的な価値観に夢中になっている民族主義者」と評されている[11]

文化大臣就任時には、ロシア帝国時代の軍人を称え、各地に70以上の記念碑を建設した[2]。メジンスキーは、レーニン廟からウラジーミル・レーニンの遺体を撤去して埋葬する意見を支持している[12][13]。また、スターリンの彫像は大多数が支持する地域に建てられるべきだとする[14]

メジンスキーはテレビドラマ『チェルノブイリ』(2019)を称賛した[15]。メジンスキーの父親はチェルノブイリ原子力発電所事故リクビダートル(処理作業員)だった[16]

盗作疑惑[編集]

  • 1997 - 政治学博士論文
  • 1999 - 政治学高等博士論文[17]
  • 2011 - ロシア国立社会大学で歴史学博士論文「15世紀後半から17世紀までのロシア史報道における客観性の問題」

しかし、メジンスキーの論文は、既存の学術研究との酷似が指摘され、盗作との疑いを引き起こした[18][19]

  • 2014年5月23日、論文盗作に関係する調査集団ディザーネット(Dissernet)は、1997年と1999年のメジンスキーの2つの論文で盗作を発見したと報じた[20][21]。一方の論文では120ページのうち87ページが、メジンスキーの科学顧問S. A.Proskurinの論文からの借用で、もうひとつの論文では21ページが他人の作品のテキストで一致した[17][22]
  • 2017年10月3日、ロシア学術評議会は、メジンスキーの2011年の博士号取り消しを推奨した[23]。しかし、2017年10月20日、高等学位を監督する政府機関が、メジンスキーの学位を認めた[24][19]

栄典[編集]

著作[編集]

  • 商業広告の法的基礎 Kirill Vsevolozhskiyとの共著, 1998. ISBN 5-901084-01-2. (2006、第2版).

ロシアについての神話シリーズ[編集]

ロシアについての神話 (Мифы о России)シリーズはモスクワ:オルマメディアグループが出版。

小説[編集]

教科書[編集]

  • ロシア軍事史[39]Р., Мягков М. Ю., Никифоров Ю. А.共著、 2019. ISBN 978-5-6041367-1-3.
  • 6年生から10年生までロシアの歴史[40],Под ред. Мединского В. Р.共著, 2021.

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l Official Website
  2. ^ a b c d e ロシア代表団トップの著作から見える思想 ロシア人の残酷さ肯定”. TBS NEWS. 2022年3月9日閲覧。
  3. ^ Объявлен состав нового Правительства российской Федерации, Эхо Москвы.
  4. ^ [1].
  5. ^ [2].
  6. ^ “Минкультуры изложило "Основы государственной культурной политики"” (ロシア語). Izvestia. (2014年4月10日). http://iz.ru/news/569016 2017年6月28日閲覧。 
  7. ^ Russia’s culture minister calls for new ‘patriotic Internet’ to combat Western spin”. Washington Post. 2017年6月6日閲覧。
  8. ^ Vladimir Medinsky” (ロシア語). www.medinskiy.ru. 2022年2月28日閲覧。
  9. ^ a b Мединский возглавит новую комиссию по борьбе с "фальсификацией истории"30.07.2021
  10. ^ "There are now 368,000 Ukraine refugees, UN estimates", CNN, 27 February 2022
  11. ^ Russian culture wars take centre stage,Economist,2017/08/19
  12. ^ Министр культуры предлагает торжественно похоронить Ленина,Minister of Culture has offer to solemnly bury Lenin – Vesti.ru|Russian source
  13. ^ Мединский: Тело Ленина пора выносить из мавзолея, er.ru
  14. ^ “A battle for truth and glory as Russia marks Victory Day” (英語). Telegraph.co.uk. https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/russia/11594290/A-battle-for-truth-and-glory-as-Russia-marks-Victory-Day.html 2017年6月6日閲覧。 
  15. ^ Мединский назвал сериал "Чернобыль" "мастерски сделанным фильмом"”. RBC. 2019年6月14日閲覧。
  16. ^ Светлана Рейтер, Иван Голунов (2015年7月13日). “Расследование РБК: зачем Мединскому Военно-историческое общество”. РБК. 2015年11月2日閲覧。
  17. ^ a b "Dissernet's" Experts found plagiarism
  18. ^ Tom Balmforth,Profile: Vladimir Medinsky, Russia's Controversial New Culture Minister,RadioFreeEurope/RadioLiberty,June,3,2012.
  19. ^ a b Russia’s Culture Minister Vladimir Medinsky Keeps PhD, Despite Plagiarism Allegations,Moscow Times,Oct. 20, 2017
  20. ^ Мединский Владимир Ростиславович”. 2022年3月10日閲覧。
  21. ^ Мединский Владимир Ростиславович”. 2022年3月10日閲覧。
  22. ^ Meet the Second-Rate Academic Who is Vladimir Putin's Culture Cop”. 2022年3月10日閲覧。
  23. ^ Russia's 'Myth'-Busting Culture Minister Embroiled In Doctoral Thesis Scandal,october,3,2017.RadioFreeEurope/RadioLiberty
  24. ^ Russian minister keeps doctorate despite plagiarism claimsOctober 20, 2017,EXPATICA.
  25. ^ (О русском пьянстве, лени и жестокости
  26. ^ О жестокости русской истории и народном долготерпении.
  27. ^ (О русской грязи и вековой технической отсталости)
  28. ^ (О русской угрозе и секретном плане Петра I.
  29. ^ (О русском воровстве, особом пути и долготерпении)
  30. ^ (О русском рабстве, грязи и «тюрьме народов»)
  31. ^ ( О том, кто и когда сочинял мифы о России)
  32. ^ (Мединский В. О тяге русских к «сильной руке» и неспособности к демократии.)
  33. ^ Об «особом пути» и загадочной русской душе)
  34. ^ Особенности национального пиара. PRавдивая история Руси от Рюрика до Петра.
  35. ^ (Скелеты из шкафа русской истории),
  36. ^ (О России — «тюрьме народов»)
  37. ^ (Мединский В. Война. Мифы СССР)
  38. ^ Негодяи и гении PR. От Рюрика до Ивана III Грозного.
  39. ^ (Военная история России: учебное пособие для общеобразовательных организаций)
  40. ^ (Учебно-методический комплекс по истории России для 6-10 классов.)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Official Website (Russian)Официальный сайт Владимира Мединского
  • Official Blog in LiveJournal
  • Владимир Мединский - LiveJournal
  • Блог Владимира Мединского на сайте радиостанции «Эхо Москвы»
  • Видеоблог Мединского
  • «Эксперт»: Присутствие Мединского в Думе оправдывает существование этого института
  • Кирилл Разлоговロシア語版 (2012). "«Трудно быть министром»" (газета) (07) («Новый взглядロシア語版» ed.). Москва: 02. Cite journalテンプレートでは|journal=引数は必須です。 (説明)
公職
先代:
アレクサンドル・アヴデーエフ
ロシアの旗 ロシア連邦文化大臣
2012 - 2020
次代:
オルガ・リュビモヴァ英語版