アゾフスタリ製鉄所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。[1][2]
  • アゾフスタル製鉄所
アゾフスタリ製鉄所
現地語社名
ウクライナ語: Mеталургійний Kомбінат Азовсталь
ラテン文字名
 英語: Metallurgical Combine Azovstal
種類
公共株式会社コンビナート
市場情報 PFTSウクライナ証券取引所:AZST
業種 製鋼
設立 1930年2月2日 (1930-02-02)
本社
主要人物
Enver Tskitishvili (Apr.2011-)
(General Director)
利益
857,200,000フリヴニャ(2014年)[3]
所有者 Metinvest B.V.
Metinvest International
従業員数
12293人(2015年)[3]
親会社 メトインベスト英語版
子会社 Sigma TV Channel
Sygma TV Channel
Firma Marita
AzovMed
ウェブサイト azovstal.metinvestholding.com/en

アゾフスタリ製鉄所ウクライナ語: Mеталургійний Kомбінат Азовсталь=アゾフスタリ・冶金コンビナート)は、ウクライナで最大級の製鉄圧延会社の1つで、同国東南部のマリウポリにある。ソビエト連邦時代に建設された巨大施設で、核攻撃などを想定した地下6階の要塞が備えられている[4]。より古く近傍に位置する国内第2のイリイチ製鉄所が少し内陸にあるのに対し、カルミウス川河口に位置しアゾフ海に面する。

歴史[編集]

20世紀[編集]

アゾフスタリ製鉄所はソ連国家経済最高ソビエト(ru:BCHXen:VSNKh)の幹部会の決定により、1930年にウクライナ・ソビエト社会主義共和国マリウポリに設立され、1933年に高炉が最初の出銑をして、生産を開始した[5]。1935年1月、ソ連で最初の250トンの傾斜平炉の試運転により、アゾフスタリで製鋼生産が開始された。

第二次世界大戦中、1941年にナチスドイツがマリウポリを占領した時には、作業が強制的に停止された後、ドイツのイヴァン・プログラム(Iwan-Programm)に沿ってドイツの鉄鋼会社下でドイツ軍へ兵器を製造した時期もあった。1943年9月、市が占領から解放され工場は再建された[6]

21世紀[編集]

2005年、この工場は590万6千トンの鉄鋼を生産したと報告されている[7]

環境への抗議と改革[編集]

米国の雑誌「ナショナルジオグラフィック」によれば、マリウポリはウクライナで「最も汚染された都市の1つ」と表現している。アゾフスタリ製鉄所での、緩慢な環境規制、アゾフスタリやメトインヴェストが所有する工場において「完全に時代遅れの」設備を使用していた結果という。マリウポリのエネルギー・労働・環境部門の責任者は、高い疾病レベルの証拠は無いとしている。一方で、大気からPM2.5世界保健機関推奨の最大値の50倍以上という報告があり、2018年の研究では土壌サンプルから水銀、カドミウム、亜鉛、ヒ素、鉛、クロムといった重金属が検出されている。2018年と2019年には住民が街頭で改善を求める抗議をした[8]

2022年ロシアのウクライナ侵攻[編集]

2022年2月24日、アゾフスタリ製鉄所はロシアの軍事侵攻を受けて工場の操業を停止。従業員によると、350tの溶融金属を扱う高炉転炉を止める作業に7日間かかった。作業中にロシアの破壊工作員が侵入して従業員に発砲、ウクライナ軍に逮捕されている。以降、製鉄所に軍のパトロール隊が配置された[9]

同年3月、マリウポリに進駐したロシア軍による包囲で工場はひどく損傷し、ウクライナの国会議員のセルギイ・タルタ(Serhiy Taruta)は「ロシア軍が工場を実質的に破壊した」と述べた[10]

同年4月16日までに、この製鉄所はロシア包囲網に対する組織化された抵抗の最後の拠点になった。ロシア軍はモスクワ時間の4月17日午前6時までに降伏するよう通告し、武器を置いて投降した場合彼らの命だけは保証するとした[11]。これはブチャの虐殺の後の事である。ウクライナ軍は降伏を拒否し、工場の大部分は彼らの管理下にとどまった[12]

同月19日の午前11時から午後1時までの間に「例外なくいかなる武器と弾薬」を捨てて退去せよというロシア国防省の最後通告は、ウクライナ軍によって無視された。翌20日、アゾフスタリを防衛するウクライナ軍への補給のため最後のヘリコプターの飛行が行われている(フライトは全部で7度あったという)。この日、製鉄所に残るウクライナ第36海軍歩兵旅団のセルヒー・ウォリナ団長は、製鉄所に避難している民間人の救出を求めるメッセージ動画を発表している。同月30日より、国連赤十字国際委員会(ICRC)の仲介と支援により、製鉄所から民間人の避難が行われた[13][14]

5月16日、製鉄所に残った最後のウクライナ軍兵士たちが降伏。バスでドネツク人民共和国が「領土」と主張する地域に移送された[15]

製造[編集]

工場には、コークス製造、焼結プラント、6つの高炉6基[16]、製鋼施設が含まれている[7]

管理[編集]

アゾフスタリ製鉄所はリナト・アフメトフが所有するSCM持株会社配下のメトインヴェストMetinvest)の子会社として運営されていたが、現在はメトインヴェスト持株会社の子会社になっている。

地下シェルター[編集]

欧州最大級の同製鉄所は、ソビエト連邦時代に建設された巨大施設である。その当時に備えられたシェルターは、核攻撃などを想定した地下6階のトンネルなどであった[4]

平和な時代はこの空間は倉庫として使われていた。2014年の親露派武装勢力によるマリウポリへの攻撃の際、作業員が製鉄所の地下に避難したことがあるが、同年以降の再建は「製鉄所の電炉の水冷ランスが破裂するなどの事故に備えるためのもので、防空壕としての再建ではない」と製鉄所の人事部長とエンジニアが説明している。すべてのシェルターの監査・修理・換気設備の復旧、非常食のリスト作成と備蓄、期限切れの更新などが経営陣から指示された。スタッフとともに避難訓練もし、誰がどこにいくべきかリストを作り、工場全体で大規模な訓練を年に2回以上行って、8年維持されてきた[17][9]

いくつものシェルターやトンネルがつながっているほか、検査・診療所や園芸場、カフェ、居住空間などが完備され、最大4000人を収容できるように水や食料を備蓄していた。広さは11平方kmと、東京ドームおよそ235個分に相当する。市内には他にも同様の地下施設があり、製鉄所の施設と地下通路でつながっていた[18][19][20]

ギャラリー[編集]

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “「戦果」急ぐロシア軍 ウクライナは徹底抗戦”. 時事通信社. (2022年4月19日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022041800622&g=int 2022年4月20日閲覧。 
  2. ^ “ロシア軍、繰り返し投降要求=ウクライナ抵抗のマリウポリ”. AFPBB News. (2022年4月20日). https://www.afpbb.com/articles/-/3401089 2022年4月20日閲覧。 
  3. ^ a b Річна інформація ПАТ «МК «АЗОВСТАЛЬ» (за 2014р.)”. 2016年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。
  4. ^ a b 東部2州の総攻撃へ…準備を進めるロシアが“兵士募集”その背景は専門家に聞く”. ABCニュース. 2022年4月25日閲覧。
  5. ^ AZOVSTAL IRON & STEEL WORKS (METINVEST HOLDING)
  6. ^ In Mariupol, Azovstal fully halts operations, first time since 1941 (UKRINFORM)
  7. ^ a b "Азовсталь" (Archived)
  8. ^ Inside a Ukrainian war zone, another fight rages—for clean air (National Geographics, 2021)
  9. ^ a b Подполье. Рассказывают работники «Азовстали», пережившие два месяца осады в подземных убежищах комбината” (ロシア語). Медиазона (2022年7月1日). 2022年7月1日閲覧。
  10. ^ One Of Europe's Biggest Steel Works Damaged in Ukraine's Mariupol (VOA, 2022)
  11. ^ Mariupol defenders ignore Russia surrender deadline (BBC, 2022)
  12. ^ Ukrainian defenders in Mariupol defy surrender-or-die demand (AP News, 2022)
  13. ^ ウクライナ・マリウポリの製鉄所から民間人全員が避難=ウクライナとロシア両政府」『BBCニュース』、2022年5月6日。2022年7月29日閲覧。
  14. ^ 国連、マリウポリ製鉄所からの3回目避難を計画 ロシアはウクライナ軍の降伏要求” (日本語). BBCニュース (2022年5月6日). 2022年7月29日閲覧。
  15. ^ 共同通信 (2022年5月17日). “ロシア、マリウポリ「制圧」 ウクライナ部隊降伏 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2022年7月29日閲覧。
  16. ^ Explosion at Azovstal. Employees say, there are victims (UNION Information Agency, 2022)
  17. ^ «Во время больших обстрелов закрывали двери. Успокаивали детей. Крестились. Прощались с жизнью» «Медуза» поговорила с работниками «Азовстали». Они провели на осажденном заводе больше 50 дней — и смогли эвакуироваться” (ロシア語). Meduza (2022年5月12日). 2022年6月30日閲覧。
  18. ^ 最後の砦 マリウポリ製鉄所は巨大な「地下要塞」”. 産経新聞 (2022年4月20日). 2022年4月23日閲覧。
  19. ^ マリウポリの製鉄所の下、ソ連時代に建設の「地下要塞」…診療所や武器庫にカフェも”. 讀賣新聞 (2022年4月19日). 2022年4月23日閲覧。
  20. ^ ロシア軍2度目の「降伏要求」 製鉄所地下に女性・子どもが まるで要塞...36カ所のシェルター”. FNNプライムオンライン. 2022年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯47度05分53秒 東経37度36分36秒 / 北緯47.098度 東経37.61度 / 47.098; 37.61