生神女就寝スヴャトヒルシク大修道院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
生神女就寝スヴャトヒルシク修道院

生神女就寝スヴャトヒルシク修道院 か 生神女就寝スヴャトヒルシクラヴラウクライナ語: Свято-Успенська Святогірська Лавра, 英語: Sviatohisk Lavra or the Sviatohirsk Cave Monastery)はウクライナドネツク州スヴャトヒルシク町にある。この修道院が初めて資料に登場したのは1526年である。1624年に生神女就寝スヴャトヒルシク修道院になった。第一次世界大戦前、大修道院には600人の僧侶が住んでいた。大修道院はソ連当局によって破壊された。今日、生神女就寝スヴャトヒルシク修道院には100人以上が住んでいて、祈っている。

外部リンク[編集]