右派セクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウクライナの旗 ウクライナの政党
右派セクター
Правий сектор
Flag of Right Sector.svg
右派セクターのロゴ
会長 アンドレイ・タラセンコ
成立年月日 2014年3月22日 (2014-03-22)
本部所在地 キエフ
最高議会
1 / 423   (0%)
(2014年10月30日[1]
党員・党友数
約10,000人
政治的思想・立場 極右
反共
反露[1]
親米(親欧米)
ウクライナ民族主義[1]
公式サイト pravyysektor.info
テンプレートを表示

右派セクター(うはセクター:ウクライナ語: Правий сектор英語: Pravy/Pravyi Sektor)は、ウクライナ民族主義者で構成される極右政治団体政党準軍事組織。ウクライナにおいてロシアに対抗姿勢を示す極右団体。創設者はドミトリー・ヤロシ。代表はアンドレイ・タラセンコ。

ユーロマイダンにおける右派セクター活動家
キエフの右派セクター活動家

歴史[編集]

2013年11月に極右団体トライデントのリーダーであったドミトリー・ヤロシが中心となりウクライナの各極右組織を元に設立。ステパーン・バンデーラに代表されるような第二次大戦時のパルチザンであるウクライナ蜂起軍の伝統を引き継いでいる。北米を中心とした世界各地のウクライナ系移民からの支援も受けている。2014年に3月22日に極右民族主義団体であるトライデントウクライナ民族アンサンブル・ウクライナ民族自己防衛(UNA-UNSO)ウクライナの愛国者、ウクライナ国民会議、ホワイトハンマーが合併し新政党を創設した。

2014年ウクライナ騒乱と暫定政権への参加[編集]

右派セクターを構成するウクライナの愛国者のロゴ

2014年ウクライナ騒乱では、反ヤヌコビッチ政権デモを独立広場(ユーロマイダン)および周辺で展開、暴力により警察側と対抗し、騒乱の中心的団体となり。ヤヌコビッチ政権打倒の原動力となった。党首のドミトリー・ヤロシはヤツェニュク暫定政権への入閣、ウクライナ国家安全保障・国防会議の副議長の就任要請はあったものの閣内の反対や本人の固辞もあり、実現しなかった。前身の極右団体トライデントのメンバーでもあるシェルヒー・クビットは教育科学省大臣として入閣している。2014年3月上旬、ヤロシが北カフカスのイスラム系反政府指導者、ドク・ウマロフに対して連携を求める動きを示すと、ロシアは指導者のヤロシに対しテロ実行を呼びかけた罪などで起訴。国際刑事警察機構に対して国際指名手配をするよう要請したが、ウクライナ側はヤロシを逮捕し、他国に引き渡す根拠は無いとしている。しかし、後述のアレキサンダー・ムズィチコ殺害からも分かるとおり、現在、暫定政権は右派セクターと距離をおき、取り締まる方向にある

2014年3月11日には、右派セクターの中心人物でありウクライナ民族アンサンブル・ウクライナ民族自己防衛(UNA-UNSO)のメンバーであったアレキサンダー・ムズィチコが西ウクライナのリウネで射殺された[2]

2014年に3月22日、右派セクターは極右民族主義団体とともに新政党を創設、同年5月に予定される大統領選挙にヤロシを擁立すると発表した[3]。ただし、新政権内部でも右派セクターの過激な活動に危惧を示す政治家も存在するなど国民の支持を受けているとも言いがたい。3月時点の世論調査では、右派セクターの支持率は1%未満と低迷している[4]

2014年の4月以降、暫定政権によって発足した国家親衛隊の志願兵として、ウクライナ東部での親露派鎮圧の目的のために活動拠点をそれまでのキエフから、東部のドニプロペトロウシクに活動拠点を移した[5]

2015年末に新組織設立への準備のために創設者で党首のドミトリー・ヤロシュが右派セクターを脱退[6]

2016年3月19日よりアンドレイ・タラセンコが代表に就任[7]

主義・主張[編集]

国民国家の設立を目指している。ドミトリー・ヤロシによると、国会に議席を持つ全ウクライナ連合「自由」(スヴォボーダ)と共通点が多く、反ユダヤ主義ナチズムとされるが、スヴォボーダよりもさらに強硬な姿勢を打ち出している。また、ホモセクシャルに反対している。

軍隊[編集]

右派セクターは軍隊(準軍事組織)を保持しており、ユーロマイダンの終焉時に、内務省が保有する西ウクライナのリビウにある武器庫を使用している。

構成極右組織[編集]


関連項目[編集]

リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 右派セクター 露を敵視、深まる軋轢(産経ニュース)
  2. ^ 「右派セクター」西ウクライナ地域調整役殺害される ロシアの声
  3. ^ “右派セクター、政党創設 大統領選に候補擁立 ウクライナ”. 産経新聞. (2014年3月24日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140324/erp14032409500006-n1.htm 2014年3月29日閲覧。 
  4. ^ “ウクライナ:新政権が「右派セクター」取り締まりへ”. 毎日新聞社. (2014年3月28日). http://mainichi.jp/select/news/20140329k0000m030070000c.html 2014年3月29日閲覧。 
  5. ^ Ukraine’s far-right leader moves HQ to the east, forms new squadron RT TV News.
  6. ^ “Ukraine national group leader says he will create new 'national liberation movement'”. uatoday. (2015年12月29日). http://uatoday.tv/politics/national-group-leader-posts-youtube-message-says-he-will-create-new-national-liberation-movement-562518.html 
  7. ^ “Right Sector declares ambitious plans to partake in elections”. (2016年3月23日). http://www.unian.info/politics/1298062-right-sector-declares-ambitious-plans-to-partake-in-elections.html