コンテンツにスキップ

ウクライナ南部攻勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウクライナ南部攻勢
2022年ロシアのウクライナ侵攻中
南部攻勢によるロシア軍の侵攻ルートと占領地域
2022年2月24日 – 現在
(2年4ヶ月3週4日間)
場所ヘルソン州,ザポリージャ州,クリミア半島,ムィコラーイウ州
結果

・進行中、ウクライナ軍優勢

・ロシア軍はムィコラーイウを包囲しようと北部に前進したがヘルソン付近まで後退させられた。
衝突した勢力
ウクライナの旗 ウクライナ

ロシアの旗 ロシア

指揮官
ウクライナの旗 ヴァレリー・ザルジニー
ウクライナの旗 オレクサンドル・シルスキー
ロシアの旗 ワレリー・ゲラシモフ
ロシアの旗 オレグ・サリュコフ
ロシアの旗 ニコライ・エフメノフ
ロシアの旗 セルゲイ・ドロノフ
部隊

ウクライナ軍

ロシア連邦軍

被害者数
戦死者:2名[4] 不明

ウクライナ南部攻勢(ウクライナなんぶこうせい)は、2022年2月24日に始まったロシアのウクライナ侵攻の一環として進行中の軍事攻勢である[5]

背景

[編集]

2014年ウクライナ騒乱の後、ロシアはウクライナからクリミア半島を併合した[6][7]。その後ロシア軍は8年間クリミアを実効占領していた。2021年から2022年のロシア・ウクライナ危機の間に10,000人以上増兵したことによりクリミア半島でのロシア軍の影響力は増加した[8]

攻勢

[編集]

2月24日

[編集]

ロシアのプーチン大統領がウクライナでの軍事作戦を発表した直後、ロシア空軍はヘルソン州のいくつかの都市内の標的に巡航ミサイルと弾道ミサイルを発射し始めた。その後空軍の支援を受けて、ロシア軍は、2014年に併合したクリミア地域を通ってヘルソン州へ進軍した[9][10][11]

ロシア海軍は、黒海を海上封鎖し、ヘルソン州のウクライナ部隊への支援を制限し、また、ウクライナ南部への商取引と流通を制限した[12]。ウクライナは現地時間3時30分までアゾフ海の全ての商業輸送を止めた結果。100隻以上の船が港に停泊していた[13]

夕方までに、ロシア軍はヘルソン市に到着し、ウクライナ人をヘルソンの戦いに参加させた。ロシア人はアントノフスキー橋を越えてドニエプル川を渡ろうとした。ロシア軍による最初の横断にもかかわらず、ウクライナの機械化部隊は橋を奪還できた[14]

2月25日

[編集]

2月25日の朝までに、ロシア軍はノーバカホフカ市を取り囲んでいた[15]。ウクライナは北クリミア運河も封鎖されておらず、2014年にロシアがクリミア半島を併合して以来、クリミアに課せられていた断水を停止できた[16][17]。ロシア軍がヘルソン州南東部を通ってメリトポリに向かって移動したとき、ザポリージャ州でも戦闘が生じた[18][19]

2月26日

[編集]

午後3時20分:ウクライナ南東部ザポリージャ州の都市メリトポリをロシア軍が占領したと発表した[20]

2月27日

[編集]

ロシア国防省はウクライナの南部のヘルソンと南東部のベルジャンシク2都市を完全に包囲したと主張[21]

3月1日

[編集]

3月1日早朝に、ロシア軍は西からヘルソンを攻撃した。その日の遅くに、ロシア軍はヘルソンに侵入した。

ウクライナは公式にエネルホダルが包囲されたと述べた。市長によればエネルホダルでは、食料を得ることが難しくなっている。

3月2日

[編集]

ロシア国防省はヘルソンの中心部を完全に掌握したと発表[22]

3月3日

[編集]

3月3日の早朝、コリハイエフは市がロシア軍に陥落したと発表した。ヘルソンの北部とマリウポリ市では激しい抵抗が依然として猛威を振るっていた[23][24]。マリウポリ当局者は、3月3日までに数百人の民間人が殺害されたと主張している[25][26]。一方、オルロフはロシアの大船団がエネルホダールに入ったと述べた[27]

その後、ロシア軍はザポリージャ原子力発電所の支配権を掌握しようとした。ロシアの砲撃により、管理棟と発電所の6つのユニットのうちの1つが火災を起こした[28][29]。最初の報告は、この間放射線レベルは正常であり続け、火災は重要な機器に損傷を与えなかったと主張した[30][31]。しかし、消防士は戦闘のために火災にたどり着くことができなかった[32]

地元の志願兵とウクライナ兵は日中、ヴォズネセンスクからロシア軍を撃退することができ、彼らの大半は東に40マイル (64 km) 後退し、他の者は近くの森に逃げ込み、そのうちの10人は後に捕らえられた。ウクライナ当局者は、ロシア軍が戦闘で約100人の兵士に加えて30台の車両を失ったと述べた。この戦闘で10人の民間人が死亡した[33]

3月4日

[編集]

3月4日、地元当局者は、ロシア軍がムィコラーイウ郊外の一部を占領したと述べた。ウクライナ軍は、以前にロシア軍に占領されていたムィコラーイウ国際空港を奪還した[34]

午前中、放射能レベルに変化がないことを確認した後、ロシア軍はエネルホダールとザポリージャ原子力発電所を占領した[35][36][37]

ウクライナは、モルドバ分離領土駐留していた1,400人のロシア軍兵士がウクライナに侵入するのを防ぐために、沿ドニエストルとの国境にある鉄道橋を爆破した[38]

3月5日

[編集]

3月5日、オルロフは、ロシア軍がエネルホダールと発電所の周辺を支配し、地元当局が市の運営において支配し続けることを許されたと述べた[39]

ウクライナ軍は、ロシア軍が夜間に砲撃と空爆を行いながらフリアイポールを攻撃したが、町の防衛に成功したと述べた[40]

脚注

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ Russian Offensive Campaign Assessment, February 25, 2022”. Critical Threats. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  2. ^ Russia-Ukraine Warning Update: Russian Offensive Campaign Assessment, February 27, 2022”. Critical Threats. 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  3. ^ a b Russian Offensive Campaign Assessment, February 25, 2022”. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  4. ^ Напад Росії: відомі імена загиблих на Херсонщині військових | Новини на Gazeta.ua”. gazeta.ua. 2022年2月25日閲覧。
  5. ^ Agencies (2022年2月24日). “Russian forces seize Chernobyl, parts of Kherson region” (英語). Daily Sabah. 2022年2月25日閲覧。
  6. ^ Myers, Steven Lee; Barry, Ellen (2014年3月18日). “Putin Reclaims Crimea for Russia and Bitterly Denounces the West” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2014/03/19/world/europe/ukraine.html 2022年2月25日閲覧。 
  7. ^ “Ukraine crisis: Putin signs Russia-Crimea treaty” (英語). BBC News. (2014年3月18日). https://www.bbc.com/news/world-europe-26630062 2022年2月25日閲覧。 
  8. ^ Schwirtz, Michael (2022年2月4日). “Russian Troops in Final Stages of Readiness Add to Worries for Ukraine” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2022/02/04/world/europe/russian-troops-ukraine-crimean-peninsula.html 2022年2月25日閲覧。 
  9. ^ “Ukraine conflict: What we know about the invasion” (英語). BBC News. (2022年2月24日). https://www.bbc.com/news/world-europe-60504334 2022年2月25日閲覧。 
  10. ^ Huang. “How did Russia attack Ukraine? Invasion map explained in graphics” (英語). South China Morning Post. 2022年2月25日閲覧。
  11. ^ “Watch | Russian vehicles enter Ukraine via Crimea” (英語). The Hindu. (2022年2月24日). ISSN 0971-751X. https://www.thehindu.com/news/international/watch-russian-vehicles-enter-ukraine-via-crimea/article65080171.ece 2022年2月25日閲覧。 
  12. ^ Black Sea blockade: Ukraine accuses Russia of major maritime escalation” (英語). Atlantic Council (2022年2月10日). 2022年2月25日閲覧。
  13. ^ Ukraine Closes Sea of Azov Amid Military Action by Russia” (英語). WSJ. 2022年2月25日閲覧。
  14. ^ Імовірність прориву на Миколаїв знизилася: військові відстояли Антонівський міст” (ウクライナ語). www.ukrinform.ua. 2022年2月25日閲覧。
  15. ^ desk (2022年2月24日). “Russian troops moving towards town of Nova Kakhovka in Kherson Oblast.” (英語). The Kyiv Independent. 2022年2月25日閲覧。
  16. ^ Schwirtz, Michael; Schmitt, Eric; MacFarquhar, Neil (2022年2月25日). “Russia Batters Ukraine With Artillery Strikes as West Condemns Invasion” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2022/02/24/world/russia-ukraine-invasion-putin-biden.html 2022年2月25日閲覧。 
  17. ^ Новости (2022年2月25日). “Российские войска вышли к Херсону и восстановили подачу воды в Крым” (ロシア語). РИА Новости. 2022年2月25日閲覧。
  18. ^ Ukraine’s Zelenskyy says he is Russia’s ‘number one target’” (英語). www.aljazeera.com. 2022年2月25日閲覧。
  19. ^ Russia Ukraine news Live: Melitopol city is taken by the Russian army” (英語). MARCA (2022年2月24日). 2022年2月25日閲覧。
  20. ^ https://www.bbc.com/japanese/60534667
  21. ^ https://www.jiji.com/jc/articlek=2022022700366&g=int
  22. ^ “【速報】ロシア軍がウクライナ南部の都市ヘルソンを制圧 ロシア国防省発表”. テレビ朝日. (2022年3月2日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000246551.html 2022年3月9日閲覧。 
  23. ^ Schwirtz, Michael (2022年3月2日). “First Ukraine City Falls as Russia Strikes More Civilian Targets”. The New York Times. オリジナルの2022年3月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220303232558/https://www.nytimes.com/2022/03/02/world/europe/kherson-ukraine-russia.html 2022年3月3日閲覧。 
  24. ^ Russian forces lay siege to Ukrainian port city of Mariupol”. 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  25. ^ Russian forces strike, seize a nuclear plant as they pound southern Ukraine”. Los Angeles Times (2022年3月3日). 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  26. ^ Russian, Ukrainian Officials Meet for Peace Talks as War Rages”. 2022年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  27. ^ “Russians advance towards Ukraine's largest nuclear power plant”. Al Jazeera. (2022年3月3日). オリジナルの2022年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220306142119/https://www.aljazeera.com/news/2022/3/3/russians-advance-towards-ukraines-largest-nuclear-power-plant 2022年3月4日閲覧。 
  28. ^ “Russia-Ukraine war latest: Fire at Zaporizhzhia power plant in Enerhodar; Kyiv, Kharkiv, Chernihiv, Mariupol under assault”. ABC. (2022年3月3日). オリジナルの2022年3月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220303232755/https://www.abc.net.au/news/2022-03-04/latest-on-where-fighting-is-happening-in-ukraine/100881052 2022年3月4日閲覧。 
  29. ^ Russian forces attacking Zaporizhzhia nuclear power plant in Ukraine, per multiple reports” (英語). Business Insider Australia (2022年3月3日). 2022年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月4日閲覧。
  30. ^ “Live updates: Russian troops shelling nuclear power station” (英語). Associated Press. (2022年3月3日). オリジナルの2022年3月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220303234454/https://apnews.com/article/russia-ukraine-war-live-updates-cbd6eed3e1b8f4946f5f490afd06b4be 2022年3月4日閲覧。 
  31. ^ Fire breaks out at Ukraine's Zaporizhzhia nuclear power plant amid shelling” (英語). MSN. 2022年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月4日閲覧。
  32. ^ Tim Stelloh (2022年3月3日). “Nuclear plant on fire in Ukraine after Russia attacks facility”. NBC. オリジナルの2022年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220304015640/https://www.nbcnews.com/news/world/russian-troops-are-firing-europes-largest-nuclear-power-plant-ukrainia-rcna18668 2022年3月4日閲覧。 
  33. ^ Yaroslav Trofimov (2022年3月16日). “A Ukrainian Town Deals Russia One of the War's Most Decisive Routs”. The Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/ukraine-russia-voznesensk-town-battle-11647444734 2022年3月17日閲覧。 
  34. ^ Michael Schwirtz (2022年3月4日). “In a surrounded Ukrainian city, residents vow to fight to the end”. The New York Times. オリジナルの2022年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220305095402/https://www.seattletimes.com/nation-world/in-a-surrounded-ukrainian-city-residents-vow-to-fight-to-the-end/ 2022年3月6日閲覧。 
  35. ^ Boynton, Sean (2022年3月4日). “Russian troops capture Europe's largest power plant in Ukraine after intense battle”. Global News. オリジナルの2022年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220305120527/https://globalnews.ca/news/8658032/ukraine-russia-nuclear-plant-fire/ 2022年3月6日閲覧。 
  36. ^ Russia Seizes Ukraine Nuclear Plant Hours After Attack: 10 Points”. NDTV.com. 2022年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月4日閲覧。
  37. ^ Vira Kasiyan (2022年3月4日). “Енергодар: окупанти знову зайшли в місто” (Ukrainian). Lb.ua. 2022年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月4日閲覧。
  38. ^ Ernst, Iulian (2022年3月7日). “Ukraine blows up bridge to Transnistria after Tiraspol reasserts its independence”. intellinews. オリジナルの2022年3月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220307200553/https://www.intellinews.com/ukraine-blows-up-bridge-to-transnistria-after-tiraspol-reasserts-its-independence-237137/ 2022年3月12日閲覧。 
  39. ^ “Российские войска покинули Энергодар: последствия обстрелов (уточнено)” (Russian). Gazeta.ua. (2022年3月5日). オリジナルの2022年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220313114755/https://gazeta.ua/ru/articles/regions/_rossijskie-vojska-pokinuli-energodar-posledstviya-obstrelov-utochneno/1074035 2022年3月6日閲覧。 
  40. ^ “У Запорізькій області тривають бої: окупанти бомблять Гуляйполе та його околиці” (Ukrainian). 1news. (2022年3月6日). オリジナルの2022年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220306162151/http://1news.zp.ua/v-zaporozhskoj-oblasti-prodolzhayutsya-boi-okkupanty-bombyat-gulyajpole-i-ego-okrestnosti/ 2022年3月13日閲覧。 

関連項目

[編集]